徴用工判決は的外れだ

Yahoo! JAPANのニュースコンテンツ、Yahoo! JAPANニュースの記事「「元徴用工」の主張に違和感を感じる人たち」のコメント欄から目に止まったコメントをまとめました。





■他の記事


ニューズウィーク日本版の記事です

徴用工像を作り世界に拡散させるキム夫妻を直撃

「元徴用工」の主張に違和感を感じる人たち

──当時、軍需工場の募集に自ら志願して、単身日本に渡った......

2018年10月、韓国の大法院が日本製鉄に対し、旧朝鮮半島出身労働者1人あたり1億ウォン(約900万円)の支払いを命じたいわゆる徴用工裁判で、日本製鉄が8月7日までに即時抗告を行い、差し押さえが回避された。

19年4月、韓国南東部の全羅南道と光州市の12人が、三菱重工業と住石ホールディングスを相手に慰謝料請求訴訟を提起した裁判でも、三菱重工業は過去4回の公判に欠席したが、7月23日の第5回の公判に代理人が出席した。

被告が出席しない民事訴訟は、原告が勝訴する可能性が高い。三菱重工業に続いて、住石ホールディングスも9月の公判に代理人を出席させる予定である。

大邱地裁浦項支部は今年6月、日本製鉄に対して差し押さえ命令を送達し、日本の外務省に送った海外送達要請書は同省が返送した。送達から2か月が経過すると、掲示や公告などにより伝達されたとみなす規定があり、8月4日に差押え命令の効力が発生、1週間後の8月11日に確定するとみられていたが、即時抗告で命令の効力は停止した。

■ 「元徴用工」の主張に反論を述べる人も少なくない

「元徴用工」とその遺族は、強制的に連行されて十分な給金を受け取ることはなく、また食事や住環境が劣悪で奴隷のような扱いを受けたと主張する。一方、この主張に反論を述べる人も少なくない。

当時、朝鮮半島の農家は貧困を抱えており、現金収入を求めて多くの若者が日本に渡った。なかでも日本の炭鉱や金属鉱山は高額な現金収入を得られる出稼ぎだった。

私がお話を伺った在日3世の崔さんの祖父もその1人だ。崔さんの祖父は軍需工場の募集に自ら志願して、単身日本に渡った。現金収入を手にした崔さんは故郷から兄弟を呼び寄せ、5人兄弟の1人を残して日本に渡ったという。地元では得られない高額な収入が目的だった。崔さんは正規のルートで渡航したが、仕事を求めて密航した人も多く、密航船が沈没して百数十人が命を失う事故もあった。

当時の炭鉱や鉱山は掘り出した石炭や鉱物の量に応じて給与が支払われる歩合制で、強制的に徴用された労働者も働けば働くほど、収入が増えるシステムに馴染んでいった。

日本人より多くの給与を受け取った人もいた。日本人より身体が大きい人や、また戦況が悪化するにつれて若い日本人は戦場に駆り出され、体力的に勝る若者は半島出身労働者が多くなった。

■ 当時の賃金を研究した李宇衍(イ・ウヨン)氏の主張

実態を裏付ける書がある。統治時代の賃金を研究した李宇衍(イ・ウヨン)氏は、著書『ソウルの中心で真実を叫ぶ』(扶桑社刊)で実態を明らかにし、日本企業に賠償金の支払いを命じた判決を誤審だと述べている。

同書によると、1939年7月から朝鮮半島労働者の「募集」がはじまり、42年2月には「官斡旋」、戦況が押し迫った44年9月から「徴用」がはじまった。労働条件や賃金形態は同一で、日本人と同じ労働条件の適用が義務付けられていた。企業による「募集」や朝鮮総督府が選抜する「官斡旋」は本人の意思が重要視され、応募者は契約書に署名して日本に渡った。

炭鉱や金属の平均賃金は韓国人より日本人の方が高かったが、同書はその理由も明らかにしている。ある鉱山の半島出身労働者は全員が2年未満で、日本人は46.2%が2年を超えており、経験の差が歩合給の多寡につながったと李氏は考える。

また、機械化が進んでいた炭鉱で、経験年数が短い半島出身労働者が機械操作を習得する時間は限られ、高い賃金が支払われる職種は勤続年数が長い日本人に集中した。

十分な給金が支払われなかったと主張する事由に、当時の軍政府が奨励していた強制貯蓄がある。軍需産業の炭鉱や鉱山、工場などでは支払い給与から貯蓄分を天引きし、また家族への仕送りを差し引いて、残った額を労働者に支給していた。強制貯蓄は退職時に返還するが、天引きされる貯蓄額は給与の3割から最大4割強を占めていた。

