ワイズのおしごと - ワイズ「Weisz」のブログ -

大阪の下町にあるパソコン屋さん ワイズ「Weisz」のブログです。 ブログではパソコンのあれこれをメインに記載します。

あなたの街のパソコン屋さん ワイズ「Weisz」のブログコンテンツです。
ご質問・ご相談に関してはホームページからお問い合わせ下さい。
ホームページ: http://www.weisz-pc.com/

毎日の作業についてはFacebook&Twitterに記載しています

facebook : https://www.facebook.com/WeiszPC
Twitter: https://twitter.com/Weiszru

もしよければご確認下さい

古いパソコンでYahooが見れなくなった

っというお問い合わせが増えてきました

原因ですがYahooのセキュリティが強化された為

YAHOO













 
ウイルス対策でホームページ自体をウイルスに強いものに変更
それによりIE11以前のブラウザなどでページを開くことが出来なくなりました


詳しくはこちら
https://security.yahoo.co.jp/news/tls12.html



Win7以降のOSで順次アップデートをされている方は大丈夫ですが・・・

 
どういう方が対象になるかと言いますと

・IE(インターネット・エクスプローラー)をアップデートしていない(IE8のままなど)
・Vista以前のOSを使っている
・古いMACを使っている(Intel MACではない)


といった方が多いですね

まあもうセキュリティが万全でないOSが殆どですので
基本的にはパソコンの買い替えをオススメします
*バージョンアップができない場合があるので



以上



Core i7・・・だけと遅いパソコン

「Core i7入ってるのに遅い」


2018-07-28 11.20.43


















  
そんなパソコン、よく見ます。


 


ウイルスやWindowsの動作不良、
ハードディスクなどの故障よりも
この時期に多い原因としては熱暴走

熱々になる様なパソコンは決まって遅くなっているものが多いのです

 
 
  
2018-07-28 11.21.00 




















写真は別件で修理に入ってきたパソコン、
修理後テストを実施してましたが・・・



電源を入れて5分位を境に遅くなるんですね
で、HWMonitor上から各部ステータスを確認すると・・・

2018-07-28 10.53.55
















ちょっとベンチを回しただけで80℃超え、
頬って置くと90℃近くに。
*因みにアイドルは70℃程度



殆どのメーカーさんは
CPUの発熱が80℃を境に冷却の為性能低下
性能低下中は何をしても動作は鈍いです


90℃近くになるとフリーズや強制終了になることも
もちろん機械には良くないことで寿命も縮めることにもなります





こうなる原因の殆どが冷却が追いついていない状態
車のラジエターファンみたいにCPUを冷やすファンがあるのですが
これがきちんと動いてなかったり、
ヒートシンクにホコリが詰まっていると空気が流れでなくなり
冷却効率低下による不具合が発生するのです


例えば上記パソコンの場合・・・

ちょっとわかりにくいのですがファンにホコリが溜まってます
2018-07-28 11.04.04






















取り出してみるとこんな感じ(全体の1/2くらい)
2018-07-28 11.05.46



















これだけで?って思うかもしれませんが・・・



同じ様にテストをした結果・・・

2018-07-28 11.09.18



















激ひえ確認、動作も安定 *アイドルは50℃程度




性能が良いパーツを入れたとしても
定期的に清掃点検しておかないときちんと動かなくなります


特にCore i7といった高性能CPUが入ったパソコンは
冷却ファンがギリギリの状態の性能で出荷されていることが多いので
きちんと清掃点検をしておくことをオススメします



