ひたむきに競馬と向き合うブログ

楽しみながらもひたむきに競馬と向き合っていくことを大切にしたブログです(8年目)。 「予想は印半分、買い方半分」の考え方のもと、「コース特性予想」(コースから逆算した予想法)と、独自の理論を基にした「ひたむき馬券法」の二本柱で、競馬予想を行っています。 ひたむき管理人(問い合わせフォーム:westibafuku@yahoo.co.jp)

毎日杯 予想

こんにちは。こちらでは阪神メイン毎日杯の予想をお送りします。先週のスプリングSもそうですが、どうしても、メンバーが少なくなってしまう3歳重賞。せっかくの舞台ですから、そろってほしいと思うんですが・・・なんとも残念ですね。それでは結論をどうぞ。
続きを読む
<スポンサーリンク>

日経賞 予想

おはようございます。昨日はパソコンの調子が悪くて更新できずでした。今日、新しいパソコンに買い替えるので、早く慣れたいです。新しいパソコンにすると、ウイルス対策ソフトの更新や競馬ソフトの再インストールなど、何かと面倒ですからね。ただ、今のなんとも言えない停滞感が打破できると思うと、ほっとします。

あまり前置きを長くしてパソコンが止まったらあれなので、本題へ。こちらでは日経賞の予想をお送りします。

続きを読む
<スポンサーリンク>

高松宮記念 展望

こんばんは。昨日のエントリーへのコメントありがとうございました。個人的にも、連絡をくださった方もいて、感謝しています。さて、K6さんへの回答について。複勝馬券の位置付けについてですが、それぞれの馬券法を単体で考えているので、ステップアップ馬券の場合、複勝は一つ目の保険というイメージです。ただ、おっしゃるように120円の複勝を取に行くのか、ということですが、複勝回収率の最低値は全体の25〜30%と考えています。私の場合、ベースを600円に置いているので、複勝180円あたりを目安にしています。それ以下の場合は、別の組み方、例えば「馬連6点流し」や「馬単+馬連」または「馬連+ワイド」を考えます。単勝のイメージは50%以上なので、こちらは3倍を最低値として捉えています。いくつかのバリエーションを用意しつつ、それぞれの整合性が取れるように組み合わせることが大事だと思っているので、なるべく影響は受けたくないと思いながらも、オッズは気になりますね。複勝の位置付けについては、検討課題の一つなので、今後も、考えていきたいと思っています。他の皆さんのコメントも、一つ一つじっくり読ませてもらいました。ありがとうございました。

今日はサッカーのW杯予選があるので、先ほどまで仮眠していました。今はお茶を飲みながら、観戦準備中です。ということで、本題に。今週は4重賞+ドバイデー。その中から、G1高松宮記念を展望することにします。

続きを読む
<スポンサーリンク>
livedoor プロフィール
人気ブログランキング
管理人の独り言
westibafukuをフォローしましょう
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