半島出身労働者の54%が炭鉱や鉱山で働いたが、坑内労働は肉体的にも精神的にも辛く、夜逃げ同然で職場を離れた人たちもいる。夜逃げ同然で行方知れずになった人たちに退職金を払い、貯蓄を返還する術はなかった。

さらに日本がポツダム宣言を受諾して敗戦が決まると、職場を離れて帰国する人が続出した。昨年1月、韓国の高等裁判所は不二越に対して、6人の元労働者1人あたり1億ウォンの支払いを命じる判決を下したが、退職に伴う金銭を受け取らずに帰国した不二越の労働者は485人に上ったという。

日本政府は元労働者の請求権は日韓基本条約で消滅したという立場で、韓国の法曹界も請求権が消滅したという意見と個人請求権は別という意見に別れている。

『ソウルの中心で真実を叫ぶ』を執筆した李宇衍氏は経済学者で、同書は現存資料を分析した内容が綴られている。1939年から45年の間に日本に渡ったすべての半島労働者を網羅しているわけではないが、資料は広い範囲に渡っている。先にお話をうかがった崔さんと同じように現金収入を求めて日本に渡り、戦後、日本に残った人たちとその子孫で、日本企業に対する一連の訴訟を冷ややかに見ている人たちもいることを忘れないようにしたい。



この記事へのコメント

■コメント
韓国は他国に誇れる歴史事実がないので、文句を言わない日本に関連する歴史を歪曲させて教育を行うことで少ない自尊心を保持しようとしている。
本案件も歪曲案件に相当するが、国内の歪曲教育を明らかとすることができないので引くに引けない。司法の責任とする回りくどい逃げ方をしているのもそのせい。
日本は淡々とこの教育的、人間的後進国に対して大人の対応を突きつけ、現実に戻してあげるべき。

■コメント
国際合意より、国内判断が優先されるとした時点で…
そして、一度受け取った「個人向け賠償金」を
使い込んでおいて、「個人的請求は別」とする国は…

■コメント
基本的な国民性が、やられなくてもやり返す。
施されても、仇で返す。
どちらにせよ、こんな気のふれた奴等とは、国であれ法人であれ、個人でさえも関わるべきではない。

■コメント
韓国の人々よ
貴方達はサムスン電子で働きたいか?
働きたいならば、ソレは何故か?
給料が良く立派な肩書がつくからではないか?
当時の日本で働くことは、正にサムスンで働くのと同じことだったのだ
日本に渡航することでさえ、簡単なことではなかった
サムスンが給料無しでも貴方達は働きたいか?
日本で働くことで虐待や無給を受けていたならば、密入国して迄日本に来るか?
良く考えて欲しい

■コメント
そもそも巨額の支払いをし解決している問題です。
あとは韓国政府がその使い道を国民に納得いくように説明する事。
今さら説明出来ないから日本に蒸し返す感覚がおかしい。

■コメント
>夜逃げ同然で行方知れずになった人たちに退職金を払い、貯蓄を返還する術はなかった
はっきり書くね。ここ数年おかしくなったニューズウィークとは思えないまともな記事。珍しく記事を書いた人の名前があったので検索しちゃったよ。
日本も今が攻め時だと思うので徴用工の像や韓国教科書に載っている写真が日本人、しかも戦後の写真だということを世界に公表したらいい。
中国で残酷行為を働いている日本人!って写真も、アメリカが日本の敗残兵が中国人に殺されていた写真ということも併せてね。
(中国が言っているわけではなく、当時日本だった韓国が言っているのだから滑稽極まりない)

■コメント
個人請求権は別、という韓国の意見。
日韓請求権協定には、両国及び「その国民」の間の請求権に関する問題が完全かつ最終的に解決された、と明記されています。
字が読めないのかな?


