ひたむきに競馬と向き合うブログ

楽しみながらもひたむきに競馬と向き合っていくことを大切にしたブログです(12年目)。 「予想は印半分、買い方半分」の考え方のもと、「コース特性」、「厩舎力」、「近走パフォーマンス」の客観的3要素に「買うタイミング」(主観的要素)を加え結論を出し、独自の理論を基にした『ひたむき馬券法』に落とし込んで競馬予想を行っています。 ひたむき管理人(問い合わせフォーム:westibafuku@yahoo.co.jp)

2009年 予想

12月27日(日) 予想

おはようございます。今年最後の予想、すぐに買い目に行かずに主文から。昨日、今年行われた重賞を「位置取り」と「枠」という視点で調べました。その結果、中山におけるはっきりとした傾向を掴みました。それは「4コーナーで7番手以内にいること」です。現在の日本競馬は開催が進めばBコース、Cコースのように仮柵を設ける仕組みになっています。さらに馬場整備技術が格段に向上しました。その結果、10年前よりも「差し・追い込み」が決まりづらくなってきています。そこに追い打ちをかけるようにサンデーサイレンス時代が終焉を迎えました。この種牡馬は日本競馬の根底を覆す産駒を多数輩出し「爆発的な瞬発力でどこからでも差せる時代」を演出しました。時は流れ、孫の世代に変わっていますが、直仔が見せる「爆発的な瞬発力」を持つ馬はほとんどいなくなっています。これによって「競馬は先行馬有利」がますます定着してきました。特に中山はコース形態自体が先行有利ですから、それに拍車がかかっています。この中山で興味深いのは「枠」という視点で見た場合です。今年の中山重賞の連対馬を調べてみると1〜4枠で決まったレースは「5」、1〜4枠と5〜8枠で決まったレースは「11」、5〜8枠で決まったレースは「2」となっていました。内枠の連対率は実に89%、セントライト記念とオールカマー以外の16レースでは、すべて内枠(1〜4枠)が連対しています。しかし、内枠同士の決着は28%と意外と少ない。つまり、中山は内と外の組み合わせで決まることが多いのです。以上の考察から出した結論。それは「4コーナーで7番手以内にいる馬」と「内と外の組み合わせ」の二つ。当初、私が注目したのは、ミヤビランベリ(3番)、マツリダゴッホ(7番)、リーチザクラウン(8番)の3頭でした。しかし、これらの馬を軸にすると上記の要素から必然的に外の馬に流すことになります。ただ、外の先行馬はコースロスをする可能性が高く、これまでもほとんど馬券に絡んでいません。そこで逆転の発想でいくことにしました。外の馬から内の馬に流すのです。外の馬を軸にする場合、メンバー屈指の実力を持っていることが絶対条件ですが、馬の能力、馬場適性、ローテーション、調教など、どれを取っても上位の馬がいました。それでは有馬記念の買い目です。

中山10R 有馬記念
軸馬 9番 
ドリームジャーニー
相手 1番 アンライバルド
    2番 ブエナビスタ
    3番 ミヤビランベリ
    4番 マイネルキッツ
    7番 マツリダゴッホ
    8番 リーチザクラウン
買い目 9 − 1 2 3 4 7 8 

有馬記念

 

 

 

 


前走天皇賞(秋)では外枠スタートから後方2,3番手を追走。左回りが苦手と言われる中、最後のびて6着という内容でした。今年は宝塚記念を勝つなど充実の一途をたどっており、栗東馬にもかかわらず中山経験は豊富で実績も(2,2,1,3)と好成績。差し馬だけに「4コーナーで7番手以内」にいることが出来るか、ここだけが不安ですが、テイエムプリキュアが逃げてリーチザクラウン、マツリダゴッホ、ミヤビランベリと先行馬が揃っていますから、縦長の展開で早めに動ければ大丈夫と思います。天候は晴れのち曇りなので良馬場で行えそうですし、目イチ仕上げでのぞむ今回は大いにチャンス有り。ブエナビスタと違って「流れ」も良いですからね。すべての要素を満たすのはドリームジャーニーと読みます。相手は外と内の組み合わせを重視して、ずらりと内枠の先行馬を選びました。ブエナビスタに関しては恐ろしく強い可能性があるので、人気でも抑えます。枠どうこう言いましたし、5枠から1、2、3、4枠の4点にも流してみます。今日は3連複も買おうと思っていて、そちらはドリームジャーニーを1頭軸にして2頭目にブエナビスタ、マツリダゴッホ、3頭目は手広く買おうと思います。今日は当たる気がします(笑)。

