2007年03月17日

卒業・・・別れ。

毎年のことながら、子どもたちとの別れに涙しました。

卒業式。いろいろなことがあった今年の卒業生。よくわからないうちに副担任ということになり、一緒に活動してきたこの学年、このクラス。それらを思い出しながら、卒業式の最後に卒業生が歌う歌で涙を流しました。

最後卒業生と保護者の方と教室に戻ると、花束とクラス全員が一人一枚書いたメッセージカードをもらいました。写真も一杯とりました。保護者の方とも挨拶をしお礼をしました。前日の卒業式の準備からそれこそ動き回っていましたが、このときはそんな疲れなど忘れていました。すべてが終わり、子ども達とわかれた後、昼食を取り、午後の仕事になるんだけど、ここで疲れがどっと出てきて、何も手につきませんでした。子ども達のメッセージカードを読んでみました。

 

うえすと先生。1年間ありがとうございました。授業とか分かりやすかったです。

普段、何気ない発言に的確にツッコめるうえすと先生を結構みんな尊敬していました。迷惑ばかりかけたと思いますが今まで本当にありがとうございました。

私は何をやっていたのか、なにで尊敬を集めていたのか謎・・・。教師としてこれでよかったのか?

わかりやすい勉強、とくに算数は前よりもうーんと分かるようになりました。中学でも算数は特にがんばります。本当にありがとうございました。

もっともうれしいことばです。分かるようになったと感じている子がいるということだけで自分の自信になります。

1年間、お世話になりました。算数の授業はもちろん、理科の授業も担当するようになり、お世話になる場面が増えたように思います。算数の授業は簡単に、理科はくわしく教えてもらいました。たまにむだな知識も。みんながあきない授業でした。ありがとうございました。

わっはっは!むだな知識、むだな話、そんなことばかりしていたかも・・・。

1年間、本当にありがとうございました。相談を聞いてもらったりして、とても助かりました。算数や理科などの勉強を分かりやすく教えてくださったおかげで、その教科が得意になりました。中学校へ行っても、友達と楽しく過ごしたり、特に数学をがんばって勉強します。

そうそう、泣きながら友達とのこと、クラスのこと、どうでも言い話(笑)なんかで、保健室で3時間話しこんだ日もあったなぁ。そんでもっていまさら教室に帰ってもみんなに何か聞かれるのも嫌だろうから、体調不良で早退ってことにしたっけ。私の独断だったけど良かったのかいまだにわかんない。

 

保護者からもありました。

三者面談のときは、○○(子どもの名前)の為に遅くまで残っていただいて申し訳ありませんでした。6年生になって少しだけ算数が好きになったといっています。これもうえすと先生のおかげだと思います。中学生になってますます勉強も難しくなるけど数学はがんばるそうです。1年間お世話になりました。

三者面談なのに、逃げ出して勝手に遊びに行っちゃったんだよ。それで、夜になってもう一度お母さんと学校に面談しに来たんだった。

 

一人一人のメッセージがとても嬉しいものだし、これからの励みになります。しかし、これだけのことを言ってもらえることを子ども達にできたのかとも思っています。しっかり反省をして、自分を高めていき、また4月からの新しい出会いにのぞみたい。

 

アクセスアップにご協力してくれると嬉しいです。ぽちっとお願いします。 らんきんぐ
ranQ2



2007年03月14日

卒業式前日。 5

明日は、私の勤務する小学校は卒業式です。

いろいろと大変なことがあった子ども達ですが、私にとっては、一人残らず大切な子たちです。明日の卒業式を成功させたい。(終わったら、飲みに行きます。愚痴り大会になりそうだけど・・・当然学級担任とではないですよ。)

私が、荒れているからと急遽このクラスにはいるようになってから、学級通信を書きつづけてきました。初めは保護者の方の要望から始めた学級通信でした。いろいろな事件が起こる毎日。起こった事を報告してくれというマイナスのイメージからスタートしました。結果、嫌な内容や事件を多く載せることになりました。本来の学級通信とはかけ離れていてそれが私は嫌でした。学級担任は通信の製作には一切かかわろうとせず、私に丸投げ状態でしたので、だんだん私が私物化して、私の意見、考え、思いを乗せるようになりました。こっそりと私が思うように作り変えて行ったんです。数を数えること132号に上りました。今日、子どもたちが帰った後、その最終号(132号)を書き上げて各自の机に一枚一枚置いてきました。各机に学級通信を置きながら、この1年であったことを思い出していました。楽しい思い出もあった。悩んだり、苦しんだことも多かった。学級通信に込めた私のメッセージが届くといいなと思います。