混迷する徴用工・慰安婦問題

■コメント
違和感どころかツッコミどころ満載なんだろ
完全にあたおかで手に負えない状況で、国際世論を日本側につけてに完全に潰すしかないだろう
まぁ、出るとこ出て必ず勝たないと後世が大変なことになる
しつこいようだが扱いは習さんを見習った方がいい
絶対に対等に扱わないこと
必ず上から、そして蹂躙することが大事
ストーカーと同じで関わらない事はできない
必ず奴らからアクションを起こして、関わってくる
だから、関わる時は必ず上からで対等に扱わないこと

■コメント
徹底した反日教育をしていれば反日を謳う政治家であれば人気は出るし支持率は保てる。
都合の悪い事案が出たら反日を謳えば支持率は回復する。
事実ではなくても歪曲したり、勝手に捏造すればそれが新たに事実発覚だとか熱があがり支持率はあがる。
違和感を感じてもそれが真実だとか考える残念な人たちだ。
国交を継続しても意味がない。
早く断絶するほうがベターだと思う。

■コメント
ニューズウィークと言っても、日本人記者の書いた、日本人向けの記事ではなく、今、当事者の二国を除いた世界では、この問題がどういう論調で伝えられているのか、客観的な事実を知りたい。

■コメント
彼らからすれば事実などどうでもよいのでは。
行動している自分に酔いしれ、興奮状態になっているのでしょう。

■コメント
この内容を日本人に向けてより欧米など他の世界の国の人に届けて欲しい。
お隣にはこんなリスクがあるんだと安全保障上や企業のリスク管理の見直しの機会にして欲しい。

■コメント
この手の話も時々見聞きしますが、韓国では抹殺されるのでしょう。
こんな嫌なヤツらとは、とっとと縁を切りたいと思う日本人感情すら、
韓国人は理解できないようです。
その上、反日ネタは彼等にとって利用価値が高いから、執拗に日本に関わり続けようとするでしょう。
日本も攻撃的に出る戦略をとって欲しい。
反この手の話の証拠を集めて反論して欲しい。
史上最悪の韓国大統領の末路を早く見たい。

■コメント
>戦後、日本に残った人たちとその子孫で、日本企業に対する一連の訴訟を冷ややかに見ている人たちもいることを忘れないようにしたい。
言いたい事は分かるのだが、日本人がそういう人達が居る事を認識したとして、何か意味があるのだろうか? 
かの国が都合の悪い過去を見ずに改竄までするような歴史観を改めない限り、ほとんど意味は無いと思うのだが


言うだけ番長文在寅の仮面

■コメント
韓国では脱日本、日本でも脱韓国、これでお互いにハッピーエンド
と行きたいですね!
企業進出のみならず大使館もお互いに撤収して、日本と北朝鮮くら
いの関係性が理想的です。
何?下心がある企業がある?それは、被害にあったら自己責任でどうぞ!

■コメント
早いとこ現金化まで踏み切って、行き着くとこまで行きましょう。
どんなに事実を説明しても、今の韓国の歴史教育されたら無意味。
一回韓国がぶっ壊れるくらいの制裁して、史実に基づく教育をスタートしない限り何度でも繰り返すでしょ。

■コメント
韓国政府は兎に角日本に様々な難題、いちゃもんをつけてくる。
何でもありの国家。
厄介なのは国際社会が正論で評価しないで各国のロビー活動に左右されてしまうこと。
日本政府コメント、説明は稚拙であり、官僚も石頭が多く、相手の反応などお構いなしで論理をぶつけるだけ。
偏差値教育だけでなくもっとデベート教育に力を入れる必要がある。

■コメント
今、韓国で起こしている元「徴用工」は嘘をついていると言うことになる。
徴用工と聞くと官憲が道を歩いている成人男子を無理やり拉致し、奴隷列車に詰め込んで日本の工場で無給で働かせる印象にほとんどみんなが思ってしまうが。
実態は、高給を求めての出稼ぎ。賃金の違いは年期や熟練での違い。
今、訴えている元「徴用工」は嘘をいっていることになる。
韓国の裁判所は怪しいエビデンスで結論ありきの情緒的に判決を下す典型である。
もしくは、裏で政治的に結果を出している。
結論の怪しさもそうだが、請求権協定を政府がひっくり返して国際ルールを無視する姿勢はやはり全体主義国家。
左派市民派の考えで自由民主主義が破綻しているとしか言いようがない。

■コメント
個人の請求権を認めたのは、それがなければ請求できないため認めた法的な擬制に過ぎない。
請求先はあくまでも韓国政府。
それすらわからない韓国の弁護士は、一体どういう教育を受けたのかねぇ。
いくら反日が国是でも酷すぎる。