最終日ということで他のレースも買っちゃいます!ブログ予想二つ目は中山9RのフェアウェイS。

中山9R フェアウェイステークス
軸馬 4番 コロナグラフ
相手 2番 マイエンブレム
    6番 パピヨンシチー
    7番 グランプリサクセス
   10番 ゴービハインド
   11番 フリソ
   14番 インバルコ
買い目 4 − 2 6 7 10 11 14

フェアウェイS








中山ダート1800mは逃げ馬が有利。今回は果敢に前に行く馬がコロナグラフだけ。前走は不可解な負けでしたが、1600万クラスでも実績がある馬、巻き返しあると思います。相手は例によって「4コーナーで7番手以内にいる馬」を予想して選びました。内と外の組み合わせは、このコースでも当てはまり、2着以降には外枠が多く絡みます。コロナグラフの逃げ粘りに期待します。

ブログ予想三つ目は阪神最終。阪神1600mは外回りなので差しが決まるイメージですが、やはりこちらも先行有利。基本的に現代の日本競馬は前で考えてよいと思います。といっても、今回のメンバーは有力な先行馬が見あたりません。そこで、ここは実績&臨戦過程を重視して。

阪神12R ファイナルステークス
軸馬 6番 
リザーブカード
相手 1番 マイネルフォーグ
    2番 アップドラフト
    4番 フィフスペトル
    9番 エーシンフォワード
   10番 マストビートゥルー
   12番 タマモナイスプレイ
買い目 6 − 1 2 4 9 10 12

ファイナルS

 

 

 

 



本命はリザーブカード、調教抜群で距離&阪神実績あり。斤量はキャプテンベガより1kg軽いのも魅力です。間違いなく差してきますから、道中、前に離されなければチャンスあると思います。能力上位のアップドラフト、フィフスペトル、タマモナイスプレイの3頭に「4コーナーで7番手以内」が期待できそうなマイネルフォーグ、エーシンフォワード、マストビートゥルーの3頭でいきます。人気を集めているキャプテンベガは馬連ではバッサリ切ります!来たらごめんなさいで。なお、3連複も買おうと思いますが、そちらは上記6頭にキャプテンベガを加えた7頭に絞って、本命リザーブカードから流す予定です。2頭目はタマモナイスプレイ、フィフスペトルあたりで考えています。

ということで、今年の競馬納めはこれでいきます!ブログ予想3連発はどうなりますか。一つでも的中できたら嬉しいです。結果は夜に振り返りますので、良ければ覗いてやってください。今年も一年間、お付き合い下さいましてありがとうございました。全然当たらないブログでしたが、いつも見て下さっている方には感謝しています。本当にありがとうございました。最後くらい当たらないかな〜(笑)。

最後にワンクリックお願いします!
banner2.gif

12月26日(土) 予想

おはようございます。
今日はラジオNIKEEI賞でいきます。

阪神11R ラジオNIKKEI賞
軸馬 3番 ヴィクトワールピサ
相手 1番 ヒルノダムール
    4番 ダノンシャンディ
    6番 エクセルサス
    7番 アドマイヤテンクウ
    9番 タニノエポレット
   10番 アドマイヤプリンス
買い目 3 − 1 4 6 7 9 10

ラジオNIKKEI賞

 

 

 

 



