栗田 智仁がアロマテラピーについて調査

栗田 智アロマテラピーに興味を持ち始めてしまいました・・・・。
なんか臭いで落ち着くって時ないですか??
今はないけど、昔の懐かしい臭いとかに過剰に反応してしまうとか。
最初にこのアロマテラピーについて話をします。
 アロマテラピー(フランス語: aromathérapie)は、花や木など植物に由来する芳香成分(精油)を用いて、心身の健康や美容を増進する技術もしくは行為のこと。
また、お香やフレグランス・キャンドルも含め、生活に自然の香りを取り入れてストレスを解消したり心身をリラックスさせることも含めて呼ぶ場合も多い。
 確かに、リラックスしたり好きな臭いってありますね。
栗田 智仁の場合は、グレープフルーツに臭いが好きです!!
 オレンジにもアロマの効果があるんですよ!
 考え方が暗いとき、ストレスで落ちこみがちなときに、心を前向きに明るくする香りといわれます。
 肉体には特に消化器系に有効とされます。
消化不良、食欲不振、下痢などに効果を活気します。
 他には発汗作用も期待できます。
意外なところでは最近ブームのオレンジ配合洗剤。
オレンジのエッセンシャルオイルは油汚れを落とす力があります。
 これを効果的に発揮するオレンジの品種もあります。
 全部それぞれ違った効果を見ることができます!
オレンジスィートっていう果物を知っていますか??
これは、もともとはアジア原産といわれるオレンジ。
アロマテラピーでは大変、人気のあるエッセンシャルオイルです。
 ケーキ、ジュース、マーマレードなどの食品はもちろん、オレンジキュラソーのようなアルコールのフレーバーでもその香りはおなじみです。
 アロマテラピーではオレンジスィートとビターオレンジの2種がありますが、スィートがより一般的のようです。 栗田 智仁もオレンジの臭いを嗅いでリラックスした毎日を送りたいです!