■コメント
個人請求権は消滅してないけど、それはお互い、自国民に対し政府が補償する事とするのを決めたのが請求権協定。
で、韓国は徴用工と自称する人たちには二度にわたって補償金を支払ってる。
これを覆して日本企業に払わせようとしたのが例の裁判で、まんまと引っかかった判事によって決定してしまった。
日本統治時代に教育を受けた人たちは、おそらく現場から引いてる年齢で、独立後に教育を受けた人たちが「最高裁判事あたりの年齢の人たちを教育していた」わけです。
文大統領もそうだけど、どんどん「歪み」が大きくなった後に教育を受けた人たちでは、条約がどうの、国際法がどうの、なんて意味が無いわけです。
前は話が通じる人が少数とはいえ居たけど、もはや期待するだけ無駄になってしまったのが現状です。

■コメント
他の現場にも有る話だが、賃金をきちんと払う監督もいればピンハネして充分に渡さない監督もいた。
今にも通じる話だから、当時その目にあった人がいる事は考えられる。


元徴用工問題、政府などと連携して対応

■コメント
韓国の全ての事に違和感しかない
国民の顔も、基金も全て偽りで無心するだけの国

■コメント
客観的事実より、日本は極悪非道だったに決まってるという願望を優先し、被害者ぶるのが大得意な人たちなので話が永遠にかみ合いません。

■コメント
要約「嘘まみれ」

■コメント
韓国はビビってないで一日も早く在韓日本企業の差押え資産を現金化しろ!
もっともっと過激に反日運動をしろ!
このままじゃ、いつになっても大嫌いな日本と断交出来ないぞ!
韓国よ、君たちは日本なんかに頼らなくても大丈夫な世界の恥さらし…いや違った世界の先進国じゃないか!
頑張ってくれ。
日韓協力して断交まっしぐら。

■コメント
このように真実を語り違和感を感じていらっしゃる方々の証言を文字として残して置く事は重要であるが、韓国にとっては不都合な真実でしかなく見たい物しか見ない、見たくない物は捏造歪曲して見たい物にすり替え、真実を語る者は親日売国奴と罵しられる。
こんな韓国で真実が語られ文字に残される訳が無い。
万が一残されていても親日精算で闇に葬り去られてしまう。
真実を語って下さった方には感謝すると同時に大変申し訳ないが、今の韓国も未来の韓国も信用に値しない。
自らの都合のみを正義だと喚き散らす国は自らの首を締めている亡国の国であり未来を共有する訳には行かない。
亡国を防ぐ責任は韓国自身にある。日本の責任ではない。

■コメント
どうせ何を言ったって、彼らは都合よく事実や解釈を自分たちの都合が良いように捻じ曲げて、自分たちこそ正しいと主張するんでしょ?

■コメント
韓国最高裁の判断直後、菅官房長官の有耶無耶な姿勢につけ込まれたが、日韓協定の経緯の開示は日本より韓国の方が早い。
日本政府は無駄に経緯の公開を遅らせ、阿保な左翼につけ込まれた。
その韓国公開資料ですら「徴用や強制労働の被害に対して日本が個人賠償を提案したが、韓国政府が一括して受給して支払う事にした」と書いてある。
また、日本製鉄に対して裁判を起こしている韓国の弁護士自らが寄せた記事で「国際法違反なのは知っている」と書いている。
奴等は分かっていて行動が伴わない。


「元徴用工問題」蒸し返す韓国に金融制裁

■コメント
皆さん、恵泉女学園のイヨンチェ教授をご存知ですか?
結構な頻度で。BSテレビに出演し、日本で暮らしながら日々、「日本は慰安婦、徴用工の賠償に応じ、ホワイト国への復帰を進め、ムンジェインの言う通りにするべきだ!」て根強く執拗に主張し続けている輩です。
このような人物に日本としては何か対策を取らなくていいのでしょうか?
恵泉女学園は、どんな大学なのでしょうか? 
理解できない。

■コメント
喰いぶちを求めて勝手に日本に密入国してきた挙句、「連れて来られた~。被害者だ~!」って言っているのが今の一部在日外国人。
ナマポ化も得意。と言う意見を見た。納得感満載だった。

【一言】

なかなかムン政権の思い通りの判決が出ないから、人を主体思想団体に入れ替えて出した判決。どこが三権分立なんでしょうか?
他にも、おかしな所は山盛りですが。


■他の記事