mengele-victims-2
フェルメネス:
この子供達はナチスのメンゲレ博士に選別され、人体実験を受け、肉体が焼け付きただれています。 


双子の肉体を切断し一体に結合 シャム双生児を人工的に作成したナチスの死の天使 Josef Mengele

アウシュヴィッツの死の天使を紹介 幼女達を大量に人体実験し、モルモット扱いしていた悪魔
TR Joseph Mengele

ヨーゼフ・メンゲレJosef Mengele、1911年3月16日 - 1979年2月7日)はドイツ南部生まれのドイツ人。ナチス親衛隊の将校。そしてアウシュヴィッツにおいて、各地から送り込まれて来た人々から人体実験のための選別を行っていた医師の一人。

生い立ち及び経歴

メンゲレはドイツ南部バイエルン王国ギュンツブルクの裕福な農業機械工場経営者カール・メンゲレ(1881年 - 1959年)とその妻・ワルブルガ(? - 1946年)の3人の息子の内の長男として生まれた。弟にカール・メンゲレ(1912年 - 1949年)およびアロイス・メンゲレ(1914年 - 1974年)がいた。1930年、ギムナジウムを卒業。

ミュンヘン、ウィーン、ボンの各大学で遺伝学、医学、人類学を研究し、1935年に下顎構造の人種間の差に関する研究で人類学の博士号(Ph.D)を得た。1937年、フランクフルト大学では指導教官オトマール・フォン・フェアシュアー(Otmar von Verschuer)の下で助手として遺伝生物学と民族衛生学を研究した。1938年には「口唇口蓋裂の家系調査」の研究で医学博士号(M.D.)を取得した。

1931年、20歳のときにヴァイマル共和国に反対する右翼政治団体である鉄兜団(de)に加わる。同団体は1933年のナチスの政権獲得後、ナチス突撃隊に吸収される。その後、彼は健康上の問題を理由に退団し1937年にナチス党に入党。1938年に親衛隊に入隊。1938年から1939年まで6か月間、チロルの第137山岳兵連隊にて義務兵役に就く。

1939年、彼は彼の最初の妻となるイレーネと結婚し子供をもうけ初めての息子にルドルフと名付けた。1940年に武装親衛隊に志願、最初は予備医療部隊にそして次に第5SS装甲師団「ヴィーキング」に軍医として配属、そして東部戦線に従軍、1942年に負傷し、前線任務に適さないと判定された。1943年4月20日に親衛隊大尉に昇進。この間、第一級・第二級鉄十字章、黒色戦傷章、東部戦線従軍記念メダル等を授与された。同年5月30日にアウシュヴィッツ強制収容所に配属され、主任医官になった。

メンゲレは、アウシュヴィッツに21か月間(1943年5月30日 - 1945年1月17日)勤務し、「死の天使」と渾名された。囚人の乗せられた貨車がアウシュヴィッツに到着した時、メンゲレはプラットフォームに立ち、降りてくる囚人の誰が仕事と実験に役立つか、また誰がガス室に送られるべきかを選別・指図した。人体実験を行った理由は、自分の出世のために実験結果をどうしても認めさせる必要があったからである。後に関係者が言うには、メンゲレは義務としてユダヤ人を絶滅させることが本当に正しいかどうかで葛藤していたという。また戦後生き残った生存者の証言によると、クラシックのアリアを好み、選別作業中や人体実験の合間に口ずさんでいたと言う。

人体実験

詳細は「ナチス・ドイツの人体実験」を参照

ヨーゼフは実験対象である囚人をモルモットと呼び、その実験は加圧室に置く、有害物質や病原菌を注射する、血液を大量に抜く、熱湯に入れて麻酔なしで手術をする、様々な薬剤をテストする、死に至るまで凍らせる、生きたまま解剖する等、そのほとんどが囚人達に致命的外傷を与えるものだった。

