2007年04月25日

きょうはここへ麺へ駐車するはずだったの(BlogPet)

きょうはここへ麺へ駐車するはずだったの。


*このエントリは、ブログペットの「れんげ」が書きました。
  

Posted by weekly_gokuraku at 11:02Comments(0)TrackBack(0)

2007年04月18日

っていってたの(BlogPet)

いつも、極楽副編集長は

友人と共に訪れた前回の千秋楽では、せっかく早く着いたのにマクドナルドで時間を潰している間にとんでもない並びが出来ておりましたから、本日は9時頃に相模大野駅へ到着してから4二郎に直行致します。
っていってたの。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「れんげ」が書きました。
  
Posted by weekly_gokuraku at 11:02Comments(0)TrackBack(0)

2007年04月15日

4/15 広島流お好み焼き あじこや

豚玉子(焼きうどん5玉)
 豚玉子(焼きうどん5玉) \700







 takusanが食べ放題を休止し、榮じのつけ麺にグラムの上限が設けられた現在、大飯食らいにとって千歳烏山駅周辺でお手頃なのはでんねんまんねんあじこやが双璧でしょう。
 たこ焼き・明石焼きの食べ放題を行なっている前者に対し、後者は広島風お好み焼きに入る麺の量が無制限というありがたさ(但し、増やしておいて残すとペナルティがあるらしい)。
 この麺も生中華麺・焼きそば・焼きうどんの三種から選択可能です。
 今日は焼きうどんを5玉で注文。
 図々しいお願いにも快く笑顔で応じて下さる店員様には本当に頭が下がります。
 予め電話でテイクアウトの注文をなさっていたお客様の分を含め、数人分のお好み焼きを手際よく作っていく様子は流石プロ。
 ただ、貧乏性な私にはカリカリになったうどんが鉄板からこそぎ落とされていくのを見るのが大層痛ましく思えたり……。
 お好み焼きの生地と鉄板の間で蒸し上げられたキャベツが酸味の効いたソースとしっかりマッチしており、口に運ぶ速さは鈍りません。
 店内の張り紙によると隣の餃子専門店に出前を頼むことも出来るらしいので、お好み焼きと餃子でホッピーを一杯……というのも悪くなさそうですね。  
Posted by weekly_gokuraku at 21:35Comments(2)TrackBack(0)

4/13 ラーメン二郎 神田神保町店

大豚ダブル+生玉子
 大豚ダブル \850
 味薄め・ニンニクヤサイ
 生玉子 \50





 先週に引き続き、仕事の後は神保町へ寄り道することに。もちろん目的は二郎です。
 今回は前回買い忘れた生玉子の食券も購入。この日は味薄めでお願い致しました。
 玉子はすき焼き風で堪能させていただきます。
 塩辛さはもう少し薄めでもよろしいかもしれませんけれど、その他は何も言うべき点のない満点の出来。  
Posted by weekly_gokuraku at 21:04Comments(2)TrackBack(0)

2007年04月12日

4/9 ラーメン吉野

大盛ラーメン(太麺)+煮玉子ラーメン(細麺)








大盛ラーメン(太麺)+煮玉子 \600(通常価格\700+\100)
ラーメン(細麺) \500

 月曜日の仕事帰りにふと思い出したのが、明大前にあるラーメン吉野の大盛サービスデー。
 二郎にハマる前から立ち寄っていたものの、直系の味とはかなり離れているので二郎系とはなかなか気付きませんでしたっけ。
 このお店では毎週月曜日、大盛ラーメン(\700)及び大盛チャーシューダブル(\900)がそれぞれ\100引きとなり、更に煮玉子が追加されるというサービスがございます。
 大盛ラーメンの食券を購入し、カウンターで食券と引き換えに\100がキャッシュバック。
 麺は太麺をお願いし、ニンニクは遠慮致しました。
 それでも麺は普通のラーメンに比べると太い程度で、一般的な二郎に比べると麺は細め。
 亀戸二郎や堀切系ほどではないにせよ甘いスープをいただいたものの、はて……吉野の味はこうだったかと内心首を傾げます。
 たっぷりと浮かんだ背脂でボリュームは満点の筈なのに、何か一つ足りない気分……。
 並んでお待ちに名っていらっしゃるお客様もいないことですし、食べ終えてすぐラーメンの食券を追加購入。
 今度はこちらでいただいたことがない細麺で、ニンニクを入れてくださるよう注文します。
 刻みニンニクが添えられる訳ではなく、スープに溶かしこまれたニンニクの風味を味わって漸く納得。
 私にとってはニンニクこそがこのスープの満足度を高めてくれるようです。  
Posted by weekly_gokuraku at 21:46Comments(0)TrackBack(0)