断然人気を集めているヴィクトワールピサ、この馬の取捨がポイント。乗るだけで人気になる武騎手ですが、最近は俗に言う「豊人気」に陰りが見えてきた感じ。それなら純粋に馬の力を考えたいですが、どうもこの馬を切る要素は見あたりません。人気馬が強いレースですし、新馬戦では朝日杯を勝ったローズキングダムよりも人気が上でした(それこそ豊人気でしょうけど)。結果は0.1秒差の2着。見てもらえれば分かりますが、2頭の力は群を抜いていました。現時点でローズキングダムと勝負できる馬は限られており、そのうちの一頭がヴィクトリーピサと思います。距離経験もありますから、ここは順当にヴィクトリーピサから入ります。問題は相手。こちらは少しひねります。対抗はアドマイヤテンクウ、未勝利上がりですが能力は相当。新馬戦では外にふくれあがっての追い込みで最後メイショウホンマルに届かず2着という内容。そのメイショウホンマルが京都2歳Sで2着に来ていますから、当然、この馬も走るでしょう。幸いにして3戦目勝ち上がりということで人気薄。鞍上は岩田騎手ですから、一発あってもおかしくありません。他は未勝利を強い勝ち方で上がってきたヒルノダムール、大跳びで一瞬の光る脚を持っているダノンシャンディ、先行できて素質の高いアドマイヤプリンス、東京1600mからの距離延長が良さそうなタニノエポレット、新馬戦で印象に残る抜け出しをみせたエクセルサスの布陣でいきます。外のコスモファントム、サクラエルドールなんかも人気していますが、どちらも外の先行馬。1コーナーで弾かれる可能性があるので、今回は軽視していきます。内回りコースですから直線を向いたときにある程度前にいること。そして、内側の位置取り、この2つの要素を満たしている馬が馬券に絡んでくるでしょうね。なお、個人的には対抗に推すアドマイヤテンクウからも少し買ってみようと思います。残すところ、あと2日。良い形で締めくくりたいですね。

最後にワンクリックお願いします!

banner2.gif

    

12月20日(日) 予想

おはようございます。
今日は朝日杯FSでいこうと思います。それでは買い目です。

中山11R 朝日杯フューチュリティーステークス
軸馬 8番 ローズキングダム
相手 1番 バトルシュリイマン
    2番 ダイワバーバリアン
    4番 ヒットジャポット
    5番 ダッシャーゴーゴー
    6番 キングレオポルド
   11番 フローライゼ
買い目 8 − 1 2 4 5 6 11

朝日杯FS








ダッシャーゴーゴーから流すことも考えましたが、さすがに狙いすぎのような気がしたので、ここは順当にローズキングダムから入ることにします。昨日の夜書いた「内を通ることのできる馬」と「前走から距離短縮or同距離」という2つの要素を重視しました。強い馬を買うならトーセンファントム、ニシノメイゲツ、エイシンアポロンは選ぶべきです。しかし、フルゲートの中山1600mはそれでは決まらないことの多いレース。伸びるコースを走る馬、展開の向く馬を買うのが筋というもの。今回はそういった基準で選びました。対抗はダッシャーゴーゴー、内に入ったことで買えると見ました。一瞬の伸び脚は中山向き。前走の負けは距離ではなく、長い直線(東京)が合わなかったと見て度外視します。他は内枠を重視してバトルシュリイマン、ダイワバーバリアン、中山が向きそうなヒットジャポット、臨戦過程に好感が持てるキングレオポルド、穴はフローライゼの布陣でいきます。また内枠有利を前提にしていますので、以下の馬券も買ってみました。