 

アクセスアップにご協力してくれると嬉しいです。ぽちっとお願いします。 らんきんぐ
ranQ2



2007年03月03日

教師修行

もう先週の話になりますが、セミナーを受講しに愛媛は松山まで行ってきました。

何のセミナーかといえば、以前「模擬授業」のときにも書いたような教師が勉強するためのセミナーです。学校ではさまざまな研修等があるのですが、教師が力をつけるためのものになりえていないのが現状です。そうなってくると教師が教師として実力をつける場がほとんどない。意欲のある人は勉強するがそうでない人はまるでしないのが教師の世界なのかもしれません。

友人と車をとばして3時間。松山まで行きました。今回の講座は国語の授業をどのように作っていくか、どのような場面でどんな指導が効果的かということが大きなテーマでした。全国でも有名は先生が講師としてこられ、実力のある先生が模擬授業をして、その批評を受けたり、ADHDの障害を持つ子どもがいる学級での具体的な指導法などの講義を受け非常に勉強になりました。

授業の「組み立て」と「配列」の大切さ。細かな所までことばにこだわり、大切にすること。目線の重要さ。

目線については自分自身でも授業中意識しながら、子ども達に対して送っていたつもりですが、講師の先生の目線の配り方など勉強になりました。

多くの学びをお土産にすることができ、休みの日に朝早起きして車とばしたかいがありました。

当然この学びが教員採用試験につながると信じています。

 

今日                   

体重【83.2】kg          

 基礎代謝 1783          

体脂肪 30.7           

 BMI 29.5           

体年齢 49歳

年末から正月にかけて太ったのがいまだに解消できない・・・。

 アクセスアップにご協力してくれると嬉しいです。ぽちっとお願いします。 らんきんぐ
ranQ2



2007年02月23日

まぐろとうどん 5

誰にも言えない担任批判を書いていくと多少の気が晴れる気がするのですが、他人の批判をできる人間でもないし、今日はやめます。でもまた書かせてくださいね。他に苛立ちをぶつけるところがないもんで。

 

今日はうどんネタ(笑)。

写真のうどんは「三徳」といううどんやさんの『山かけ鉄火しょうゆうどん』。うどんの上にまぐろととろろ。ガッとかき混ぜて食べるととろろとうどんの食感がなんとも言えず良い。まぐろとうどんの相性抜群です。

この「三徳」は大将のアイデアでいろんなメニューがある。「肉みそうどん」や「月かすみうどん」なるもの、「やきもちうどん」などなど。

まえまえからこの『山かけ鉄火しょうゆうどん』はいつか食べようと思っていたのですが、いざとなると遠慮してしまっていたメニューでした。先日ようやく挑戦することができました。

普通の(?)かけやざるもとても美味しい。つやとコシの強い麺が特徴の人気店です。

 

三徳やまかけ鉄火しょうゆうどん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日                   

体重【83.0】kg          

 基礎代謝 1785          

体脂肪 29.9           

 BMI 29.4           

体年齢 48歳

年末から正月にかけて太ったのがいまだに解消できない・・・。

 アクセスアップにご協力してくれると嬉しいです。ぽちっとお願いします。 らんきんぐ
ranQ2



2007年02月18日

模擬授業

土曜日にあるセミナーを受けてきました。

内容は、教師を目指す大学生を対象に、教師の仕事についてやどのように子どもと接していけば良いのか、いじめに対してどう対処すれば良いのかなどなど、現職の先生が講座をしてくれるというものです。私は学生ではありませんが、勉強したいという現職の先生の受講も多いこのセミナー。さらに友人に企画運営している先生がいてその手伝いもかねて参加しています。

講師には全国でも有名な先生がおられ、毎回毎回とても勉強になります。中でもこのセミナーでは多くの参加者や講師の先生方の前で、模擬授業をする講座があります。今回はじめてそれに参加しました。私は模擬授業が苦手で、今まで挑戦できずにいました。しかし、自分の授業の力をあげていくには模擬授業を多くの人に見てもらい、批評してもらいながら勉強するしかありません。何もおそれず、挑戦していく大学生に刺激を受けて参加しました。

