ワイズのおしごと - ワイズ「Weisz」のブログ -

大阪の下町にあるパソコン屋さん ワイズ「Weisz」のブログです。 ブログではパソコンのあれこれをメインに記載します。

あなたの街のパソコン屋さん ワイズ「Weisz」のブログコンテンツです。

2019/05/15を持ちまして、はてなブログさんへ移行しました
新ブログはこちら https://weisz-pc.hatenablog.com/


ご質問・ご相談に関してはホームページからお問い合わせ下さい。
ホームページ: http://www.weisz-pc.com/

毎日の作業についてはFacebook&Twitterに記載しています

facebook : https://www.facebook.com/WeiszPC
Twitter: https://twitter.com/Weiszru

もしよければご確認下さい

2011年10月

NEC PC-LL560MG6RD ハードディスク交換

サポート: パソコン修理
メーカー: NEC
機種: Windows Vista Home

状況: Windows起動せず





処置: 装置確認、 下記メッセージが表示

P1050814

Code : 0xc000000f

このコードはほぼ間違いなくハードディスクの不具合によるもの。


検証機に取りつけ、
診断テストを行った結果ハードディスク不具合と判断

ハードディスク交換となりました。

P1050815
*右が旧HDD、左が新HDD、160GBから320GBへ増量しました。












但し、使用されている方はリカバリーディスクを作成しておらず、
メーカー純正リカバリーディスクを別途とり寄せする必要が有り。

費用も1.5万円近くかかることから、
Windows7へのアップグレードを行う事にしました

P1050831
*ハードディスクと同時にWindows7Home DSP版を購入

メーカーが最初から導入しているソフトなどは使用できませんが、
インターネット・メール・動画を見るだけの場合はこれで十分。

単純に導入(インストール)するだけでは画面がきちんと表示されなかったり
するわけですがそこはなんとかして、きちっと使えるようにします。

その後はきっちりアップデートを行い、
診断テストも問題なく終了しました。






今回の機種の様にVistaの場合はWindows7へのアップグレードがお薦め。
理由は来年に迫るサポート切れへの対応、および動作の改善。

Windows7にすると明らかに快適になるパソコンはあるので、
結構お薦めです

以上



【よくある質問】爆音パソコンをなんとかしたい

激安BTOパソコンや海外製パソコンを始めとして、
電源ON、暫くして爆音というパソコンは多数御座います。

原因については

ホコリ詰まり(ほとんど)
FANなどが故障
ハードディスク故障

などによるものがあげられます。

特にホコリに関してはパソコンの冷却性能に悪影響を与える為、

冷えない⇔FANが過剰に動いて冷やす

という動作を行い、爆音となり、やがて故障に繋がる訳です。



今回は爆音パソコンに対しての対策&点検ついてお話です。

基本的に中を開けてのお掃除が基本となります。
リスクが伴う為、作業は個人の責任となりますのでご理解願います。


今回はデスクトップパソコンの一例をご紹介します。






簡単にできるメンテとしては排気口から掃除機でホコリを吸い出す方法。
ファンそのものに付着しているホコリなどを予め除去する事が可能です。

但し、有る程度年式が経つものや使用環境が悪い場合は
CPU周りにホコリが積もっている場合があります。

この場合は中を開けて確認をする事が必要です。


その一例を下記にご紹介。

電源を入れると5秒そこらで「爆音」となる一体型パソコン。
BIOSで確認するとCPU温度が「75℃」と異常な状態。

CPU周りの冷却がきちんと機能していないんですね。









中を開けるとこんな感じでした

IMG_0539

ぱっと見大丈夫そうに見えますが・・・




ファンを外すとこんな感じ


IMG_0541

ホコリがヒートシンクの隙間に埋まっており、冷却出来ない状態です。
これらをすべて除去し、奇麗な状態にします。






次にファンに付着しているホコリなどの汚れも除去しましょう

IMG_0542









奇麗になったら元通りに組み立てして動作確認をします。

IMG_0545

除去後は音は収まり、問題ないレベルとなりました。




また、ホコリなどが筐体や基盤に有るようでしたらエアダスターで
除去しましょう。

P1050798


ワイズでは受付したパソコンに対してクリーニングを行っております。
せっかく直したパソコンをきっちりとした状態で使って頂きたいですからね。



以上爆音パソコンの対処方法でした




eMachines J4486 Windows7 Upgrade

サポート: リフレッシュプログラム
メーカー: eMachines
型番: J4486
OS: WindowsVista Home (32bit)

前回修理を行ったパソコンに対し、更にWindows7を導入します。
Windows7 アップグレードプログラム

P1050809




Windows7へのアップグレードに関してはアップグレード用のソフトが必要

P1050820
*巷の電気屋でも売っているWindows7のパッケージ版upgradeディスク









そして万が一の為のバックアップを実施します。

IMG_0236
*こういう時に無茶便利な外付けハードディスク

アップデートの失敗はデータ損失に繋がる恐れがありますからね。

今回の場合は最悪データが消えても良いということでそのままいきます。








Vistaから7へのアップグレードは案外すんなりといくケースが多く、
このパソコンの場合は地デジチューナーが引っかかった位でそれ以外は問題なし。
*その後地デジチューナーは使っていないということで取り外しました
2時間程度の作業にてアップグレード作業を終了。

一部ソフトの動作がイマイチでしたので、入れ直し(再インストール)にて対処。
Windows7になってサクサク動くパソコンに生まれ変わりました♪







Vista(Home)のサポートは来年の4月まで。

アップグレードしなくてもパソコンは動きますが、
ウイルス感染などの危険もあるので早めの対処をお薦めします

以上









eMachines J4486 起動不可

サポート: パソコン出張サポート
メーカー: eMachines
型番: J4486
OS: WindowsVista Home (32bit)

状況: Windows Vistaのロゴが表示せず、起動不可

BIOS
 画面は表示、
SafeModeでの起動は可能。
よくよく見るとBIOS画面のeMachinesのロゴに縦線表示。




その後の切り分けの結果 、ビデオカードの不具合と判断

P1050808

写真上が交換した(搭載した)ビデオカード
写真下が故障した(搭載されていた)ビデオカード

この機種の場合は、
ビデオカードを使用しなくてもパソコンは使う事は可能ですが、
ゲームをするということで新しくビデオカードを導入することにしました。

新しいビデオカードの導入後は問題なく起動。

その後は診断テストを実施、すべて正常終了しました♪








清掃点検と同時に今回は電源も交換

P1050809

ビデオカード搭載かつ、
ゲームなどで酷使されていると故障確率が高いので対策として交換しておきます。


今回はビデオカード&電源を交換したことによって、
静かなパソコンに生まれ変わりました


以上

富士通 CE50X9 インターネットに繋がらないなど

サポート: パソコン出張サポート
メーカー: 富士通
機種: CE50X9
OS: WindowsVista Home 32bit

富士通らしい「シュ」っとしたデスクトップパソコンです

状況:

①インターネットに繋がらない
②起動に時間がかかる
③使用中はとにかく動きが鈍い






切り分けを実施、下記が原因と判断

①の原因は使用していないアンチウイルスソフトが原因
②の原因は常駐ソフトの問題
③の原因はメモリー不足


①・②はその場で対処実施
③に関しては後日メモリー増設にて対応


WindowsVistaはとにかくメモリーを使うOSです、
快適に使用するなら2GBは欲しい所。

また使用していないアンチウイルスソフトなどは、
パソコンの動作の邪魔になる事が多いので削除する事をお薦めします。

たまに「お前がウイルスか」と突っ込みたくなる事象もございます(汗

以上
記事検索
プロフィール

weisz_pc

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