[2019-20シーズン]
RBテーゼルファーゲン公式アカウント→@RBTHV
RBテーゼルファーゲン公式ホームページ→こちら




『RBテーゼルファーゲン、今季初黒星』

ホーム、レッドブル・アレナにテドゥロゲツを迎えたPEUリーグ第3節。

ボールを保持しながらも決定機を作れないRBテーゼルファーゲンは64分にカウンターから失点する。MFファン・ビセンテ・ビラノバのクロスに合わせたFWグスターヴァス・イベットソンがゴールネットを揺らした。その後も攻撃陣は噛み合わずホームで無得点、今季初黒星をマークした。

IMG_0016















ノース・デス・ダービーに臨むメルキアデス・アラシル監督、『ファンやクラブにとって何を意味するか理解している』


RBテーゼルファーゲンは、PEUリーグ第4節で宿敵ガルネトヴァとの今季最初のノース・デス・ダービーを戦う。自身初のダービーに臨むメルキアデス・アラシル監督が大一番に向けて意気込みを語った。


開幕から2勝1敗の戦績で臨む今季最初のダービーに向けて指揮官は、「ファンやクラブにとって何を意味するか理解している」と、気合十分のようだ。『Sky Sports PEU』が前日会見のコメントを伝えている。


「ダービーにはその歴史や独自の風土がある。それは多くの人たちを巻き込み、駆り立てるものなんだ。その感想に関しては試合後の会見で話したいと思うよ」
「これは非常に重要な試合だ。ビルバオ時代に別のダービーを経験しているが、ファンやクラブにとって何を意味するか理解しているつもりだ」
「ここ近年の成績から現時点でRBテーゼルファーゲンが優位という話に関しては、すべての試合に勝ち負けがあるということだけ強調したい」






潰し屋MFタフィー『何が起きても不思議ではない』

RBテーゼルファーゲンの中盤を支えるMFタフィーのコメントをクラブ公式HPが以下のように伝えた。

「ガルネトヴァがどのようなプランで試合に入ってくるかはわからない。ダービーとは常にユニークであり、あらゆる予測を覆すものだ。何が起きても不思議ではない」
続けて「こういったレベルの試合はそれだけで全員を前向きにさせるものだ。したがって、準備期間において特別なことをする必要はない。試合に向けて静かに闘志を燃やしているよ」


FullSizeRender




























『今季初のノース・デス・ダービー、両チーム共に譲らない展開』


今季初のノース・デス・ダービーがガルネトヴァの本拠地、UIA・フィールドで行われた。

IMG_0020


[RBテーゼルファーゲンのスターティングメンバー]

IMG_0019



ガルネトヴァは今夏、新シーズンを前に引退を表明していたロッベンとバルザーリの引退撤回を受け、即座にオファー。両選手の獲得に成功した。またトッテナムからFWフィンセント・ヤンセン、ポルト退団のMFブラヒミをフリーで獲得。中盤にはヘルタ・ベルリンからMFダリダをローン移籍契約で獲得しリーグ制覇奪還に向け例年以上の補強を行った。

ガルネトヴァは開幕から3試合連続無失点の3連勝で首位。完璧なスタートを切った。


[ガルネトヴァのスターティングメンバー]

IMG_0028




選手を鼓舞するガルネトヴァのバルザーリ。

IMG_0021



UIA・フィールドは超満員、アウェイ席にも多くのRBテーゼルファーゲンサポーターが来場しチャントが響き渡る。

IMG_0022



しかしそれを覆うようにガルネトヴァサポーターの大声援が始まった。

IMG_0023




ホームの大声援を受けたガルネトヴァは37分、MFヴラディミル・ダリダのパスを貰ったFWアリエン・ロッベンがエリア内にドリブルを仕掛け左足で巻いたシュート、完璧なゴールで先制に成功する。

IMG_0029

大歓声と共に場内はロッベンコール。

IMG_0030






しかし直後の40分、オーバーラップしていたDFポコニョーリの折り返しに、FWフェンデラーが左足ダイレクトで合わせ同点。

IMG_0026

IMG_0024





試合は後半に入ると両チーム攻め手を立てられない展開に、RBテーゼルファーゲンはMFタフィーに代えて MFサルソデリ、DFポコニョーリに代えてDFフラナガスを投入するも流れを変えることができない。


しかしアディショナルタイムに突入した時だった、スルーパスに抜け出したFWカベラールトが相手ディフェンダー3人に囲まれるが、前に出てきたGKフェドコフとの連携ミスで無情にもボールはガルネトヴァゴールへ。

IMG_0027

IMG_0025


RBテーゼルファーゲンがまさかの形で逆転しスタジアムが静まり返った。

IMG_0031









そのまま試合終了のホイッスル。





大一番を逆転で勝利したRBテーゼルファーゲンは首位タイに浮上した。














試合後、メディアの前に現したアラシル監督が以下のようにコメントした。

「ガルネトヴァは強い決意で挑んできた。いい試合を見せるのが難しかったし、チームは困難な状況に陥ってもおかしくなかったが、選手達はよくやってくれた。順位?現時点では計算をする必要はなく、ただポイントを重ねていくだけだ」







ファンデブールト『僕たちがねじ伏せた』

主将ファンデブールトは今季初のノース・デス・ダービーを勝利で終え以下のようにコメントした。Sky Sports PEUが伝えている。

「とにかく勝ったことが全てだ。ガルネトヴァはいい選手が揃っているし最後までどうなるかわからない試合で、凄く苦しい試合だった。しかし最終的には勝ち点3をもぎ取った。僕たちがねじ伏せた。結果以上に僕たちの強さが伝わっただろう。」

FullSizeRender