2018年05月19日

☆人気シリーズの売れ筋はこちら☆

こんにちは スタッフの林です


高級木材であるマホガニーをふんだんに使用した
オリジナル家具『ヴィクトリアン』シリーズ
アンティークを復刻させたデザインも細部までこだわって仕上げております

このクオリティでありながらなんと『送料無料』
アンティークのプロとして納得の出来だからこそ
このプライスでご用意させていただく自慢のシリーズです


今回は、このヴィクトリアンシリーズの中でも
特に人気の高い商品をピックアップしてご紹介致します

使い勝手の良いチェアや小型家具から
ハイクオリティなショーケースなどの収納家具まで
英国伝統デザインとマホガニー材の魅力を活かした充実のラインナップです


☆画像をクリックしていただくと商品ページに移動します☆

124684713
¥34,800(税込)



124684837
¥39,800(税込)



121026183
¥32,800(税込)



121026845
¥21,800(税込)



121026414
¥69,800(税込)



121026331
¥39,800(税込)



122369585

¥49,800(税込)



アンティークのプロであるウェリントンだからこそオススメする
ハイクラスなリプロダクション家具『ヴィクトリアン』
ご紹介した以外のラインナップも大変充実しておりますので
こだわりをお持ちのお客様にこそ、ぜひ一度ご覧いただきたいシリーズです


『ヴィクトリアン』シリーズはこちらから

★クリック★人気ブログランキングへ★クリック★

wellington_antique at 14:07|Permalink

2018年05月16日

☆くり抜きドア☆

 こんばんはスタッフの小池です

 前回のブログから、もう1週間ですか

 早すぎやしませんかねぇ〜

 さて、本日はできたてホヤホヤのくりぬきドアをご紹介します

 お選び頂いたステンドグラスはこちら

 WS-16404O


 ステンドグラスを入れるドアはこちらの引き戸

 IMG_20180410_113334


 絵をはっておられる場所がステンドグラスになります

 早速ウェリントンの職人が加工

 S__9060413


 こちらは、型を取ってくり抜いているところですね

 空洞の部分は埋木をして、ステンドグラスをはめます。
 仕上がりホヤホヤのくりぬきドアがこちらです

 IMG_8141


 IMG_8142


 光が入り、幾何学模様のシンプルなステンドグラスが輝いて変身しましたね

 お家にあるドアにステンドグラスを入れて、
 明るく華やかな空間作りしてみませんか

 是非ご参考下さいませ


 さてさて、ここからは お ま け です

 今回は、引き戸にステンドグラスを入れさせて頂いたのですが
 くり抜きドアの時は、ステンドグラスを押さえる押さえ縁を
 ウェリントンの職人が作ります。

 なるべくドアの色に合わせて作ります。
 今回ですとホワイトの押さえ縁を作りました

 IMG_8144


 ウェリントンの職人は、細かいところもしっかりと考えて作業しております。

 木製であれば、ある程度どのような構造でも可能ですので
 まずはお気軽にご相談下さいませ

 
 【アンティークステンドグラス・ドア・家具専門】
ウェリントンの公式ホームページはこちら
http://www.wellington-antique.com
★クリック★人気ブログランキングへ★クリック★

wellington_antique at 20:06|Permalink

2018年05月13日

◆ウェリントン イチオシ!! 【送料無料】ヴィクトリアンシリーズ◆

こんにちは ウェリントンの林です

ウェリントンのオリジナル家具シリーズ中でも
特にイチオシなのが『ヴィクトリアン』シリーズ

ヴィクトリアン オフィシャル用バナー


素材には家具用として高級木材であるマホガニーを贅沢に使用
アンティークを復刻させたデザインも細部までこだわって仕上げております

シリーズとしてのバリエーションも大変豊富
小さなテーブルから大きなデスクやキャビネットまで
ヴィクトリアンシリーズを揃えて
クラシックな英国スタイル空間のトータルコーディネートだってできちゃいます

そして更には『送料無料』
このクオリティをこのプライスでご用意させていただくのは
アンティークのプロとして納得の出来だからこそ
ぜひ皆様にお使いいただきたい自慢のシリーズです

IMG_1714

IMG_1667

IMG_0496

IMG_0490


アンティークのプロであるウェリントンだからこそオススメする
ハイクラスなリプロダクション家具『ヴィクトリアン』
こだわりをお持ちのお客様にこそ、ぜひ一度ご覧いただきたいシリーズです


