2005年07月

2005年07月31日

7/30 いいお店発見!

今日は東京の仕事。
北千住の駅の近くのアーケードで素敵なお店発見しました。

今不足の「かんてんあります。」の張り紙につられて
入ったのですが・・・中は何と嚥下障害用の介護食や糖尿、
腎臓病などの病気への対応するレトルト食品を沢山おいている
お店でした。もちろん一般向けの健康食品も・・・。
お店は小さいのですがすごい種類!

一人で感動していると経営者のおじさんが
「こんなものダンボールに入ったところやカタログで
モノを見ずには買えないだろう。それに同じものを箱で
買うと飽きるしね。小売しなきゃ!!」って。

こんなお店が高知に欲しいとず〜っと思っていましたら、
そのことを話すと
「東京にもあんまりないね〜」とのこと。

経営は成り立つかとたずねると、
「問屋をやっているからこそできる」と。
高知の食品会社も取引があるようでした。

しかし、本当に買う側のことを考えているお店で、
すごい種類を1個づつからの小売をしていますし、
いろいろ食材には、仕様の方法を書いたものをカラーコピーで
下さるのです。
これは絶対割に合わないですよね。
「でも買った人が使えなかったら意味がないからね!」と社長。

高知から来たと話すとこれも持って帰れ、これもと買ったより
たくさんのものを頂きました。

お年は79歳だそうです。とてもお元気でした。
何でも・・・減塩醤油は数十年前にこの方がメーカーに
頼んで開発してもらったとか。。。

「知り合えてよかったよ!こっち来たときにはまた寄りなよ!」と。
江戸っ子ってやつでしょうか。
東京でもここ、足立の下町は土佐と似た空気を感じます。

TS310176001.JPG
TS310177001.JPG
TS310178001.JPG

welpa at 09:19|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2005年07月28日

7/28 老人大学

今日は老人大学で「高齢者の健康づくり」という
テーマで話をさせて頂きました。

100名ほどの方が受講されています。
高齢者と言えど・・・その辺の若者より元気です。

皆さん熱心に聴講してくださいますし、
途中で質問も飛んできます。

いろいろこちらから質問もさせて頂いたり、
簡単な体力テストをしたりするのですが、
みなさんパワフルに反応が返ってきます。

こちらがエネルギーをおただけるような仕事です。
40代から週2回の運動週間・・・実践に向けて
私も頑張ります。

?今?
これから頑張ります・・・^^;






welpa at 19:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年07月27日

7/27 香川で障害者ケアマネジメントの研修会

本日は香川で障害者ケアマネジメントの研修、環境調整の
話をさせて頂きました。

かがわ健康福祉機構研修部の企画で、1昨年ほど前から
いろいろな研修でお世話になっています。

今日は2時間20分で福祉用具と住宅改修の環境調整について
話をしました。いつもどおり・・・話がそれるわ膨らむわ・・・
時間オーバーしてしまいました。
受講生の皆さん、申し訳ありませんでした。

この健康福祉機構の方々は、いつも研修会を熱心に企画されています。
事業ありきで研修会を企画されるところも多いように感じますが、
何が必要で、どのような内容になどなど、事前にオーダーしてくださるのが
うれしいですね。する側としては・・・。

また、10月ケアマネ基礎研修、11月福祉用具と住宅改修研修で
お邪魔します。

・・・香川も近くなりました!
高知道・高松道の高速の取締り用のスピードメーターの場所も
覚えた下元です。あ・・・あまり意味はありませんから^^;


welpa at 21:31|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2005年07月25日

7/25 シーティングの大切さ

今日は午前中、病院のお仕事。
介護・療養の維持期の病院です。

今、そこのセラピストのたよちゃんとレク担当のきょうちゃんと
シーティングやポジショニングを見直ししています。

特にシーティングは何でもかんでも前座を上げて固める姿勢に
しすぎなのではないの〜と最近特に思い、維持期でもまだまだ
骨盤を起こしていい姿勢を作れる人は入るはずと頑張っています。

