2007年05月31日

5/25 博多にらそば 熊楠家 新宿店

にらそばチャーシューたまりにらそば特盛








 にらそばチャーシュー \1000
 たまりにらそば特盛 \980

 眠らない街・歌舞伎町。
 石原都政の下で様々な意味でキレイな街になりつつありますが、ラーメンファンとしては一癖も二癖もあるチェーン店の集う歌舞伎町は意外と楽しい界隈と言えましょう。
 特にコマ劇場付近だと、ラーメン二郎は言うに及ばず天下一品どうとんぼり神座のような、熱狂的ファンとアンチファンとが数多く存在するお店が鎬を削っております。
 つい先日、その神座のすぐ目と鼻の先・なんでんかんでんの並びにまた一店興味深いお店がオープンしました。
 敢えて野心的な立地に殴り込みをかけたのは、博多にらそば 熊楠家です。
 私にとって九州地区の味を謳うお店は諸刃の剣。
 日向屋(宮崎)や唐そば(北九州)は好きと声を大にして言えるのですが、KやH(いずれも熊本)は例え奢ると言われても勘弁願いたいくらい。お好きな方には申し訳ないのですが……。
  続きを読む

Posted by weekly_gokuraku at 21:15Comments(0)TrackBack(0)

2007年05月30日

5/23 野田屋 総本店

野田スペシャル
 野田スペシャル \990







野田スペシャル (トッピング)野田スペシャル (麺)








 池袋駅の東口、三越側の路地に入ってすぐ。
 店頭に立て看板は出しているものの、あまり商売熱心とは言いかねるひっそりとした佇まいのお店です。
 しかし、店内にはオーガニック食材の使用を大きく主張した掲示物が多く、アピールの仕方が面白いな……と、変なところで感心させられましたっけ。
 つけ麺の特盛と迷った挙句、所謂ラーメンのトッピング“全部乗せ”に相当する野田スペシャルの食券を購入しました。
 ラーメン丼と具材の皿に分けられた盛り付けは、スープが冷めることを配慮したものでしょうか?
 見た目も少し豪華に感じるので、客の側からすると歓迎ですね(お店の方は洗い物が増えて大変でしょうけれど)。
 スープにはミンチ状の背脂が浮かしてあり、ちょっとした尾道ラーメン風(決して魚臭くはない)です。
 別皿の具材はたっぷりの青ネギ・白ネギ・角煮・バラチャーシュー・海苔・半熟味付き玉子。
 角煮がやや固かったのを除くと、いずれも質量ともに及第点に達しているかと存じます。
 動物系の香るスープの塩気は少々きついものの、歯にぷつりと噛み切る食感を残す細めの麺が美味しいですね。
 これは是非ともつけ麺で味わってみたいところ。

 以前秋葉原に店を構えていたGや江古田のKのように、自然派/健康食材を前面に押し出した店は味が好みじゃなかったり、価格と満足感が釣り合わなかったりして敬遠しがちなのですが、こちらは近いうちに再訪したいと思います。  
Posted by weekly_gokuraku at 20:26Comments(0)TrackBack(0)

2007年05月29日

5/11 天高森食堂

天高森カツカレーZ
 天高森カツカレーZ \1780







 京王線ユーザーにとって足を運び易いデカ盛り店の一つが天高森食堂です。
 前に訪れた際には天高森丼をいただき、次なるデカ盛りメニューを楽しみにしておりました。
 Wカツ丼や天高森炒飯等の名物メニューにも惹かれましたが、私が注文票に記したのは天高森カツカレーZ。
 お得な価格帯のメニューが多い中で一つだけ飛び抜けて高い1780円で何が出てくるのか好奇心をそそられたのと、店内に貼られたメニューの煽り文句『最強にして最悪の一品』という言葉にやられました。

 大きいだけに手間がかかるのか提供する順番は前後しましたが、十数分ほどで揚げたての大きなカツを乗せた食堂の最終兵器が登場。
 カツはトンカツ・チキンカツ・メンチカツが一つずつと、バリエーションに富んでおります。
 カレーソースはやや少なめに見えますけれど、元祖とろカツカレーの店(※現在、パウきたいけぶくろ店は営業しておりませんが)のとろカツ三本乗せカレーよりもライスとカツのボリュームは上に思えます。
 なるほど、普通にカツカレーを3杯いただくことを考えると、1780円でも納得です。

 味は良くも悪くも食堂の日本風カレー。
 サクサクのカツがどれも美味しいのは熱々だったことも大きいでしょう。
 火傷に気を配りながら食べ終えるのにかかった時間は約17分。
 トータル2kg強程度なら遅くても15分以内に食べられるかと思ったのですが、やはり若い頃に比べると確実に衰えていますね。  
Posted by weekly_gokuraku at 20:03Comments(2)TrackBack(0)

2007年05月28日

5/5 蓮爾 登戸店

登戸RED 大豚W
 登戸RED 大豚W \1050
 ニンニクヤサイ






 ゴールデンウィーク中は風邪に罹ってしまい、友人達と予定していたバーベキューパーティーも欠席……。
 結局、仕事以外でまともな外出は、登戸REDを食べる為に蓮爾に行ったくらいでした。
 激辛が苦手なくせに辛い物が好きな私に、果たして登戸REDは?

