2006年11月27日

そして極楽副編集長が通常も邪魔しなかった(BlogPet)

極楽副編集長で、掲示しないです。
そして極楽副編集長が通常も邪魔しなかった。
そしてきょうれんげは細で店頭みたいな掲示するつもりだった?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「れんげ」が書きました。
  

Posted by weekly_gokuraku at 12:14Comments(0)TrackBack(0)

2006年11月26日

11/26 「26日」という日

 二郎ファンにとって毎月26日と言えば、上野毛店・府中店の“26day(二郎の日)”。
 今月はそれに大相撲の千秋楽が重なり、相模大野駅前店で炙り豚が提供されるなど、ちょっとしたお祭り的一日になったようです。
 しかし、二郎の他にも26日に恒例の(?)イベントがあるお店が……!?
 本日は烏山のそらまめ拉麺本舗 千歳烏山店と、ラーメン二郎 府中店にお邪魔して参りました。  続きを読む
Posted by weekly_gokuraku at 19:38Comments(2)TrackBack(2)

接客業って……?

 本日、blogからリンクを1件解除しました。
 某ラーメン店のセミナー参加者募集を読み、店主の考え方に激しく失望したからです。
 この店のラーメンが好きでblogでも当然のように好意的な記事を書いていただけに、(売上に繋がったかどうかはともかく)自分が神輿を担ぐ一人になっていた事が悔やまれてなりません。まるで新興宗教の広告塔になった芸能人のような……。
 そりゃあ、ラーメン店だってお仕事です。売上を伸ばそうと尽力するのは当然の事です。
 しかし、一見客はないがしろにし、リピーターは客を運ぶツールと看做すなんて、あまりにもあさましい考えではありませんか?
 味が好みであっても、この店に行く事は二度とないでしょう。
 いつも楽しみに拝読しておりますラーメン大好き小○さんこの記事を読んだ時には、てっきり『最近二郎風や神座風ラーメンを売り出したあのチェーン店がセミナーでもするのか』と思いましたが、まさか私が好きだったあのお店だったとは……(もちろん小○さん様が述べている店と本当に同じかどうかは分かりませんが)。
 あれだけ「二郎が好きだから」と熱く語ってくれたのは、二郎風のラーメンを売り出す理由の後付に過ぎなかったのでしょうか?
 二郎が好きな者として抱いた親近感を踏みにじられたようで、とても寂しい限りです。  
Posted by weekly_gokuraku at 12:39Comments(4)TrackBack(0)

2006年11月24日

11/22 麺屋 大斗 大門店

特製もりそば 大盛+豚角煮
 特製もりそば 大盛 \980
 豚角煮 \200






特製もりそば 大盛+豚角煮(つけ汁)特製もりそば 大盛+豚角煮(麺)








 浜松町に用事ができたので昼食は二郎三田本店でいただこうと考えたものの、新宿から山手線に乗った時点で既に14時過ぎ。
 早めに店じまいしている可能性を考えて断念、芝大門付近で気になっていた天虎を目指しましたが、住所も調べず闇雲に歩いても当然見つかりません。
 交番でお尋ねしたのですが残念ながら分からず、これをインターネットで調べる為だけに漫画喫茶に寄るのもなんですので、結局途中で見かけた大斗で遅い昼食に致しました。
 正直に申し上げると、池袋大勝軒の系列店にはあまり良い印象がなかったのですけれど、虎ノ門のビックラーメンまで足を延ばすには空腹が限界点……。
 そんな訳で、もりそば中盛(400g)が並(300g)と同料金というサービス価格になっていても、敢えて+\100の大盛(600g)の食券を購入。
 限定物という誘惑に弱いので、「数量期間限定トッピング」と店頭メニューで告知されている豚角煮の食券も買い求めます。
 昼時から外れた時間でも店内はまずまずの客入り。私の後も間を置かずに何人も入店してくるなかなかの人気です。
 つけ汁に入っていた具は味付玉子・チャーシュー3枚・海苔・メンマ・ネギ、それに追加トッピングの豚角煮1つ。
 さすが「特製」と呼ぶだけの事はあり、\250プラスするだけの価値はありそうです。特にメンマの量には舌を巻かされましたね。
 但し、角煮は味や柔らかさこそそつのない完成度でしたが、価格と大きさが見合っているかと考えると……?
 こちらの系譜の根源である池袋大勝軒で残念に思えたのが麺の柔らかさだったのですが、大斗の麺はコシが強いとまで言わずとも問題のない固さ。
 つけ汁も何か一つの味が突出することのないバランスの取れた味でした。やすべえ黒門に比べるとより万人向けの味かと存じます。
 動物系・魚介系のダブルスープながら、スープ割りをいただくと後者が強めに(底に沈んでいた魚粉の為かも知れません)。
 このお店を目的として遠出する事はないまでも、近くにあるとありがたみを感じられるお店という印象でした。  
Posted by weekly_gokuraku at 00:02Comments(2)TrackBack(0)

