DSCF6387_R

韓国は綺麗なサイクリングロードが整備されており、正直難易度が低すぎて特別注意事項は必要無いのではないかと思うのだが、ここは初めての海外サイクリングで韓国を走ろうという人間を想定して詳細を書こうと思う
世界を周ってきた歴戦の自転車乗りは読まなくていいです



 





お金について

2015年現在は円安ウォン高で韓国の物価は日本とほとんど変わらないぐらいになっている
コンビニでコーラのペットボトル500mlが190ウォン(200円弱)
ローカル食堂でビビンバが5000ウォン~7000ウォン(500円~700円)ぐらい
宿は日本よりやや安く30000ウォン~50000ウォン(3000円~5000円)ぐらい

空港や港の他、明洞などの観光地には両替屋があるが、その他ではほとんど見かけない
銀行で日本円からウォンへの両替は可能だが営業時間は短いのでやや不便
日本での両替はウォンのレートが悪いので韓国へ渡ってから両替した方がいい
ATMはどこにでもあり、コンビニにも設置されているうえ24時間稼働しているので両替するよりはキャッシングの方が手間はかからない










治安

某匿名掲示板では犯罪大国のような書かれ方をしているが、かなり平和な国
統計上は日本より犯罪率が高いが、比較対象が日本であり日本以外の諸外国では犯罪は少ない方だ 
普通に旅行していてトラブルに巻き込まれることはまず無いだろう
せいぜいぼったくりに遭うぐらいではないかと思うが、少なくとも俺は一ヶ月程度の滞在の中で料金をごまかされたり不当に高い代金を請求されたりと言う事例は一度も無かった

対日感情は良好で友好的
腹が立つ様な対応を受けたことは無い








宿

ソウルや大邸、釜山などの特別市クラスの大都市なら旅行者向けの安宿がある
宿代は2000円~ぐらい
都市部以外では国道沿いにモーテルがたくさんある
モーテルというか外観からして完全にラブホだがお一人様でも問題なく泊まれる
と言うか韓国では普通に宿泊目的でラブホに泊まることは一般的なようだ
価格は平日で2000円~4000円、週末は3000円~5000円といった感じ
韓国では日本の温泉マークがホテルのマークで、どこのホテルでも看板に逆さクラゲが書かれているのでそれを探せばいい
と言うかピンクとかのネオンでピカピカしててラブホ感全開なので遠くからでも一目で分かるが

サイクリングロードはその殆どが河川敷を辿るように作られており、沿道ならほとんどどこでもテントが張れるそうな感じ
一応大きな公園にはキャンプ禁止の看板が立ってる事もあるが、大抵の場所は怒られたりはないと思う
治安面でも特に不安は無い


DSCF6371_R

DSCF6299_R

温泉ではない










自転車及びアウトドア用品

韓国では自転車が流行っているようで、ショップも相応にある
スポーツ車が広く普及しているのでMTB、ロードなど種類を問わず車体もパーツも入手は容易

アウトドア用品も割りとどこでも手に入る
韓国には高山が無いのでハイパフォーマンスなギア類は少ないが、ウェアやザックなどはそこら中で売られている
キャンピングガスなどはスーパーやダイソーなどの1000均でも売っているので、自転車旅行で使うようなアイテムの入手に困ることは無いだろう










装備

日本を自転車で旅行したことがあるならば、その荷物にパスポートを追加するだけで構わない
MOTELがたくさんあるのでキャンプ道具は無くても問題無いが、円安ウォン高で宿代もバカにならないのでテントがあると費用をかなり圧縮できる
食堂もそれなりにあるのだが、田舎区間にはやはり食事ができる店は少ないし、韓国にはお一人様お断りの飲食店が多いのでラーメンが作れる程度の調理器具があった方が捗る
コンビニでおにぎりやパンを買って乗り切ってもいいが流石にちょっと味気ない
あとは数セットの着替えと最低限の修理工具があれば充分










ネット状況

韓国で外国人が買えるプリペイドSIMはevergreenのEG SIMとMmobileのKTisがある
俺は料金プランを比較してEG SIMを買った
と言うかKTisが見つからなかった
特に販売店と言うのは無く、コンビニで購入するのだが、どこのコンビニにでも置いているわけではなく、明洞などの外国人が集まるエリアか空港内のコンビニにしか無いので、入国時に空港などで入手しておくと良い
SIMに日本語の説明書が付属しているので、それに従ってアクティベートすればすぐに使える
プリペイドSIMは3G通信のみだが、速度はまずまず
サイクリングロード沿いならほぼ全域をカバーしている


DSCF6270_R











サイクリングロードについて

DSCF6311_R


4 river guide   一応こちらが公式サイト
4 river guide   こっちが英語版

起点が仁川の漢江河口、終点が釜山の洛東江河口
距離は最短で640km、安東へ寄ると700km
当然ながらサイクリングロードを通らなくても一般国道を通って縦断できるが、こんな素晴らしい道を使わない理由はない
縦断以外にも地方へ向けてサイクリングロードが幾つも分岐しているので、寄り道するのもいいだろう
自動車と同じく右側通行なので最初は戸惑うかも知れないが10分で慣れる

一応分岐点や曲がり角などには進路を示す看板が設置されているが、見落としてしまうこともあるので地図を持っていたほうが心強いだろう
サイクリングマップは起点にある事務所で手に入るらしいが、俺は入手しなかったので詳細は不明
詳細なサイクリングロードはNEVER MAPで自転車モードで表示される
ハングルオンリーなので全く読めないが、少し弄れば使い方は感覚的に理解できる

サイクリングリード沿いには商店や宿はほとんど無いが、並行する国道沿いにはコンビニやMOTELがある
田舎エリアでは商店が少ない場所もあるので水と行動食はある程度携行した方がいい
もっとも何時間も走って店の一軒も無いなどという事は無い
宿やコンビニは前述のNEVER MAPで検索するといいだろう
韓国ではgoogleMAPはあまりメジャーではないらしく、精度と情報量でNEVER MAPに劣る










日本と韓国間の海路について

日本から釜山へ行く船は博多から出る高速船ビートル、同じく博多からのフェリーかめりあ、下関から出るフェリー関釜フェリー
ビートルが一番安く、速いが自転車は乗せられないどころか、分解してもダメとか舐めたことヌかしやがった
かめりあには荷物をつけたまま載せられる
関釜フェリーは韓国サイクリングツアーを主催しているぐらいなので当然自転車も載せられるだろう

他にも大阪から釜山境港から東海などがあるようだがそっちは知らないので各自調べてくれ