March 11, 2007

読んでみようかと3

今日は寒かったですね〜。
そんな日に限って研修だったり。。
はい、のっぽです。

今日は研修帰りに本を一冊買ってきました。
それはこれ↓



そう、グラミー賞も取り、映画でもけっこう話題になっている「不都合な真実」です。
大統領選挙で、ローガン大統領と、、間違えた、ブッシュジュニアと闘ったゴアの研究結果をまとめたものです。
僕も以前から興味がありましたが大学時代の先輩から、建築をやる限りは観ておくべきとアドバイスされたので、まずは本から。
確かに建築・建設と環境は切っても切り離せない問題です。勉強して損はない。というか、しないといけない。これは職務。
アマゾンの評価は良書だったり、ゴアの欺瞞といっていたりと賛否両論。
でも、こういった問題を提示することは大切なこと。
読んだら感想をアップします。
それにしても、『A GLOBAL WARNING』って深い言葉だと思いませんか。
信じるか信じないか、地球の生命は永遠か??みなさんのお答えは、さぁどっち!?




white_design at 23:15│Comments(0)TrackBack(1)clip!一般 | 建築

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 「『私』でなく『公』の意識を」  [ 江戸摩呂日記 ??メディア千本ノック?? ]   March 12, 2007 11:06
東京新聞(朝刊)2006年12月31日(社説) ?  このあいだ発表されたアカデミー賞では、地球温暖化の危険を訴えた「不都合な真実」ちゅう映画が、アカデミー賞で長編ドキュメンタリー賞を獲得したんかて。また、伝統的なリムジンカーをやめて小型で燃費のええ...

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