栗田智仁と世界のオレンジ

オレンジという言葉に非常に敏感な栗田智仁です! 果物といったらオレンジ!! これは基本です! 色もオレンジ!! これも基本です!

栗田智仁だいすきオレンジクッキー

栗田智仁のクッキーなら任せて!!
実は得意料理はクッキーなんです。
栗田智仁です。

今日のオレンジレシピは、卵なしで☆オレンジクッキー です。

サクサクのボーロみたいなクッキーです。オレンジがいい香り♪
卵アレルギーがある人にはいいかも!

材料

小麦粉 60g
片栗粉 60g
メープルシロップ 30g
オレンジマーマレード
20g
サラダ油(またはショートニング)
15g

1

材料をすべて混ぜてコネコネすると生地の出来上がり。

2

好きな形に成型して、170℃に余熱したオーブンで12分焼く。

コツ・ポイント

真っ白な生地なので焼きあがりも白いまんま。焼きたては触ると柔らかい気がしますが、冷ますとサクサクになります。焼けてないかも?と焼き過ぎて焦がした経験あり^_^;焼き過ぎに注意です。
ジャムを変えると、いろんな味のクッキーになります。


栗田智仁のお得意レシピ!オレンジガレットブルトンヌ☆

栗田智仁がお届けする今日の1品!
今日もオレンジ食べまくると決めた栗田智仁です。

今日のオレンジレシピは、オレンジガレットブルトンヌ☆です。

今回はプチフール型で焼きましたが、6cmのセルクルでも作れます♪その際は約8個できると思います。

材料 プチ15個 セルクル6cm8個分

無塩バター 125g
粉糖 75g
卵黄 30g
薄力粉 110g
アーモンドパウダー 15g
少々
ラム酒 5g
ベーキングパウダー 0.5g
オレンジピール 20g
★卵黄 10g
★インスタントコーヒー
小さじ1/2
★湯 大さじ1/2

1

室温に戻したバターを練りクリーム状にして粉糖を加え白っぽくなるまですり混ぜる。

2

卵黄、ラム酒を加えて泡立て器で良く混ぜる。

3

合わせてふるった、薄力粉、ベーキングパウダー、アーモンドパウダーを加え、ゴムべらで粘りが出ないように混ぜる。

4

ひとつにまとめラップをして冷蔵庫で一晩寝かせる。

5

写真

生地を0.6cmの薄さで型より少し小さい丸型で抜く。

6

写真

型に生地を一枚ずつ入れ、その上にオレンジピールを少しずつのせていく。 (なるべく中心に!ふちに入れると側面が焦げます)

7

もう一枚ずつ生地を被せて蓋をする。(少しおさえ気味に)

8

写真

卵黄、インスタントコーヒー、湯を会わせて塗り卵を作り、生地の上に刷毛でぬる。

9

フォークなどで好きな模様をつける。

10

180度で20分、その後160度で30分~35分焼く。

コツ・ポイント

型を抜く際に多少型抜きが汚くなっても焼けば綺麗に仕上がります♪ 焼き型がない場合はアルミホイルを輪にしても作れます☆

栗田智仁 ニンジンとオレンジのパウンド

栗田智仁のオレンジ日記
はい!栗田智仁です。

今日のオレンジレシピは、ニンジンとオレンジのパウンド です。

人参とマーマレードを使った、洋酒が香るちょっぴり大人のケーキです。もちろんお子様にも。

材料 パウンド型1個分

◎全粒薄力粉 70g
◎薄力粉 40g
◎強力粉 35g
◎ベーキングパウダー
小さじ2
◎自然塩 3つまみ
人参 150g
マーマレードジャム 大さじ4
豆乳 100cc
レーズン 50g
グランマルニエ(仕上げ用)
大さじ1

