219c5d28

224: おさかなくわえた名無しさん 2007/09/21(金) 14:47:49 ID:8NE6NhpF
自分は小学校の教諭で今現在、育児休暇をもらっている身です。 
妻がどうしても働きたいというので、じゃあ保育園に預けられる2歳になるまで育児をするということで主夫をしています。 
ちなみに妻は社長令嬢(一人っ子)で、義父は俺に会社を継がせたかったみたいなんですが自分が経営する!と言い張り、今では女社長となっています。 
我侭放題で育ったので、私がルール!みたいな人で、会社でトラブルとすぐ俺に八つ当たりをしてきて、決まっていう台詞が 

引用元: (-д-)本当にあったずうずうしい話 第75話

薄毛女性に大人気!無添加育毛剤


妻:「誰のおかげで生活できると思ってんのよ!?」「主夫は一日中家に居られて楽ね!」
自分:「お前が働きたいって言ったから主夫になったんだろ」
妻:「じゃあ離婚しましょ、子どもはあなたが育ててよ?」

と言い合いになってしまい・・・。
本気で離婚を考えて妻の両親に相談すると、お父さんが泣きながらそれだけは我慢してくれ・・・と訴えてくるので、今は踏ん張っている状態です。
いっそのこと俺の親に預けて自分も仕事をしようかとも思いましたが、いい大人がいつまでも親を頼るのはよくないと思い、今現在では家政婦さんを雇おうか検討中です。
何かにつけて自分のおかげで生活させてもらっていると言い張る妻が、ずうずうしいを通り越して浅ましいというか。

225: おさかなくわえた名無しさん 2007/09/21(金) 15:00:04 ID:fUHlmK5f
>>224乙。
微妙にスレチな気もするけど、気のせいだな。

それはお義父さんも交えて、とことん話し合ったほうがいいよ。
そんな娘に育てたのはお義父さんなんだからね。
(でも、そんな女と結婚したのは誰だろう?)
どっちにしても、あなたの人生が他人の踏み台になるべきではない。

自分のやりたいようにしか行動できないような人間が社長なら、
そのうち会社も傾くと思うけどね。

226: おさかなくわえた名無しさん 2007/09/21(金) 15:06:30 ID:6OFWdAFR
>>224
娘と別れてお父さんの息子にしてもらえばいいんじゃね?

227: おさかなくわえた名無しさん 2007/09/21(金) 15:08:10 ID:mah53yBV
>>224
まず義父と今以上にちゃんと話をしたらいいんじゃないかな
外堀から埋めていこうぜ

228: おさかなくわえた名無しさん 2007/09/21(金) 15:11:49 ID:lSnHWaAr
ああ、家政婦さんを雇うのはいいかもね。
アナタも仕事が出来るし、奥さんに「誰のおかげで・・・」といえなくなる。
収入が奥さんのほうが多ければ、言われるかもしれないけどw
仕事のことは、それで解決するんじゃない?
仕事のことはね。
奥さんそのものは変わらないだろうけどw

231: おさかなくわえた名無しさん 2007/09/21(金) 15:54:59 ID:hyeGybH8
>「誰のおかげで生活できると思ってんのよ!」
貴女のお父さんのおかげです。

234: おさかなくわえた名無しさん 2007/09/21(金) 17:14:25 ID:Gmb7cfga
>>224
離婚すべきだよ。
本気で義父に相談って書いてるけど、
それだったら、本人の中では答えが出てるんじゃないの?
誰かに「離婚した方がいいよ」って背中をを押されるのを待ってるんでしょ?
奥さんの「子どもはあなたが育ててよ?」
の発言にしたって母親としての自覚も無さそうだし。
子供が大きくなる前に離婚して、まだ見ぬ新しい母親に可愛がられた方が子供にも、
あなたにもきっと幸せだよ。
結婚するときよりも、離婚するときの方が労力使うけど、
未来は明るい!負けるな!

235: おさかなくわえた名無しさん 2007/09/21(金) 17:24:27 ID:fhVHLwOr
仕事で疲れてんだろ。まともに考えられない精神状態。
そういうときは言っちゃいけない言葉もでるし、そういう自分の発言に引きずられたりもする。

義父に相談するなら、このまま嫁を会社経営に関わらせ続けるのかどうかだと思う。
嫁は会社のストレスを自宅で円やかに爽やかに
発散することができず、八つ当たりをしてしまう。
「自宅で家族と接して癒される能力」がなく、ストレスを暴力性に転換して発散することしかできないなら、もっと軽ストレス下の職場に置くか、長期休暇をとらせるかすべき。

ただ、それ以前に教員は一般社会の苦労をまったく理解する回路がなかったりもする。
「だったらそうすればいいじゃん」みたいなお気楽で
原理的な解決法をあっけらかんと提示して一般社会人を怒らせたりもする。
とにかく愚痴を聞いてあげるとか、相談の体をとっていてもただの愚痴であることを見抜くとか、相手が心和らぐために必要な言葉をかけてあげるとかしてあげられてるかどうか、自分をチェックしてからだ。