私は時々行ってたよちゃんたちに発破をかけるだけ・・・。
二人は本当に頑張っていて、しっかり、「こうすれば〜」の
声を実現していってくれます。

今日も後座高をあげて骨盤を起こしたHさんが随分姿勢や反応も良くなり、
何と車いすまでちょっと駆動できて感動しました!
体幹を前傾したり、少々回旋を入れたりもできるようになっています。

ますます楽しみな病院と二人と・・・患者さんたちです!



welpa at 22:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年07月23日

7/22・23 ガイドヘルパー

昨日・今日と全身性のガイドヘルパーの養成の仕事を
させていただいておりました。

このガイドヘルパーの要請ほど中途半端なものはないのでは
ないかと思って知っています。
だってね〜、実際、すでに介護保険などでも外出支援は
どんどんされているわけです。
プラスアルファーにしては時間数が少なすぎて、
何を主にプラスアルファーしたいのか見えません・・・。
支援費だから・・・!?
本当にこの2日間で、どんな人でも外出支援できる!
そんな講座が出来るなら聞いてみたい。

日本はとにかく、資格さえ作れば・・・的発想が多すぎる。

とはいえ、受講してくださった方はみんなとても熱心で、
一緒に担当させていただいた方と
「やっぱり自分で受けたくて来ていると食いつきがちがうね〜」と、
感心しました。

2日間スキルアップ講座のつもりで実施しましたが
実際の現場での質問も多く、こちらも楽しい2日間を
過ごさせていただきました!

うちのおせっかいのスタッフも2人受講しました。
お疲れ様でした!

welpa at 18:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年07月21日

7/19 リフォームヘルパー

今日は、隣の町のリフォームヘルパーの仕事。
ケアマネさんの環境調整のお手伝いをしています。

環境調整は大好きな仕事です。
生活をどんどん変えていくことが出来る、
快適な生活に、出来なかったことを出来る生活に・・・!

いろいろなケアマネさんと訪問しますが、今日は若い
なりたてのフレッシュケアマネさんと同行しました。
熱心で、住宅改修が出来るようになるためにはどうすれば
いいかと質問を頂きました。
うれしいですよね。興味をもってくれるるとうれしいです。

よく、資格をとればいいですか?と聞かれます。
環境調整でケアマネに必要な知識は建築のノウハウではないと
思います。生活のプランニングですよね。
その方にどのように暮らしていただきたいのか、
そのためにはその方の生活のどの部分を変えなければいけないのか、
そこをケアマネがしっかり抑えて見極めることが大切です。
そして、生活行為が出来なければ、何で出来ないのか?
どこが問題なのか?気持ち?環境?介助方法?身体機能面?
評価はできるかできないかの○×ではなく、分析です。
アセスメントと言うのはそういうことです。

分析した結果、誰に応援を頼むのかを決めます。
介助方法が問題ならNS・介護職・セラピストかもしれません。
御本人の動作の分析が十分できないならそこからセラピストを
使ってください。それらが評価できて環境調整の問題であれば
一緒に環境調整のプランニングを考えられる施工行者さんを
選んで一緒に仕事をしてください。

こうすればきっと環境調整で失敗することはなくなると思いますし、
楽しくなると思います!

環境調整は、対象者自らの可能性を直接広げることのできる支援です。
ぜひ、引けることなく取り組んでくださいね!



welpa at 08:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年07月18日

7/15 訪問リハ新規利用者さん

新規の利用者さんのお宅にケアマネと同行訪問してきました。
といっても、利用者さんになるかどうか・・・の訪問です。

つまり、御本人はサービスを全て拒否しているわけです。

案の定お邪魔すると、曇り顔になり
「いや〜」「どうして〜」・・・失語もあります。

感動したのは御主人の言葉。
「手も足も最近動きだして主治医のいうように6ヶ月したらそれ以上は
 よくならんなんて思えない。車いすって言われたのに帰ってきたら
 歩いてトイレも一人で全部出来る。まだまだ良くなる気がする。」
そして御本人にも
「もっとよくなってほしいから自分が頼んだ。10月の末の介護保険が
 切れるときに今の要介護3のままではなくて3が2になり1にならんと
 いかん。お前もそうなりたいやろ〜。」と、ごまかすことなく、
まっすぐに奥様に説明され、奥様の固い気持ちも少しづつとけはじめました。