『ヴィクトリアン』シリーズはこちらから

★クリック★人気ブログランキングへ★クリック★

wellington_antique at 11:51|Permalink

2018年05月09日

☆ステンドグラス製作☆

 こんにちはスタッフの小池です

 昨日は、雨のせいなのか。。。なんだか寒かったです

 こうゆう寒暖差で体調壊してしまうんですよね。。。
 気をつけなきゃ ですね。。。

 さて、本日はウェリントンの職人が製作したステンドグラスのご紹介です

 決まったサイズの窓に入れるステンドグラスを製作する事はできますか?
 と奥野雄建築設計室 / 奥野雄様よりお問い合わせを頂いたのが始まりでした。

 ウェリントンでは、アンティークのステンドグラスを販売しておりますが
 職人がおりますので、新しい材料で製作をすることも可能なのです

 窓のサイズをお伺いすると。。。
 1枚は、幅:844mm 高さ:951mm
 もう1枚は、幅:844mm 高さ:2484mmと大きなサイズでした。

 幾何学模様で、様々なカラーレスガラスを使用するという内容で
 ご希望内容をデザインにして、ご提案させて頂きました。

 そして、決定したデザイン&ガラスがこちら

 製作イメージ画


 この段階ではシンプルなデザインという事もあり、
 大きさのイメージが難しいですが。。。
 かなり迫力あるステンドグラスが仕上がる事間違いなしです

 決定内容でウェリントンの職人が製作しました

 ガラスカットをして、各ピースのガラスを準備します

 S__5111845


 準備したガラスを組み合わせていきます

 S__5111847


 S__5111844


 そして。。。仕上がったステンドグラスがこちらです

 IMG_6521


 IMG_6518


 職人に持ってもらっているのですが、大きさわかりますでしょうか。。。
 補強の木材を入れているので、
 仕上がりステンドグラスがわかりずらいですね。。。
 
 ステンドグラスの木枠にも補強を入れ、
 厳重梱包をして納品先に送らせて頂きました。
 
 そして

 取り付けて頂いた窓がこちらです

 IMG_3757


 IMG_3842


 とても迫力のある窓になりました

 カラーレスですが、凹凸入りのガラスも使用しておりますので
 輝き方も見え方も違い、素敵なアクセントになっていますね。

 ウェリントンでは、ご希望の内容をお伺いし、
 新しいガラス・ケイム(鉛)を使用してステンドグラスを製作すること可能です。
 お気軽にお問い合わせ・ご相談下さいませ


 さてさて、ここからは お ま け です

 今回、製作のステンドグラスを取り入れて頂きましたお店様をご紹介いたします。

 IMG_3757


 焼菓子とコーヒーのお店
 UNDER BLUFF COFFEE(アンダーブラフコーヒー)
 住所:神奈川県横浜市中区上野町1-8
 電話:045-264-8059


 設計に取り入れて頂きました奥野雄建築設計室 / 奥野雄様
 改めまして、誠にありがとうございました。

 今月中に、施工例でご紹介いたします
 お楽しみに


 【アンティークステンドグラス・ドア・家具専門】
ウェリントンの公式ホームページはこちら
http://www.wellington-antique.com
★クリック★人気ブログランキングへ★クリック★

wellington_antique at 13:10|Permalink

2018年05月05日

◆ハイクオリティな新作家具が入荷しました◆

こんにちは スタッフの林です

今回はリプロダクション家具(アンティーク調オリジナル家具)の
新作をご紹介させていただきます


伝統的なデザインを踏襲して
本物のアンティークと組み合わせても遜色ないほどの
ハイクオリティなプレジデントデスクが新登場です

131083386


131083386_o1


素材には贅沢にマホガニー材を使用し
細かい部分までこだわりが詰まった逸品

131083386_o3

131083386_o5


このように高級木材であるマホガニーをふんだんに使った
『ヴィクトリアンシリーズ』
ハイクオリティかつ豊富なラインナップでご用意しております

しかも特別に送料無料となる大変人気のシリーズです

『ヴィクトリアンシリーズ』はこちら



合わせて入荷した新作
ウィングバックタイプのチェアとの組み合わせも素敵ですよ
131083008

131083008_o1

131083008_o2

新作ウィングバックチェアはこちら



ウェリントンではハイクオリティな商品のご提供だけではなく
アンティークショップのノウハウを活かした豊富なバリエーションによって
その組み合わせも含めたトータルコーディネートをご用意しております