236: おさかなくわえた名無しさん 2007/09/21(金) 17:35:24 ID:3Ts6QqNO
>>224
離婚すべきようなことじゃない。
本当のことだからしょうがない。
それに、自分もその道を選んだわけだから・・・。

妻が本当に離婚したがってるわけじゃなくて話の流れでそういうだけだろ。

240: おさかなくわえた名無しさん 2007/09/21(金) 20:47:39 ID:ItlclGvI
わがままな妻が癌だな。
教師の給与でも十分やっていけるんだから、離婚は進めてもいいと思うよ。
この場合、妻に原因があるし親権放棄に至るわけだから逆に慰謝料ふんだくれる。
家庭を壊そうとする者相手に、いくら頑張って修復しようとしても徒労に終わる場合もある。

教師は結婚相手として人気職種だし、子どもが小さいうちに
再婚して幸せな家庭を作りましょう。

241: おさかなくわえた名無しさん 2007/09/21(金) 21:07:00 ID:q5NbtJNa
このままズルズル行くと、子供にも影響してきそうだな。
>>224、子供の事を第一優先に考えろよ。

249: おさかなくわえた名無しさん 2007/09/21(金) 23:22:39 ID:8NE6NhpF
224ですが、みなさん親身なレスありがとうございます。
人生相談のような感じになってしまって申し訳ありません。
自分には父親がいなかったので、正直言って義父でも父親ができることにはかわりはありませんし、妻の家庭でも男の子がほしかったみたいなので、すごく喜んでくれて
娘の妻以上にかわいがってもらっているので、
涙ながらに訴えられるとどうしても気が引けてしまいます。
愚痴聞き等をしてはいますが、機嫌が悪いときには帰ってきたら即罵ってくるので、さすがに我慢して聞いていても、こっちにも限界があるので・・・。
確かに仕事でストレスが溜まるのもわかりますし、売り言葉に買い言葉でどんどん収拾がつかなくなってしまうのもわかります。
まだ深刻な段階までには達していないので、妻や両親とよく話し合っていきます。
みなさんありがとうございました。

250: おさかなくわえた名無しさん 2007/09/21(金) 23:32:36 ID:A58eG0fS
>>249
>機嫌が悪いときには帰ってきたら即罵ってくる

そこまでくると、224の側の問題点があるとしても、それをどうこういってる場合じゃないな。
やっぱり嫁を仕事から剥がすのが適当な気がする。
がんばれ。

251: おさかなくわえた名無しさん 2007/09/21(金) 23:35:59 ID:sc7BOpiJ
奥さん別れたがっているのかもしれない、と感じた
そっからもっと感じたこともあるが、ここは黙っておこう



 

☆長編!前後編!ゆっくり読みたい人気記事☆

【前編】義姉夫婦が震災で亡くなり、残された二人の子供を引き取りたいと旦那が言い出した。「みんな震災で大変なのだから助け合うべき。うちは子供もいないし」

【1/3】仕事もせずニートのくせに金は山ほど持ってる義弟。出ていって欲しいのに夫も義実家も私の親も義弟の味方。私だけ孤立無援。むかつく

【前編】俺の親が使用済の食器を使えとよこしてきた。それ以来嫁が「ケチ臭い、貧乏たらしい」と俺の家に寄りつこうとしない。俺に言わせれば嫁が贅沢だし我儘だと思うんだけど

【前編】旦那友人の奥さんがBBQで手伝いもせず座って食べてるだけ。手伝ってと言ったら旦那友人が「ここの奥さんは中学生みたいに何でも一緒にやりたがるの?一人でできないの?」

【1/3】ワガママに育った4歳の息子をしょっちゅう叱る嫁。その最中に俺がふざけて「そんなの関係ねぇ~w」とやってたら息子大喜び、嫁はブチ切れて実家に帰った

【前編】私の父の前で「これからは奇形の子しか生まれないなw」と暴言を吐いたウト。旦那「反論すれば激昂するから我慢して。俺は絡まれるの嫌だから何もしてあげられない」

【話を聞かない女・前編】台所でグチュグチュうがい、扉や窓は開けっ放し。大雑把な旦那を「矯正」し続けてたら旦那がストレスで家出し「離婚したい」と言い出した

【1/3】嫁の挙動がおかしいので子供の見守り携帯を嫁の車に仕掛けGPSを追ってみたら男の家に行き着いた。さあどうしてくれよう

【前編】近所の託児ママがうちの庭に子供を放置する。家に抗議しに行ったらボロボロ泣かれた。それを見たうちの旦那が「もういいじゃないか。たまには預かってやれよ」と言い出した

【前編】「事実婚3年目。旦那の実家に子供を連れて行ったのに誰もうちの子にお年玉をくれなかった。しかも『アンタ誰』とまで言われた」『それは…当たり前では…』