ワイズのおしごと - ワイズ「Weisz」のブログ -

大阪の下町にあるパソコン屋さん ワイズ「Weisz」のブログです。 ブログではパソコンのあれこれをメインに記載します。

あなたの街のパソコン屋さん ワイズ「Weisz」のブログコンテンツです。
ご質問・ご相談に関してはホームページからお問い合わせ下さい。
ホームページ: http://www.weisz-pc.com/

毎日の作業についてはFacebook&Twitterに記載しています

facebook : https://www.facebook.com/WeiszPC
Twitter: https://twitter.com/Weiszru

もしよければご確認下さい

2015年02月

Weisz CustomPC リフレッシュプログラム

4年半前位に作成したCustomPCをリフレッシュ


ref

















*作業項目内容*

・パソコン診断テスト
・清掃点検及び物理チェック
・パソコン最適化作業
・内臓ハードディスクを新品へ交換


IMGA0655



 














IMGA0656


 















・まず診断を実施

ソフト側
→Windows(そのものには問題が無い模様。

ハード側
→CPU温度異常、CPUファンにて異常を確認



使用CPUはCore i7 870

インテルの純正CPUファンが取りつけされていますが、
この固定ピン(プッシュピンタイプ)が折れて、
冷却部がCPUに密着されていない状態でした・・

折れてしまった原因については、
固定部のプラ部が古くなって柔軟性が無くなった為。
*カチコチに固まってしまったという状態です。


INTELなどのプッシュピンタイプのCPUクーラはこの手の問題が多く、
CPU温度が異常に高くなるケースはだいたいコレ。

今回もアイドリングの状態において、
温度が異常に高い状態でした
IMGA0653



















ひとまずお店にあった同じファンに交換した所、
標準の状態に改善しましたが・・・
IMGA0654



















後の事を考えてきちんとしたファンを交換することに。
IMGA0662
















このファンの取り付けはバックパネル方式によるもの、
ネジで締め付ける事により、密着性を高め冷却効率を上げます

このモデルはコアに銅を使用しており更に効率よく冷やします。


これはこの手の部品の中でもかなり安い方。
補修部品としても手を出しやすいのです

でもそこそこ音が大きいので、
気になる方は大きいサイズのものをオススメします
*値段もそれなりにしますが






IMGA0657




















CPUの温度の変化ですが・・・・


初段階の状態
IMGA0653



















お店にあったINTEL 純正CPUファンにした場合・・・
IMGA0654



















今回取り付けたファンの場合・・・
IMGA0658

















同じ環境下においてもこれだけ温度が下がりますし、
CPUに負荷を掛けたテストでも75度程度をキープ
*純正ファンの場合、85℃オーバー

値段の割にはええ仕事してくれます





その後、

・最適化作業及びクリーニング実施。
・ウイルスチェックを行い機器の健全度合いを確認
・ハードディスクのクローニングを実施
 

すべて問題なく終了


以上 

家電屋さんの延長保証、要確認を!

以前ブログでもお伝えした事があるかもしれませんが・・・
また気になったので掲載してみます。

 
 
ちょくちょくあるお問い合わせ

「家電屋さんの延長保証の契約をしているのに、有償になった」

といったお問い合わせ



お金払って延長保証したのになんでやねん!

っていうことになるんですが、
実は契約の内容が店によって異なることをご存じでしょうか?


家電量販店の延長保証 比較

http://www.kosodatedou.com/%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%81%A7%E3%81%86%E3%81%BE%E3%81%8F%E7%94%9F%E3%81%8D%E6%8A%9C%E3%81%8D%E3%81%9F%E3%81%84/kaden-hosyou/




例えばハードディスクの故障が発生した際、

ケーズデンキさんの場合、無料
その他の電器屋さんのの場合、有償


といった具合になります。

理由は同部品は消耗品扱いになる為。

こうなると殆どの家電屋のパソコンの延長保証って
効かない場合が多かったりします

パソコンは消耗品扱いとされる部位の故障が殆どですからね。



また下記のケースの場合は保証内でも有償扱いされます。


・Windowsの動作不良
・修理見積もり費用
・落下などによる物理的な故障


また保証内容をちょくちょく変えてきますので
契約される場合は良く確認して下さいね。

以上 

DELL Vostro1200 Windows起動せず

DELLのノートパソコン(Vostro1200)を診断

PC-RE

 












状況: Windows起動不可となる

原因: WindowsVista動作不良によるものと判断

処置:

・装置診断テスト・・・ ハードディスクなどに異常なし
・エラー修正作業実施・・・ 途中で停止、改善せず

Windowsの動作不良と判断。
リカバリ処置が必要な旨をお伝え、処置は後日検討とのこと


以上
 

NEC Ultrabook 電源入らず

NECのウルトラブックの診断を実施

PC-RE


 












診断の結果、マザーボード不具合と判断。
同部品交換に修理代が高額となる為、買い替えとなる。



ウルトラブックの不具合は、
通常のノートパソコンよりも修理代が高額となります。

構造上、CPUやメモリーがオンボードになっており、
部品交換の際には、
マザー以外にCPUやメモリーも交換対象となり、
その分部品代が高額になるんですね。

ストレージ(SSDなど)もオンボードになっているケースが多く
ここからデータの取り出しも非常に困難となります。


ウルトラブックを使われている方、要注意です。
こまめにバックアップをしましょう


 

Panasonic Let's Note CF-W7 電源入らず

パナのレッツノートの診断を実施

PC-RE

 












状況: 電源入らず

原因: バッテリー不良

処置:

・診断テスト・・・ バッテリー充電不良による動作不良確認
 
バッテリー未装着状態による 動作は問題なし

この状態でひとまず様子見となる

 
以上 
記事検索
プロフィール

weisz_pc

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