2006年11月20日

11/18 ラーメン二郎 仙川店

大盛り豚入りラーメン
 大盛り豚入りラーメン \800
 全部増し






 この日は野猿二郎の限定メニュー「蝦猿麺」の最終日。
 二郎ファンはそちらに流れ、仙川店は比較的空いているかな……と思ったのですが大きな間違い。
 お店の前にはS字型の待ち列が形成される普段通りの盛況でした。
 私が食券を買う際には既に豚ダブル&トリプルは売り切れ表示になっており、食べている最中には豚増しも売り切れになった模様。
 出された時から既に決壊しているスープは、上層が大変とろみの強い野猿にも似た方向で、その下に生姜の香る普段の仙川風スープが控えている、一粒で二度美味しい感じ。
 麺こそ少し柔らかめに感じられたものの、スープの美味しさが箸の手を休ませません。
 豚はトロトロで神懸り的(と、述べると大袈裟かも知れませけれど)に旨い箇所が一部で、大半を分厚い白身が付いているのに赤身のぱさつきが顕著なものが占める、出来栄えが両極端な構成。
 売り切れでなければ当然のように大Tの食券を買っていましたが、これが続くようなら仙川の豚増し系は控えようか、とも考えさせられた一杯でした。
   
Posted by weekly_gokuraku at 19:00Comments(0)TrackBack(0)

れんげは(BlogPet)

れんげは、堪能するつもりだった?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「れんげ」が書きました。
  
Posted by weekly_gokuraku at 18:55Comments(0)TrackBack(0)

2006年11月17日

11/16 カレー屋さん リトルショップ

気まぐれCセット 大盛りサラダ








 気まぐれCセット 大盛り \800

 この日の昼食も渋谷駅近郊で外食に。
 ハチ公口から文化村通りを歩いて向かった先は、先日行きそびれてしまったカレー専門店リトルショップです。
 渋谷駅よりもむしろ京王井の頭線神泉駅の方が近いですね。
 渋谷駅近辺のラーメン店をチェックなさっている方には風来居のすぐ側と書けば「あの店か」と思い当たるかも知れません。
 営業時間が短いので敷居の高いお店の一つですけれど、良心的な価格でお腹が満たせるお勧め店です。
 カウンター5席・4人掛けテーブル2つと、店名通りのこじんまりとしたお店ですけれど、体育会系の学生らしい常連客に店主が気軽に声をかけるアットホームな雰囲気は悪くありません。
 近くの会社にお勤めと思われるお客さんにはテイクアウトを頼んでいる方も目立ちましたね。
 大盛りのお店として知った私の注文はCセットの大盛り。
 つやつやしたあきたこまちが大きめの皿を埋め立て、たっぷりと野菜が溶け込んだ甘口のカレーソースがなみなみと注がれたところに、揚げ物がこれでもかと言わんばかりに積み上げられます。
 量的には驚くほどとの形容には至らないまでも、トッピングがヘビーなのでボリュームは満点。
 メニュー名で“気まぐれ”を謳うだけあり、トッピングは一定していないようです。
 この日に乗せられていたものを列挙すると――。
『目玉焼き』『チーズ』『茄子の素揚げ』『ピーマンの素揚げ』『鶏の唐揚げ』『トンカツ』『半熟玉子』『ヒジキの煮付け』以上8種。
 ヒジキがカレーにこれほどマッチするとは予想外でした。
 個々のトッピングでは野菜の素揚げと唐揚げが私の好みの味。
 また、ミニサラダが付いてくるのも嬉しいサービスですね。
 フルーティーなカレーソースは好みが分かれそうですが、新宿のもうやんカレーがお好きな方には自信を持ってお勧め致します。  
Posted by weekly_gokuraku at 19:44Comments(6)TrackBack(0)

