日本迷車紀行

珍車、迷車、変態車、不人気車、マイナー車、ネオクラシック車、たまに名車を探索しています。

三菱 デボネア (3代目) 
販売期間 1992-1999



2代目よりも見かける回数が少ない3代目デボネアです。一般ユーザーが転がしているイメージが薄く、2代目と比べてより三菱重役専用車という印象が強いです。今回はフェンダーミラー仕様だったので、どこかの会社で使われていたものでしょうか。じっくりと観察させて頂いたのですが、エンブレムはスリーダイヤではなくDをアレンジしたデボネア独自のものが使用されており、三菱のニクい心遣いを感じました。ディグニティ、プラウディア登場までの三菱最上級車デボネア、やはりこの威光は他のメーカーには出せません。三菱関係者かよっぽど三菱好きな人しか乗らない、乗り手を選ぶ車だと言えます。

レア度   ☆☆☆☆・
迷車度   ☆☆☆☆☆
絶滅危険度 ☆☆☆・・

レクサス RX330 (2代目) 
販売期間 2003-2009




2代目のレクサスRXです。ハリアーは人気車で数が多く、その中でエンブレムをレクサス化したものも多いです。今回もそういった個体かと思いきや、左ハンドルの本物のRXでした。レクサスの国内展開が始まってから左ハンドルのレクサスは昔以上に見かけなくなってきました。そういう訳で、2代目RXは2000年以降のモデルですがそれなりにレアだと思います。個人的には、ES (ウィンダム) 、IS (アルテッツァ) を血眼で探しているのですがさっぱり縁がありません。

レア度   ☆☆☆☆・
迷車度   ・・・・・
絶滅危険度 ☆・・・・

日産 パルサーセリエS-RV
販売期間 1995-2000 (1996追加) 



5代目パルサーを当時流行のRVテイストに外装を変更したものがパルサーセリエS-RVです。スターレットリミックス、インプレッサグラベルEX、ギャランスポーツGTなどなど、当時は同じように突貫工事でRV風に仕立てられたモデルがたくさんありました。どのモデルもRVブームの終焉と共に足並みを揃えてひっそりと姿を消していきましたね。

ここのところ、90年代初期の車の中古車価格が高騰してきています。状態の良いタマであれば、プレミア価格で販売されるようになってきました。そんな中、今回のパルサーセリエS-RVのような90年代後半のモデルもなかなかの懐かしさを感じさせる存在になってきました。あと10年経てばパルサーセリエS-RVもびっくりするような値段で取引きされるのかもしれません。ただ、今現在は中古車サイトでは在庫0。絶滅の方向へ向かっているのでしょうか。

レア度   ☆☆☆・・
迷車度   ☆☆☆☆・
絶滅危険度 ☆☆☆・・




スバル ドミンゴアラジン
販売期間1 994-1998(アラジン1996追加)



今回は東京都在住Sさんから投稿いただきました。今までで掲載してきた車の中で一番レアかもしれません。ドミンゴの特別仕様車で、屋根がリフトアップする機構を持つアラジンです。調べたところ、販売数は驚異の282台という少なさでスーパーカー並みの数字です。ところが、元々コアな人気を持つドミンゴだけあって今回のアラジンも一部層にカルト的な人気を博しているようです。また、アラジンに炊事場などが付いたアラジンキャンパーというモデルは、中古車市場で走行17万キロのタマに120万円程度の値段が付いておりました。ドミンゴ恐るべし。

レア度   ☆☆☆☆☆
迷車度   ☆☆☆・・
絶滅危険度 ☆☆☆・・

三菱 ギャランAMG
販売期間 1987-1992(AMG1989追加)



今回は東京都のOさんから投稿いただきました。かなりレアな今回のモデル、発見された時はオシッコが漏れたんじゃないですか?さて、今回投稿いただいたのは、6代目ギャランにラインナップされたドイツAMGチューンドモデルです。後期型のタイプⅠだと思われます。ギャランといえばVR-4ですが、こちらのAMGモデルも渋いですね。ターボのVR-4に対してAMGはNAをチューンしたものでした。AMGのエアロパーツとホイールでノーマルはもちろん、VR-4とも一味違う毛色の車に仕上がっていると思います。文句なくカッコいいです。私もこの目で拝みたい一台です。

レア度   ☆☆☆☆☆
迷車度   ☆☆☆・・
絶滅危険度 ☆☆☆・・

↑このページのトップヘ