2009年12月30日

箱から脱出する方法 

今年も押し詰まってあと残す所二日です

今年私が受けたセミナーで
一番良かったのは
箱から脱出する方法
アービンジャーJAPAN

のセミナーでした

人はなぜ
他人のせいにして生きるのか?

自分でしたことの責任を自分でとらないのか?
ず〜〜と不思議でした

自分を冷静に見つめて
自分を変えていく

病気を治すにしても
そこが一番たいせつだと思うのです

他人のせいにして
他人を悪者して
自分は良い人だと 
思い込もうとする

それを、哲学では欺瞞と呼ぶらしいのです

それを、人類に止めさそうとして
本を出したり、セミナーをしているのが
箱セミナーでした。

私がおぼろげに立てていた
方法論が合っていた
と解ってとても嬉しかったです。

相手を人と見て
相手を尊重して
生きていく

というのが
箱セミナーの伝える所でした。

たくさんの人が
この考え方で生きると
地球の平和も進むと思います

相手を人と見るという
視点を持って
来年度を過ごしてみては如何でしょうか?

良い年をお迎え下さい




wha_osaka at 11:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年09月19日

インフルエンザと多臓器不全

NHKスペシャルを見ていて
新型インフルエンザがなぜ恐いのか?
わかった。

たいしたことがない症状なのに
突如として悪化→死亡という図式
それも、若い人に・・・・・

なぜ?

肺の奥深くに進入したウイルスが
肺を不全に追い込む時
抗ウイルス物質サイトカインが
たくさん産出されます

そのサイトカインが肺の中だけでなく
身体中にあふれ出てた時に

他の臓器(肝臓とか)がそれに反応して
不全の状態に陥り、機能を停止して
死に至る・・・・・

だから他の臓器が十全な若い人が
亡くなってしまう。

そうです。

そうなのか・・・・・
臓器の吸い込み力が高いのです

wha_osaka at 09:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年08月13日

赤ちゃんの発達を追体験すると顔が変わり振る舞いが変わる 

赤ちゃんの発達って、お腹の中というか受精した瞬間から進みます。

今研究しているのは、赤ちゃんに戻って発達を追体験すると
人はどのように変わるか?です。

今回は10名の大人の人の協力を得て、
1日床をゴロゴロして赤ちゃんの発達を追体験して頂きました。

その結果、
顔の中心部分が結構変わりました。
言葉では無理だった部分でも
体でわかるとずいぶん変化しました。

人間の発達はドミノ倒しのようです。
どこかで発達が止まるような刺激が入り
一度止まってしまうと代償行為が進み
身体や心がドンドンと動かなくなります。

幼いうちから適切に体を動かす事って
本当に大切だと思います。





wha_osaka at 23:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)原始反射が人生に与える影響 

2009年07月22日

感情の発達 (1)

知能の発達と感情の発達は表裏一体で

赤ちゃんや子供を見ていて
泣き方や笑い方をよく観察していれば
子供の精神発達を図る事ができるそうです。

○泣き方は 不快感の表れ

 胎児は子宮の中でも泣いているそうです

 特に新生児は悲しさよりも
  不快・空腹感・さびしさ の表現として泣きます
  
 生後半年 不満→恐怖心
 9ヶ月   嫉妬
 1才をすぎ 思考・感情伝達手段に言葉を
 使い始めると泣く事が減る

○笑い方は 快感の表れ


知能の遅れを意味する泣き方は
「単調で甲高い泣き方」
「あまり泣かずに、静かで手のかからない子」

重い心臓病が改善すると
感情表現がにわかかに始まるのです。

心臓病が重い間は
声を立てて笑ったり
手足をばたつかせて、歓びを表現する事ができないのです



wha_osaka at 19:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)原始反射が人生に与える影響 

2009年06月25日

失敗は未来への第一歩 

『夢の扉』という番組で義手を作る 横井浩史さんを紹介していました。

失敗は未来への第一歩
やればやるほど課題が出てくる
やり方が根本的に違うから失敗する
これは物理学と似ている

基本的な原理がどこかで明らかになれば
ものすごく大きな問題が一挙に解決するはず

それを掴みさえすれば
解決はそんなにむずかしい話ではないはず

誰もやっていないトライアルをする事が大切

っておっしゃっていました。

先日書いた実験もそのひとつです

今マイブームは
原始反射がその後の人生に与える影響について
それを研究中なのですが、日本人で教えてくださる方に
まだ出会いません。

ヒョットすると、誰もやってないトライアルなのかも
なんて思っていた矢先でした
誰もしていないから トライが大切なんですね





wha_osaka at 23:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)脳科学 

科学的な考え方

遺伝子の発現について分かりやすい書籍を探していたらありました。
文系のための生命科学文系のための生命科学
著者:東京大学生命科学教科書編集委員会
販売元:羊土社
発売日:2008-02
おすすめ度:4.5
クチコミを見る

そこに、日常生活でも応用したら良い事が載っていたので抜粋してみます。

『科学的な考え方』

1.観察対象が明確になっている

2.実験や観察によって得られたデーターから議論する

3.方法は客観的で、他の研究者によって追試可能なものである

4.仮説は検証されなければ、ならない

5.誤ったものを正しい物に置き換える事ができる


1.は誰でも誰でも見ることができるもの

2.は実験データーから議論ということは
  当人の思い込みや言い伝えでは正しい結論に達しない

3.他の人でも試して実験できるように論文は書く

4.検証や反証できること

5.自分以外の誰かの意思が最も強いもので
  その意思の元に全てがあるという社会では科学は発展しない
  まず正しいものがあるのではなく
  常に正しいと証明されたものに置き換える