2006年11月13日

きょう(BlogPet)

きょう、ワンっぽい実施したかった。
実は関西にご馳走するはずだったみたい。
実は極楽副編集長と前述するはずだった。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「れんげ」が書きました。
  
Posted by weekly_gokuraku at 12:14Comments(0)TrackBack(0)

2006年11月12日

11/11・11/12 ラーメン大 西荻店

 11/8の仮オープンを経て、11/10に正式オープンしたラーメン大 西荻店に昨日・本日と2日連続で行って参りました。  続きを読む
Posted by weekly_gokuraku at 21:25Comments(0)TrackBack(2)

2006年11月11日

11/10 唐そば 渋谷二丁目店

つけ麺 特盛
 つけ麺 特盛 \700







 この日の昼食は渋谷駅近郊で探す事に。
 本当はリトルショップというデカ盛りのカレーを提供してくれるお店に行くつもりだったのですが、予想以上に所用が長引いてしまって営業時間に間に合わず。
 そこで次善策として、つけ麺の特盛が新設された唐そばに参りました。
 つけ麺の特盛は実に4玉(並だと1.5玉)。
 これでも価格は据え置きなのですから大変良心的と言えましょう。
 麺の量としては特盛で二郎の大と同程度。
 少々水切りが甘かったのが残念でしたが、細さのわりにしこしことした歯応えが楽しめる麺です。
 最初に鰹風味、続いて豚骨の柔らかな味が口に広がるつけ汁の美味さは相変わらず。
 チャーシューだけでなく、刻んだ沢庵が入っているのも食感に変化があってよろしいですね。
 レンゲはつけ麺に不要という声もたまに耳にするものの、このお店に限って言えばあった方がありがたく存じます。
 小皿で提供される柚子胡椒をレンゲの先にちょこんと乗せ、軽くつけ汁に浸した麺と一緒に啜るのがたまらないのです。
 柚子胡椒に抵抗がない方は是非お試しあれ!
 〆はつけ汁のスープ割りで。
 冷めたつけ汁に熱い豚骨スープが注がれると、鰹の香りが一気に蘇りますよ。  
Posted by weekly_gokuraku at 20:31Comments(0)TrackBack(0)

2006年11月10日

11/9 ラーメン二郎 新宿小滝橋通り店

大二郎 4玉
 大二郎(4玉) \800
 ヤサイ






 この日は数軒隣に仮移転したという満来でチャーシューメンでも……と考えていたのですが、残念ながらとても後につく気が起きないくらいに長蛇の列。
 限りある時間を有効に使う為にも、予定を変更して大久保方面へ足を向けます。
 向かった先は小滝橋二郎。店内は満席でしたが、店外待ちはナシ。
 回転が速いので安心して食券を買います。
 前回訪問時は大二郎を3玉で注文して意外とあっさり食べ終わったので、今回は4玉で。
 まだこの後に予定が控えていたので、ニンニクを自粛する代わりにトッピングでヤサイをコールさせていただきます。
 前回は麺を固めで注文したところ、やや固すぎた感がございましたので、今回は固さに関してはそのままで。
 ところが、今度は好みよりも柔らかすぎ……なかなか難しいものです。
 とろとろの白濁スープは二郎らしさこそ控えめでもなかなかの美味さ。
 3/4ほどいただいたところで胡椒を振りかけると、食べているうちにぼやけてきた味が引き締まって実に良い塩梅に。
 豚は味が染み込んでおらず、やや固めのところもございましたが、アクセントとしては却ってよろしかったかもしれません。
 ご馳走様でした。

大二郎 完食後  
Posted by weekly_gokuraku at 21:15Comments(0)TrackBack(0)

2006年11月05日

って言ってたよ(BlogPet)

昨日、極楽副編集長が

1/3ほどいただいてスペースが空いたところで生玉子を投入、一部を玉子11ご飯風にしてみます。
って言ってたよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「れんげ」が書きました。
  
