2015年11月

◎弾圧・救援は、「福岡市民救援会」ブログ。 
 http://blog.livedoor.jp/fukukyuen/
◎福岡地区合同労組のブログ
 http://blog.livedoor.jp/white0wolf-fukuokagoudou/

【集会告知】『いのちの輝きを伝えたい』 -章寛さんの今とケニアの子どもたちのこと-

11月23日、九州の大分で、
死刑確定者の奥本章寛さん(2010年3月宮崎家族三人殺害事件)
と被害者家族を支援する集会があります。

お近くの方は、いっらっしゃいませんか?
ブログ管理人は、この日、別の集会を福岡でするので参加できませんが、
昨年、同じ主催者の集会に参加しました。
なぜ、加害者の支援にこんなに人が集まるんだろうと思いつつ始まって、
最後には納得、納得の集会でした。

加害者が罪と向き合うために、被害者の家族が事件と向き合うために何が必要なんだろう。
そんな問いへの答えを一緒に探しませんか?

いのちの輝きを伝えたい 1


















いのちの輝きを伝えたい 2















『いのちの輝きを伝えたい』
-章寛さんの今とケニアの子どもたちのこと-

一人ひとりが、この地球上に生きているということ。
あなたも、私も、彼も、彼女たちも。
どんな境遇でも、どんな過酷な場所でも、
人間は、“いのち” を輝かして生きることが出来る、
ということを伝えたいと思います。

日時:11月23日(月・祝) 13時 開場、 13時30分 開演、 16時45分終了
場所:大分県中津市教育福祉会館
(TEL 0979・24・1294) 入場料:大人 1000円、 中・高校生 500円、小学生以下無料

プログラム:
第1部
● 13:30~早川千晶氏 講演『一緒に生きるということ』~
ケニアのスラムの子どもたちが教えてくれたこと~
● 大西まさや氏 アフリカの太鼓とうたによるライブ

14:50~休憩(支援グッズの販売あります。)

第2部
● 15:00~原田正治氏 講演『死刑では誰も救われない』
(聞き手 黒原智宏弁護士)
● 15:45~パネルディスカッション
“被害者・加害者の対立を超えるために”
パネラー: 原田正治氏 ・ 黒原智宏氏 ・ 早川千晶氏
司会: 岸本加代子・荒牧浩二(オークス事務局)

主催:オークス(奥本章寛さんと被害者家族を支える会)
080・1786・2182(荒牧)、090・9792・1276(岸本)
090・1369・0191(宮崎)、090・7394・9093(矢鳴)

パネラー紹介:
大西まさや氏:神奈川県出身、ケニア在住8年のパーカッショニスト。映像作家。2004年、アフリカの伝統音楽家とそのコミュニティをサポートするためのプロジェクトJIWEを設立。知られざる伝統音楽の発掘、CD制作、音楽を通じての村おこしに取り組んでいる。

早川千晶氏:ケニア・ナイロビ在住23年。ナイロビ最大級のスラム・キベラで、孤児・ストリートチルドレン・貧困児童のための駆け込み寺・マゴソスクール、海岸地方ミリティーニ村にジュンバ・ラ・ワトト(子どもの家)を運営している。 著書に、「アフリカ日和」「輝きがある。~世界の笑顔に出会う瞬間(とき)」。

原田正治氏:1947年愛知県で生まれる、1983年「半田保険金殺人事件」で末弟をされ、事件後十年目、加害者と被害者遺族として異例の面会に臨む。以後、彼の死刑停止および面会継続を求め活動を開始、現在は犯罪被害者の救済支援および確定死刑囚との面会の自由を主張し講演活動など行っている。 著書に「弟を殺した彼と、僕」 ー被害者と加害者との出会い考える会ー「ocean]を設立。

黒原智宏氏:一橋大学法学部・東京大学大学院を経て、平成16年11月に司法試験に合格し、弁護士となる。平成22年3月に宮崎で発生した家族3人殺害事件の弁護人の一人

裁判員制度はいらないインコと博多にわかと「マスコミが伝えない裁判員制度の真相」

11月14日土曜日、11時半から、福岡天神パルコ前で、裁判員制度廃止を求める街頭アピール&パフォーマンスを行いました。主催は「市民のための刑事弁護を共に追求する会」。
前日の雨が残り、降ったり止んだりする中の街頭行動。通行人も普段の土日は目がまわるほどの人通りが、この日は地下道に引っ込んでしまったのか、人通りは少なめ。
いつもの場所に横断幕を張り、スローガンポスターを持ってのスタンディングとマイクスピーチ。
4648

















「裁判員制度はいらないインコ」の登場!!タオルは共同代表筒井・・・。

さらに、博多ぶらぶら、いや、博多にわかです。
マイク1本でのかけあい、すごい!
4655

















「裁判員制度いらんばい」て書いてあるよ~。

4669

















北海道から街頭行動に駆け付けた弁護士!なんちゃって。今日の講師でした・・・。
4671

















インコと仲良し!共同代表の渡辺。

楽しい街頭行動になりました。

移動して、午後2時、「ふくふくプラザ」で、集会を行いました。
4685

















ここでも、博多にわか、大活躍!!

