先週、担当している現場で使う窓の枠を加工しました。



普段は、加工作業に立ち会うことは少ないのですが、今回はタイミング良く立ち会うことが出来ましたのでその様子を少しご紹介。

工場で製作される既製の窓枠ではなく、ひとつひとつの木材を少しずつ削って枠の形にします。



ある程度に大きさにカットされた材量を、大工が木の表情(反りや目)を見ながら絶妙に削っていき、それに溝を彫ったりと手を加えていきます。

そうしてひとつひとつ手で加工した窓枠を現場で取付けます。

こういった作業の積み重ねで家が出来あがっていきます。

家が完成するまでには、ひとつひとつ積み重ねてきた作業の分とおなじくらいのエピソードが残ります。

これもまた、家づくりの醍醐味ではないかなと思います。

 佐田あゆみ/栄港建設