栗田智仁のオレンジ
栗田智仁のオレンジアレルギー
オレンジアレルギー
食物アレルギーには、果実を摂取することで人体にアレルギー症状が現れる果実アレルギーというものがありますが、特にオレンジやオレンジ果汁を摂取することでアレルギー症状が現れるオレンジアレルギーというものがあります。
オレンジは厚生労働省により「特定原材料に準ずるもの」として加工食品に含まれている場合に表示を推奨されている20品目の中に含まれています。


オレンジアレルギーの症状としては、直接触れたくちびるや舌、のどの奥がかゆくなったり腫れたりの口腔アレルギー症候群からじんましん、目や鼻の花粉症の症状や、吐き気、腹痛や下痢、気管支喘息の発作を起こしたり、最悪の場合はアナフィラキシーショックを起こすこともあります。
オレンジはイネ科のカモガヤの花粉症との交差抗原性があり、カモガヤ花粉症の人はオレンジに対してアレルギーを引き起こしやすいといわれています。