[2020-21シーズン]
RBテーゼルファーゲン公式アカウント→@RBTHV
RBテーゼルファーゲン公式ホームページ→こちら




アラシル監督、開幕戦を前に「再び王者となる準備を…」

RBテーゼルファーゲンのメルキアデス・アラシル監督が、明日行われるPEUリーグ開幕節テドゥロゲツ戦についてコメントした。PEUリーグ専門誌『Dialogo PEU』が伝えている。

IMG_0756

2019-20シーズンのPEUリーグで、ガルネトヴァと勝ち点1差で優勝を果たしたRBテーゼルファーゲン。新シーズンはPEUリーグ史上初となるリーグ6連覇を目指す上で、格下テドゥロゲツとの開幕戦は絶対に落とせない。

そんな中、記者会見に臨んだアラシル監督。「テドゥロゲツは昨シーズンで下位に沈んだが、我々はホームで負けている。彼らは明確な組織、明確なプラン、そしてささやかな自信を試合に持ちこんでいて、そのすべてが機能的に働いている。だから彼らのことはとてもリスペクトしているよ」と語り、組織力を売りにするテドゥロゲツを称賛した。

そして、同監督は開幕節をホームのレッドブル・アレナで迎えることにも言及し、次のように語った。

「ファンは私たちを待っていて、私たちはファンを待っている。レッドブル・アレナが作り出す雰囲気はいつでも格別だよ。私も同じようにサポーターの1人だ。シーズンが始まることで、私たちは100%の力を発揮しなければならない。対戦相手の名前について考えてはいけないし、私たちは再び王者となる準備ができていることを見せなければならないよ」



















PEUリーグ20-21シーズンが開幕!RBテーゼルファーゲンは苦しみながらも白星スタート。

PEUリーグ20-21シーズンの第1節が各地で行われ、王者RBテーゼルファーゲンは昨シーズン17位のテドゥロゲツと対戦した。


ロッカールームでチームを鼓舞するアラシル監督。
IMG_0759



スターティングメンバーは以下の通り。両サイドバックには守備力の高いルシアンボネとフラナガスが起用された。

IMG_0763



テドゥロゲツのスターティングメンバー。
中盤には経験豊富なモハメド・シソコとクヴィスト、GKはベテランのファビアーノが起用された。

IMG_0768



赤白のコレオに染まった場内にイレブンが入場。
IMG_0766

IMG_0767





開始10分、DFルシアンボネのセンタリングにフェンデラーが右足ダイレクトボレーで合わせるが枠外に外れる。


続く14分、MFホセ・イバン・デ・パウラのグラウンダーのクロスに再びフェンデラーがシュート、テドゥロゲツの守護神ファビアーノが防ぐがそのこぼれ球にカベラールトがシュート、これはポスト嫌われるが、その跳ね返りをフェンデラーがヒールで押し込み先制に成功する。


しかしリードは束の間、後半が開始すると52分、ロングボールに抜け出したFWボフミール・オブロフスキーがトラップしシュート、一度はツァクトユーリが防ぐも、こぼれ球をパルミエーリがクリアしきれず押し込まれ同点にされる。

IMG_0769





しかし69分、タフィーの浮き玉スルーパスに抜け出したルシアンボネが、ダイレクトでシュートを狙うと、キーパーが弾いたボールをカベラールトが落ち着いて決めて逆転に成功。

IMG_0770





テドゥロゲツはその後、前線の長身FWへボールを送るパワープレーを試みるが、ファンデブールトとパルミエーリがしっかり抑え込む。



試合はこのままタイムアップを迎えRBテーゼルファーゲンが開幕戦を制して白星スタートを切った。

IMG_0771












試合後、アラシル監督は「我々は最初から完璧な試合をやった」とチームを称賛。失点のシーンについては「不意をつかれてしまった」としながら、「我々は我慢強くプレーできたよ。テンションの高い試合だったが常に冷静な判断ができていた」とコメントを残し、次のように続けた。

「この開幕節勝利は我々にとって大きなものだった。結果面で難しいプレシーズンを過ごし、PEUスーパーカップでも敗れてしまったからね。でも今日の仕事面は素晴らしかった。皆が自信を取り戻しプレーできていた、この勝利はそのおかげだよ」

