日本迷車紀行

珍車、迷車、変態車、不人気車、マイナー車、ネオクラシック車、たまに名車を探索しています。

日産 ローレル (5代目) 
販売期間 1984-1988




C32ローレルです。ガンメタのツートンが渋いですね。グレードはVターボメダリストでした。マークⅡ3兄弟と熾烈なライバル争いが繰り広げられましたが、その中で当時から車名が継続されている車種は今では皆無です。マークⅡ3兄弟に比べて女の子受けが悪かったと言われるC32ローレルですが、私はこのオヤジ臭さが好きです。今回の個体は動かしていない雰囲気が漂っており、このまま朽ちていってしまうのでしょうか。


レア度   ☆☆☆☆・
迷車度   ・・・・・
絶滅危険度 ☆☆☆☆・

トヨタ チェイサー (2代目) 
販売期間 1980-1984



前回のコロナマークⅡに続き80年代初期のモデルをお届けします。マークⅡ3兄弟の一角である60系チェイサーです。グレードは2000アバンテターボです。こちらの個体は目立つ場所にあることも手伝って、いわゆる有名な個体のようで、他のサイトさんでも掲載されているのを見かけたことがあります。これほど古い車が綺麗なコンディションを保ちながら青空駐車してある様子は異様とも思えます。60系クレスタも捕獲して60系マークⅡ3兄弟コンプリートといきたいところですが、そんなに簡単にはいないものです。


レア度   ☆☆☆☆・
迷車度   ・・・・・
絶滅危険度 ☆☆☆☆・

トヨタ コロナマークⅡ (4代目) 
販売期間 1980-1984


4代目コロナマークⅡです。人々の記憶から忘れ去られ、影に隠れた車たちにスポットライトを当てて行くという当ブログのメインテーマとは違い、今回は完全なスター街道を行く名車です。約35年前の車ですがとても綺麗な状態で、オーナーさんは間違いなく好きで乗っておられる方だと思います。80年代の車は趣味で乗る旧車の域に完全に入っていることを実感しました。


レア度   ☆☆☆☆・
迷車度   ・・・・・
絶滅危険度 ☆☆☆・・

日産 サファリ(2代目)
販売期間 1987−1997




日産サファリです。捕獲までに思いがけず時間がかかってしまいました。2017年現在、高級SUVは人気カテゴリーですが、80年代〜90年代に多く見られた本格クロカンという雰囲気の四駆はあまり見かけなくなってきました。必要あるのかと思うような大きいフロントグリルも久々に見ました。個人的には無骨な感じが漂うこうしたクロカンタイプはかなり渋いと思います。国内の大型クロカン市場ではランドクルーザー、パジェロ、ビッグホーンなどと覇権を争ったサファリでしたが、ランドクルーザーの牙城を崩すことはできず人気は2番手、3番手というイメージでした。そうした背景がシーマやレパードと重なる部分があり、応援したくなる一台です。


レア度   ☆☆☆・・
迷車度   ・・・・・
絶滅危険度 ☆☆☆・・

日本フォード フェスティバ (2代目) 
販売期間 1993-1997



ホンダ・シティのライバルとして人気を博した初代、デミオのOEMでソコソコ売れた3代目に対して印象の薄い2代目フェスティバです。2ドアだけの展開が災いしたのか、初代のようなヒットにはなりませんでした。「先代の方が多く残っている系」だと思います。2代目の方が玉数は少ないはずです。


レア度   ☆☆☆☆・
迷車度   ☆☆☆☆・
絶滅危険度 ☆☆☆☆・

↑このページのトップヘ