名盤CD紹介

独断と偏見で「名盤」を紹介します

ラグビー・ワールド・カップで英国から複数チームが出場するのは何故か?

 最近、ラグビーの国際試合を見るのが楽しい。正直いふと、私はラグビーのルールすら知らないのだが、それでも懇切丁寧な説明の効果もあつて、テレビで試合を観戦するのに支障がない程度の半可通にはなることができた。

 さて、皆さんはスコットランドとかアイルランドとか現代では英国の一部になつてしまつたはずの地域が代表を送り込んでゐることにお気付きでせうか。イングランドがイギリスのことだと勘違ひしてゐるやうなことはありませんね。

 種明かしをしませう。

 俗に言ふイギリスといふ国は、正式名称を「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国(United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)」といふことから判るとほり、イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドが現在の英国王室のもとで統合されてできた国です。実際にはイングランドが周辺の国を統合して出来あがつた国です。それ故、ウェールズやスコットランドには彼らを征服したイングランドへの反感が残つてゐるのです。

 そして、サッカーやラグビーはこの英国で生まれたスポーツです。

 サッカー協会は英国で初めに生まれました。前述の理由で英国の各地域は仲が良くありませんから、サッカー協会やラグビー協会は連合王国の各構成国に独立して発足しました。勿論、国際サッカー連盟(FIFA)もラグビーの国際組織もまだありません。

 サッカーやラグビーの国際組織は、この英国内の各協会と折合ひを付ける形で出来上つたやうなのです。

 さういつた歴史から、現在もサッカー、ラグビーの国際試合では、既に存在しない「国」スコットランドやイングランドの活躍を見ることができるのです。

 因みに、今回のラグビー・ワールド・カップでは、アイルランド代表は「アイルランド共和国」と「北アイルランド」との合同チームださうです。理由は簡単。アイルランド・ラグビー協会がアイルランドが南北に分割される以前から存在したことださうです。

 スポーツの世界では、国家より協会のはうが強い場合もあるやうだ。



 


旭日旗に栄光あれ

 東京オリンピック、パラリンピックで組織委員会が旭日旗の持ち込みを問題視しないことが明らかになつた
 この際だから競技場を旭日旗で埋め尽し、その美しさを世界にアピールしてはどうだらうか。さうすることが、旭日旗に対する誹謗中傷を防ぐことに繋がると思ふからである。

 私は、オリンピックのチケットは申し込まなかつたのだが、かうなることが解つてゐたらチケットを入手しておくのだつた。旭日旗を手に応援したかつたのに。
 世界に、旭日旗の正当性を訴えたかったのに。


 


 旭日旗は美しい。伝統ある日本の旗である。

 ある特定の国には旭日旗を誹謗中傷しないと気が済まない人間が存在するやうだが、他国の旗を誹謗中傷する行為はこの上なく無礼な行為である。不当な中傷に対抗するために、この機会を活用しない手はないではないか。

 諸君。
 旭日旗を手にせよ。
 旭日旗を掲げよ。

 旭日旗に栄光あれ。



 


現代ビジネスの記事に感銘を受けた

 先程読んだ現代ビジネスの記事に感銘を受けた。産経の記事など読んでゐて心地好いものはたくさんあるが、感銘を受けるほどの文章に出遭ふことは稀である。



 明治以降の歴史認識が私と同様であり寧ろ教へられるところが多かつた。文章全体が理路整然としてゐて、理論の組み立ても議論の進め方も素晴らしく、読んでゐて倦むところがない。

 久しぶりに感銘を受ける文章にであつたと感じたことの所以(ゆゑん)である。

 題名は「韓国・文在寅が「徴用工問題」で嘘をつき「反日扇情」する本当のワケ」。著者は社会学者の橋爪大三郎氏。

 橋爪氏の文章を探して読んでみることにしよう。


 

隣国は不思議の国


「財産及び請求権に関する問題の解決並びに経済協力に関する日本国と大韓民国との間の協定」(1965年12月18日発効)