1

オーブンを180℃に予熱開始する。
パウンド型にオーブンペーパーを敷いておく。

2

◎印の粉類→ボウルに入れて泡だて器でグルグル混ぜる。

3

人参は綺麗に洗ってから皮ごとすりおろす。

4

2の摩り下ろし人参、マーマレードジャム、豆乳、グランマルニエを別のボウルに入れてよく混ぜる。

5

粉類のボウルに、3の液体類を一気に加え、泡だて器でなじませるように混ぜる。

6

レーズンを加え、ゴムべらに持ち替えてさっくり混ぜる。

7

パウンド型に流し入れ、180℃に予熱のできたオーブンで
27~30分位焼く。

8

真ん中に竹串を刺して生っぽい生地がついてこなければOK。

9

すぐに刷毛で仕上げ用のグランマルニエを塗る。

10

翌日からの方が、味がなじんで美味しくなります。


コツ・ポイント

★目の細かい摩り下ろし器を使った方が、
 人参の癖が出にくいです。
★グランマルニエでなくても、コアントロー等のオレンジ系の洋酒でもOKです。

栗田智仁 クリスマス★めにゅ~

栗田智仁のオレンジ日記
ハイ!
栗田智仁
です。

今日のオレンジレシピは、クリスマス★スパイス&オレンジビスケット です。

スパイスとオレンジピール、アーモンドパウダーの入ったビスケットです。お子さんと一緒に作るのも楽しいですよ♪

材料 小さい星型で40~45個

薄力粉 150g
アーモンドパウダー/アーモンドプードル
40g
無塩バター 70g
グラニュー糖 50g
卵(M) 1個
オレンジピール(みじん切り)
50g
オールスパイス(またはシナモンでも)
小1と1/2
ジンジャーパウダー

小1

1

薄力粉、アーモンドパウダー、スパイス類は合わせてふるっておく。バターと卵は常温に戻す。

2

ボウルにやわらかくしたバターを入れ、白っぽくふんわりなるまで泡だて器で混ぜる。オレンジピールと砂糖を加えてよく混ぜる。

3

溶きほぐした卵を2回にわけて混ぜる。
1のふるった粉類を加えてゴムベラで切るようにさっくり混ぜる。

4

粉っぽさがなくなったら手でまとめる(捏ねない)。少し平たくしてからラップで包んで冷蔵庫で1時間寝かせる。

5

ラップを開いて麺棒で伸ばす。厚さ約6~7ミリ→カリッ、サクッ、それより厚めだとしっとり感が増します。

6

好みの厚さに伸ばしたら型で抜く。型に軽く薄力粉をつけるとくっ付きません。

7

ベーキングシートを敷いた上に並べて170度に予熱したオーブンで約15分焼く。取り出してケーキクーラーなどに乗せて冷ます。

8

写真

冷めたらお好みで粉糖を振ったりアイシングでデコレーションしても。私は絞り口のついたアイシングを使いました。

9

:追記:一日置くと薄く焼いた方もしっとり感が増しました。密封容器に入れて保管すれば5日位はおいしさが保てるかと思います。

コツ・ポイント

生地は捏ねないようにまとめる。手順5:厚さによって違った仕上がり感が楽しめます。私は6ミリと9ミリ位の2種類作ってみました。お好みでどうぞ。

栗田智仁ふわふわオレンジケーキ

はい、栗田智仁です。
今日のオレンジのレシピは、ふわふわオレンジケーキの作り方!!