 赤茶けたスープから極太麺を引っ張り出し、野菜に絡めて一口……う。
 本当に辛いです……。
 食べ進めるうちに唇が痛くなり、涙さえ出てきました。
 皮肉なことに、この日の豚はしっかりと味が染みていて、とても箸休めになりません。
 辛さを想定して買っておいたペットボトルのお茶もどんどん減っていき、絡みを緩和してくれる野菜も焼け石に水。
 味も良く分からない状態でとりあえず固形物だけは食べ終えて丼を上げました。

 しかし、ここでしっかり汗を流したのが効いたのか、風邪は快方へ。
 私にとって“良薬は口に辛し”でした。  
Posted by weekly_gokuraku at 20:05Comments(0)TrackBack(0)

2007年05月27日

5/2 丼達 丼の達人 水道橋店

豚丼 大魔神(ヨシダソース)
 豚丼 大魔神(ヨシダソース) \1500







“鬼のいぬ間に洗濯”という訳ではございませんが、東京ドームでプロ野球の試合がない日(=水道橋駅周辺が混雑しない)を狙い、気になっていたデカ盛りのお店・丼達に行ってまいりました。
 師弟関係や資本関係の繋がりは不明ですけれど、こちらもスタ丼吉祥寺どんぶり同様に、豚肉や野菜をニンニクやショウガで風味付けして炒めたものが乗った丼を提供して下さいます。
 水道橋駅の改札から徒歩2分、最初は単なるデカ盛りのつもりで食券を買い求めたところ、どうやら20分以内に完食した場合には記念品がいただけるという、チャレンジメニュー的な側面もあることが分かりました。
 今回注文した大魔神は総重量1.5kg。これに小どんぶりに注がれた味噌汁を飲み干せばクリアとなります。
  続きを読む
Posted by weekly_gokuraku at 16:01Comments(2)TrackBack(0)

4/27 ラーメン二郎 ひばりヶ丘駅前店

大ラーメンW豚入り
 大ラーメンW豚入り \850
 ニンニクヤサイ






 一ヶ月強も放置してしまったblogの更新を昨日から再開。
 間が空いてしまった為に画像だけ手元にあって詳細を失念してお蔵入りになってしまったものも……。
 毎日ラーメンを食べている訳ではございませんから、こうやって少しずつ更新していけばいずれ現実の日付に追いつくでしょう。

 この日のひばりヶ丘二郎は珍しく(と、申しますか、私にとっては初の)豚がシーチキン状態でした。
 同店では非の打ち所がないラーメンばかりをいただいてきただけに、大変深く記憶に残っております。  
Posted by weekly_gokuraku at 14:17Comments(0)TrackBack(0)

2007年05月26日

4/21 らーめん佐高

焼豚らーめん 大盛
 焼豚らーめん \900
 大盛 \200






 二郎を知るよりもずっと前、チャーシューの迫力に驚愕した老舗が新宿の満来でした。
 大変残念なことに現在は看板メニューだったチャーシューメンがメニューから消えてしまったそうですが、『その流れを汲むお店ならひょっとして肉塊チャーシューに再会できるのでは?』と、淡い期待を抱いて佐高を訪れることに。
 しかも、大盛だと麺の量も4玉分になるのだとか……デカ盛り愛好家としてはますます期待が高まります。
 新宿駅からひたすら東に歩き、少し内側の通りに入って目にしたお店は、店頭に雑誌掲載時の告知があった他は至ってシンプルな作り。
 カウンター席のみのお店の中も飾り気が全くなく、内装工事中のようなちょっと不思議な匂いが。
 店内には昔気質の職人風の店主と店員が別に2人。
 お昼時を少し外していた為か、客は私だけでした。
 着席前にごくシンプルなメニューから焼豚らーめんの大盛を選んで注文。料金は前払いです。
 大盛を食べ切れない方も多いのか、本当に食べられるか確認されましたが、チャレンジメニューのお店でもない限り玉砕することはありますまい。

 ややあって出てきた丼はなるほど、これは大きい。
 これだけの丼だというのに麺がスープの上に顔を出しています。
 決壊前提の受け皿には降ろした時点でスープがだくだくと滴り、目で見ても嬉しいボリューム感がございました。
 焼豚がスライスされていたのは残念ですけれど、ここはあくまで佐高であって旧満来ではないのだから納得です。
 その他の具はメンマ・青梗菜・海苔。
 鶏がらメインと思しき醤油味のスープはあっさりとしていて飽きが来ません。これなら毎日でも食べられそう。
 平打ちの麺はやや柔らかめの茹で加減でしょうか。量が多いのが仇となってか(茹でる前で600g強くらい?)、丼の中で固まってしまっている部分があったのが惜しまれます。
 もう少し新宿駅から近ければ、仕事の帰りにでもまた寄りたいところですが……新宿御苑に仕事の用事で出る機会ができないか、虎視眈々と待つことに致しましょう。  
Posted by weekly_gokuraku at 21:57Comments(0)TrackBack(0)

