2017年04月09日

やっぱり春が

「わーい、春だ。春だよ。」
「やっぱり春が来たんだね。」

確か小学3年の時、学芸会の劇でのセリフ。
「春」をテーマにした内容で動物がたくさん出てきた。

上に書いたセリフは、亀だったか、もぐらだったか。

ちなみに自分は鳥の役。
黄色のセーターとタイツ、全身黄色で被り物をして、羽をつけて。
セリフは忘れてしまった(笑)

なんで、他人のセリフを覚えてるかっていうと、そのセリフを言う役の子が、どうしても発音が訛ってしまって、何度やっても直らなくて、先生に「もっと小学生らしく」って言われてて。
小学生に小学生らしくって(笑)
それで、そこの部分に来ると、みんな、ツボに入ってしまって、笑いをこらえてたのを記憶してて。
当人にしたら、大変だったろうな〜。


今年も春が来た。
一番好きな季節。
いつも、気が付くと、過ぎていってしまうけど。
今年も、そうなんだろうけど、少しでも一瞬でも多く「春」を感じたい。


今日は告知。
ラジオ番組の選曲をした。

昔、8年間、ラジオで音楽番組のレギュラーをやっていたんだけど、それが終わって以来の選曲。
もう10年位、前になるかも。
その番組が始まったのも、確か「春」だったかな。
第一回目と最終回は、今でも鮮明に覚えている。
担当してくれたディレクターと放送局の人にも、とても良くしてもらって、好き勝手にやらせてもらった。
大物というか、有名なミュージシャンも何人かゲスト出演してくれて。


そんなことを思い出しながら、選曲させてもらった。
ほぼ仕事オンリーの毎日の合間を縫って、少しだったけど、昔の自分に戻れたような。
最近のお気に入りと、春らしい選曲、一応ね(笑)

と言う訳で、番組は県内で聴けるみたいなので、もし良ければ。
約1時間、懇親の選曲です(笑)

詳細は以下の通り。

■番組概要
青森県内で活躍するDJのミックス音源をお届けするmusicPROGRAM「glocal MIX」。
番組スタートから2年目に入り、今年度からはDJのMIX音源だけではなく、BANDのメンバーなどがセレクトした音源もオンエアします。
また、今月から五所川原市を放送エリアとするG-Radioでも放送開始となり青森県内4局での放送となります。

新年度3回目の放送ミュージーシャンセレクトの初回は竹内晃(creeps)が担当します。


■放送日時
八戸市・BE FMが4月15日・土曜日21時~
むつ市・FMアジュールが4月15日・土曜日23時~
五所川原市・G-Radioが4月15日・土曜日20時~
弘前市・FMアップルウェーブが4月16日・日曜日22時~

地上波以外は、インターネットの「サイマルラジオ」でPCやスマートフォンを使って好きな場所で聞くことが出来ます。


やっぱり春が来たんだね(笑)

white_bicycle at 21:30|この記事のURLComments(0)

2017年01月23日

あいつはアイルランドへ旅立ったよ。

牛丼は、つゆぬき。
つけ麺は、あつもり。
焼き鳥は、つくねとピーマン。
ラーメンは、担々麺。
ギターは、フロントピックアップ。
酒も飲めないし、旅もしないのに、飲み歩く旅番組が好き。

そんなくだらないこだわりしか書けない情けなさ。


翔一は今夜、アイルランドへ旅立つ。
ヨーロッパを旅してくるみたいだ。

10年前、自分が音楽を止めようと思った時も、翔一はアイルランドへ旅立った。

ちょうど最後に音楽のけじめをつけようと、ライブで東京にいた自分は、見送りに行こうとしたけれど、成田空港への行き方も分からずで。


あれから、ちょうど10年。
自分は音楽を止めた。

そして翔一は再びアイルランドへ。


自分が、今、何を言いたいのか、言葉にできないけど、いってらっしゃい、翔一。
楽しんできて欲しい。

また新しい景色と音楽と大きな心を、弘前に、待ってるみんなに、持ち帰って来て欲しい。

もうすぐ出発かな。

自分の部屋では、マイヘアーイズバッドっていうバンドの曲が流れている。
なんて、いい曲なんだ。


いつか、あの娘が行ったフランスに行ってみたい。
もちろん、翔一が行ったアイルランドにも(笑)

white_bicycle at 22:13|この記事のURLComments(1)

2017年01月11日

インフル

年が明けて、10日が過ぎた。
昨夜から、ようやく、いつも雪景色が。

2016年のことは全部忘れることにした。
とは、絶対にいかないけど、そうしたい位の1年だった。
厄年ってやつにしても、酷すぎだろう。

ラストライブは良かったと思う。
集中できていたし、真っ白な気持ちだった。
記憶がないということは、そういうことではないだろうか。
20年間、本当にありがとうございました。