■ 材料 (直径7cmのマフィン型8個)■ 下準備
  • 卵・・・・・・・・・・・・・・・・2個
  • 砂糖・・・・・・・・・・・・・・40g
  • 蜂蜜・・・・・・・・・・・・・・10g
  • オレンジの皮・・・・・・・1/2個
  • 薄力粉・・・・・・・・・・・・50g
  • ベーキングパウダー・・・・1g
  • サラダ油・・・・・・・・・・・・15g
  • オレンジ果汁・・・・・・・・・1/2個
  • オレンジ・・・・・・・・・・・1/2個
  • オレンジジャム又はグラサージュ適量
  • 卵は常温に戻しておく。
  • オレンジを半分にして、半分は、皮を摩り下ろして、果汁を取っておきます。もう半分はスライスしておきます。
  • 粉類(薄力粉・ベーキングパウダー)はあわせて、2回ふるっておく。
  • サラダ油とオレンジ果汁は合わせて、湯煎にかけて人肌くらいにあたためておく。
  • オーブンを170℃にあたためておく。
  • 湯煎のお湯を準備しておく。
■ オーブン時間 170℃ 約18~20分
■ 作り方
  • 卵を割りほぐし砂糖・蜂蜜を少しずつ加えすり混ぜる。
  • 湯せんにかけながらハンドミキサーで泡立てます。人肌くらいまで温まったら湯せんからはずし更に混ぜます。
  • オレンジの皮の摩り下ろしを加え、生地が白っぽくもったりとするまで泡立てます。
  • 最後は、低速で1~2分生地のキメを揃えます。もしくは、ホイッパーで混ぜるといいです。(写真a)
  • ふるった粉を、さらにふるいながら2回に分けて加えます。左手はボールを持ち手前に回し、ゴムベラを使って底からすくい上げるような感じで、練らないよう混ぜます。
  • しっかり粉が混ざったら、生地を一すくい別のボールに入れ、オレンジ果汁・サラダ油を加えよく混ぜます。
  • オレンジ果汁・サラダ油の入った生地を戻し、全体につやが出るほどにやさしく丁寧に混ぜます。(写真b)
  • 生地を型の8分目ほど流しいれて、型ごと2回程3㎝ぐらいの高さから落とし、生地の中の余分な空気を抜きます。
  • 170℃約18~20分オーブンで焼きます。途中10分焼いた時点でオーブンをあけて、生地の上に素早くオレンジのスライスを並べオーブンに戻し再度焼きます。
  • 焼きあがったら鉄板をテーブルに叩きつけ生地の中の熱を逃がします。
  • グラサージュなければオレンジジャムを塗って出来上がり♪

栗田智仁のオレンジ日記

栗田智仁のオレンジ日記
ハイ!
栗田智仁
です。

今日のオレンジレシピは、オレンジピールの作り方です。
皮の白い部分も使った甘くて、ちょっぴりほろ苦さのある美味しいピールです。ケーキやマフィンに混ぜ込んでも美味しいですよ。

材料

柑橘系の皮
4個分(写真は甘夏)今回は約300g
☆鍋で煮詰める時☆  
お水 100cc
砂糖
皮(乾いた最初の状態)の50%の量
☆干すときにまぶす分☆
 
グラニュー糖 130g

1

写真

先日オレンジを使ってしまったので、今回は甘夏です。国産のものがいいですね。

2

写真

へたを取り、皮に四方に切り目を入れて皮をむきます。

3

写真

4等分にむいた皮を半分に切り千切りにします。幅は7mmくらいに切ってます。

4

写真

熱湯で3分茹でます。そして水にさらします。

5

写真

水気をきり、お鍋にお水とお砂糖を入れて皮を入れ水分がほとんどなくなるまで煮詰めていきます。

6

写真

グラニュー糖をまぶして、ざるに広げて干します。

7

写真

よく晴れた日の午前中から干すのがベストです。水分がとび、固くなったら保存容器に入れて冷蔵庫で保存すると長く楽しめます。

8

写真

小夏を買ってきたので、初挑戦です。まあ基本の作り方の通りに作るだけですが…

9

写真

写真では分かりにくいですが、オレンジと比べると元の皮の色の違い通り黄色いです。さわやかな味で「小夏」の味ですね

栗田智仁のオレンジ日記

栗田智仁のオレンジ日記
ハイ!栗田智仁です。
今日のオレンジレシピは、みかんムースレシピです。
材料
ケーキ型18cm、 みかん:4個、 砂糖:90g、 卵:4個、 小麦粉:50g
コースターチ:50g、 バター:少々、 生クリーム:100cc

作り方
1.皮も使うのできれいに洗い、おろしてください。実は果汁を絞っておきましょう!
2.ボウルに卵を卵白と卵黄に分けて割ります。卵黄の入ったボウルに砂糖を加えてよく混ぜます。
3.卵黄がクリーム状になったら、みかんの皮と果汁1/2を加えて、小麦粉・コースターチを加えて混ぜていきます。卵白でメレンゲを作り2回に分けて混ぜていきます。
4.ケーキ型にバターを塗って、混ぜたものを流しいれます。160度に余熱しておいたオーブンで約30分間焼いていきます。
5.焼きあがったものをケーキ型から外して冷ましていきます。生クリームに砂糖30gを加えてあわ立てて、出来上がったムースにかけて食べてください

