whais blog

WHAISは女性建築家とデザイナーを中心としたプロジェクトチームです。 セミナーやイベントのご案内、プロジェクトメンバーの活動をご紹介していきます。

2012年04月

看板猫

すっかり暖かくなりました。
天気が不安定なのは、どんどん夏に近づいて行っている証拠ですね。

栄港建設の看板猫??をご紹介します。
うーちゃんです。


もともと野良猫だったこの子ですが、
事務の女の子が餌をあげているうちに
すっかりなつき、今では事務所の中にまで
堂々と入ってきます。

すっかりみんなにかわいがられ、
今では、箱入り猫です。
写真の段ボールの中には、ちゃんと毛布らしきものが
ひかれて、居心地抜群みたい。

こんなかわいい動物を見てるとついつい自分も飼いたくなりますね。
先日、ペットのしつけトレーナーさんとお会いしました。
たくさんのお話をお伺いしたのですが、
あたりまえだけど、ついつい忘れがち、傾いた愛情を与えてしまうかも!!
というようなお話が印象的に残りました。

いくらかわいくても、ペットは人間ではない。
動物を人間の社会へ勝手に連れ込んでいるだけだ。
飼い主は、それを理解して接しなくてはいけない。
種が違うのだから、同じことを強要してはいけない。

とおっしゃっていました。
なるほど!!と再認識。

かわいいから自分たちと同じように扱おうと
愛情をかけがちですが、ペットにとっては苦しいことなのかも
しれません。

あたりまえのことですが、忘れがちです。
ペットを飼う際は、しっかりと認識したいと実感しました。

最後にもうすっかり葉っぱが生えてしまいました
さくらの写真を
名残惜しいなぁ。
また来年楽しみにしてます。



中山

グリーンセミナー開催報告!!

4月14日にLIXIL横浜港北ショールームをお借りして
『ガーデン&グリーンで暮らしのリフォーム』
をテーマにセミナーを行いました。

まず初めにゲストのQ-GARDENの小島さんより
『庭が変わると暮らしが変わる』として、
レクチャーをしていただきました。

自分のライフスタイルを把握し、
その生活にあったガーデニングをすることの大切さや
微気候についての説明などとても為になるお話を
いただきました。



次にWHAISパートナーによる『建築とガーデン&グリーン』を
テーマに新築事例紹介とリフォームアイデアのご紹介を
WHAISパートナーである、直井、福島、三輪が行いました。

建築家ならではのグリーンの使い方や、
庭の配置などなど盛りだくさんです。
「こんなこと思いつかなかったわ」
「庭を作って、気持ちの良い暮らしがしたい」
などなど
多くのご意見をいただきました。

当日は冷たい雨のなか、
たくさんの方にご来場いただき
ありがとうございました。



中山

かわいい手づくり

斉藤さんの「手づくり」の話を読んで…

私のたった1人の姪は、今中学2年生です。
クラシックバレーとピアノが好きで
洋服のセンスもなかなか良くて
子供ながら(失礼!)コーディネイトも上手です。

小学生の時、まわりには携帯電話を持っている子供が
結構いたそうですが、彼女の場合は
「中学生になってから」
という親の考えもあって、携帯を使い始めたのは
この半年前ぐらいからでした。
しかも初めて持った携帯が、iPhoneというのが
このおばさんにとってはビックリです。
早くからサクサクとすっかり使いこなし
絵文字や写真付きでメールもたくさん送ってくれます。

…でもやっぱり女の子です。
小さい時から絵も好きで、メモ帳や紙切れを見つけては
紙いっぱいにイラストや字をよく書いていました。
ペンケースにはお気に入りの筆記用具がいつもいっぱい。

そんな彼女が始めたのが「村田新聞」です。
第3号が出る頃には、専用のポストも登場しました。

村田新聞とは…?
以下に彼女の言葉をそのまま載せます。
「村田新聞って言うのは、手書きの新聞で、
基本的に発行者は真理♪ いつ出すかは不定期です。
内容はその時によって違う。その日の出来事とか、
その他色々です!って言う感じで
のんびりやってきますです
あっ!!だいたいは、おじいちゃんの所に
おいてあるので読んでね!」