御本人さんは昨年の12月の発症の脳出血右片麻痺。
御主人やケアマネさんの話を総合すると、リハ病院で毎日PT・OT・STの訓練をこなし最近自宅退院。自宅に帰ってからは予想以上(病院で言われた以上・・・)に生活は自立できているが、意欲なく自室で横になることが多い。
でも、手足は退院前の一ヶ月ごろから急に良くなっていると・・・。

最近、よく出会います。とにかく回復期はADLを早期に自立につなげることがいいことだと思われ、そのためにセラピストは質は別として(!?)できればいいADL訓練を主として行う。
その方のファンクションを最大限に引き伸ばしながら動作を獲得してもらい、
生活につなげるべきだと個人的には思うのですが。
だから、半年過ぎて機能的なアプローチをしていくのは訓練依存にさせるだけという発想。何だか自分たちの専門性を無視しているかのような考え方だと思うのは私だけかな・・・。

この方などは、きちんと目標を持って一緒に機能回復と生活の質改善に取り組める方だと感じます。逆に60歳代のこの方に、もう機能面はプラトーです。
後は生活を楽しんでください!で人は変われるのでしょうか?

QOLは自分が考えるもので人に決められるものではないですよね。
私達専門職がしなければいけないのは、エンパワメント支援だと思います。
要するにその人の可能性を最大限に引き出せる土台作りのお手伝い。
意味のない効果のない訓練を続け機能面に固執させることとは違います。

訪問リハを受けてくれることになり、帰りには笑顔で「よろしくお願いします。」と言ってくださいました。
後は・・・おたすけまんがどこまで頑張れるか・・・ですね!

頑張ります。日々の生活がただ単に自立に繋がるのではなくて、笑顔で
日々過ごせる・・・を目標にしたいと思います!




welpa at 10:03|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2005年07月09日

7/7 七夕

今日はリハ病院勤務です。
7月7日、七夕にて、デイルームに入所者の
皆さんに集まっていただき、イベントをしています。

新人セラピストやケアワーカーが主になって歌っています。
ピアノ・ギター付きです。

このあと、入院患者さんのマジシャンの方が
ありあわせのハンカチや新聞でマジックを披露してくださいました。

なんでも、寄席に出ているプロの方のようです。
さすが、東京下町・・・。

リハ病院の新人たちはいいムードメーカーです。

TS310145001.JPG

welpa at 10:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年07月06日

7/5 リフォームヘルパーの日

今日は、お隣の町のリフォームヘルパーの仕事でした。
2件、ケアマネさんと同行しました。

1件は2回目の訪問。初回はケアマネさんもまだまだ
関係がつくれずとお話されていましたが、本日は
御家族も御本人もケアマネさんをしっかり信頼され
頼っているのが感じられました。

障害も重度であり、住宅改修のアドバイスでしたが、
今後在宅を継続していくに当たってはその他多くのことで、
ケアマネさんの役割は大きく、頑張って欲しいと思います。

二人で、頑張ろうね〜とうるうるなりながら帰ったことでした。

一人の支援をこんなに一生懸命考えられるケアマネさんって
いいですね。私も見習わなくては・・・です!

welpa at 08:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年07月04日

7/4 たよちゃんとお花

ケアマネたよちゃんは時々お花を生けて持ってきてくれます。
お花はいいですね。事務所が明るくなります。

今日は夏らしく、ひまわりが入っています。
気持ちがなごみます。

TS310142001.JPG

welpa at 16:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)