第二条

1 両締約国は,両締約国及びその国民(法人を含む。)の財産,権利及び利益並びに両締約国及びその国民の間の請求権に関する問題が,千九百五十一年九月八日にサン・フランシスコ市で署名された日本国との平和条約第四条(a)に規定されたものを含めて,完全かつ最終的に解決されたこととなることを確認する
(中略)
3 2の規定に従うことを条件として,一方の締約国及びその国民の財産,権利及び利益であつてこの協定の署名の日に他方の締約国の管轄の下にあるものに対する措置並びに一方の締約国及びその国民の他方の締約国及びその国民に対するすべての請求権であつて同日以前に生じた事由に基づくものに関しては,いかなる主張もすることができないものとする

「一度反省を言ったので反省は終わったとか、一度合意したからといって過去の問題が、すべて過ぎ去ったのだと終わらせることはできない」

文在寅(ぶんざいいん)大統領2019年8月29日閣議にて発言

 普通、かういふのを「ゆすりたかり」といふ。

 これではいかなる国家も外国企業も朝鮮人と条約も契約も結ぶことは不可能だ。これで、朝鮮半島がいまだ前近代的であることを自ら宣言してしまつた。

 この男は一応法律家の端くれのはずだが、ゆすりたかり専門(勿論たかる方)の悪徳弁護士ですか。

 示談した事件で、後になつて「あの合意はなかつたことにするから、もう一度示談金を貰ふ必要がある」と一方的に主張する人間がゐたらどう思ふだらうか。恐らく、警察を呼ばれて終りではないか。国と国との問題の場合、この警察にあたる組織が存在しないので困つてゐるのである。

 文在寅の主張は、基本的に、この譬へと何も変らない。

 日本は、日韓請求権協定に基づき、有償無償5億米ドル、民間融資3億米ドルの経済協力を行つた。そればかりではなく、日本政府は朝鮮半島に保有してゐた帝国財産をすべて放棄した。この価値は、この経済協力など問題にならないほど巨額のものであつた。そして、これらの他、朝鮮半島には日本人の個人財産も存在した。請求権を放棄したのは朝鮮人と「大韓民国」政府だけではない。日本政府並びに日本人も膨大な財産を放棄してゐるのだ。

 日韓請求権協定で解決済みの問題を蒸し返したいといふなら、まず日本が呉れてやつた提供した経済協力金を現在の価値で利息を付けて日本に変換し、日本並びに日本人が朝鮮に放棄した財産についても改めて協議する覚悟を持つてすべきである。その協議は、決して朝鮮に有利なものにはならないはずだ。

 文といふ男にその覚悟はあるまいが、この男の言動は日韓請求権協定の破棄に向けて、盲目的に邁進してゐるとしか思へないのである。

 まつたく、理解できない人間だ。破れかぶれになつてしまつてゐるのか。

 この文在寅といふ男は朝鮮半島を何処へ導かうとしてゐるのだらうか。

物欲には切りがない

 今欲しいもの

 
 御大カール・リヒター(Karl Richter)のバッハ宗教音楽集である。
 ・マタイ伝受難曲
 ・ヨハネ伝受難曲
 ・クリスマス・オラトリオ
 ・マニフィカト
 ・ロ短調ミサ
 ・リハーサルの模様を収録したCD
 の他に、
 DVD、以上の音楽データを収めたブルーレイ・オーディオ・ディスクも付いてくるらしい。

 これだけ入つて七千円でお釣りがくる価格だ。

 問題なのはブルーレイ・オーディオを再生できる環境が整つてゐないことだ。折角、高音質で鑑賞することができるものなのに。残念である。


 



記事検索
スポンサードリンク
プロフィール

週末園藝家

アクセスカウンター

    過去に紹介したCD

    ↓↓↓こちらも注目↓↓↓

    【名盤ストア】
    スポンサードリンク
    カテゴリ別アーカイブ
    Blog Ranking
    人気ブログランキングへ