栗田智仁のオレンジ日記

栗田智仁のオレンジ日記
ハイ!栗田智仁です。

今日のオレンジレシピは、エビのオレンジマリネ です。

材料 4

海老 12尾
オレンジ 1コ
☆タイム 2〜3本
☆フェタチーズ
1/2瓶(300g)
☆黒、緑オリーブ 各8〜10
☆ドライトマト(オイル漬け)
4〜5個
☆ミニトマト 10個

<作り方>

1

海老にS&Pして2〜3分茹でる

2

大きめのボールにオレンジの果肉と果肉を取り出した時に出る果汁を入れる

3

1、2、☆印を全て混ぜ合わせて出来上がり

4

フェタチーズとドライトマトはオイルもお好みで加えてください。オイルに味がついているので、調味料はなくても大丈夫です。

栗田智仁のオレンジ日記

栗田智仁のオレンジ日記
ハイ!栗田智仁です。

今日のオレンジレシピは、オレンジとミルクの大きなゼリーです。

材料 5~6人分

牛乳 300ml
砂糖 20g
ゼラチン 5g
お湯 大さじ3
*トロピカーナ ホームメイドスタイル オレンジ
300ml
*ゼラチン 5g
*お湯 大さじ3


1

ボールにゼラチンを5g入れ、沸騰したお湯を加えてよく溶かす。

2

1の中に牛乳をかき混ぜながら入れ、良く混ざったら、そのまま冷蔵庫で固める。

3

2を固めている間に、*も同じようにゼラチンを溶かし、ジュースを加え、混ぜ合わせておく。

4

2が固まったら、3を上から流し、再度冷蔵庫に入れて固まったらできあがり*

栗田智仁のオレンジ日記

栗田智仁のオレンジ日記
ハイ!栗田智仁です。
今日のオレンジレシピは、オレンジジュースでみかんご飯です。

家にあるオレンジジュース、みかんジュースでみかんご飯を作ってみませんか(●^o^●)

材料 1合分

1合
トロピカーナ オレンジ(100%オレンジジュースなら何でもOK♪)
60ml~100ml
オレンジジュースを入れた後、定量まで

1

米を研いで軽く水を切る。

2

写真

オレンジジュースを入れ、水を定量まで入れる。

3

スイッチオン!で普通に炊く。

4

写真

できあがり~!!

おこげもできるよ。

コツ・ポイント

・加水量の30%(約60ml)オレンジジュースを入れるとほんのりオレンジの風味がして私は好きです。
 風味が強めがいい方は加水量の50%(約100ml)ほど入れてみてもいいと思います。
・オレンジジュースは100%がいいと思います。

栗田智仁のオレンジ日記

栗田智仁のオレンジ日記
ハイ!栗田智仁です。

今日のオレンジレシピは、バナナ&オレンジシャーベットです。

オレンジの酸味でとってもさっぱり、バナナの甘みと相性ばっちり♪

材料 2人分

トロピカーナ ホームメイドスタイル オレンジ
100cc
完熟バナナ 中1本
レモン汁 小さじ1/2
牛乳 100cc
練乳 大さじ1

1

タッパーにバナナを入れ、フォークの背で潰し、レモン汁を加えてよく混ぜ合わせる。

2

『1』にトロピカーナ ホームメイドスタイル オレンジを入れて混ぜる。

3

別の容器に牛乳と練乳をよく混ぜ合わせて、『2』に加えて混ぜ、冷凍庫に入れる。

4

1時間くらいたったら一度かき混ぜ、あとはお好みの硬さになるまで凍らせる。

コツ・ポイント

バナナの食感を残したい場合は荒く潰してもいいと思います。
レモン汁でバナナの変色を防ぎます。

栗田智仁のオレンジ日記

栗田智仁のオレンジ日記
ハイ!栗田智仁です。
今日のオレンジレシピは、オレンジジュレとチーズクリームのコラボです。

オレンジ・白・緑のコントラストがきれいなデザート♪♪ジュースの酸味とクリームチーズの塩味が互いに美味しさをひきたてます!

