Long time no see!

大変ご無沙汰してしまいました。

 (就職活動やアメリカでのインターンシップ、授業の論文等で忙しく、長らく更新できずにすみませんでした。。)

 

 

まず、ご報告ですが、先日無事に大学卒業が確定しました!!

4年間、大量のreadingpapersに苦しみ続けましたが、やっと、やっと終わりました・・

 

そしてもう一つ、来月より、日系の総合化学メーカーにて働きます^^!

  

 

ここで、(あれ、外資ではなく日系なの・・?)と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが・・

今回は、私の就職先を決めるにあたってのお話を少ししたいと思います。

 

 

私が就職活動を行った際、大切にしていたのは以下の2つのポイントでした。

 

★国境を越えてチームワークを活かしビジネスができること

★日本の高い技術力を世界に発信できること

 

 

*中学時代より「英語を使う仕事がしたい」と思うようになり、
 

*高校時代、国際コースでグループワークを通して「チームで成果を出すこと」の素晴らしさを知り、
 

*大学時代に海外インターンの経験を通して「日本人としてのアイデンティティ」を強く感じるようになり、made in Japanを世界に広めたい」と考えるようになった、
 

ことにより、上記2点のポイントを重点において会社探しをしていました。

 

 
 

その中で、日系の素材メーカーは

 

★顧客が一つの業界や国に絞られない為、多様な人々と関われる。
 

★製品が完成形でないが故に、顧客をよく理解した上での提案型営業ができる。
(技術者や顧客を含め、チーム一体となって仕事ができる)
 

★高い技術力を備えた製品を世界中に発信できる。
(=日本製であるのは、日系の会社ならでは!)

 

という点が大変魅力的に思えた為、悩んだ末、最終的に現在の会社に決めました^^

 

 

 

また、内定を頂いた際に会社から評価して頂いたのは、
 

★帰国子女や留学経験のない中で、”All English”の特殊な学部で奮闘してきたこと。
 

★海外インターンシップ等積極的に様々なことにチャレンジしてきたこと。
 

★国籍や文化の違いなくコミュニケーションをとり、信頼関係を築いていけること。

 
 

といった、英語力だけでなく、

英語を土台に様々なことにチャレンジしてきたことでしたJ

 

 

英語を「ツール」として捉えられていたからこそ、

特に大学時代は、留学生に交じって英語の講義を受けたり、海外でのプロジェクトに積極的に参加したりと、国境や言語の壁なく様々なことにchallengeできたと思っています。

 

このような私の英語土台を築き上げてくれたDWEには本当に感謝しきれません。(;;)♡

 

 

 

まだ会社での配属は決まっていませんが、昔から漠然と持っていた、
「英語を使って世界を舞台に仕事がしたい」という夢がいよいよ現実になりそうで、わくわくしています☆

 

来月より社会人、気を引き締めて頑張ります!

 

 DSC01117

 

 (卒業旅行でバリ島に行った時の写真です♪)
 

 
それでは!