ホームページより自慢のラインナップをぜひご覧くださいませ



【アンティークステンドグラス・ドア・家具専門】
ウェリントンのホームページはこちら

★クリック★人気ブログランキングへ★クリック★

wellington_antique at 11:58|Permalink

2018年05月02日

☆HPカテゴリーのご紹介☆

 こんばんはスタッフの小池です

 5月になりましたねぇ〜

 久しぶりに言います。早い

 もう夏ですね。。。

 
 さて、本日は続々とHP掲載されているアイテムのご紹介です

 店頭ではこのようにディスプレイされている素敵なアンティーク家具たち

 S__8945715


 この中のドローリーフテーブルがHPに掲載されましたよ

 重厚感あり、豪華な作りで利便性もあり、人気の高いアイテムです

 デザインもいろいろ

 131051124


 130975089


 130975068


 ドローリーフテーブルはこちらからご覧いただけます

 是非チェックして下さいませ


 さてさて、少し早いですが お ま け です

 ステンドグラスも続々と掲載されています

 S__8945716


 可愛らしいモチーフや、シンプルなモチーフ。
 空間に合わせてお好みで選んで頂ける豊富な取り揃えとなっておりますので
 ステンドグラスも是非チェックして下さいませ

 ステンドグラスはこちらからご覧いただけます


 加工などお気軽にお問合せ下さいませ


 【アンティークステンドグラス・ドア・家具専門】
ウェリントンの公式ホームページはこちら
http://www.wellington-antique.com
★クリック★人気ブログランキングへ★クリック★

wellington_antique at 22:13|Permalink

2018年04月29日

☆納品事例のご紹介☆

こんにちは スタッフの林です

今回はお客様のお店で撮影させていただいた
納品事例をご紹介致します

京都は久御山にある焼き菓子と雑貨が楽しめるカフェ
soleil(ソレイユ)様
詳細はこちらのインスタグラムのアカウントよりご覧いただけます
soleil.kumiyama.kyoto

ソファ、スツール、ローテーブル、ショーケース、コンソール、ダイニングテーブル
さらにはアンティークドアを使ったパーテーションまで
非常にたくさんの商品をお選びいただきました

こちらはソファセット
ディスプレイのバランスまで完璧でらっしゃいますね

修正画像 (2)

修正画像 (4)

修正画像 (3)

ダイニングテーブルも
ウェリントンオリジナルのものをお選びいただきました

明るいお店の雰囲気と、お選びいただいたソファやナチュラルなお色味が
とっても素敵にマッチングしておられます

修正画像 (1)

奥に見える4連のドアは
アンティークのウッドドアを加工してご用意させていただいた
ウェリントン特製のパーテーションになっています

修正画像 (5)