材料 カップ6個分くらい

トロピカーナオレンジ
550cc
ゼラチン 10g
50cc
キウイ 4個
クリームチーズ 100グラム
生クリーム 100cc
ヨーグルト(加糖・無糖お好みで)
大さじ3~5

1

ゼラチンを水にふりいれてしとらせておく。
レンジで溶かす。(150w30秒くらい)

2

写真

常温にもどしたジュースに1を混ぜ、
冷蔵庫で冷やしかためる。

3

写真

キウイをスライスして中央を星型で抜き飾りをつくる。

4

写真

3の抜いて残ったキウイをこしてソースにする。

5

写真

クリームチーズを柔らかく練り、生クリームをくわえてホイップする。

6

写真

5に硬さをみながらヨーグルトを混ぜる。(スプーンですくってトロッとするくらい)

7

写真

透明な器にオレンジジュレとキウイソースとチーズクリームを交互に重ねてキレイな層を作る。

8

写真

飾りつけをして出来上がり♪♪

コツ・ポイント

ジュースを加熱せずに使いたかったので、ゼラチン液をジュースに加えるようにしました。ジュースが冷たいとゼラチンだけ加えた瞬間に固まってしまうので、必ず常温にもどしてね☆
オレンジゼリーは使うときに軽くくずしてジュレ状にして使ってください。

栗田智仁のオレンジ日記

栗田智仁のオレンジ日記
ハイ!栗田智仁です。
今日のオレンジレシピは、バレンシアピラフです。

材料(4人分)
米  カップ3杯
オレンジ 2コ
玉ねぎ 1/2コ
マッシュルーム  100g
むきエビ 100g
バター 大さじ2杯
ブイヨン カップ3・1/4杯
ローリエ 1枚
塩・コショウ 適量
パセリのみじん切り 適量
 
作り方
(1) 米は洗って水気をきります。
(2) オレンジの果肉を出します。
(3) 玉ねぎはみじん切りに。
(4) マッシュルームはくし型に切り、むきエビは背わたを取り、フライパンで炒めて塩、コショウします。
(5) バターで(3)を炒め、(1)を加えて米が透き通るまで炒め、(2)の果肉と(4)、ブイヨン、ローリエ、塩、コショウ各少量を加えて炊きます。(オレンジの果肉は、かざり用に少し残しておきます。)
(6) 充分に蒸らしてから混ぜ、器に盛り、残しておいた果肉を飾り、パセリのみじん切りをのせます。
 

栗田智仁のオレンジ日記

ハイ!栗田智仁です。
今日のオレンジレシピは、ヒラメのカルパッチョ~オレンジソース~です。


冷たく、コリコリしたヒラメの上身に、シャキシャキの水菜を、ツンとした柑橘系ソースで。よく冷えた白ワインで。

材料

ヒラメの身
200グラムくらい(1匹1キロ2000円)
水菜、ベビーリーフ 40グラムほど?
塩コショウ 適量
  レモン汁 大さじ1
  オレンジ汁 大さじ2
  EXオリーブオイル
100cc
  粒マスタード 大さじ1
  にんにく微塵切り
1かけら
オレンジの皮
適量(柚子皮など何でも良い)
チャービル 適量(3枚ほど)

<作り方>

1

ヒラメを5枚におろし、そぎ切りにする。

2

塩コショウをして3分間冷凍庫に寝かせる。

3

オレンジソースを作る。分離しないようオリーブオイルは少量ずつ加える。

4

ヒラメに水菜、ベビーリーフを合わせたものを盛り、オレンジの皮を金おろしでおろしたものを散らす。

コツ・ポイント

 トマトを湯むきして、ヒラメの上に散らすと、華やかになる。前菜は赤・黄・青をバランスよく配置し、見た目良く仕上げたい。
 新鮮な魚を使用すること。刺身のうす造りと同じ要領で。




