2007年06月02日

5/28 野田屋 総本店

つけ麺 特ねぎ豚ごはん








つけ麺 特 \780
ネギ豚ごはん \280

 前回の訪問でラーメンをいたく気に入った野田屋で今度はつけ麺を注文してみることに。
 つけ麺の麺の量が料金を変えずに選べるのは、近隣の競合店の影響もあるのでしょうか。
 せっかくのサービスですからありがたく2玉の「特」でお願いし、3種あるご飯メニューからネギ豚ごはんの食券も購入します。
 先日いただきました野田スペシャル同様に具材は別皿となりまして、麺・つけ汁・具、それにネギ豚ごはんで4つの食器が目の前に揃う賑やかさ。

 つけ麺のつけ汁は鹹味・酸味・甘味・辛味の組み合わせから成るものが多いようですが、野田屋の場合はこのうち前者2つ・特に酸味が強いですね。
 もちろん新宿西口方面の黒門ほどハードではございませんが、せっかくの出汁も霞んでしまいそうで少々残念に思えました。
 食欲が落ちがちな夏向きの商品ではあるかもしれません。
 器が小さいこともあってか、つけ汁はすぐに冷めてしまうものの、脂が固まって困ることがないのはプラスポイント。

 ネギ豚ごはんのネギは適度な辛さで、ザク切りの豚も食感を楽しめます。
 何より熱々なのがより美味しく感じられる一番の要素かと存じます。
 量もサイドメニューとしてつけるには手頃でしょう。

Posted by weekly_gokuraku at 20:28│Comments(0)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/weekly_gokuraku/50623159