国語で詩の授業。わずか5分程度の模擬授業ですが、大勢の目に立ち緊張で足が震えました。模擬授業をして私が講師の先生に指摘していただいたことは、顔の表情が硬いということ、授業しているときの手の位置や動き、視線が下がりがちになっていることなどなど、どれも基本的なことですが、とても大切なことを言っていただきました。これらを意識して授業を改善していきたい。

 

 アクセスアップにご協力してくれると嬉しいです。ぽちっとお願いします。 らんきんぐ
ranQ2



2007年02月14日

『山田由貴子著 教室の悪魔 ポプラ社』

学校にはさまざまな業者さんが入ります。私は、毎月6冊から7冊の教育雑誌を学校に届けてもらっています。今日その業者さんがある本を持ってきていました。タイトルが強烈です。

『教室の悪魔』タイトルを見てすぐに「いじめだ!」と思いました。その場でお願いして、見本として持ってきていた本を購入しました。学校での仕事を終わらせて、読んでいきました。タイトルだけではなく内容もかなりショッキングです。職員室の自分のデスクで読みながら涙が出そうになりました。

かつていじめと言えば、加害者、被害者そして傍観者がいました。恥ずかしいことながら私自身全ての経験があります。この本では、いじめは進化し続けている。現在の教室では、いじめは一人の被害者とそれ以外の加害者にわかれるとあります。自分のいじめ体験、そしてこの仕事をしていく中でいろいろないじめに出会いました。それらは、発見時期の早さや、親の対応、学校の対応で「自殺」と言うところまで深刻なものではなかった(私の思いこみだけで真実はもっと苦しんでいる子がいたかもしれません)。しかし実際には、自殺者のニュースが繰り返されている。

この本には、目を背けたくなるような事実がある。また、さまざまないじめのパターン、いじめのメカニズム、加害者の心理、被害者の心理が紹介され、さらにいじめにあっていることがわかった時、親として何をしたらいいのか、子どもとどのように接するのか、学校と何を話せば良いのか等を具体的に書かれています。ぜひ多くの人に読んでもらいたい本でした。もちろん学校の先生にも。

いじめというものに対する、自分の立場を考えさせる一冊でした。

 

 アクセスアップにご協力してくれると嬉しいです。ぽちっとお願いします。 らんきんぐ
ranQ2



2007年02月11日

おひさしぶりです。

お久しぶりです。うえすとです。

かなりの長期間ブログを放置してしまいました。更新する時間は、あったと思います。しかしその気力が持てませんでした。書けばまた以前のように担任の先生への批判、非難を並べ立てることになりそうだったからです。でもやっぱりそうさせてください。いくらか私自身の気持ちが落ち着くと言うか、整理されると言うか。とにかく、適当に愚痴ってないと爆発しそうで。(今度、同じ職場の親しい同僚の先生が、何時間でも話を聞いてやるぞとお酒に誘ってくれましたので、そこでいろいろ愚痴る予定)

クラスはもう卒業まで登校日数で30日を切ったこの時点で、取り返しのつかないところまで行ってしまいました。冬休みに入る前ぐらいから、子ども同士のトラブルが目立ちはじめました。学校へ行きたくないといって休む子も出ました。その子の保護者は、我が子を学校へ行かせるのがかわいそうといって、自ら休ませる選択を取りました。私と教頭先生で、関係している子ども達から事情を聞いたり情報収集をし、各保護者に伝えたり、半日かけた、当事者同士の話し合いの場を持ち、問題の解決に奔走しました。

また、このころから女の子が体調不良を訴え保健室に行ったきり帰ってこず、様子を見に行くと、友達との関係の悩みを抱え続けて調子を崩していると言う。担任に相談しても、「子ども同士のことだから・・・」「先生が出ると、問題が大きくなるから」と何もしてくれなかったと涙ながらに話す。結局この子と保健室で3時間近く話をして(私はほとんど聞き役)、午後は私の判断で早退させる。こういった子どもが、彼女だけでなく、出るようになりました。