朝日杯FS2



いかにもという馬券ですが、コースの本質はついていると思います。あとはダッシャーゴーゴー絡みの穴馬券も加える予定です。


次に阪神カップ、内回りコースですから、こちらも内有利と見て良いでしょう。昨日レースを観る限り、去年の馬場と比べても内馬場は綺麗でしたから内有利は揺るがないと思います。外を回して追い込んでくる馬は圧倒的に不利になると予想。早めに前に取り付くことが出来なければ7枠、8枠の馬は要らないと見ます。そこで注目は4枠8番ザレマ。前走は重馬場でのめって競馬になっていません。マイルCSでは5番人気を集めた馬にもかかわらず、現在まさかの9番人気。距離短縮で良い枠を引き、さらに良績を残している阪神。開幕3週目で時計も掛かりだしていますから、時計勝負にならないのは好都合。ここは買いでしょう。ということで、以下の馬券を購入しました。

阪神カップ




「次走の狙い馬」で挙げたマルカフェニックス、あとはスズカコースウェイも買いたいので、こちらも少し絡めてみようと思います。

今日はこんな感じでいきます。中山、阪神、中京とも内馬場天国ですから、ここを通れる馬が馬券に絡む可能性大と思います。強い馬が強い勝ち方をする競馬も良いですが、枠や展開に助けられて好走する競馬も良いですからね。そこに高配当が隠されていると思います。「中山1600mは内枠を買え!」、さあ、どうなりますか。結果を楽しみに待ちたいと思います。

最後にワンクリックお願いします!

banner2.gif

12月19日(土) 予想

おはようございます。
昨日は慌ただしくて更新できませんでした(汗)それでは今日のブログ予想です。

中京11R 愛知杯
軸馬 5番 セラフィックロンプ
相手 1番 ヒカルアマランサス
    2番 メイショウベルーガ
    6番 リトルアマポーラ
    8番 ムードインディゴ
    9番 マイネレーツェル
   12番 ピエナビーナス
買い目 5 − 1 2 6 8 9 12

愛知杯








中京2000mは1コーナーまでに長い直線があるコース。ここでのポディション争いが非常に重要です。中京はコーナーがきついので外に弾かれる可能性が高く、外を回った馬は厳しくなります。今回のメンバーを見ると逃げ馬不在で、どの馬がハナを切るかは難しいところ。外を引いたヤマニンメルベイユ、ニシノブルームーンが先手を取ることになれば、1コーナーまでに前をとらなくてはいけないのでペースが上がることが予想されます。問題はそのとき、内の先行馬がどういう位置取りをするか。もし、前に付いていけば・・・後ろの馬の流れになるでしょうね。こうした色んなシチュエーションの中、私の出した結論は「中京経験」と「内」の二つ。そして、その要素を満たす馬が5番セラフィックロンプです。中京は7戦(中京2000mは3戦)して2勝、2着1回、3着2回と好成績。言わずと知れた去年の勝ち馬。今回は3枠5番を引き、逃げ馬不在、外の馬が追ってこなければ良い位置が取れると思います。昨年と違って今の中京は内が綺麗なので外を回ってくる馬の出番は薄いと思います。ということで、相手も内中心で。さらに強い馬には逆らうなということを踏まえて、実力上位馬を選びました。対抗は実績断然のリトルアマポーラ、他には追い込みのムードインディゴ、メイショウベルーガ、先行できて勢いのあるヒカルアマランサ、中穴はマイネレーツェル、大穴はピエナビーナスという布陣でいきます。まずは本命馬の好走、期待したいと思います!なお、前が速くなった場合のワイド4頭ボックスはメイショウベルーガ、ムードインディゴ、マイネレーツェル、アルコセニョーラで。こちらも買ってみようと思います。

最後に今日は武蔵野Sの「次走の狙い馬」で挙げたセレスハントがギャラクシーS(阪神11R)に出ます。「次走の狙い馬」の成績はそこそこ良いので、こちらも単・複買ってみます。朝日杯については今日の夜に書こうと思いますのでよければ結果を含めて夜に覗いてやってください!