栗田智仁のオレンジ日記

ハイ!栗田智仁です。
今日のオレンジレシピは、オレンジ風味の米粉マドレーヌです。
卵、牛乳、小麦を使わずに米粉で作るマドレーヌです。
オレンジシュースを使いました。

材料 約7つ分

ミックス粉(ごはんdeナイスを使用)
100g
オレンジジュース
100cc前後(果汁100%を使用)
飾り用のオレンジ

1

写真

ミックス粉とオレンジジュースを混ぜておきます。

2

写真

型に薄くマーガリンを塗り、生地を入れます。
飾り用のオレンジはここで乗せます。

3

写真

アルミホイルを使う場合は生地をそのまま入れます。

4

写真

グリルで約13分焼きます。
(焼き時間は加減して下さい)

5

写真

焼いたマドレーヌにオレンジジュースを塗ったら完成です。

栗田智仁のオレンジ日記

ハイ!栗田智仁です。
今日のオレンジレシピは、鶏肉のオレンジ煮です。

■材料(2人分)

  • 鶏もも肉 … 300g(1枚)
  • … 少々
  • コショウ … 少々
  • 小麦粉 … 適量
  • バター … 10g
  • 白ワイン … 50cc
  • オレンジ … 160g(実80g/1個)
  • レモン … 20g(1/4個)
A
  • ローリエ … 1枚
  • 固形コンソメ … 1/4個
  • オレンジジュース … 50cc(オレンジを絞った汁と合わせて)
  • はちみつ … 大さじ1
  • … 50cc

■作り方(調理時間の目安:15分)

  1. オレンジは皮をむき、房から実を取り出して半分に切ります。
  2. 1の実を取り出したあとの房を絞り、オレンジジュースと合わせて50ccにし、Aを混ぜ合わせます。
  3. 鶏もも肉は横長におき、縦に半分に切ります。塩・コショウをして小麦粉を付けてはたきます。
  4. フライパンにバターを入れ、火力「強めの中」にして3を皮から焼き、きつね色になったら裏返します。裏側もきつね色になったら白ワインを入れ、2を加えてふたをし、3~4分蒸し煮にします。鶏肉に火が通ったら取り出して器に盛ります。
  5. 4のフライパンに残った汁を、火力「強」で煮詰めます。煮汁がとろっとしたら1のオレンジを加えてさっと混ぜ、絞ったレモン汁を振り入れます。
  6. 5を4の鶏肉にかけます。

栗田智仁のオレンジ日記

ハイ!栗田智仁です。
今日の栗田智仁の話しはアセロラについてです!!ビタミンCが豊富な果実として有名なアセロラは、直径が2cm前後、重さは5~8gくらいと小さく、少しデコボコとした形をしています。 日本ではアセロラドリンクの登場でよく知られるようになりましたが、ジャムやゼリーなどにも用いられます。また、熟した果実は生で食べることもできます。ただし皮が薄く2~3日しか持たないので、熟したらすぐに食べるようにしましょう。さわやかな甘酸っぱさが楽しめます。 国内では沖縄で栽培されていて、2007年の出荷量は約35トンです。市町村別では糸満市、本部町、石垣市となっています。主な栄養成分(可食部100g中) ビタミンC(1700mg)、葉酸(45mcg)、カリウム(130mg)、βカロテン当量(370mcg)※甘味種はビタミンC(800mg) 注目成分 アントシアニン、ケルセチン 主な効能 風邪予防、美肌効果、がん予防、貧血予防、高血圧予防、動脈硬化予防、脳梗塞予防、心筋梗塞予防 果物の中ではダントツにビタミンCの量が多く、風邪予防や美肌効果に期待ができます。また抗酸化作用のあるβカロテンや、ポリフェノールの一種「アントシアニン」や「ケルセチン」、さらには血を作るビタミンといわれている葉酸もほどよく含まれています。 ナトリウムの排出を促進するカリウムも比較的多く、高血圧や動脈硬化、脳梗塞や心筋梗塞予防にも作用します。

栗田智仁のオレンジ日記

ハイ!栗田智仁です。
今日のオレンジレシピは、みかん大福です!!


