昔から日本各地で伝わる、ひな祭りと5月の節句。
雛人形は、古代中国の年中行事である「上巳の節句」(じょうしのせっく)と、日本の平安時代に貴族社会で行われていた「ひいな遊び」の要素が合わさって生まれた風習だそうです。
「ひいな遊び」は、平安時代に貴族の子女があそんだ素朴な人形だったようです。それが江戸時代には一般の人たちも雛飾りをきそうようになって今に至っているのだそう。
子供が健やかに育つようにと願う両親の気持ちがこめられた雛人形。
子どもの健やかな成長を願うというのとは、少し違いますが身近なお友達という感じのぬいぐるみは、とっても数多く。
アニメの主人公だけでも、ディズニー、トトロ、ドラえもん、ポケモン、ムーミン、スヌーピー・・・
主人公だけでなく、アニメを見て感動したシーンに登場した、キャラクターもかなりたくさん、ぬいぐるみになって販売されています。
平安時代の人たちが見たら、びっくり仰天でしょうね。

小さなころからいつも傍にいて、大切なお友達だったぬいぐみみが、ウエイトドールに変身します。
お好きなぬいぐるみの重さを生まれた時の体重と同じ重さにおつくりして、バースデータやメッセージを刺繍して販売しています。

sakana_1

ウエイトドールスタジオのおすすめポイントは、「オリジナル体重ドール」
市販のぬいぐるみやお持ちのぬいぐるみでも、ウエイトドールに変身させます。
メッセージなどをお入れする刺繍アイテムは、キャラクターにあったリボンや首飾り、ネクタイなどお気に入りのものを選んでいただけるようになっています。
小さくてウエイトをお入れすることができない場合は、クッションをお付けしたり、お客様のご要望にできるだけ沿うようにしています。

gelatoni_04

お子様のお誕生を記念して・・・
ご両親へ感謝の気持ちを添えて・・・
きっとお子様が大きくなって理解できるようになったら、どんなに喜んでもらえるか。
今から楽しみです。