ひたむき馬券研究所

「予想は印半分、買い方半分」の考えのもと、様々な角度から馬券の買い方を検討していくことを目的とし、開設したブログです。今後はテーマを広くもって、書いていこうと思っています。

コース特性予想の中にある「枠の優劣」に関する記述。実際、どのくらい枠によって差があると思いますか。朝日杯FS(前身は朝日杯)が中山1600mで行われていた頃、「枠による優劣が存在するコースで不平等」という声が毎年のように聞かれました。トラック競技というのは、回る場所によって大きなロスを強いられます。ゆえに陸上の短距離走では平等にするため、スタート位置が決められ、セパレートコースになっています。競馬にはそれがない訳ですから、とりわけ、スタート後に急カーブを迎えるコースはより外不利になりやすいと考えられています。今週、行われる菊花賞(京都3000m)も、一時は内枠攻めが有効と言われていましたし、中山1600mと似た札幌1500mも、同じように言われています。では、実際のところどうなのでしょうか。まずは中山1600mを見てみましょう。

<中山1600m>※近5年
中山1600(枠成績)







若干、内有利とも見れますが、そこまで大きな差は見られません。実はここ数年で、中山1600mの傾向は変わってきており、外枠の馬もよく絡むようになっています。一説にはエアレーションの影響ではと言われていますが、そこは定かではありません。いずれにせよ、以前まで言われていたような内枠有利にはなっていないことが分かります。次に札幌1500m、京都3000mを見てみましょう。

<札幌1500m>※近5年
札幌1500(枠成績)







<京都3000m>※近5年
京都3000(枠成績)








内枠有利と言われる札幌1500m、京都3000mですが、前者は「言われてみれば、そんな感じもする」という程度。後者は「サンプル数が少ないので何とも言えない」という感じです。と、こうしてみると、枠の優劣は意外とアバウトなもので、イメージ先行ではと思ってしまいます。

そんな中、はっきりとした傾向を持ったコースが二つあります。一つは「外枠有利」のあのコース。もう一つは毎年のように「内枠有利」と言われるあのコースです。

<新潟直千>※近5年
新潟直千(枠成績)







<京都1200m>※近5年
京都1200(枠成績)







両コースとも、ある程度、競馬を知っている方ならご存知だと思いますが、ここまではっきりと傾向が出ていると参考にせざるを得ないですよね。新潟直千における6、7、8枠の異常な跳ね上がり方と、京都1200mの圧倒的に内枠有利の傾向。枠番を重ねるごとに率が変わっていくのは、まさに「枠の優劣がある証拠」です。

ここまで極端ではないものの、実は他にも、枠の優劣がはっきりと出ているコースがあります。それに関しては、またどこかで紹介できたらと思います。面白いので、ご自身で調べてみるのと良いでしょうね!

宜しければワンクリックお願いします!



今日は「タマネギの競馬道場」という競馬ブログの紹介をします。ブログ主であるタマネギさんと知り合ったのは先月。私のツイートに対して、「いいね」や「リツイート」をしてくださっていたので、どんな方なのかを思い検索した結果、行きついたのが「タマネギの競馬道場」でした。ブログの趣旨は「みんなで楽しく競馬をしよう」という感じで、その週のメインレースを皆で予想し、タマネギさんがポイントを付けて順位を発表するというもの。予想法や馬券法をピックアップしたり、紹介するブログではないですが、たくさんの方が予想を持ち寄って、楽しそうにやりとりをしていました。競馬ブログは自分の考えや競馬への思い、エピソードなどを紹介するものが多いですが、読者に予想をアップしてもらって、それにポイントを付けて順位を競う形はそう多くないと思います。私も競馬ブロガーなので分かりますが、集計は相当大変なはず。20名以上の予想を点検してポイントを付けるって、かなりの作業ですからね。それをコツコツをやっているひたむきさに感心しました。

もう一つ、驚いたのが、ブログ内の記事に私の名前があったこと。ひたむきブログや、私とのやりとりを紹介してもらったり、しかも、予想は特別枠でアップされていました。タマネギさん曰く「勝手に使わせてもらって申し訳ありませんでした」とのことですが、そんな扱いを受けていたとは、びっくりでした。競馬予想をしていると、当たっているときは良いんですが、連敗続きだと凹むもので、おそらく、流れが悪い時は書き込まない読者もいると思うんです。私の場合は「予想は印半分、買い方半分」と言っている手前、「印=買い目」になっていないときもありますが、毎回、ブログをチェックして印を打ち出してもらえていたとは、素直にありがたいなと思いました。

タマネギさんのツイートからは、結構、ギャンブル好きな感じで、とても気さくなお兄さんという印象を受けました。その一方で、読者のために、コツコツ取り組まれている姿勢も感じました。予想法や馬券法の構築に直結する、そういうブログではありませんが、楽しく競馬をするコンテンツとしてはとても面白いと思います。興味がありましたら、是非、覗いてみてください。そして、予想を投稿してみてはいかがでしょうか。

タマネギさん、集計大変だと思いますが、楽しい競馬コンテンツとして、これからも応援していますので、頑張ってください!!

宜しければワンクリックお願いします!



【ジェンティルドンナM】
<コース特性>
スタートから1コーナーまでの直線が近いので、2コーナー過ぎまで先行争いが続く。マイル戦のように全体的に息の入らない流れになりがちで、騎手が牽制し合うとスローになり前有利、逆にやり合うと前崩れの展開になる。直線が短いので先行有利のように見えるが、先行争いが激しくなるとタイム以上に消耗するので楽に追走した差し馬が台頭してくる。脚質は先行⇒逃げ⇒差しの順番だが、他のコースに比べ、差しがよく決まっている。特にクラスが上がると、差し競馬になりやすい。枠は下級戦ではほぼフラットで、上級戦になると外枠不利になる傾向。特筆すべきは上がりの使える馬の馬券率で、クラスを問わず高い数字を示している。また、クラスが上がるごとに、1番人気の馬券率が上がる珍しいコースでもある(下級戦63.4%、中級戦66.7%、上級戦66.4%)。種牡馬をクラス別に見ると、下級戦のディープインパクトの馬券率は48.5%と圧倒的、中級戦になると、ステイゴールド、クロフネ、ハーツクライの好走が増す。上級戦では再びディープインパクトが盛り返して馬券率は41.9%、他には、キングカメハメハ、ハーツクライの好走が目立ち、そこにクロフネが加わる形となる。騎手は下級戦は福永、川田が抜けて、四位が続く形。中級戦は武豊、川田が抜群の成績。上級戦になると、福永、岩田となる。社台系の好走が多く、特にノーザンFは優秀。社台C、社台Fも悪くない。前走は京都2200m、阪神2000m、中京2000mの順で好走が多い。枠の優劣が少なく、1番人気の信頼度が高い王道コースである。

<予想>
◎ マキシマムドバリ
○ バイガエシ
▲ ステイインシアトル
☆ パドルウィール

<解説>
人気馬の信頼度が高く、上がりの重要度が高いコース。前走上がり最速をマークしているのは、バイガエシ、マキシマムドバリの2頭。どちらを取るかですが、好走血統のキンカメを父に持ち、コース巧者の川田に乗り替わるマキシマムドバリの巻き返しに期待することにします。相手筆頭はバイガエシ、3番手には好走血統ステイゴールド産駒&武豊鞍上のステイインシアトル、4番手は中級戦で好走率アップ&前走中京2000mに該当するパドルウィールとします。

<買い目>
ジェンティルドンナM













宜しければワンクリックお願いします!


このページのトップヘ