4/20 つけ麺屋 のぶなが 西口駅前店

ごまつけ麺 大盛+味つけ玉子・野菜
 ごまつけ麺 大盛 \730
 味つけ玉子 \100
 野菜 \100





ごまつけ麺 大盛 (つけ汁)ごまつけ麺 大盛+味つけ玉子・野菜 (麺・具)








「並ばずにつけ麺が食べたい」
 4/20に仕事を終えて池袋駅の改札を出た時、ふと浮かんだ思いです。
 麺屋ごとうをはじめ、この周辺にはつけ麺の有名店が数多くございます。
 池袋二郎のつけ麺もいただいたことがないので気になりますが、4月ではまだ始まっていない筈。
 東口のやすべえは混み合う時間にぶつかると難儀致しますから、西口に足を向けてのぶながに入ってみることにしました。
 チェーン系のお店も嫌いではない私にとって、ここもまた行ってみたいお店の一つだったのです。
 当blogでも時折触れておりますように、方向音痴の私はなかなかお店を見つけられずにあっちをうろうろ、こっちをうろうろ……。
 居酒屋やエッチなお店等が乱立する界隈は、ある意味非常にエネルギッシュです。
 場所が分かってさえいたなら駅から数分で着ける近場にたっぷり20分はかけて辿り着き、購入した食券はごまつけ麺。
 初訪問のお店では基本メニューを注文するのが“通”なのかもしれませんけれど、一介の食いしん坊に過ぎない私は躊躇せず好みに合いそうな物をいただきます。
 瑞々しい麺とシャキシャキした炒め野菜、甘すぎたり酸っぱすぎたりしないごまダレと、どれもまずまずの出来。
 卓上の調味料も、ごま/酢/粒胡椒/一味唐辛子/刻み玉葱/鰹節粉末/揚げネギと、一通り揃っていました。
 味に関してあまり良い話を聞いたことがなかったので、逆に収穫でした。
 入店時は私一人しか客がおらず、「夕飯時なのに大丈夫なのかな」と心配になったものの、食べている間に三々五々と来店が。
 池袋は激戦区なれど、今後も頑張って営業していただきたいものです。  
Posted by weekly_gokuraku at 21:23Comments(0)TrackBack(0)

4/18 オリオン食堂2

つけめん(正油)大盛 エビ抜き+上豚バラチャーシュー
 つけめん(正油)大盛 エビ抜き \650
 上豚バラチャーシュー \250






つけめん(正油)大盛 (つけ汁)つけめん(正油)大盛 エビ抜き+上豚バラチャーシュー (麺・具)








 二郎各店と天下一品を除くと、ここ数ヶ月では最も訪問頻度の高いラーメン店になりつつあるオリオン食堂
 つけ麺各メニューが特にお気に入りなのですが、桜海老は風味が強すぎて他の味を邪魔してしまう様に思えてなりませんでした。
 そこでこの日はエビ抜きで注文することに。
 店主もよくよくお考えになって現在の具の構成となったのでしょうけれど、私にはやはりエビ抜きがあっているようです。
 最後はまろやかな魚介系の風味が楽しめるスープ割りで、つけ汁の最後の一滴まで味わうことができました。
 追加トッピングの上豚バラチャーシューも文字通りとろけるような柔らかさで、食券を買い足した甲斐があったというものです。  
Posted by weekly_gokuraku at 20:41Comments(0)TrackBack(0)

2007年05月24日

きょうれんげがオーダーするつもりだった(BlogPet)

きょうれんげがオーダーするつもりだった。

 新味噌らーめん・辛味噌らーめんも大盛でお願いする事に。

 甘口でかなり太いメンマはなかなか柔らかです。

 とろみが強くまろやかな味噌味のスープに揚げネギ・メンマ・長ネギ。

 トッピングメニューの一つである穂先メンマ(\150)も気になりますね。




*このエントリは、ブログペットの「れんげ」が書きました。  
Posted by weekly_gokuraku at 11:11Comments(0)TrackBack(0)

2007年05月16日

きょう(BlogPet)

きょう、極楽副編集長は感じに仕事するつもりだった?
きのうはここで極楽副編集長は男女みたいなオーダーしたいです。


*このエントリは、ブログペットの「れんげ」が書きました。
  
Posted by weekly_gokuraku at 10:56Comments(0)TrackBack(0)

2007年05月09日

とか思ってたらしいの(BlogPet)

極楽副編集長は
私は好んでラーメンをいただきますが、それ以外でかなり興味をそそられるのが盛り付けや食材等が一風変わったきのうです。
とか思ってたらしいの。

*このエントリは、ブログペットの「れんげ」が書きました。
  
Posted by weekly_gokuraku at 10:55Comments(0)TrackBack(0)

2007年05月02日

きのうは風雨は到着したいです(BlogPet)

きのうは風雨は到着したいです。
ですけれど相模大野に到着するはずだったみたい。
それでもきのうアサヒで、影響するつもりだった。
それでもきょう、相模大野まで乾杯したいです。


*このエントリは、ブログペットの「れんげ」が書きました。
  
Posted by weekly_gokuraku at 10:58Comments(0)TrackBack(0)