最後にワンクリックお願いします!

banner2.gif

12月13日(日) 予想

おはようございます。
昨日は久しぶりの的中、この流れで今日も的中させたいですね!それでは阪神JFの買い目です。

阪神11R 阪神ジュベナイルフィリーズ
軸馬 7番 
ラナンキュラス
相手 2番 ジュエルオブナイル
    5番 サリエル
    6番 アニメイトバイオ
   11番 ステラリード
   15番 ベストクルーズ
   16番 シンメイフジ
買い目 7 − 2 5 6 11 15 16

阪神JF







阪神外回りは新潟、東京に続いて直線の長いコース、「直線が長い=追い込みが決まりやすい」というイメージがありますが、このコースはそうでもありません。先行馬が圧倒的に有利で、さらに外枠不利の傾向がはっきりしています。今回は人気を集めている差し・追い込み馬がいますから、これらの馬を本命に推すのはリスクが高いです。私の考える軸馬選びのポイントは「×外枠」、「×差し・追い込み」、「○前走人気」の3つ。外枠でなく、脚質は逃げ・先行、そして、前評判の高い馬です。また2歳戦は「仕上がりの早さ」、「潜在能力の高さ」の2つを大きなポイントと見ていますので、これまでのレースで人気を集めているのは重要な要素です。以上の3つを満たす馬を本命にと思って調べてみると、4枠7番ラナンキュラスが該当しました。父スペシャルウイーク、母ファレノプシスという血統。母は言わずと知れた桜花賞馬ですから阪神1600m適性が悪いはずがありません。スペシャルウイーク産駒の阪神成績も良いですから血統の面でも問題なし。むしろ、強く推せるくらい。前走ファンタジーステークスは2枠3番からの好スタートを切ってラチ沿いの経済コースを走るも終始グレナディーンに外から被される展開。断然人気を集めており、武騎手の徹底マークにあってしまいました。結果はタガノエリザベート、ベストクルーズ、グレナディーンの4着。外からの強襲に目が行きがちですが、この馬の走り自体は悪くなかったです。今回は内過ぎないので被される心配は少なく、先行馬有利の阪神競馬場に替わります。前走勝っていれば1、2番人気だったでしょうけど、現時点でシンメイフジ、アパパネ、タガノエリザベートに次ぐ4番人気(7倍程度)と絶好の狙い目。阪神に替わっての巻き返し大いに期待できます。
相手は「ラナンキュラスが連対する」という前提で考えた場合、やはり前にいる馬が有利になります。その視点で見ると1200mの経験しかありませんがジュエルオブナイルのスピードは魅力的です。地力上位のシンメイフジは外枠が不満ですが、群を抜いて強い可能性があるので抑えます。本命候補で考えていたベストクルーズは7枠15番が痛過ぎます。先行馬にとってこの枠はやはり不利。抑えにまわすことにしました。アニメイトバイオは追い込みのイメージがありますが、前走は出遅れでしたからね。普通にスタートを切れば、内枠を生かしたイン差しが決まるかもしれません。ステラリードは先行馬にもかかわらずスタートが下手。力は間違いないですからスタート次第だと思います。そんな中、今回は乗り替わりでスタートのうまいデムーロ騎手、かなり狙えると見ています。前走の負けで人気落ちしていますし、ここは買いでしょう。穴にはサリエルを推します。母シンコウノビーは阪神3歳牝馬ステークス(当時)で1番人気を集めた馬(5着)。1200mしか経験していませんが、母は1400〜2000mを使われていたので距離延長も大丈夫。前走ダートということで盲点になっていますが、内枠の先行馬で一発の魅力は十分です。以上6頭を相手に選びました。タガノエリザベートは追い込みという脚質、アパパネは大外枠を嫌いました。もし、この2頭がきたらしょうがないので、きっぱり諦めます。

個人的にはラナンキュラスの単・複。あとワイドボックスはラナンキュラス、ジュエルオブナイル、アニメイトバイオ、ステラリードの4頭でいきます。配当もそこそこ付きそうですし、内枠の馬主体で狙ってみます。結果は夜に更新します。それでは良い週末を。

最後にワンクリックお願いします!

banner2.gif

livedoor プロフィール

ひたむき管理人

人気ブログランキング
管理人の独り言
westibafukuをフォローしましょう
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