December 02, 2007

DRMも国境も越えた:今一番ラディカルな音楽配信はクラシックから始まる!

 Gizmodoの11月30日付け記事「Deutsche Grammophon Shows How Digital Music Stores Should Really Work」は、現在の音楽業界にとって非常に衝撃的なニュースと言えそう。

 同記事によれば、独グラモフォンがオンラインのデジタル音楽ショップを開店したらしい。同オンラインショップが扱う音源は、ファイル形式がMP3でビットレートは320kbpsの高音質。しかも全てがDRMフリーとなる。

 さらにスゴイのは、リージョンフリーということ。つまり、世界中のユーザーが同ショップから自由に楽曲データを購入できるのだ。ことクラシック音源だけに関して言えば、これからはAppleもNapsterもAmazonも不要になる。

 価格は、1曲単位が1.29ドル、アルバムが11.99ドル。標準的なアルバムにはPDFのブックレットも付属する模様。

 ちなみに、独グラモフォンはユニヴァーサル傘下なんだけど、本家のユニヴァーサルが音楽配信戦略で色々と迷走していることを考えると非常に画期的な話。もしかして、ユニヴァーサルは全部この方式に転換してくるつもりだったりして?
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
この記事へのトラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/whats_my_scene/50750564
この記事へのトラックバック
what's my scene? ver.7.2:DRMも国境も越えた:今一番ラディカルな音楽配信はクラシックから始まる! DRM Freedom: Deutsche Grammophon Shows How Digital Music Stores Should Really Work 上記の記事は、カラヤンや??.
独グラモフォンがオンライン音楽ショップ開店【林檎の歌】at December 02, 2007 04:40