ウェリントンでご用意している商品で
こんなに素敵なお店作りのお手伝いができますので
皆様ぜひご参考になさってください

改めまして、お買い上げいただきました soleil 様
誠にありがとうございました


【アンティークステンドグラス・ドア・家具専門】
ウェリントンのホームページはこちら

★クリック★人気ブログランキングへ★クリック★

wellington_antique at 12:42|Permalink

2018年04月25日

☆ステンドグラス&ドア☆

 こんばんはスタッフの小池です

 すっかり遅くなってしまった
 最近日が暮れるのが遅くなりましたよね。。。
 時間を見てビックリしてしまいます

 が恋しい時間ですね

 
 さて、本日はステンドグラス・ドア・家具と、たくさんご購入頂いた中から
 ステンドグラスとドアをご紹介します

 まずはドアのご紹介
 選ばれたドアはエレガントなこのドアです

 WD-3642


 同じようにステインの仕上げをご希望でした。
 うまく剥げない可能性もあるので、通常はペンキ塗装をお勧めするのですが
 今回は職人が頑張ってくれました

 仕上がったドアがこちらです

 IMG_8106


 IMG_8107


 綺麗に剥ぐことができて、しっかりステインがのってくれました。
 重厚感があって高級感がでましたね

 続きまして、ステンドグラスです。

 ステンドグラスはアールヌーヴォーデザインで、こちらも重厚感あり高級感あり
 とても素敵なステンドグラスを選んで頂きました

 WS-16416


 WS-15581


 1枚ではなく2枚なんです

 どちらもエレガントで上品なステンドグラスです。

 この2枚は、オーク材で木枠製作しました。
 1枚目はステンドグラス、2枚目は木枠をご覧ください

 S__8577032


 S__8577036


 S__8577037


 S__8577040


 現状枠も素敵でしたが、オーク材の木枠に入る事で高級感が増しましたね

 この2枚のステンドグラスとドアは同じステインで
 職人が頑張って色合わせをしてくれたんです

 IMG_8118


 木材が違うので、色の入り方も違い、合わせるのは難しいんです。
 うまく合ってくれて良かったですさすが職人ですね

 枠を変える事で、重厚感が増し落ち着いた魅力を引き出す事ができました。
 ドアと合わせる事で、同じ空間に入った時の統一感も生まれるはずです。

 改めまして、Y様ありがとうございました

 ドア加工・枠加工。出来る限りのご提案をさせて頂きます
 是非ご参考下さいませ


 さてさて、ここからは お ま け です

 長いって
 長いけどおまけやります。もう少しお付き合いください

 実は、今回ご紹介したお客様は追加でもう1枚ステンドグラスをご購入頂いたんです。
 素敵な絵付けステンドグラスです

 WS-8952


 こちらも同じくオーク材で木枠製作をして、本日旅立ちました

 S__8888384


 密かにお気に入りのステンドグラスだったので
 素敵な仕上がりにうっとりしながら嬉しい気持ちで見送りました

 S__8888381


 本日の私のInstagramSTAFF KOIKEでもアップしています

 よろしければご覧ください

 私のInstagramSTAFF KOIKEこちらからご覧いただけます


 【アンティークステンドグラス・ドア・家具専門】
ウェリントンの公式ホームページはこちら
http://www.wellington-antique.com
★クリック★人気ブログランキングへ★クリック★

wellington_antique at 21:48|Permalink

2018年04月22日

◆整然さが美しいステンドグラス◆

こんにちは スタッフの林です

今回ご紹介させていただくのは
整然とした幾何学模様が美しい、アンティークのステンドグラス

13282


・・・ですが
実はこちら、2枚のステンドグラスを1枚に合体させています


13281

WS-16282B

WS-16282A


お客様からのご要望で
同デザインの2枚をひとつにつなげさせていただきました

お客様のアイディアと
ウェリントンの職人の技術が重なり合って
より素敵な1枚に生まれ変わりました

ぜひご参考いただきまして
ご不明点などはお気軽にお問い合わせくださいませ


【アンティークステンドグラス・ドア・家具専門】
ウェリントンの『ステンドグラス』ページはこちら

★クリック★人気ブログランキングへ★クリック★

wellington_antique at 18:51|Permalink

2018年04月18日

☆施工後☆

 こんばんはスタッフの小池です

 すっかり遅くなってしまいました。。。

 さて、本日は2016年7月5日のブログでご紹介した製作ステンドグラスの
 施工後のお写真を送って頂きましたので、ご紹介させて頂きます

 製作したステンドグラスの仕上がりはこちら

 IMG_7452


 このステンドグラスを2枚製作しました。

 そしてこちらは、このステンドグラスが入る窓です

 IMG_0187


 玄関を入ったこの窓

 IMG_0186


 この窓にステンドグラスが入り、こうなりました

 IMG_0188


 スッキリとして、素敵な窓になりましたね

 光が入ると。。。

 IMG_0192


 素敵です

 お気に入りのデザインがありずっとアンティークで探しておられましたが
 なかなか見つからなかった為、お気に入りのデザインを聞き製作しました

 S様。ありがとうございました 

 お気に入りのデザインを形にする事可能でございます。
 お気軽にご相談下さいませ


 さてさて、ここからは お ま け です

 今回ご紹介させて頂きましたステンドグラスの2016年7月5日のブログは
 こちらからご覧いただけますよ

 製作過程を載せていますので、是非ご覧下さいませ

 施工例でもご紹介予定なので、お楽しみに


 【アンティークステンドグラス・ドア・家具専門】
ウェリントンの公式ホームページはこちら
http://www.wellington-antique.com
★クリック★人気ブログランキングへ★クリック★

wellington_antique at 21:21|Permalink