と言うことで、昨年末は珍しく家族で過ごすはずだったが・・・。
仕事を終えて実家に帰る途中、お袋から電話があり、急な高熱と声がでないため、これから救急病院に行くとのこと。
大丈夫か・・・と思いながら、実家に着くと、90歳になる婆ちゃんも調子が悪く、ベッドで震えていた。
お袋が病院から戻ってきた頃、婆ちゃんの容態が悪化、すぐに救急車を呼び、救急病院へ。
命には別条はなかったものの、大きな病気もしてるし、心配なので、落ち着くまで付き添うことにした。

大晦日でも関係なく、救急車や緊急外来から患者が入ってくる病院は慌ただしかった。
こういう現場で働く人にとっては年末年始も関係ない。

そんな処置室で、独り・・・いや、婆ちゃんと二人、年を越して、2017年の朝を迎えた。

最後の最後まで気の抜けない1年の終わりと、思いがけない1年の始まりだった。
婆ちゃんはそのまま入院し、今、順調に回復に向かっている。


そして、数日後、自分は人生初のインフルエンザに。
今日が発病5日目、出勤停止の最終日。
まったくもう、なんなんだ。

と思いながら、今日は熱も下がったし、久しぶりにたくさんの音楽を聴いた。
新しいのから(自分にとって)、昔のものから、自分の作品まで。

去年も、以前と比べたら全然少ないけど、アルバムをそれでも20枚位かな、購入した。
その中で、印象に残った名盤は3枚。

今日はそれらも含めて、色々なバンドのMVも見た。
ここ数年は邦楽の方が個人的に面白い。
個性的なバンドがたくさんいて、ジャンルも幅広くなってきているように思える。
流行りの音や傾向は、その年毎にあるみたいだけど。

今日も良いバンドを見つけた。

勢いのあるバンドのボーカルは、みんな、いい顔している。
それはイケメンとか、みんな、整った顔しているけれど、そういう意味ではもちろんなく。
うまく言えないけど、顔ができている。

それに比べたら自分の顔は・・・。
インフルエンザ5日目の髭だらけの顔は、見せられたもんじゃないな(笑)

音楽やってる時の自分は別人のようだと、結構な頻度で言われるけど、仕事してる時は一体どんな顔になってるんだろうか。
昔から全く意識はしていないけど、そう言われることが多い。

先日も仕事終わりに、コンビニに寄って、帰る時に仕事関係の人とすれ違ったから、挨拶したら、誰だか全然分からなかったって驚かれた。別人だよねって。別人じゃないけどね。

話がそれた。
いい音楽に出会うと、機嫌が良くなるというか、調子が良い。
そこは変わらないみたいだ。


今の自分は、今年の自分は、武器を持たない、すべてを捨てた、裸の戦士ようなもの。
ゼロになった。(バンドのことではなくて)
戦う意思すらあるのか分からない。
もう戦士ではないのかもしれない。

それでも生きていかなければいけない。
前に進まなければいけない。

一つの小さな光が消えた。
心から笑える日なんて、来ないかもしれない。
でも、諦めたら、そこですぐ終わるから、新たな道ではないけれど、再スタートを、と思っている。

今年は音楽的な進展は、ほとんどないだろうし、ブログもどうしようか、まだ悩んでますが、それでも気が向いた時でも、ここを覗いてくれたら嬉しいです。
今日のように、グダグダ書いていると思います(笑)

色々あるけど、自分は元気です。
インフルエンザだけどね。
みなさんも気をつけて。

今年もよろしくお願いします。


white_bicycle at 22:28|この記事のURLComments(0)

2016年12月30日

2016

PA100074
PA100051
PA100196-1008x1344
P5220627-1008x1344
P5220586-1008x1344
P5220534-1008x1344
P5220146-1008x1344
PB272028-1008x1344
PB271980
PB271974
PB271881-1008x1344
PB271875-1008x1344
PB271803-1008x1344
PB271801
PB271792
PB271790-1008x1344
PB271783-1008x1344
PB271723-1008x1344
PB271708-1008x1344
PB271657-1008x1344
PB271629-1008x1344
P8200014


white_bicycle at 14:27|この記事のURLComments(0)

2016年12月01日

So long

忘れかけていた 思い出を一つ
心に咲かせてみれば

僕の知らない 君の世界に少し
近づけるような気がして

無邪気だった頃は いつの間にか消え
それぞれ大人になっていたけれど

君はどこかで あの日の笑顔を
みんなの笑顔を
取り戻そうとして
必死で もがいていたのかもね

遠い日々 今はまだ 何もかも
信じられないけれど

この胸に しっかりと 息が詰まるほど
刻まれた 大きな何かが あることは確かで

それはきっと 君がくれた
最後のメッセージ

アドナインスが響くよ
あの笑顔が 浮かんでは 滲んでゆくよ

アドナインスが響くよ
君は どこかで
都合悪そうに笑っているのかな

澄んだブルー 塗られた冬空に
僕も微笑み返すよ

また いつか
会える日まで

IMG_20161201_203140

creeps
19960331 - 20161127

white_bicycle at 20:38|この記事のURLComments(1)