年が明けると、一度良くなりかけていたクラスも昔の話で、加速度的に崩壊の一途をたどります。今は、担任の話を一部のおとなしい子しか聞いていない。無視する集団も出るようになった。早くからあきらめた担任もそんな子ども達を無視して、子どもたちが聞いていようが、いまいが関係無く、子ども達の前に立ち、話をし、授業をする。

私の役割は担任をサポートすることだが、結局上手くやれなかった。私にはここまでになったこのクラスを良い方向へ動かす力が無い。ココまでに至る前に何とか食いとめることもできなかった。ココまでに至った原因の多くを私が担っているとも思っている。教師としての自分の力量の無さが悔しい。

私は、今の私の力が及ぶ限りで、子どもと向き合っていくしかない。



2006年12月19日

なわとび

寒くなると、学校ではなわとびとながなわ跳びが本格的に始まります。

体育の時間は私が授業する時間ではなく、空きの時間なのですが、子ども達の様子を見に行きました。

ながなわの八の字跳びをしているところでした。ちょうど1年前は、前の職場で2年生になわとびを教えていたことを思い出します。私も、子どもも必死でやってました(笑)。

さすが6年生。私が見ているグループは、タイミングがとれない子や、足が止まってしまう子はほとんどいません。練習のときに縄のまわし方、跳ぶ位置、走り方なんかをアドバイスして、3分間の回数を数えると、ちょうど200回。今年はそれまで150回程度だったと言っていたので、記録が10分ぐらいの間に大きく伸びたことになります。去年私が教えた2年生は230回まで記録を伸ばしたことを話すと、300回を目指すとはりきっていました。どこまで近づけるか楽しみです。

 

昼休みに運動場に出ると、最近ではボール遊びだけでなく縄跳びをする姿が多く見られます。

今日は、5年生の集団が練習しているところに捕まり(笑)、いろいろ技を見せたり回数を競争したりしました。私は身長170cmそこそこで体重80kgなのですが、短なわとびはまだまだできます。(ただ、体力が恐ろしいほど無い)こんな私が2重跳びや、3重跳びなんかをして見せると、子どもの私を見る目が変わります。こういうのも子どもに対する武器ですね。でも子ども達はすぐに追いついてきて抜かれちゃいますけど。去年は低学年だったけど、今年は高学年だから、3重跳びもいづれできるようになる子があらわれるだろうなあ。

 

今日                   

体重【81.6】kg          

 基礎代謝 1749          

体脂肪 30.6           

 BMI 28.7          

体年齢 48歳

 

 アクセスアップにご協力してくれると嬉しいです。ぽちっとお願いします。 らんきんぐ
ranQ2



2006年12月07日

怒り爆発!!

とりあえず、水曜日から仕事復帰しています。が、しかし最近自分がなんでこんなことしているんだろうと、思います。

 

『うえすと先生!○○君が私からペンを借りたのにきちんと返しにきてくれないんです。言ってください!』

『うえすと先生!○○君が給食食べた後の自分の食器を片付けずに行ってしまった。呼び戻してきて!』

『うえすと先生!○○君がノートを書いてくれません。』『〜を提出してくれません』

これらは子どもの訴えではありません。私が入るクラスの担任(6年団の学年主任を務めるベテランです)からここ数日に私が受けた訴えです。

修学旅行編を書いているうちに実はクラスが少し元に戻り始めています。やはりネックは学級担任です。子どもにそれとなく聞いてみると、「いつも怒っている」「嫌味を言う」「言って欲しくないことをみんなの前で言う」などなど出てきています。私も時々気になるところがあるにはあったんですが・・・。

私は、職場全体について疑問を感じたことを書いたことはありますが、あまり他人を責めたり、批判的にブログに載せることはしないできたつもりです。しかし今、正直私と、学級担任との間は上手くいっていません(向こうがどう思っているかは知りませんが)。私がクラスに入りはじめた当初は、学級担任に同情的でした。今はそんな気持ちは微塵も感じない。全てを子どもの責任、親の責任にしている言動などがもう我慢できない。

担任が変わっていかなければ、クラスは絶対に変わらない。良くなってはいかない。しかしこの先生は言います。「私、これで20年以上やってきたから・・・」その結果が今のクラスの状況。それではダメであれば、考えて、変えていかないと始まらない。もっと違うやり方、新しいやり方を考えて、勉強して、子どもの前に立たないとどんどん悪い方へ行ってしまう。