材料:5個分

こしあん:100g、 みかん:2個、 白玉粉:80g、 砂糖30g

水:100cc、 片栗粉:適量

作り方

  1. みかんは薄皮をむいておきましょう。
  2. こしあんにみかんを2個くらい包んでおきましょう。
  3. 耐熱容器に白玉粉と砂糖を入れて少しずつ水を加えていき、ダマにならないように混ぜていきます。
  4. よく混ざったら、1度電子レンジで2分間加熱します。さらによく混ぜてもう1度レンジで1分間加熱し、よくかき混ぜます。
  5. 片栗粉を台にしき、その上に作った生地をのせて、手にも片栗粉をつけたら素早く5等分します。
  6. 生地が冷めないうちに、あんで包んだみかんを生地に包んでいきましょう。

栗田智仁のオレンジ日記

ハイ!栗田智仁です。
今日のオレンジレシピは、オレンジチキンv( ̄∇ ̄)v

オレンジチキン 材料・分量(2人分)

鶏肉 400g ※今回は、チキンレッグ使用、もも肉でも。

(マリネ液の調味料)
オレンジジュース 200cc
マーマレード 大さじ2
はちみつ 大さじ1
醤油 小さじ1/4
塩 小さじ1/4
コンソメ 5g(1キューブ分)
カレーパウダー 少々

オリーブオイル 小さじ1~2

※出来上がり写真では、オレンジピラフで用意した、みじん切りパセリを散らしています。

手順・作り方

オレンジチキン・手順1
1:フォークで、チキン全体をさします。


オレンジチキン・手順2
2:チャック付密閉ビニール袋に、マリネ液の調味料(オレンジジュース、マーマレード、はちみつ、醤油、塩、コンソメ、カレーパウダー)を入れ、ふり混ぜます。
チキンを加えたら、空気を抜くようにして、しっかり封をします。
調味料とチキンが馴染むよう、よく揉んだら、冷蔵庫で最低2、3時間から半日、寝かせます。

オレンジチキン・手順3
3:フライパンにオリーブオイルをいれ、中火にかけます。
袋から取り出したチキンを、皮目から両面、焼き色がつくよう、ソテーします。
※マリネ液は使うので、捨てないでください。


オレンジチキン・手順4
4:チキンに焼き色がついたら、マリネ液(全て)を流し入れます。
蓋をして、肉側を約10分。裏返して、皮側を3、4分、蒸し煮にします。
※あくまで時間は目安です。焦げ付かないよう注意してください。


オレンジチキン・手順5
5:煮汁(ソース)が少なくなったら(写真参照)、出来上がりです。
お好みで、パセリのみじん切りを散らし、ソースをかけて、お召し上がりください(*´ェ`*)

栗田智仁のオレンジ日記

ハイ!栗田智仁です。
今日のオレンジレシピは、●即席●鴨肉のソテー☆オレンジソース煮(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!

材料 2人分

鴨胸肉 1枚
温泉の塩 小さじ1/2
オレンジジュース 1カップ
こしょう 少々
サラダ油 大さじ2
オレンジマーマレードジャム
大さじ
しょうゆ 小さじ1
味の素 KK コンソメ顆粒
1個
かたくり粉 小さじ1

1

鴨肉に温泉の塩・こしょうを振ります。
皮めに強めに振って下さい。

2

フライパンにサラダ油を中火で熱し、皮めの方から入れて中火で2分ずつこんがりと焼き、裏返して焼き色がついたら弱火にしてふたをし、5~6分焼いて中まで火を通します。

3

バットにとり、そのまま10分くらい置いて余熱で火を通します。

4

小鍋にオレンジジュース、マーマレード、しょうゆ、コンソメ顆粒を入れて中火にかけ2/3量ほど煮詰めたら、倍量の水でといた片栗粉でとろみをつけ、オレンジソースを作ります。

5

.1.の鴨肉をそぎ切りにし、器に盛り付けてオレンジソースをかけ出来上がりです♪

livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