因みにノートパソコンには写真の様なスタンドをオススメします
2018-07-28 11.32.11



















コーナンなどで安ければ千円位で販売してます
ファンの吸込口は下部にあるので 空間をあけておけば冷えに効果があるし無駄なホコリも吸わない

 
最悪なのは布の様なものを敷いているケース 冷却に必要な通風ができなくなるのでオススメしません


以上

Core2Duoより遅い、最新のCPUを搭載したノートパソコンに注意

最近よく


「パソコン買ったんですが、遅いんです」


というご相談を受けます。
今回はそんなお話を一つ、参考にしてやってください


***********************************


①安いパソコンってこんな感じ

②CPUはパソコンの性能を決める一番の基準

③新旧CPU性能比較

④まとめ

⑤一時期、ノートのCeleronでも問題なかった



**********************************




①安いパソコンってこんな感じ


殆どが「Celeron」や「AMD Eシリーズ」を搭載された
海外メーカー製なら5万、日本メーカー製でも8万あれば買えるパソコン



↓代表例として・・・
某通販店や大型電気屋でよく見かける富士通AHシリーズ
ah40






















見た目も悪くないのに値段が安いので


「ネットくらいしかせーへんしこれでいいか」


くらいの気持ちで買われる方が多いかと思います


・・・がここに落とし穴が





今までCeleronで使い倒してたユーザーさん中心に


「遅いんだけどなんとかならんのか?」
 

とご相談を受けます


イラチの方ならともかく
今までマッタリでもOKって言ってた方でも相談を受けます







**********************************



②CPUはパソコンの性能を決める一番の基準


CPUというのはパソコンの性能の目安の一つ
車でいうと「エンジン」みたいなもの

その性能を数値で表してくれているHPがありまして
そこで具体的な性能が判るんです
https://www.cpubenchmark.net/


数値が大きければ動作に余裕が与えられます
店長の感覚ですが、具体的に言えば


1500以内(激安パソコンのCPU)
・・・CPU使用率100%状態多し、常にストレスを抱える状態

1500~3000(Core2Duo・Pentium系)
・・・もっさり動作、気が長い人は気にしないレベル

3000~5000(Core i3系)
・・・ネット・ビジネス用途では問題ないレベル

5000~7000(Core i5・i7(低電圧)系)
・・・殆どの方が、満足できるレベル

7000~9999(Core i7系)
・・・軽い動画編集などにも対応できるレベル

9999~
・・・ 動画編集やゲームなど負荷のかかる作業向け


注:すべてノートパソコン向けCPUの場合


といった感じでしょうか

数値が少なければ使う用途が限られますし
動作に余裕が無くなります

性能の良いCPUを推奨するのはこういうことなんですね




**********************************





③新旧CPU性能比較


例えば最近の売れ筋のCore i3搭載機の場合

7100U
















ほぼほぼ問題のないレベルです。
よっぽど負荷のかかる仕事をしなかったら大丈夫かと





次に10年前に販売されていた
Core2Duo搭載ノートパソコンの場合

p8700

















流石にCore i3まで速くはないのですが
のんびりネットするくらいなら十分な性能です
*中古市場でもCore2Duo Pシリーズは人気あります








それでは・・・
最近の激安パソコンのCPUの性能目安を御覧ください



↓某通販で販売してるパソコンに搭載
AMD E1-7010

e1-7010

















↓こちらも激安パソコンで多数搭載
Celeron N3350(N3050はもっと遅い)
n3350


















見ていただければおわかりの通り、
先程ご提示した10年前のパソコン(Core2Duo)より
遅い事がわかると思います。


この辺りのCPUは性能の大きな別れ目でして、
最新のWindows10&セキィリティソフトを搭載すると
負荷が大きくて何もできないことになる訳で


負荷を数値でわかりやすく言いますと


Windows10 : 300~
セキュリティ対策ソフト: 500~

くらいの数値をCPUスコアから減らした量を
余力だと思っていただければと思います

余力がないパソコンはまともに動かすのは難しくなります










**********************************




④まとめ

Windows10&Celeronなどの
低性能CPUが搭載されたノートパソコンは
よっぽどの理由がない限り控えたほうが懸命


Core i3搭載以上のCPUを
搭載されたものをおすすめします


 



nec note


















SSDを搭載すればある程度誤魔化せますが
数年もすればアップアップになると思います








**********************************





⑤一時期、ノートのCeleronでも問題なかった

一時期、速いCeleronの時代があったんですよ


b840















2010年くらいのモデルです
この時代はWindowsも軽かったし必要十分でした




ちなみに遅くなっている原因はコストの問題かと


昨今のパソコンは5年前と比べて値段が上がってます
同じモデルナンバーのCPU搭載機だと1.5倍くらい値段が違います
*もとに戻っている、という見方もあります


 
値段に転嫁をして売れば良いのですが・・・
以前安く買われたユーザーさんからの買い替え需要に影響がありまして


でもってメーカーさんは以前と同じ値段(安く作ろう)とした結果、
中に入っているもののコストを下げてる訳です


メモリーやHDDなどの部品は上位機種と共通のものを使ってますが
CPU(やメイン基板など)を安く(低性能)のものを使っているんです





ご予算が難しいのであれば中古パソコンでも良いかと
同じ値段なら倍くらい性能が良いものを選べますからね

リカバリ前にすべきこと

パソコンが壊れた時、
メーカーのサポートや修理屋に

 
「リカバリが必要になります」

 
と言われることがあります。




 「リカバリ」


というのはパソコンを「工場出荷状態」にすること

↓富士通のリカバリシステム
2018-06-06 14.36.34
















内部のデータをリフレッシュさせることにより
パソコンの動作を購入時の状態に戻すこと、なんですね

 
Windowsの健全性が損なわれている状態(たまに起動しないなど)
ウイルス感染が止まらない
特定のソフトウェアが起動しない、変な動きをする


といった場合に非常に有効となります

↓よくあるブルーバックにエラーメッセージ
2018-04-20 19.17.02
















上記のエラーメッセージの様なものが出てどうにもならんといった場合、
メーカーサポートはこの作業をお勧めするかと思います



しかしその「リカバリ」、
実施することで様々な問題もあります

↓こんな失敗すると最悪な結果に・・・
2018-06-04 20.14.46

















今回はそのリカバリを実施する前に
すべきことを記載してみたいと思いますのでご参考にどうぞ





リカバリ前にすべきこと


①大事なデータのバックアップ
②リカバリディスクの準備&作成
③マイクロソフトOfficeの有無
④メールが記載されているプロバイダ情報の確認
⑤セキュリティソフトなど後に導入したソフトウェアの準備



