◎弾圧・救援は、「福岡市民救援会」ブログ。 
 http://blog.livedoor.jp/fukukyuen/
◎福岡地区合同労組のブログ
 http://blog.livedoor.jp/white0wolf-fukuokagoudou/

「再審中の死刑不執行確認訴訟」大阪で裁判始まる!

死刑廃止・タンポポの会「わたげ通信」より。

「再審中の死刑不執行確認訴訟」大阪で裁判始まる!
再審請求中の死刑執行は憲法違反!

 2018年7月6日の7人の死刑執行は、歴史に残る大虐殺だが、そのうち4人が再審請求中であったという。117名の死刑確定者のうち再審請求中の人は、92名。死刑確定者の多くが再審請求している。刑事訴訟法 第442条に「再審の請求は、刑の執行を停止する効力を有しない。」としながらも「但し、管轄裁判所に対応する検察庁の検察官は、再審の請求についての裁判があるまで刑の執行を停止することができる。」とある。現実に、再審請求で、これまで4人の死刑確定者が社会に生還している。すがる思いは当然のこと。諦めずがんばってほしい。

 さて、2017年7月13日、死刑執行された2人のうち1人が再審請求中で、「異例の執行」とメディアは注目した。同年、12月19日にも2人に執行があり、どちらも再審請求中だったが、1人が少年事件であったため、そのことのほうが注目された。そして、今度の大量執行。過去2度の執行は、今回の7人中4人が再審請求中でも問題にさせないための地ならしだったのかと思うと、人の命を政治的にしか考えられない政府に、ますます腹が立つ。しかし、このまま、再審請求中の死刑執行を黙って見ていていいはずがない。

 実は、大阪拘置所の松本健次さんが、「再審請求中の執行は違法」という裁判を提起した。原告の松本さんは、2000年に最高裁で死刑確定したが、2005年以降、再審請求を繰り返し、現在は7度目の特別抗告中。
 ◎請求の趣旨
原告は、大阪拘置所長に対して、確定死刑判決に基づく死刑執行は、再審請求中であるた
め、執行は違法であり、原告が死刑執行に応じる義務のないことを確認する。
 ◎請求理由を簡単にまとめると、
1、国際的に死刑制度廃止を求められているのに応じていない。
2、法務大臣の執行権限と死刑を執行停止権限に言及。第8次再審請求も準備している。
3、アムネスティ・インターナショナルから、日本政府に対して特に死刑執行しないようにと申し入れている2人のうちの1人である。
4、再審請求中の執行の違法性を刑事訴訟法違反、憲法(裁判を受ける権利)違反と主張している。

 5月31日、第1回弁論期日があった。大阪地裁(松永栄治裁判長)。傍聴人は、アムネスティ東京、アムネスティ大阪、他に支援者数名とメディアが5~6人(毎日、産経、共同ほか不明)。原告(健次さん)側は代理人2人、被告(国)側は、代理人3人。被告(国)は、認否を留保し、内容のない答弁書を提出。裁判官から「答弁書の内容はいつになるのか」と問われ、「7月6日までには」と答えたそうだ。次回期日は7月13日午前11:30~。

※この原稿を書くにあたって、「松本健次さん再審連絡会」Tさんのご協力を得ました。感謝。
ヒソカ

わたげ通信No.71を発行しました。

 記録的な、いえ、歴史的な暑さの続く毎日、みなさん、生きていますか?

 死刑廃止・タンポポの会は、年に数回、「わたげ通信」という通信を発行しています。7月14日に、71号を無事に印刷発行できました。郵送の方はもうお手元に届いたでしょうか?
今回のわたげ通信も盛りだくさんの内容です。
IMG_8485

IMG_8481

IMG_8483

 特に読んで欲しいのは、大道寺ちはるさんの書いた、「浜田武重さんの納骨」です。大道寺将司さんと浜田さんが同じお墓に入ることになって・・・という。ぜひ!

 もし、わたげ通信を読みたい方があれば、タンポポの会に連絡してください。
  ⇒  福岡市博多区綱場町9-28-703 死刑廃止・タンポポの会

 

拡散お願いします。「いま家族としてお願いしたいこと-死刑執行後の一連の動きと報道をめぐって」

重複投稿ごめんなさい。

国家こそ、「オウム事件」を利用し、人々をコントロールしようとしていると、今回の死刑執行に思いました。

死刑執行という大量虐殺のあと、いまだ、「教祖」を利用する「テロ組織」があるから、監視国家・警察国家が必要だとのシナリオ、そこに利用される「死刑囚」たち、そして家族。もちろん、被害者遺族も利用されています。

 今週、他の「死刑囚」たちの執行が続くのではないかとの悲観的予測が立てられています。
何でもありの安倍政権、人権抹殺で、世界にも喧嘩を売っています。

拡散してほしいリンクは、松本麗華さんのブログ記事です。
麻原氏の遺体の引き取りに関する一連の経緯、それに対する事実異なる報道、そしてご家族の想いについて書かれています。

■いま家族としてお願いしたいこと-死刑執行後の一連の動きと報道をめぐって
http://blog.asahara-kousoshin.info/?eid=248

☆彡 白い狼のキャラクター
人は人を殺してはならない。
だから、
死刑制度廃止。
  
一般人に裁かれたくない、
誰かを裁きたくない。
だから、
裁判員制度廃止。
 
差別は人を殺す。
人は皆平等。
だから、
天皇制廃止。

複数の人格が運営するブログ。
クレイジーパターン。
ヒソカも複数で運営。
マッドプライド。
  
女児として生まれ、
レディース着用。
でも、  
この身体に納得していない。
いつか脱ぎ捨てたい。
いつか・・・
セクシュアルマイノリティ。

 
プロフィール

白い狼

Twitter プロフィール
ヒソカ。気分の変わりやすい双極性障害一型。精神障害者。59歳。女であり女でない。LGBT。死刑制度・裁判員制度・天皇制廃止。ブログ:白い狼のため息、福岡市民救援会、福岡地区合同労組
ギャラリー
  • わたげ通信No.71を発行しました。
  • わたげ通信No.71を発行しました。
  • わたげ通信No.71を発行しました。
  • 7人の大量死刑執行に抗議情宣しました。
  • 7人の大量死刑執行に抗議情宣しました。
  • 7人の大量死刑執行に抗議情宣しました。
  • 7人の大量死刑執行に抗議情宣しました。
  • 7人の大量死刑執行に抗議情宣しました。
  • 7人の大量死刑執行に抗議情宣しました。