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ほんとうにその通りですね。
事実を事実として見る目が病気を治す秘訣でもあり
事実を事実として受け止め、正面から実験してみる

って大切

私はセミナーを良くしているのですが
講師の私の言う事を鵜呑みにしないで下さい
教えてもらった事は必ず実験して検証して下さい
と教えています。 とっても大切な考え方です



wha_osaka at 00:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年06月20日

犬の癌は食べ物から 

今日犬のトレーナーさんから恐い話を聞きました。

ワンちゃんの癌の原因は食べ物が原因

中国の小麦がアメリカに輸入されて
その小麦に殺鼠剤みたいな強烈な薬が混入していて
それで作ったドッグフードでワンちゃんがたくさん亡くなった


日本でもその関係のドッグフードを食べた犬はなくなった
でもそのニュースは日本ではNHKで少し流れただけ
それは民法はドッグフードのコマーシャルを流しているから
だそうです。報道規制みたいです。
真実はエンドユーザーまで伝わらないのか〜〜〜

それは余談ですが、

犬が食べているのは、人間が食べないような部位
死んだ動物、病気の部位などなど
かんづめの内側も安全基準には達していないとか
本当にコストダウンするために色々な事しています。
肉が美味しく見えるように

買う人間が美味しく見えるように着色しているとか・・・・

とにもかくにも、
安全基準のかなり下のドッグフードを食べ続けて
癌が激増だそうです。

昔のように、人間と同じ食材で、塩とかねぎとか
犬がダメなの抜いて手作りをする飼い主も増えているとか
作ってぬくもりのあるうちに食べる
愛ある食事が、生命を救うのですね。



wha_osaka at 01:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年06月04日

肋骨が固まると鳥のように首が前後に動く 


新しい生物学―生命のナゾはどこまで解けたか (ブルーバックス)新しい生物学―生命のナゾはどこまで解けたか (ブルーバックス)
著者:野田 春彦
販売元:講談社
発売日:1999-01
おすすめ度:5.0
クチコミを見る

を読んでいて面白い事発見。

2.鳥が飛ぶための条件p216

鳥を含めた動物であっても、車であっても
他のものに与えた反作用の分だけ前に進む

蛇に翼が生えても
翼が羽ばたくたびに蛇の身体はぐにゃりと曲がるので
空気に反作用が起こらない。

鳥は飛ぶために胴体をひとつの硬い骨の箱にしたので
翼が羽ばたくとエネルギーは空気に伝わり
反作用で飛ぶ事ができる

昆虫も胴体は硬い箱になっている
飛ぶつながりは胴体は硬い箱状

わあ〜〜 面白いです。

猫やチーターなんかは背中柔らかすぎて
翼ができても飛べないって事になります。
ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!

大型の鳥 ニワトリなんかは
歩く時必ず首を前後に振ります。
これは、胴体が硬い箱になっているから
首で調子を取らないと歩けない。

猫なんかは、胴体が柔軟だから
首で調子を取らなくても大丈夫

人間で、ニワトリみたいに首で調子を取っている人
を見かけたら、ぜひ背中をわき腹を撫でてあげましょう
マッサージしてもいいかも・・・・
肋骨が箱化、鎧化しているはずです。



wha_osaka at 00:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)身体の使い方 

2009年04月02日

2)呼吸する事について 【誕生/機能の切り替え】

子宮にいる間
赤ちゃんはどのように呼吸をしているのでしょうか?

それは、お母さんの胎盤からへその緒を通じて
酸素と栄養をもらって、カラダ全体配給していました。

私の2人の子供は前置胎盤でしたので、
いつ大量出血するか予測できないから
母子の安全の為にも。絶対安静と告げられて、
7ヶ月から生まれるまで入院でした

今思えば酸素と栄養を胎盤から補給していたのですから
その生命線が切れれば、胎児は死に至ります。
絶対安静と言い渡されたのも理解できます。

その頃はまだまだ無知でしたから、
『なんだか恐ろしい事になるらしいので赤ちゃんの安全の為に
安静にしておこう』ぐらいの知識でした。

今この知識があれば、恐れることなく、肝っ玉母さんになれていて
安心して、安静状態を保てたと思います。


wha_osaka at 23:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年04月01日

1)呼吸する事について 【誕生/機能の切り替え】

赤ちゃんが生まれた時『おぎゃ〜〜って』
生き残るために泣きますよね。

泣かないと『 大変だ〜〜 』って
逆さにして パンパン叩いたりします。

泣かないって事は肺呼吸できてないって事になって
一大事です。
息ができないと→ 即 死に結びつくからです。

お腹の中では肺呼吸していませんから
生まれて初めて肺呼吸に変わるのです。

赤ちゃんがお母さんのお腹の中を出た途端に
きっちり肺呼吸に変わるなんて、
本当に不思議な減少です。

カラダのシステム(機能)が大きく切り替わる
出産って、赤ちゃんにとって大冒険ですね。

wha_osaka at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)原始反射が人生に与える影響 
Recent Comments
Recent TrackBacks