100 :すまいる名無しさん 2013/05/16(木) 15:13:53.39 ID:AMpj8PAZ 
数年前に付き合っていたAは、かなりメールを送ってくるタイプだった。
俺もそれなりに返信していたが、付き合いはじめて半年くらい経った時
仕事がめちゃくちゃ忙しくなってきたのでAに
「仕事が忙しくなってきたからあんまりメール出来ないかも。ごめん。」
と電話で言っておいた。
Aは「分かった!頑張ってね!!」と言ってくれた。





薄毛女性に大人気!無添加育毛剤


それ以降Aからのメールの頻度は変わらなかったのだが、 
俺からは「おはよう。仕事頑張るわ」 
「Aもお疲れさま。お休み」くらいしかメール出来ず 
素っ気ない返事しか出来なくて悪いなぁと思っていた。 

だがある日Aから
「あんたさぁ、メールの文面パターン化してるんですけど!
あんたは機械なの?何のつもり?」
というメールが来た時は本気でびっくりした。
何かの冗談かと思ったけど違った。

忙しいことをもう一度説明しても、
「言い訳は聞きたくない!」の一点張りだったので冷めてしまった。

甘々メールからブチギレメールへと変貌を遂げたあの時は
驚愕しすぎて仕事も手につかなくなりそうだった。




101 :すまいる名無しさん 2013/05/16(木) 15:33:12.76 ID:EbVoNxrQ
>>100
すんなり別れられたの?



102 :すまいる名無しさん 2013/05/16(木) 15:45:09.54 ID:AMpj8PAZ
>>101
ほぼ喧嘩別れ。
というか、向こうからの最後のメールが
「機械とはメールしたくないんで。メールしてこないでね」って感じで、
かなり一方的に終了されてしまったw

俺もその時点ではもう冷めまくってたからそれで別に良かったんだけど。
本当に別の人とメールしてんのかと思うレベルだったわ




103 :すまいる名無しさん 2013/05/16(木) 15:48:14.94 ID:EbVoNxrQ
>>102
ひでぇw
でも変に縋りつかれてメンヘラ化するよりは良かったよね、本当お疲れ



104 :すまいる名無しさん 2013/05/16(木) 15:55:03.04 ID:2uuXRrU+
>>102
「機械とはメールしたくないんで。メールしてこないでね」
というメールに
「Aもお疲れさま。お休み」
と返せば修羅場継続w



105 :すまいる名無しさん 2013/05/16(木) 16:01:19.61 ID:WTOvDFZt
相変わらず頻度の変わらないメールにも
一応ちゃんと返事していたのにひどいなw
普通はそう言われたら忙しい相手を気遣って
少し控えめにするもんじゃないのか?



106 :すまいる名無しさん 2013/05/16(木) 16:18:28.19 ID:INJjRTey
メールメールメールメール煩い人面倒くさいな。
必死に丁寧なメールしてないと保てないような仲だったら
長続きはしないと思う。






 

☆長編!前後編!ゆっくり読みたい人気記事☆

【前編】義姉夫婦が震災で亡くなり、残された二人の子供を引き取りたいと旦那が言い出した。「みんな震災で大変なのだから助け合うべき。うちは子供もいないし」

【1/3】仕事もせずニートのくせに金は山ほど持ってる義弟。出ていって欲しいのに夫も義実家も私の親も義弟の味方。私だけ孤立無援。むかつく

【前編】俺の親が使用済の食器を使えとよこしてきた。それ以来嫁が「ケチ臭い、貧乏たらしい」と俺の家に寄りつこうとしない。俺に言わせれば嫁が贅沢だし我儘だと思うんだけど

【前編】旦那友人の奥さんがBBQで手伝いもせず座って食べてるだけ。手伝ってと言ったら旦那友人が「ここの奥さんは中学生みたいに何でも一緒にやりたがるの?一人でできないの?」

【1/3】ワガママに育った4歳の息子をしょっちゅう叱る嫁。その最中に俺がふざけて「そんなの関係ねぇ~w」とやってたら息子大喜び、嫁はブチ切れて実家に帰った

【前編】私の父の前で「これからは奇形の子しか生まれないなw」と暴言を吐いたウト。旦那「反論すれば激昂するから我慢して。俺は絡まれるの嫌だから何もしてあげられない」

【話を聞かない女・前編】台所でグチュグチュうがい、扉や窓は開けっ放し。大雑把な旦那を「矯正」し続けてたら旦那がストレスで家出し「離婚したい」と言い出した

【1/3】嫁の挙動がおかしいので子供の見守り携帯を嫁の車に仕掛けGPSを追ってみたら男の家に行き着いた。さあどうしてくれよう

【前編】近所の託児ママがうちの庭に子供を放置する。家に抗議しに行ったらボロボロ泣かれた。それを見たうちの旦那が「もういいじゃないか。たまには預かってやれよ」と言い出した

【前編】「事実婚3年目。旦那の実家に子供を連れて行ったのに誰もうちの子にお年玉をくれなかった。しかも『アンタ誰』とまで言われた」『それは…当たり前では…』