「マスコミが伝えない裁判員制度の真相」と題して、北海道からお招きした猪野亨弁護士のお話を聞きました。
4690

















(あちゃー。「実相」になっとる。「真相」やろうもん)

テーマと同名の著書が花伝社から発行されています。裁判事例や数字データが豊富で良い資料となっていますので、お金のない管理人も、つい買ってしまいました。


お話は、だいたい著書の内容をレジュメにそって進みました。「裁判員制度はいらないインコ」のほうから、後程、詳しい報告があがると思いますので、少しだけ・・・。

裁判員制度の処理件数は、始めた頃の6年前に比べて年々減っているということです。
これは、刑事事件、特に「凶悪事件」が減っているということです。
裁判員制度は、殺人や放火のような重大事件しか扱わないので、処理件数も当然減ってしまうのです。しかし、報道を見ていると、凶悪事件が増えているように感じるように作られています。(管理人:何度も同じ事件を色んな角度から流していますよね)
だから、裁判員の出頭数は3割弱に減ってしまっているけれど、処理件数も減っているので、裁判員制度は何とか存続しているのです。(管理人:ドヒャー。でも、予算は変わってない・・・)

裁判員が出頭しないと科料が!って話だったはずなのに、実際には誰も科料を請求されていないのです。(管理人:そりゃそうだ。この科料。請求したら憲法違反が争われてしまいますよね)

裁判員裁判で出た判決を高裁で争われることを裁判員が嫌がる。報道は、「これこそ裁判員裁判ならではの判決!」と絶賛するが、実際の評決は先例を重視しての議論になる。「これこそ」はないはず。ところが、裁判員が頑張って、先例より重罰を科そうとする。そうして重罰・厳罰が出たとき、報道も世間の人々も「さすが」と称える。(管理人:裁判員経験者が「頑張って考えて出した判決をひっくり返すなんて・・・」と言っているのですよね。何様じゃい!)

裁判員が自分を「神」であるかのように勘違いしてしまう傾向がある。そういう人しか「なりて」がない状況への不安。裁判員制度経験者のグループが活動している。頑張って、自分たちが社会を良くしていくという。ある種のファシズム的な・・。(管理人:世直し隊か?自警団みたいな、そういう草の根ファシズムが一番怖いよ)

ということで・・きりがないので報告を終わりますが、心ある裁判官こそが、裁判員制度が廃止されてほしいと切に願っているのでは?な裁判員制度、早く廃止させましょう!

猪野さん、遠いところをありがとうございました。
インコ、無理するなよ!お疲れさん。
博多にわか、楽しかったです。また、新ネタ披露、待っています。
みなさん、お疲れさまでした。

おまけ
しかし、11月とは思えない暖かさと湿度だったこの日、着ぐるみの中は相当に辛かったと思います。お疲れさまです。身体張ってるねー、インコちゃん。

この街頭行動の報告、インコがするとこうなる!
 →→→ 11月14日福岡での街頭宣伝にインコが参加!

4681


















4682

【明日!】11月14日の裁判員制度はいらない!市民集会への結集を!

【時間変更!】11/14(土)11:30頃から「裁判員制度反対」街頭アピール@福岡市天神パルコ前。

【明日!】
11月14日の裁判員制度はいらない!
市民集会への結集を!


何度もご覧になっている方、ごめんなさい。
いよいよ、明日なりましたので、再度、ネットで告知しています。

明日の集会の前に11:30頃から天神パルコ前で、「裁判員制度反対」街頭アピールをやります。
いのうえしんぢさん新作の博多にわかでパフォーマンスもあります。

14時から、ふくふくプラザで集会です。
こちらでも、いのうえしんぢさんのにわかをご覧頂けます。

 裁判員制度は6年目になりましたが、重大事件ばかりを担当する裁判員は責任が重く、判決に関わりたくないとの思いや、
仕事が学業を犠牲にしたくないということから、裁判員呼び出しに応じる人は、ますます減ってきています。
 また、裁判で事件の被害に関する証拠によってPTSDを訴える人も出て、国賠裁判にもなっており、
多くの問題が露呈されていますが、制度として成立したからには簡単にはやめられないという最高裁・国のメンツに支えられています。
 しかし、みんなが裁判員呼び出しを拒否すればやめられます。
 素人に判決を出させる裁判員制度のために、わかりやすい裁判を目指して、弁護士、検察、裁判所の事前非公開打ち合わせ、
被害者保護重視での覆面証言など裁判の公開原則はどこへやら。
 まずは、裁判員制度の実態をお伝えしたいと思います。ぜひ、足をお運びください。


