9月議会の最終日を迎え、締めの本会議が行われました。
主な議案は、平成18年度の一般会計予算の決算認定です。
一般会計の予決算については、本会議での討論を経て採決します。
討論は、賛成・反対それぞれの立場から、同数の議員が
行うことになっています。今回は、共産党が反対討論を、自民党系
会派である「市政会」が賛成討論をそれぞれ行い、その後の
採決で、約785億円からなる昨年度一般会計決算は可決されました。
ちなみに私は、所属会派である「市民フォーラム」の他の議員と
同様に、決算認定では賛成に回りました。
今回の決算をめぐる最大の論点は、公共施設整備や財政調整目的で
設けられている各種の基金への繰り入れ金が、当初予算額を20億
以上も上回る29億にも達したことへの評価でした。
基金とは、将来需要を見越した蓄えの一種ですから、蓄えが
増えるのは無条件にいいこと、とも言えます。しかし、本来行政の
予算とは貯蓄ではなく、市民生活の維持発展など、「公共の福祉」の
増進に使っていくことが目的なはずですので、格差の拡大が
いわれている現在、社会保障や教育分野などに手厚く予算配分すべき
との考え方もあります。
どちらの主張を取るべきかは政策判断の問題ですが、私としては、
今後の税収や公営ギャンブル(府中市の場合は平和島競艇事業ですが)
による事業収入見込みが決して楽観できない中、基金に一定規模の額を
回すのはやむを得ないことだと考えます。
その意味で、決算内容自体には反対するものではありません。
ただし、本年度決算ベースで公共施設整備基金に18億円を
積み立てざるを得ないということは、それだけ将来の公共施設整備を
見込んでいるということなので、そうした施設整備重視の姿勢が
市政の方向性として妥当といえるのかは、再考の余地があります。
また、決算数値からでは、市政に対する市民の満足度がわからないため、
個々の施策が本当に市民生活の向上に役立ったか評価しきれない
面があります。
そんなこんなで、決算承認=現市政への無条件の肯定、ということには
なり得ません。むしろ、決算を通じて、議論すべき市政のさまざまな
課題が見えてきている、というところです。
そして、課題を解決するにあたっては、公正で曇りなく現状を評価し
対策を検討するという意味で、是々非々で議論に臨むことが
大切だと改めて感じています。