今、クラスが悪くなっているのは、子どもの責任ではない。私を含めた教師の責任です。この先生はいったいどんな思いで、仕事をしているのか、自分の仕事に対する責任をどう考えているのか、全く理解できない。

私に、いろいろと仕事を振ってくるのはかまわないです。丸投げしてくれて結構です。私が授業なり指導なりすることで、その時間やその場面では上手く行くこともあるかもしれない。でも学級担任がクラスをまとめていかなければ何にもならないし、決してクラスが良くなって行くことはない。クラスの子ども達に対して学級担任だからこそしないといけない役割、学級担任にしかできないことがあると私は思っています。

私は、まだまだ新米で教師としての技術も知識も力も乏しい人間ですが、仕事に対する思いや情熱、子どもに対する思いや情熱は持っているつもりです。全くやれる自信はないけど、どうせなら私に全てをやらせろ!!

 

はあ〜。まだまだいくらでも怒り、批判などが出てくるのですが、とりあえず何らかの形で、怒りを発したかったんです。スミマセンでした。

 

今日                   

体重【81.8】kg          

 基礎代謝 1749          

体脂肪 31.4           

 BMI 28.8           

体年齢 48歳

 

 アクセスアップにご協力してくれると嬉しいです。ぽちっとお願いします。 らんきんぐ
ranQ2



2006年12月05日

ダウン!

月曜日、火曜日と2日間、仕事をお休みしました。

というのも、先週日曜日の夜に体調が悪くなってから、今週に入りダウンしていました。

突然の嘔吐、下痢に発熱。胸はムカムカ、お腹はぐるぐる。頭はガンガン。

食べられない、飲めない。

あまりに突然でしたがさすがに学校をお休みにして病院へ行きました。

病院では脱水症状と言われて、2時間点滴を受けました。その間も30分おきにトイレに行くありさまで・・・。とりあえずお薬をもらって帰りました。

まったく食欲がなかったけれど、薬を飲むためにおかゆを少し口にして、病院でもらった薬を飲みました。まあ、すぐに良くなることはなかったけれど、あれだけ頻繁にトイレに言っていたものがパタリととまり、さすが病院で処方してもらった薬だと感激しました。

今日(火曜)になって、やっと熱も少し下がってきたんですが、まだ頭痛やらなんやらでもう1日お休みをもらいました。今日はどこにも行かず安静に、安静に。

明日からは復帰できそうです。

例のクラスがどうなっているのか心配で心配で・・・。以外に何ともなく2日間過ごしてくれていればなあ。担任と変にこじれたり、もめたりしてなきゃ良いんだけど。

そう言えば月曜の夜に薬を飲んでから、便秘に移行してしまいました。

みなさんも健康に注意してください。

 

今日                   

体重【81.5】kg          

 基礎代謝 1739          

体脂肪 31.7           

 BMI 28.6           

体年齢 48歳

水分が抜けすぎて、とりあえず体重だけは落ちてます。でも、不健康ですな。

 

 アクセスアップにご協力してくれると嬉しいです。ぽちっとお願いします。 らんきんぐ
ranQ2

 



三角ボタンを押してメニューを選択してね!





"さくら"をヨロシク!
Recent Comments
Recent TrackBacks
ブログランキング攻略法 (情報商材ブログアフィリエイトでがっつり稼ぐ魔法の方法)
子ども達が帰ってきた。
(今日の映画)JFK (Kozmic Blues by TM)
JFK
あなたのためのカルニチンクィーンで簡単ダイエット (カルニチンクィーンで簡単ダイエット)
入院
病気克服!! 玄米植物食を実践しています (全国の断食道場・ダイエット合宿情報)
新年度スタート!
週末ウォーキングはじめています!! (育毛・発毛 実践アドバイス 週末ウォーキング)
四国88箇所霊場参り
週末ウォーキングはじめています!! (育毛・発毛 実践アドバイス 週末ウォーキング)
新年度スタート!
ソフ得! ダイエット支援ソフト (パソコンお役立ち情報by朝日新聞@ソフ得、ネッ得)
説明会
Profile
OnGen邦楽シングルダウンロードチャート
QRコード
QRコード
このぶろぐのお値段
アフィリエイトするならまずここから