以下、集会参加呼びかけのビラです。

**********************

2015.11.14  市民集会 
裁判員制度はいらない!
「マスコミが伝えない裁判員制度の真相」
著者・猪野亨(いの・とおる)弁護士を講師に迎えて


と  き   11月14 日( 土)
          午後1時 30分 開場
         午後2時~4時30分

ところ   ふくふくプラザ5階 視聴覚室
         ☎092-731-2929  (福岡市中央区荒戸3丁目番39号)

参加費   無 料

講  師  弁護士 猪 野 亨 さん

☆ 講師プロフィール☆
1968年生まれ,神奈川県出身。北海道大学法部を卒業後, 1998年に弁護士登録。
2000より、いの法律事務所開設。札幌弁護士会所属。
2007年より「北海道裁判員制度を考える会」事務局として,裁判員制度廃止に向けた街頭活動や学習会などを行う。
また,ブログで司法の問題について広く発信している。(著書より引用)

著書の目次見出しより
§1 絶賛される「市民感覚」とは何か
§2 出頭率の真実~裁判員制度は円滑に運営されているとうホント?
§3 良い経験の真実
§4 運営面の真実
§5 神に等しい裁判員~加速する暴走
§6 裁判員制度における審理と量刑
§7 裁判員制度におけるわかりやすさが持つ落とし穴
§8 裁判員ってどのような人たち?

 裁判員開始から6年が経過しまた。マスコミは制度賛成を社是としているのか、裁判員裁判の実情・問題点についてはほとんど報道しません。
「違憲のデパート」とも指摘されている制度のもと、被告人は不安にさらされつつ拘束期間が長期化し、判決は重罰化しています。
 呼び出されてまじめに参加した裁判員の中には、その重圧で精神的バランスを崩し失職 したり、重い急性ストレス障害で人生を破壊されたりした人もでています。

 何一ついいことのないこの制度を廃止するには、「国民」が参加を拒否すればよいのでは。
既に85%近くの「国民」が裁判員にはあまりなりたくないと表明し、事実呼び出された裁判 員候補者のうち最終くじに残る人は約15%です。
ほとんどの候補者が無断で出頭しなかったり、なんとか理由をつけて事実上の免除を受けたりしています。
「司法の国民的基盤を 強化する」というこの制度の目的は無残に崩れ、立ち枯状態です。

さらば裁判員制度!
この集会で実情を知りましょう。

ー呼びかけー
市民のための刑事裁判を共に追求する会
 共同代表  渡邉富美子 (元弁護士)      筒井 修(Tシャツ訴訟原告)
 事務局   福岡市中央区赤坂1-3-12-2F   TEL 092-741-0410
      李法律事務所 弁護士 李博盛
☆彡 白い狼のキャラクター
人は人を殺してはならない。
だから、
死刑制度廃止。
  
一般人に裁かれたくない、
誰かを裁きたくない。
だから、
裁判員制度廃止。
 
差別は人を殺す。
人は皆平等。
だから、
天皇制廃止。

複数の人格が運営するブログ。
クレイジーパターン。
ヒソカも複数で運営。
マッドプライド。
  
女児として生まれ、
レディース着用。
でも、  
この身体に納得していない。
いつか脱ぎ捨てたい。
いつか・・・
セクシュアルマイノリティ。

 
プロフィール

白い狼

Twitter プロフィール
福岡市民救援会。死刑廃止。天皇制解体。戸籍制度廃止。トランスジェンダー。「通知」はフォローアカウントのみ設定。気まぐれフォロー。リツイート・いいねがメモのときもあり。狼だけど牛肉は食しません。アナーキー。
ギャラリー
  • 10月19日の福岡で、「いらんばい!天皇制 Part2 10.19集会」でした。
  • 10月19日の福岡で、「いらんばい!天皇制 Part2 10.19集会」でした。
  • 10月19日の福岡で、「いらんばい!天皇制 Part2 10.19集会」でした。
  • 10月19日の福岡で、「いらんばい!天皇制 Part2 10.19集会」でした。
  • 10月19日の福岡で、「いらんばい!天皇制 Part2 10.19集会」でした。
  • 10月19日の福岡で、「いらんばい!天皇制 Part2 10.19集会」でした。
  • 10月19日の福岡で、「いらんばい!天皇制 Part2 10.19集会」でした。
  • 10月19日の福岡で、「いらんばい!天皇制 Part2 10.19集会」でした。
  • 10月19日の福岡で、「いらんばい!天皇制 Part2 10.19集会」でした。