この「おじいちゃん」とは
昨年の11月に亡くなった私の父のことです。
近所に住んでいるので、彼女はよく実家に遊びに来て
父が元気だった時には、一緒にトランプをしたり
お茶を飲んだりして、楽しい時間を過ごしていました。
父が亡くなり、今は母が1人で住んでいますが
今でも1人で家にやってきては、ピアノを弾いたり
母の話相手になってくれています。
そして変わったことと言えば、その母のそばで
この新聞を書くようになったことです。

新聞には「今日のSong」「本日の出来事コーナー!!」
「お知らせ」や「読者メッセージの紹介」や
「読者チェックらん!!」など内容が盛りだくさんです。
毎回書く紙も裏紙を使っているので
彼女曰く、「エコな新聞なの」。

この新聞を、私の会社のみんなに紹介したくて
彼女の許可を取って、ポストごと借りて紹介しました。
お菓子の箱を使った、手作りのポストもユニークです。
今まで出た新聞を並べて、みんなに見てもらいました。
「作っている人の楽しさが出ている」、
「素直で、まっすぐで、とってもいいな~」など。
この新聞を書いている彼女の楽しさが
みんなにも伝わって、私もとっても嬉しかったです。
思い切ってこの新聞への「読者メッセージ」もお願いして
私の机の上に置いておきました。
帰りがけにポストを開けてみると…
何通もの心のこもった投稿がありました。
中には「不定期購読を希望」というものまで。

やっぱり「手づくり」のものは温かい!
そしてその温かさは確実に伝わる!
またここ何号かは「カラー化」して
さらにバージョンアップされました。

(デザインコンビビアのブログに一部加筆しました)







デザインコンビビア沢田寛子

春を告げる花



東京は今、桜が真っ盛り。
この週末は、お花見を楽しまれているという方が
多いのでしょうね。

それなのに、写真はなぜか終わりかけの木蓮。。
「コブシの花」だと思って撮ったのですが、この写真を見た知人が
木蓮ですね。と教えてくださいました。

この白い木蓮、「白木蓮」よりもう少し小ぶりで、一重の花びらが全開にひらく
のが「コブシ」なのだとか。
コブシは、私の出身地である北海道で春一番に咲く花で、
枯れ木色だった山に点々と白い花が見えるようになると、春を感じたものです。

その所為か、思わずじっと見てしまう。素朴で今も好きな花の一つです。

及川敦子|及川敦子建築設計室

左官体験ワークショップ

WHAISパートナーの及川敦子です。
今日は、5月に当事務所にてコーディネートさせていただくことになった
左官体験ワークショップのお知らせを。

今回は、以前からご縁のあった表参道市場「伝」さんと、左官職人の
白石博一さんの橋渡し役として、準備を進めています。
普段なかなか触れる機会のない左官について、実際に塗って体験することは
もちろん、直接職人さんと話ができる場として、参加者のみなさんに楽しんで
戴ければ、と思います。

左官の白石さんは、土の色をそのまま活かす材料の配合を研究されたりと、
既調合の製品にはない壁が塗れる本格派。
どんな壁になるか、私も楽しみなところです。
始めてワークショップでのお声掛けとなりましたが、家づくりの現場でも
一緒に仕事がしたい、そんな職人さんです。

会場となる表参道市場「伝」さんは、こだわって育てられたお野菜や加工品を扱う
お店なのですが、ここで扱っている野菜は甘くて、ほうれん草なんて
根っこまで食べられます。
「愛情をかけられた野菜は美味しいし、野菜に愛情をもっている農家さんは農薬を使わない。」
「伝」の女性経営者、大森さんの言葉に、思わず納得!でした。
表参道にお越しの際は、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

今日は宣伝ばかりになってしまいました。

詳しい案内はこちらからどうぞ。


及川敦子|及川敦子建築設計室
ギャラリー
  • 掲載の報告
  • 第4期定時総会のご案内
  • 第9回ランチラボに参加しました!
  • 第9回ランチラボに参加しました!
  • お気に入りのリサイクルバッグ
  • お気に入りのリサイクルバッグ
  • お気に入りのリサイクルバッグ
  • お気に入りのリサイクルバッグ
  • お気に入りのリサイクルバッグ