「我々は試合全体を通じてとてもいいパフォーマンスだったし、私はみんなの頑張りを高く評価している。アルバロとタフィーの守備の仕事が重要だったし、サイドバックのピエール(ルシアンボネ)とフラナガスは相手の両ウイングに仕事をさせなかった」

「鍵は守備をしっかりとやったことだ。なぜなら我々はその後でボールを持った時にダメージを与えられることを分かっているからね」

「我々はみんな素晴らしい試合をやったし、これからシーズンを考える必要がある。カベラ-ルトとフェンデラーの前線は強力だが、今後あらゆることを想定しマルパルティダやアフィジフスキとのコンビネーションも図っていくことが必要だ。今日はみんなにとっていい試合だった。全員がこのユニフォームを守るためにベストを尽くすことを望んでいる」






















DFエッビンへ「言葉では言い表せないほど感謝」契約満了で退団が決定。新天地はスペイン2部に。

RBテーゼルファーゲンは、DFエッビンへ(23)が契約満了によりクラブを退団することを発表した。

IMG_1408


ドイツ出身23歳のエッビンへは15歳でテーゼルファーゲンユースに加入。その後順調にステップアップし19歳でトップチームデビューを飾った。しかしここ近年は出場機会に恵まれずローン移籍が続いていた。昨シーズンの後半戦はローンでニューカッスル・ユナイテッドでプレーしていたが今季にチームへ復帰、そして8月31日で契約満了となる同選手は契約更新にはサインしない意向を示していた。そして先日、スペイン2部のレアル・バジャドリードが同選手の獲得を正式発表した。

退団に際してエッビンへは以下のようにコメントを発表、サポーターに別れを告げている。

「親愛なるRBテーゼルファーゲンに関わる全ての皆様へ。言葉では言い表せないほど感謝しています。ここに来た初日から皆様の愛に囲まれて、選手としてだけではなく人間としても成長することができました。この素晴らしいクラブの一員となり、偉大なチームメイト達と一緒に働く機会を持つことができて、大きな名誉と感謝を感じています。私はRBテーゼルファーゲンを去ることになりましたが、みんなの事はいつも私の心の中にあります。ここでプロ生活の第一歩を送ることができ、とても幸せに思います。RBテーゼルファーゲンのさらなる成功と幸せを願っています。本当にありがとうございました」






















UEFAチャンピオンズリーグ20-21 グループステージ組み合わせが決定!

IMG_0922

UEFAチャンピオンズリーグの1次リーグ組み合わせ抽選が29日、モナコで行われた。 
RBテーゼルファーゲンはフランス王者のパリ・サン=ジェルマン、ドイツの名門レヴァークーゼン、スイス王者のヤング・ボーイズと同組となった。またライバルのガルネトヴァはプレーオフでマルセイユを退けグループステージへ進出、バイエルン、アトレティコ、ノアジェランのグループCに入った。

IMG_0782







UEFAチャンピオンズリーグのグループステージ組合せ抽選を受けて、主将ファンデブールト『エキサイティングなものになった』

主将ファンデブールトとメルキアデス・アラシル監督がチャンピオンズリーググループステージの組み合わせ抽選を受けて会見を開いた。
RBテーゼルファーゲン公式HPがコメントを伝えている。

IMG_0805

ファンデブールトは会見で「素晴らしい組合せだ。チャンピオンズリーグではヨーロッパ最強との激突を楽しみにするものさ。とてもエキサイティングなものになったね。これからの戦いが楽しみだよ。最強チームを相手に、自分たちの力を試したいね。パリ・サン=ジェルマンは現在、最強だ。自分たちの実力がどの位置にあるのかを知りたいよ。レヴァークーゼンとヤング・ボーイズとの試合も素晴らしいテストになるね。これらの試合でレッドブル・アレナは満員になるだろう。キックオフが待ち切れないね。僕らの目標はすべての試合に勝つこと。自分たち位置やこれまでの自分たちの成長を知るための良いテストになるだろう」とコメントした。

また同席したアラシル監督は「このグループは楽しみだね。非常に手強いチームだ、しかしこのチャンピオンズリーグという舞台では、それは必然ともいえるよ。素晴らしい挑戦となるね。これからこのタスクを乗り越えていきたいと思う」とコメントした。

RBテーゼルファーゲンはチャンピオンズリーググループステージの第1節でホームにレヴァークーゼンを迎え入れる。