簡単に言えばこんな感じでしょうか


それぞれを詳しくかみ砕くと・・・



①大事なデータのバックアップ


リカバリを実施することで
パソコンは「工場出荷状態」に戻ります


そうなると中に保存したままのデータはなくなります


写真・動画・年賀状ソフトなどの大事なデータがある場合
事前に外付けHDDなどにバックアップする必要があります


↓最近多い2つのHDD(RAID1)を搭載した外付HDD
2017-12-05 18.29.34





























バックアップは元データからのコピーが基本です
そのコピーしたデータがきちんと動くかどうか確認もしましょう


バックアップの簡単な仕組みはコチラにて


因みにExcelなどのソフトウェアも消えます
こちらはバックアップすることができませんので
再度CDなどから導入することとなります
*コピー防止のため、そういう仕組みなのです





②リカバリディスクの準備&作成


最近のパソコンはボタン一つでリカバリができます

これは記憶領域(ハードディスクなど)にリカバリシステムが搭載、
こちらを読みにいくことによりリカバリシステムが起動します


・・・・がこれがきちんと動かない
ってことが多々あります


この場合は事前に
パソコンのリカバリディスクを用意する必要があるのですが
リカバリディスクはメーカーによって対応がマチマチ
メーカーが用意しているものがあれば
自分で作成しなくてはいけないものがあります


↓リカバリディスクを自分で作成した例
2018-06-07 11.23.13
















・富士通・NECの家庭用PC= 専用ソフトで作成
・Lenovoなどの海外メーカー= Windowsに搭載されている機能で作成
・業務用パソコン = メーカーが用意しているケース多々
*すべて新品で買われて無改造状態によるもの






パソコンのモデルや状況によって変わりますので
詳しくはパソコンのマニュアルをご確認ください




③マイクロソフトOfficeの有無


リカバリを行う場合、
ソフトウェアもいったんすべて消去することになります


その際多いのが「Microsoft Offce」の有無の問題
WordやExcelを使用される場合は必須となります




リカバリ後、Wordなどを使用すると


「ライセンス認証」


が必要となります

その際に製品の中にあるプロダクトキーや
製品登録した時の情報を確認する必要があります


これがないと再購入しなくてはなりませんのでご注意ください


 
よく


「最初から入ってる」


って言われるんですけど、これは間違い


「一緒に買わされてる」

というのが正確なところなんです
*例で言うとNintendoDSを買ったらマリオも一緒に買うことになる

↓ほとんどのユーザーさんはその事実を知らない
2018-03-26 13.21.44





















④メールなどが記載されているプロバイダ情報の確認


メールも設定情報が消えてる状態ですので
こちらも事前にそろえておく必要があります

メール使わないし?って方もいますが
最近登録する際にメールが必要になることがあります

特にMicrosoftアカウントなど
強制的?に作らなければいけないものは
お持ちのメールアドレスが必要な場合があります


資料はご契約されているプロバイダさんから発行されています
探してなければ再発行手続きが必要です

再発行は時間がかかりますので事前にご準備ください



⑤セキュリティソフトなど後に導入したソフトウェアの準備


パソコンとは別に購入したソフトウェアも消えますので
こちらの準備も必要になります


↓ケース売りしているものが代表的
2018-05-31 11.58.45-1
















代表的なのが

セキュリティ対策ソフト
プリンタなどのインストールディスク
年賀状作成ソフト
CADといった業務用ソフト


こちらをひとつづつ入れていくことになります


一緒に移すことはできませんのでご了承願います






一口に「リカバリ」といっても
簡単にいかないケースが多くなりました

特にWindows10にアップグレードしたパソコンは
軒並みリカバリができなくなってしまっています

事前にしっかり対策をしなくてはいけません

↓ここまでいったのに・・・
2018-06-04 20.14.12

















↓これが出ることが多いんです
2018-06-04 20.14.46

【修理】NEC デスクトップ・パソコン パソコン動作鈍い

NECのデスクトップ・パソコンを修理

修理160118














状況: パソコンの動作が鈍い
YOUTUBEの再生も出来ない

原因: ウイルス感染による動作不良により発生

処置:

装置診断テスト
→多数のウイルス・ランサムウェア確認

15


















11

















これらのソフトウェアを削除

また某セキュリティソフトの動作不良も確認、削除
*三種類のセキュリティソフトが入っていました




ウイルス駆除実施後、最適化作業実施


起動時間: 10分→2分
起動からネットまで: 5分→1分


きちんと動くパソコンになりました、とさ


14


記事検索
プロフィール

weisz_pc

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