こんにちは。メンバーの田島です。
先日、終了間際の「大地の芸術祭 2015」に行ってきました。
大地の芸術祭は越後妻有で3年ごとに開催されている
世界最大級の国際芸術祭です。

草間弥生さんの巨大な彫刻作品《花咲ける妻有》や
廃校になった小学校全体が作品になっている
鉢&田島征三さんの《絵本と木の実の美術館》など、
レンタサイクルでまわった3年前は行けなかった地域の作品も
今回は車でまわることができました。

美術館の中心の池に山が現れるという
インスタレーション作品・蔡國強さんの《蓬莱山》は大迫力!
メイキングやインタビューの映像も興味深く
じっくり見入ってしまいました。

移動中の窓から見る田園風景や、その地域で暮らす方々との交流も
芸術祭の大きな楽しみだな〜、とあらためて感じました。
参加者に地元の食材を使った食事をふるまう
お母さんたちの生き生きとした表情が素敵でした。
やきものの器によそわれた夏野菜カレーは
爽やかな味わいで、とっても美味しかったです。

見たい作品・行きたい地域は、まだまだ沢山!
3年後はどこをまわろうか、今から楽しみです。

*写真は《絵本と木の実の美術館》
もとは体育館だった場所です

デザインコンビビア 田島未久歩