2018年12月

◎弾圧・救援は、「福岡市民救援会」ブログ。 
 http://blog.livedoor.jp/fukukyuen/
◎福岡地区合同労組のブログ
 http://blog.livedoor.jp/white0wolf-fukuokagoudou/

【報告】2018.12.27死刑執行抗議情宣(福岡)

 やはり、死刑の執行はありました。2018年7月、安倍政権は、2度に分けてまで、オウム真理教幹部たち13人の死刑確定者を死刑執行で殺しました。このことは、日本だけでなく世界でも「先進国の大量死刑執行」として話題となりました。毎年行われる、死刑廃止全国合宿では、「これでもうしばらくは死刑執行はないのではないか」という楽観的な意見も聞かれたそうですが、死刑廃止を求める多くの人たちは、むしろ、死刑執行は増えるのではないかと予測していました。そして、予測通り、昨日、大阪拘置所で、二人の死刑確定者が死刑執行で殺されてしまいました。
 この二人の方たちは、仕事納めの前日の朝の「お迎え」に大きな衝撃を受けたことでしょう。以前、クリスマスの執行があったことから、「クリスマス危機」として、その前後を警戒するという習慣がわたしたちにはありましたが、ここまできての執行とは本当に悔しいです。

 日本では、死刑執行の告知が本人にされるのは、正に直前です。朝、房の前に複数の刑務官が来れば、「その日」なのだと知る。だから、毎日が「その日」かもしれないと身構えてしまうそうです。これは精神的拷問です。死刑確定者の刑罰は「死刑執行」です。それまでの期間は、自由は奪っても、その他のことまで過度に規制したり、ましてや、拷問的扱いは許されないはずなのですが。

 おっと、前置きが長くなりましたが、死刑廃止・タンポポの会は、昨日の死刑執行に抗議の街頭情宣をしました。
 12月27日木曜日、17時に福岡天神コア前で、移動できるスピーカーを使ってのマイク情宣とビラまきを行いました。なかなか寒くて、前を通る人たちも、なかなか、ビラに手を出してくれません。ビラをまく手も寒そうですが、マイクを持って喋っているほうは、怒りや悔しさで興奮してか、そう寒くはないのです。
 わたしが喋っている間、じっとこちらを見ている人がいました。ニット帽をかぶりマスクをして、メガネで、表情はわかりませんが、ずっと見ていました。30分くらい。何か話したいのかなと思い、マイクをかわってもらい、ちょっと待ってみましたが、その人はすーっと立ち去ってしまいました。なんだったのか。
 情宣参加者は、5人とお子様。緊急で、少人数でも、とにかく、わたしたちは声をあげた。死刑は許さないぞ。黙ってないぞ。安倍政権の人殺し政策に従わないぞ、という意思表示だけは、これからも最低していくことを確認しました。
 しかし、このままでは、来年の天皇代替わり前の「駆け込み執行」がバタバタくるかもしれない。危機感が募る。でも、わたしたちは、死刑執行という人殺しに慣れていっちゃいけない。抗おう!抵抗しよう!レジストしよう!

街頭で配布したビラです。

*****

国家の人殺しに抗議します!!
死刑では何も解決しない!
国は殺人の手本を示すな!

 12月27日、また死刑執行で人が殺されました。大阪拘置所の岡本啓三さんと末森博也さんです。2人は、強盗殺人、死体遺棄などで死刑判決を受けていますが、事件当時は、31歳と36歳、死刑確定が2004年ですから、14年間、「死刑囚」であったわけです。岡本さんは、その間に、「こんな僕でも生きてていいの」など著書を3冊出版し、再審請求中でした。末森さんについては情報を持ちませんが、まだまだ、生きていたいと思う年齢であったろうと思います。生きて罪を償うことのできない日本に生まれ育ったことが、本当に残念だったと思います。

 安倍政権は、7月に13人もの大量死刑執行を強行し、世界各国から非難の声を浴びました。世界の多くの国や地域が死刑廃止となっているのですから、非難されるのは当然です。欧州からの「死刑を停止して、廃止してください」との声明も構うことなく、今日の死刑執行を行いました。日本では、今年だけで、15人もの死刑執行となりました。執行命令を出した山下貴司法務大臣にとって初めての死刑執行でしたが、就任から、わずか3ヶ月弱での執行とは、死刑執行についての精査、検討というのは、そんなにも簡単なものなのでしょうか?人の命はそんなにも軽いものなのでしょうか?