彼はナチズムの信奉者であったが、ユダヤ人にヒトラーや他の信奉者とは違った見解を持っていた。一般的なナチズムの信奉者は社会ダーウィン主義に基づきドイツ人が優等民族でユダヤ人は劣等民族であると考えていたが、彼の主張はエリート層にユダヤ人が多いことから「世界で最も優れた民族はドイツ人とユダヤ人であり、どちらかが世界を支配する。しかしユダヤ人が支配することを私は望まない」というものだった[要出典]。ただ後年、息子ヘルマンが著したノンフィクション『Vati』の中では、野生生物の優勝劣敗の掟をたとえに挙げて、ヒトラーたちとさほど変わらない優生学、選民思想を説いている。

アウシュヴィッツの第10ブロック。ここでメンゲレが実験を行っていた

また、双子に特別な興味を持っていた。双子に対する実験は1944年に始まり、メンゲレの助手はプラットフォームに立ち「双子はいないか、双子はいないか」と叫び何千もの実験対象を集め、特別室に収容した。実験のほとんど全ては学術的価値が無いに等しく、理屈も曖昧で倫理を無視したものだった。当初の実験は身体を比較するだけであったが徐々にエスカレートしていき、子供の目の中へ化学薬品を注入して瞳の色を変更する実験や、人体の様々な切断、肢体や性器の転換およびその他の残忍な外科手術が行われた。他にも、2つの同じ臓器が1つの身体で正常に機能するかを確認するために、双子の背中同士を合わせて静脈を縫い合わせることで人工の「シャム双生児」を作ることを試みたが、この手術は成功しないばかりか単に悪性の感染症にさせただけだった。この癒着した双子の姿はあまりにも見るに耐えなかったため、手術の3日後に両親によって窒息死させられたという(モルヒネを用いたという説も存在する)。

ヨーゼフの実験対象の囚人は実験から生還しても解剖するためにほとんどが殺害され、役に立たない実験体は処分された。双子たちはヨーゼフを「おじさん」と呼び、ヨーゼフはよく双子の特に少女を車に乗せて楽しげにドライブしていたが、その双子たちも次の週には解剖台の上に乗っていたとされ、この光景は側近の医師たちにも理解ができなかったという。戦争が終結する直前に人体実験の証拠隠滅のために囚人を皆殺しにすることを試みたが、毒ガスが底をついたので解放している。この時、約3000人の双子のうち180人が生き延びたが、後遺症や精神的ショックが後を引いた。

カイザー・ヴィルヘルム協会人類学・優生学研究所(ベルリン)の所長オトマール・フォン・フェアシュアーのもとへ彼が送ったトラック2台分の記録は後に破却され、彼の仕事の全貌はもはや知られることはない。その後はブラジルで別人になりすまし、1979年に没した。オトマールは戦後告発されずにミュンスター大学遺伝学教授として人生を全うし、1969年に没した。2001年、戦後56年を経てベルリンを訪れた生き残りの8人の双子に対して、カイザー・ヴィルヘルム協会の後継組織であるマックス・プランク協会の会長フーベルト・マルクル(1938年 - )は謝罪した。


Mengele sew twins together

  • 現在一般的に知られる顔は異常性を引き立てるためにやや醜悪な写真を使用しているが、妻をはじめとして彼を良く知る人物は背が高くハンサムで親切な人物であったという。このことについては実験体となった被害者も認めており、南米の同僚にいたっては「彼がやったとは思えない。やったとしたら命令でしたのだろう」と発言している。
  • 戦後ついに死ぬまで逃げおおせた著名な戦犯の一人である。イスラエル諜報特務局は彼の目撃情報をつかむ度に迅速に動いたがその度にメンゲレは跡形もなく消えていた。これにはナチハンターのサイモン・ヴィーゼンタールも「あと二年もあれば彼を捕まえられたのだが」と舌を巻いた。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%82%BC%E3%83%95%E3%83%BB%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%82%B2%E3%83%AC


metodo8
GeorgeTillerBabyKillerJosephMengelePic2
GeorgeTillerBabyKillerJosephMengelePic4
mengele_exp
exp2
josef-mengele-1935

above20





beronupes