2007年04月08日

4/7 なんちゃって志村軒

オールスターら〜めん半チャーハン








オールスターら〜めん \2550
半チャーハン \380

 私は好んでラーメンをいただきますが、それ以外でかなり興味をそそられるのが盛り付けや食材等が一風変わったメニューです。
 昨日行ってきたのは、ピノキオラーメンを提供するお店として有名な(?)なんちゃって志村軒でした。
 最寄り駅は大江戸線の若松河田駅らしいですが、新宿駅からも徒歩で15分程度で到着できます。小滝橋通りを北上し、職安通りを西に歩いていくと右手にございます。
 今回こちらを訪れたのはピノキオラーメンが目的だった訳ではなく、大変盛りだくさんなトッピングのメニューがあるという話を伺ってです。
 他に類がないほどユニークなお店の様子は奇食の館で詳しくご紹介(なんちゃって志村軒のページへのリンクは真ん中よりやや下・「◆ラーメン系◆」にございます)されているのでそちらにお譲り致しまして、私はラーメンのレポートを――。
 ――そう思っていたのですが、店内の模様は面白すぎます。とても触れない訳にはいられません。
 一見はメジャーリーガー……特にイチロー選手のグッズが溢れている熱狂的野球ファンのお店に見えますけれど、お品書きに書かれた枕詞がまた振るっているのです。
 一例を挙げてみましょうか。

不倫した時に食べよう!
 とろろバターチャーシュー麺 \1050
マリナーズのイチローくんも大好き!「肉が大好物だぜ!」
 角煮焼豚ら〜めん \1300
銀座みゆき「どすこい」のマスターのオススメの一品です!
 もやしW・キャベツ乗せ! \900

 こんな具合の紹介が壁に広がっており、基本的にラーメンorつけ麺とトッピングの組み合わせで構成されたメニューが実にカオティックな様相を呈しています。
 ちなみにノーマルのら〜めんは\600。
 チャーハン等のセットもあり、決して高価格帯のメニューばかりではございません。
 さて、今回の目的である全部乗せのメニューは……。

今夜はよくばり、全部乗せちゃってくださーい!
 オールスターら〜めん \2550

 普通は全部乗せラーメンでも、高くても1500円まで届きますまい。
 それでも強気のこの価格、どんなものが出てくるのか興味津々です。
 店員の方に尋ねたところ、麺の量自体は特別多くはないとのことなので、併せて半チャーハンも注文致しました。
 口の大きなコップに注がれた氷水で口を湿らせ、ワイドテレビに映るヤンキースvsオリオールズの試合を見ながら出来上がりを待ちます。
 先に出てきたのはオールスターら〜めんです。
 周りのお客様が食べてらっしゃった丼と比べて明らかに大きな器にドカドカと盛られたトッピングに唸る私。
 一般的に全部乗せラーメンと言えば、そのお店で提供されているトッピングの具材を少しずつ全種類乗せるものでしょうが、どうもこれを見ると全種類の具を1人前の分量ずつ乗せてしまった感がございます。
 なるほど、この価格も納得です。
 ラーメンは豚骨醤油タイプで、麺は中太のストレート。少し柔らかめの茹で加減のようです。
 乗っていたトッピングは下記の通り。