 罪を認めている「死刑囚」もいますが、「えん罪」を訴えている「死刑囚」もいます。今日殺された岡本さんも「死刑」という刑罰に納得できないものがあって再審請求していたのです。本当に殺してしまう以外にどうしようもないという判断を人(裁判所)が下すべきではありません。実際に、裁判官を辞したあとで、「実は、あの死刑判決は間違っていると思っていた」と謝罪した元裁判官もいます。
 死刑執行は、あとから取り返しがつきません。せめて、取り返しのつかない刑罰は廃止すべきです。「えん罪死刑囚」の執行など決して許されないはずなのに現実には行われています。「運が悪かった」ではすまないことです。自分の家族が「運悪くえん罪死刑囚」になったらと考える想像力が必要です。誤判、えん罪を100%防ぐことができないから死刑を廃止したという国もあります。

 いま、安倍政権が死刑執行を乱発し、防衛費をアップし、消費税を上げ、表現の自由を取り締まり、労働組合を弾圧しています。すでに、特別秘密法や盗聴法、共謀罪法、戦争法など、戦争準備のための法律は出そろっています。わたしたちは、忙しい毎日に心殺されながら、国家の思う通りに進んでいます。そして、度々の人が殺されること(死刑執行)に慣らされていけば、軽やかに戦争への道のりを歩いていけることでしょう。罪を犯した人の命も無垢な命も、やはり大切な命であり、命に優劣はない、殺していい命なんてないと人々が確信をもって生きることが、悲しい事件のない社会への道です。

 死刑制度と戦争は、国家による、人々の命の支配です。どちらも止めましょう!死刑制度を廃止しましょう!戦争への道は許しません!わたしたちは、今日の死刑執行に強く抗議します!!

福岡市博多区綱場町9-28-703 死刑廃止・タンポポの会

*****

 わたしは、死刑囚と素直に書けないです。囚人という言い方が嫌だし、罪のない人や様々な立場があるのにと考えてしまうのです。死刑確定者と普段は書きますが、街頭では、死刑囚を使わないと伝わりにくいので、「死刑囚」と書きました。

 今回の画像は、混雑する中での情宣をテーマにしました。
ブログ
ブログ2
ブログ3

2人に死刑執行!抗議行動へ来てください!

2人に死刑執行!抗議行動へ来てください!

みなさん、

政権は7月の大量執行でも足りずにまた2人を死刑執行で殺した!許せません!

今日27日、17時に天神コア前で抗議情宣します。

寒いけど、よろしくお願いします。

******

死刑囚2人の刑執行

12/27(木) 9:42配信 共同通信

 死刑囚2人の刑が27日午前に執行されたことが、関係者への取材で分かった。山下貴司法相が命令した。オウム真理教による一連の事件で、松本智津夫元死刑囚=執行時(63)、教祖名麻原彰晃=ら7人が7月6日に、残る幹部ら6人が同26日に執行されて以来。今年の執行人数は計15人となり、一時的に中断していた死刑が再開された1993年以降、最多だった2008年に並んだ。

 山下氏は初の命令。第2次安倍政権以降では、計36人の執行となった。

 死刑制度を巡っては16年、日弁連が20年までの制度廃止を国に求める宣言を採択、組織として初めて廃止を打ち出した。

  hisoka :) 

