ひたむきに競馬と向き合うブログ

楽しみながらもひたむきに競馬と向き合っていくことを大切にしたブログです(11年目)。 「予想は印半分、買い方半分」の考え方のもと、「コース特性予想」(コースから逆算した予想法)、「レース分析」、「厩舎分析」で導き出した答えを、独自の理論を基にした「ひたむき馬券法」に落とし込んで競馬予想を行っています。 ひたむき管理人(問い合わせフォーム:westibafuku@yahoo.co.jp)

オークス 回顧

おはようございます。昨日のオークス、波乱でしたね。またしてもレコード決着の高速馬場で、ディープ産駒のワンツー。ラヴズオンリーユーは未知の部分に期待された1番人気でしたが、しっかり間隔を取ったディープ産駒のフレッシュさを存分に生かした末脚でした。東京2400mの舞台で残り1ハロンからグングン加速していく感じは本物の証ですね。2着カレンブーケドールは軽視されやすいスイートピーS組でしたが、これまで骨っぽい相手と戦ってきていたのと、津村騎手の見事なエスコートに導かれて完璧な競馬をしていました。あそこまで強いとは…。詳しくは後程述べるとして、先週末もツイッターでは単勝チャレンジを敢行しました。土曜は(2‐2‐0‐4)、日曜は(1‐2‐0‐4)という結果でした。日曜は新潟メインで、アルマエルナトから買っていて、悶絶の4着。一昨日のショウナンバッハの3着と言い、競馬あるあるで単勝を買うと2着、馬連買うと3着、ワイド&複勝だと4着みたいな感じでした。どこかで大きいところを、と思いましたが残念でした。

昨日は競馬の後、気分転換に「今年も、家庭菜園をしよう」とプランターを持ち出し、ミニトマトの苗を買ってきて植えました。朝は家の周りの草むしり、夕方からはミニトマト作り。こういう週末も良いものですね。今週はダービーがありますし、少し休んで、いざ年に一度の祭典へ、といきたいところです。

それでは本題へ。こちらでは簡単にオークスを振り返ることにします。

続きを読む
<スポンサーリンク>

オークス 予想

おはようございます。昨日の平安Sは◎チュウワウィザードから入るも、モズアトラクション抜けと、候補には入れていましたが、最後、買い切れずのため息でした。京都D1900mのリピーターで上がり最速の脚を使える馬、抑えないといけませんでした…。それとツイッターにアップした「単勝チャレンジ」の方は8頭を指名。結果は(2‐2‐0‐4)でした。東京11Rのダイワキャグニーは指名した一頭でしたが、しっかり勝ち切って、合わせて買っていた馬連も的中。ただ、こちらは相手の中にショウナンバッハを入れていたので、2着と3着は私にとって大きなクビ差となりました。馬連28倍と、125倍では全然違いますからね。ちなみに3連複は5万円。レイエンダとベルキャニオンが飛ぶと、ここまで跳ねるんですね。先週の読者予想でも、3連単、3連複の威力を感じましたが、人気馬が飛ぶと一気に配当が上がるのは大きな魅力ですね。今日のオークスもどうなりますか。また、余裕があれば、今日もツイッターで「単勝チャレンジ」をしたいと思います。

それでは本題へ。こちらではオークスの予想をお送りします。「読者予想企画」の第8戦となり、いよいよ終盤戦へ。過去7戦すべて本命馬は掲示板という堅実さを見せつつも、的中は一つと不甲斐ない結果となっていますが、そろそろ、本線的中といきたいところ。今回は網を張っての大魚狙いでいくことにします。

続きを読む
<スポンサーリンク>

平安S 予想

おはようございます。待ちに待った週末。今週は月曜から金曜まで平日はフル稼働でした。週明けの月曜のしんどさも相変わらずでしたが、水曜あたりには慣れてきて、金曜の晩は後輩と焼き肉を食べに行ってきました。昭和生まれの私にとっては、まさに新感覚の連続で、今の若い人って、あまり貯金しないんですかね。もちろん、人によると思いますが、昨日話した後輩は自分のためにお金を惜しみなく使って独身生活を謳歌していました。「何のために使うか分からないお金を貯める必要はあるのか」という名言まで飛び出し、平成生まれはそういう感覚を持つこともあるのかと感心させられた次第です。同じことの繰り返しだと、頭が固くなって感覚も鈍ってしまうので、新たな刺激は常に求めていたいですね。

昨日は将棋の名人戦第4局が行われまして、結果は豊島二冠の勝利。これで4連勝となり、ストレートで名人位奪取となりました。初の平成生まれの名人誕生と同時に9人目の三冠王誕生、そして、関西所属棋士の名人誕生は1997年の谷川九段以来22年ぶりと、まさに記録尽くめとなりました。これで来月の棋聖戦は豊島三冠と渡辺二冠による頂上決戦となります。楽しみで仕方ないです。一方、敗れた佐藤天名人は無冠に。彼はツイッターをしていまして、対局後には必ずファンへ向けたコメントを残すのですが、今回のツイートには「品」を感じました。負けてあのツイートが出来るの人はそうはいないですし、中村太七段も昨年王座を失冠したあとに関係者へのお礼のコメントをしていましたが、彼らのような棋士がいるのは誇るべきと思います。競馬もそうですが、負けた後の姿勢に、その人が出ると思うんですよね。谷川九段が二十歳のときに名人位を獲得した時、「一年間、預からせていただきます」とコメントしたのは有名な話ですが、伝統を受け継ぐというのはそういうことなんだと思います。豊島新名人は多くを語らない寡黙な方ですが、三冠王となって、どんな風に変わっていくのか、将棋の内容だけでなく、振舞にも注目したいです。藤井七段とのタイトル戦はそう遠くない日に訪れるでしょうから、そこでの戦いも楽しみですね。もちろん、完全復活した渡辺二冠が再び将棋界のトップに立つのか、そして、何より羽生九段のタイトル100期への挑戦も、全力で応援したいと思います。とにかく、今、将棋界は熱いです!!

それでは本題へ。こちらでは平安Sの予想をお送りします。今回は厩舎S評価馬が3頭と、条件を満たしていますので、先週お休みした「馬券検証企画」も行う予定です。また、先週よりお送りしている「単勝チャレンジ」の本命馬は、この後、ツイッターにアップしようと思っています。この企画を踏まえて、新たな検証企画を、と思っていますので、何とか形にしていきたいですね。


続きを読む
<スポンサーリンク>
livedoor プロフィール

ひたむき管理人

人気ブログランキング
管理人の独り言
westibafukuをフォローしましょう
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