・角煮:柔らかく煮込まれており、かなり甘い味付け。
・チャーシュー:バラ肉使用か。美味。
・クキワカメ:磯の香りと食感は丼全体でもかなり際立つ。
・メンマ:この中ではやや没個性気味。
・万能ねぎ:十分水に晒してあり、良くも悪くも辛味は少ない。
・もやし:軽く茹でてある。量はそれほど多くない。
・キャベツ:生キャベツを大振りにざく切り。スープに良く合う。
・のり:丼をぐるりと10枚くらい廻らせてある。味は可も不可もなし。
・ワカメ:スープの水面下に結構な量が隠れている。
・バター:濃い味のスープにも強烈な存在感。美味しいが、溶かすタイミングが難しい。
・コーン:ホールコーン? 彩りや、すくって食べる楽しさで貢献。
・玉子:味付けの半熟タイプ。それほど強い味ではない。
・とろろこんぶ:押し固まったような感じで、なかなか散らし難い。相性は悪くない。

 ラーメンを8割方食べ終えた頃合で半チャーハンが登場。
 箸休めに味玉が1/2個付いてきました。
 油は多く用いられているようですが、ぱらりと仕上げられており、もち米が混ぜられているかのような弾力のある食感。
 具は焼豚・玉子・ネギと至ってシンプルなもので、上出来の部類に入るかと存じます。
 味の好みに関して述べるなら、ラーメンよりもこのチャーハンの方を甚く気に入りました。

 一つだけ閉口させられたのはほぼ全席に灰皿が置かれており、人が食べている横でも平気でタバコを吸われる方が何人もいらしたことですが、これは一概にお店だけが悪いのではありませんから……。  
Posted by weekly_gokuraku at 13:18Comments(2)TrackBack(1)

2007年04月07日

4/6 ラーメン二郎 神田神保町店

大豚ダブル
 大豚ダブル \850
 ニンニクヤサイ






 もう4月だというのに、漸く今年初の神保町二郎の訪問になりました。
 仕事が終わってから向かうとどうしても行列が激しいだろうと覚悟していたところ、幸運にも駐車場を少し超えた程度の並び。
 最終的に列に並んでから丼が出てくるまでは50分くらいでした。男女問わず麺少なめのオーダーが多かったですね。
 暫く間が空きましたが、相変わらず出汁もカネシも濃い味で、これぞ二郎という感じ。
 麺が好みよりも少し柔らかすぎるかと感じた他には、キャベツの豊富さ・豚の柔らかさ等も申し分ございません。
 悔やまれるのは玉子を買い忘れたこと。
 このお店ほど生玉子が美味しくいただける二郎はないと私は考えております。  
Posted by weekly_gokuraku at 23:43Comments(0)TrackBack(1)

4/4 オリオン食堂2

つけめん(塩)大盛+塩炙りチャーシュー
 つけめん(塩)大盛 \650
 塩炙りチャーシュー \200






つけめん(塩)大盛 (つけ汁)つけめん(塩)大盛 (麺・具)








 期間限定だった豚濁あさりラーメンが未食のうちにメニューから消えてしまったのは痛いですが、好天だったこの日はラーメンよりもつけ麺日和。
 挫けずに一つ一つメニューを試すべく、注文はやはり未食の塩つけめんと致しました。
 なんでも、お店の常連様にはこれしか頼まない方もいらっしゃるほどなのだとか。
 今回はトッピングで気にかかっていた塩炙りチャーシューも追加してみます。
 まずはつけ汁。どちらかと言えばまろやかな風味が多いオリオン食堂のメニューにしては尖った感じですね。辛味噌つけめんのつけ汁は大人しめだっただけに、これは少し驚かされました。
 こちらに入った炙りチャーシューはそれほど香ばしさはないものの、しっかりと肉を噛み締める食感が楽しめる逸品。
 麺の側の器に盛られたその他の具と麺に関しては以前いただきました野菜つけめん(辛味噌)と変化ないために割愛させていただきます。
 最後にスープ割り(スープの入ったポットが店内にございます)でつけ汁をいただきますと、魚介系の味がより一層膨らんでまた新鮮な味わいになったのですが、これを満喫するには揚げエビが強すぎる感がございました。
 次回以降はエビを除いていただくよう注文時にお願いしたく存じます。  
Posted by weekly_gokuraku at 21:51Comments(0)TrackBack(0)

2007年04月04日

きょうは(BlogPet)

きょうは、れんげが俳句を詠んでみようと思うの

 「この値段 喧伝したら 値段かな」


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「れんげ」が書きました。
  
Posted by weekly_gokuraku at 11:34Comments(0)TrackBack(0)