【報告】主権在民と政教分離に反する「天皇代替わりを問う12.22集会」

【報告】主権在民と政教分離に反する
「天皇代替わりを問う12.22集会」

 今日は天皇誕生日なんだー。関係ないけど、朝から大地震でうちが潰れる夢見て、どうにも気分悪いです。
 さて、昨日12月22日は、「天皇代替わりを問う12.22集会」でした。クリスマス行事でキリスト教関係は、ほぼ不参加?他にも集会があって、参加者は少なめかー?と思っていたら、熊本から、大分からと参加者があり、52人の集まりとなりました。
絢爛豪華な本堂
 司会の木村真昭さんが小さくなったのは、絢爛豪華なお堂をお見せするため?
いえいえ、風邪っぴきでマスクがあごにかかったお姿があまりに見苦しく、いえ、お可哀そうで・・・。
DSC_0066
 この集会の主催者から、この集会に至った経過と、今後も、しっかり反対行動をしていきたいとアピール。 ちなみに、主催者とは、「天皇代替わりを問う九州山口連絡会」です。呼びかけ団体が、「天皇制に問題あり!福岡連絡会」。
 そして、2018年12月22日現在、構成団体は、次の7団体です。浄土真宗本願寺派福岡教区時局問題対策協議会、日本基督教団西中国教区靖国神社問題特別委員会、福岡地区合同労働組合、天皇問題を考える市民ネットワーク(大分)、平和といのちをみつめる会、仏教徒非戦の会・福岡、排外主義にNO!福岡。
DSC_0060
 それから、憲法学の横田耕一さんから、「天皇代替わりに象徴天皇制を考える」と題しての講演でした。各地で活発に講演されている横田さん、まだまだお元気ですね。
横田さん
 わたしは受付をしておりまして、お金の計算やら何やらで、あまりまじめにお話を聞いていなかったので、レジュメをご覧ください。
横田さんレジュメ1
横田さんレジュメ2
横田さんレジュメ3
横田さんレジュメ4

 内職しながらのわたしですが、横田さんのお話の大事なところは届いています。
「天皇制をなくしたかったら、差別意識を変えないといけない。内なる天皇制とかそういうことじゃない。一人一人が本当に尊重される世の中を実現しなければだめなんだ」と言っておられました。
 「戦争責任の話を今の若い人たちに言っても仕方がない。戦争を知らないんだから。戦争について責任があるのは、天皇ではなく、わたしたちなのだ」とも話されていましたね。

 天皇制の何が問題なのか、わたしたちは、もっとしっかりと言語化して、若い人も含めて理解されるように伝えていかねばならないのだなと改めて思いました。

 福岡の次の反天は、来年2019年2月11日です。
また、お知らせしますね。

 お疲れさまでした。 
☆彡 白い狼のキャラクター
人は人を殺してはならない。
だから、
死刑制度廃止。
  
一般人に裁かれたくない、
誰かを裁きたくない。
だから、
裁判員制度廃止。
 
差別は人を殺す。
人は皆平等。
だから、
天皇制廃止。

複数の人格が運営するブログ。
クレイジーパターン。
ヒソカも複数で運営。
マッドプライド。
  
女児として生まれ、
レディース着用。
でも、  
この身体に納得していない。
いつか脱ぎ捨てたい。
いつか・・・
セクシュアルマイノリティ。

 
プロフィール

白い狼

Twitter プロフィール
福岡市民救援会。死刑廃止。天皇制解体。戸籍制度廃止。トランスジェンダー。「通知」はフォローアカウントのみ設定。気まぐれフォロー。リツイート・いいねがメモのときもあり。狼だけど牛肉は食しません。アナーキー。
ギャラリー
  • 【告知】やめろ!大嘗祭アピール行動
  • 〈救援会声明2〉10/25東京地検の勾留請求、東京地裁の勾留決定糾弾!「10・22天皇即位式弾圧」2名の仲間をすぐに返せ!
  • 10月19日の福岡で、「いらんばい!天皇制 Part2 10.19集会」でした。
  • 10月19日の福岡で、「いらんばい!天皇制 Part2 10.19集会」でした。
  • 10月19日の福岡で、「いらんばい!天皇制 Part2 10.19集会」でした。
  • 10月19日の福岡で、「いらんばい!天皇制 Part2 10.19集会」でした。
  • 10月19日の福岡で、「いらんばい!天皇制 Part2 10.19集会」でした。
  • 10月19日の福岡で、「いらんばい!天皇制 Part2 10.19集会」でした。
  • 10月19日の福岡で、「いらんばい!天皇制 Part2 10.19集会」でした。