またまた日が空いてしまいました。申し訳ございません。
さて、前回に引き続いて、新歓期の様子をお伝えさせていただこうと思います。

今回、取り上げようと思うのは、新歓期恒例の「花見」です。毎年花見は、和敬塾敷地内にある「旧細川邸」の中庭で行われていたのです。
ですが、今回、例年の「花見」の最大の難点であった、「花見なのに、“花(=桜)”がない」、ということを克服しようということで、委員会・総務国際部が動いてくれまして、和敬塾の近くを流れる神田川沿いにある公園にて、花見を行ないました。

花見を行なったのは4月10日。元々は前日の予定だったのですが、雨だったため、翌日に延期しようということで、10日になりました。しかし、意外なことに、公園内にはたくさんの桜を楽しみにしてきた花見客の皆さんが・・・。なぜか。
なぜなら、それは、日曜日だったからです。

DSC_6640
DSC_6708


そもそも、西寮の花見では、あまり声を大にして言えないですが、「大声で自己紹介」という文化があります。そのため、今回のような場所での花見という、華やかな雰囲気を醸し出している環境の中、そのようなことをして大丈夫なのかという不安。そして、西寮生のみなさんはお酒をたくさん飲みますし、飲ませたりもします。したがって、トイレにて、「リバース」という現象が起きてしまうということも無きにしもあらずであり、同じくこのような環境の中、そんなことをしても大丈夫なのかという不安。そしてそして、日曜日ということもあったため、お子さま連れの方々がたくさんおられましたので、ホントにホントに大丈夫なのかという不安・・・
といったように、たくさんのみなさまにご迷惑をおかけしてしまうのではないか、という不安に駆られながら、平成23年度の花見が行なわれました。

DSC_6713

まあ、そんな自分たちの不安はひとまず置いておくことにします。なぜなら、今回の花見はなかなかよかったのではないかと。それは、なんてったって、桜があるんですから!!!
DSC_6617

すごい綺麗でした。

DSC_6759

もう見事という他ありません。びっくりするほどでした。

今回、例年「花が無い」と言われ続けていた和敬の花見を、どうにかして改善しようと動いてくれた委員会と総務国際部には感謝したいと思います。ありがとう!!


なお、公園内にいらっしゃいましたみなさま、特に、我々西寮の周りに居らっしゃいましたみなさまには、多大なるご迷惑をおかけしてしまいました。このことに関しては、この場をお借りまして、お詫び申し上げます。申し訳ございませんでした。みなさまの温かいお心遣いがあったことにより、今回、このように無事に終えることができたと考えております。ありがとうございました。
 
では。 

(2)終わり。

文責 M.K.