Posted by weekly_gokuraku at 13:20Comments(0)TrackBack(0)

11/4 でんねんまんねん

食べ放題のご案内
 たこ焼き・明石焼き食べ放題 \500
 (ワンドリンク制)
 ウーロン茶 \250





明石焼きたこ焼き








 昼はバイキング形式を取っている居酒屋takusan、焼肉店の開花亭等、実は隠れた食べ放題スポットである千歳烏山駅周辺。
 そんな中でも優良店と胸を張ってお勧めできるのがでんねんまんねんです。
 基本的に関西風居酒屋ですが、たこ焼き・明石焼きの食べ放題を実施しており、昼は\500(但しワンドリンクオーダー必須)・夜は\700+お通し\300+ワンドリンクで前述の2品が食べ放題に。
 ふわふわとろとろの明石焼きを出汁に浸していただくか、ソースと青海苔(お好みでマヨネーズも)でいただくか楽しめます。
 以前はマヨネーズも各テーブルに置いてあったのですが、無茶な使い方をするお客様がいらっしゃった為か皿の隅に最初から絞ってある形式になったようですね。
 客足によるのかもしれませんけれど、お店の方が積極的にお代わりを勧めて下さって恐縮しました。
 たこ焼きを中心に10皿ほどいただいてご馳走様です。  
Posted by weekly_gokuraku at 11:55Comments(2)TrackBack(0)

11/2 そらまめ拉麺本舗 千歳烏山店

Bランチ(味噌大肉麺)Bランチ(餃子)








Bランチ(味噌大肉麺+餃子) \950

 店頭に日替わりランチサービスをはじめとするメニューが掲示されたり、カウンター席に置いてあるメニュー表が差し替えられるなど、開店時から少し様変わりした感のあるそらまめ拉麺本舗 千歳烏山店
 そう言えば、こちらもblogに書かず何度もお邪魔しているお店の一つですね。
 麺は1玉が150gで、大盛りは2玉になって+\150。
 学生の方ならこの大盛り分が無料サービスになるそうです。
 この日のBランチに入っていた味噌大肉麺は通常なら単品で\950の品。
 貧乏性なもので、ついお得感に負けてこのセットを注文してしまいました。
 経験上、こちらのセットメニューは出てくるのに時間差が結構生じますので、餃子の出来上がりは待たずに先に出てきた大肉麺をいただきます。
 甘さ控えめでキリッとした塩辛さの味噌スープに乗るのは、モヤシを中心に青梗菜等が入った炒め野菜(特に味付けはなし)と刻みネギ、そしてトロトロに柔らかいターローが2枚。
 正直、場所柄と価格に比して物足りなさはございますが、仕上がりは上々です。
 中細の麺はもう少し固めにしていただけたらよろしかったのですが……。
 餃子は皮をカリカリに焼き上げた香ばしい一皿。
 ジューシーではなくても1粒が大きめで、中身もたっぷり詰まっています。
 バラエティに富んだメニューで地元のお店だけに、今後も期待させていただきます。  
Posted by weekly_gokuraku at 11:13Comments(0)TrackBack(0)

10/31 ラーメン二郎 八王子野猿街道店2

大つけブタ
 大つけブタ \1000
 ヤサイ






大つけブタ(つけ汁)大つけブタ(麺)








 また更新に間が空いてしまいました。本当に申し訳ございません。
 この日は考えもしなかったくらい仕事が早く上がったので、予定していなかった野猿二郎の訪問でした。
 その代わり、翌日は早朝から客先に赴く用事があったのでニンニクは自粛する事に。
 徐々に気温も下がりつつありますが、それでもこちらのつけ麺は年中いただけるのが嬉しいです。
 麺の量については画像からご想像下さい。
 前にいただいた時と違ってつけ汁に若干の酸味を感じたものの、濃厚さは相変わらず。
 たまたま野菜が茹で上がったばかりだったのか、野菜が浸っていた箇所の汁は最後まで熱いままでした。
 心なしか、キャベツに青い部分が多かったような気が致します。
 豚に少々脂身が多くついていた為、そちらだけ残してご馳走様。
 今度は和風BBをいただくとしましょう。  
Posted by weekly_gokuraku at 10:50Comments(0)TrackBack(0)