whais blog

WHAISは女性建築家とデザイナーを中心としたプロジェクトチームです。 セミナーやイベントのご案内、プロジェクトメンバーの活動をご紹介していきます。

2010年07月

気持ちいい場所


現場監督をしていて、各現場でお気に入りな場所がある。

それは、「屋根の上」

完成してからはめったなことが無いと登れない場所である。


上棟して屋根工事をしてる間は、頻繁に登ります。

そして天気が良いとなおのこと、風邪が吹いているとさらに気持ちいい!!

今日は、午後から雨が上がって絶好のタイミングでした。



なかなか見れないアングルを是非!

佐田あゆみ/栄港建設

我が家の見直し

蒸し暑い毎日が続きますね。
この時期にできることがあります。
それは「我が家を見直す」ことです。

エアコンをつけても、窓を開けても、換気扇をまわしても
空気が淀んでいると感じるところはありませんか?
この時節の淀んだ空気は、熱気を帯びているため肌で感じることができますし、
カビ臭いと感じることがあるかもしれません。
空気が淀んでいるところある場合は、家にも身体にもよくありませんね。
自然な風を取り入れる工夫が必要です。

我が家では、玄関の空気が淀んでいます。
玄関に風を取り入れる工夫が必要!
賃貸でできること、ただいま思案中です。

竹中祐美/荒木毅建築事務所

タタミ5枚分のスペースにも

梅雨が明けて、強烈な夏らしい空になりましたね。
ちょうど今、当事務所にて進行中の現場。
タタミ5枚分の可愛らしいスペースの増築ですが、ご縁あって
当事務所に設計の依頼をいただきました。

既存の住宅は、玄関らしい玄関のない、カジュアルな間取り。
「玄関が欲しいです。」
今もコンパクトに上手に収納されていますが、
靴や、愛犬の散歩の道具などをまとめて置けるスペースも欲しいとのこと。

自分で棚やフックをつけたり、DIYも楽しみたいという奥様と相談して、
内装はラーチ合板のラフな仕上げに。自主施工にて真っ白に塗装する予定です。

一見すると不思議な窓の位置は
既存のリビングから見えている借景の緑をさえぎってしまわないように。



「縁側ができたみたいで落ち着きます」
と奥様に気に入っていただけると、やはり嬉しいものです。

今回は、お施主さまご紹介の会社による施工。
幾つかのご縁を繋げてゆきながら、まもなく完成します。
小さいけれど大きな タタミ5枚分なのです。

及川敦子|及川敦子建築設計室

段取りが命

家の骨格となる、柱・梁を組み上げた後は、
地震や風の力を受けるための耐力壁の役目を担う「筋交い」を取付けます。

並行して、屋根の下地板、その上に防水シート、その上に板金を仕上げる工事を進め.......
さらに並行して、内部の電気・給排水・ガス・空調・換気 etc の配管工事の準備を........

様々な下準備を同時に進めることで、家は形づくられて行きます。
とにもかくにも、段取りが命! なのです。

その全ての「段取り」を取り仕切り、
工事の全体を見渡す役割となるのが「現場監督」です。

永田の家の現場監督は、WHAISのメンバーでもある、栄港建設の佐田女史です。
永田の家の基礎工事は、ちょうど良いお天気の最中でしたね。
すっかり、こんがり焼けてますね。
足は白いのにね.....。



齋藤文子/齋藤文子建築設計事務所

願いこめて

無事に上棟を迎えた後は、建物の四隅の柱に「米・塩・酒」を撒き、
工事の安全を祈願する「お清め」を行います。
「職人みんなが元気に、そして安全に、家づくりを全う出来ますように......。」



そして永田の家の建て方の後に、建て方の苦労を労う為に、と
建て主さんが上棟式に招いてくださいました。
ノンアルコールのビールで
「お疲れさま!」
「乾杯!」


齋藤文子/齋藤文子建築設計事務所
ギャラリー
  • 第4期定時総会のご報告
  • 掲載の報告
  • 第4期定時総会のご案内
  • 第9回ランチラボに参加しました!
  • 第9回ランチラボに参加しました!
  • お気に入りのリサイクルバッグ
  • お気に入りのリサイクルバッグ
  • お気に入りのリサイクルバッグ
  • お気に入りのリサイクルバッグ