日本政府やマスメディア、東電は日本国民に嘘ばかりつき続けている。このままだと沢山の日本人が癌になり死んでしまう。日本政府は日本人を見殺しにするのでしょうか?!

本当の情報を公開してください。


pt1 上杉隆氏ら自由報道協会による「原発事故」取材の報告


pt2 上杉隆氏ら自由報道協会による「原発事故」取材の報告
http://www.youtube.com/watch?v=0ur1dyhLtys&feature=related

pt3 上杉隆氏ら自由報道協会による「原発事故」取材の報告
http://www.youtube.com/watch?v=o91IDAxrNG8&feature=related

pt4 上杉隆氏ら自由報道協会による「原発事故」取材の報告
http://www.youtube.com/watch?v=eMZMfpiOD8Q&feature=related

pt5 上杉隆氏ら自由報道協会による「原発事故」取材の報告

http://www.youtube.com/watch?v=f_ELXK3oaNw&feature=related

ラスト 上杉隆氏ら自由報道協会による「原発事故」取材の報告
http://www.youtube.com/watch?v=ZhlwTXxyfm4&feature=related


2011/04/06

以下、ビデオの内容を記載しました。

東京電力は情報を隠ぺいしている。民法は一言も東電を批判しなかった。

プルトニウムを食べるビデオが既存の立派なメディアで報じられ、信じられている。プルトニウムは食べられるし安全です、紙一枚で自分を守れますとビデオでは伝えられています。

現場で作業している人たちに何人か話を聞くと、その方たちが言うには大変なことが起きていると言っていた。とんでもないことが起きていて、のちに爆発が起きることを警告したらしい。
炉心溶融の可能性があり、水蒸気爆発、セシウム、ヨウ素の排出も行われるだろうと・・・

このようなことを調査してきた上杉隆氏は風評被害を流す人だと言われたらしい。政府や東京電力は正しい真実を人々に伝えようとする人をつぶすのですね。

しかし、このような政府や東電こそが嘘を言い続けました。

世界の基準からすると、原発の事故が起きた場合、まず最初に30km離れた場所に人々を非難させる。そして、大丈夫な場合にじょじょに距離を縮めていき、30kmから20kmへ、そして、10kmと、そして、5kmと避難地域を狭めていくのが普通のやり方です。他の国々はこのようにしています。

しかし、なぜ日本だけが大丈夫だ、安心ですといって、2km、いやちょっと危ないので、3km、更に、10km、そして、20km、30kmと増やしていく。このように増やしていくと皆不安になり、それが、風評やデマが出てくる要因にもなっていく。

そして、その日を境に緊急事態という口実で海外メディアを全部会見から締め出してしまった。海外メディアからは取材が殺到したが何情報が取れないため、彼らは間接的な情報から記事を書かざるを得なかった。これが風評を広げていく要因となった。つまり、東電が情報公開をきちんと行わず、偽情報を出していたので、それに踊らされて、結果として管政権は嘘ばかりを会見で話し続けデマをばらまき続ける1か月になってしまった。

そして、非常に残念なことに、廃水の海洋投棄が行われてしまいました。
海外のメディアなどで注目しているのは、海洋汚染の件。最初は海外は皆日本に対して同情していたが、04/04を境に、日本は被害者から加害者になってしまいました。
日本は、放射能汚染した高濃度の廃水を海洋にまき散らす海洋犯罪テロ国家になってしまった。これは誇張して言っているのではなくて、海外の新聞はどの新聞もここ2~3日はひどい記事の内容になっています。海外に通告もせずに高濃度の、日本政府は低濃度と言っていますが、これは低濃度ではなく、100倍から1000倍の環境基準値を超える放射能の水を海に故意に流した人類史上最初の事例となった。11500トンの大量の廃水です。
ここにもプロパガンダがたくさん流されています。
最初は東電は汚染水は全く漏れていないと隠していました。そして、漏れていたことがばれたら、今度は、低濃度の汚染水ですと東電は言いました。
東電は低濃度の放射能の排水だと言っていたが、上杉氏の質問に対して、東電は、この低濃度とは東京電力の相対的な基準だと答えたらしい。東電にとっては高濃度は低濃度とみなすが、海外の基準で言うと、この東電の「低濃度」の廃水は「高濃度」と見なす。東京電力の「高濃度」とは、超高濃度の汚染水になる。

04/04に上杉氏が東電にどれぐらいの放射能が漏れているのかと聞くと、「1000ミリシーベルト」を超える汚染水が漏れていたと回答あり。
そして、1000ミリシーベルトを超えるものとはいったいどのくらいのものなのですかと聞くと、東電は測っていないと答えた。

実は、東電は1000ミリシーベルト以上の放射能レベルについては、測る機械を持っていないので計っていないらしい!

参考までに・・・
1000ミリシーベルト→15分で白血球が破壊され始める。甲状腺もかなりやられる。
2000ミリシーベルト→7分30秒
4000ミリシーベルト→3分45秒
8000ミリシーベルト→1分52.5秒で、瞬時に死に値する可能性がある。

10、15シーベルト →その瞬間に、体内の穴から出血して死ぬ可能性が高い。


このことをわからずに作業員に原発で作業させていると非常に危険なので、何故測らないのですかと、東電の担当者に聞くと「計測器がないから測りません」と答えたらしい。
これは、つまり、人殺しと同じことではないですか?!

これが東電の正体なのです。

すると作業員なんかも、これ以上の濃度の場合、計測できないのでどれくらいの放射能があるかわからずに建屋に入っていたということですか?

こんなちむゃくちゃなことがあるでしょうか?!

次から次にこのような東電の無知さ、実態が出てきます。


東電に、型番を教えてくださいと聞くと、東電は、「わかりません。」と答えた。

東電に、プルトニウムの計測をしているのかどうか、14日に爆発してから21日、22日まで1週間もあったのに、計測をしていないのかと聞いた。IAEAでは、ヨウ素131やセシウムが検出されたら、プルトニウムも計測するという決まりであるのに、何故しなかったのかと質問をすると、東電は、計測器がなかったと回答。新聞もアルファ波を計測する計測器はなかったと報道していたが、それは嘘の報道であった。
また、測ってからどうなったのかと聞くと、東電は、計測するのに時間がかかり1週間かかったと嘘の回答。
プルトニウムは22時間で計測ができると東電に説明すると、東電は、計測するのには22時間で済んだが、そのあと、そのデータをチェックして、外部機関から戻ってきて、その後数値を修正したりするのに数日を要したと説明あり。

なぜ、数値を修正しなくてはならなかったのでしょうか?!

それでは2回目はどうしたのかと東電に質問した。2回目は9日くらい経過していた。何故すぐに計測結果を発表しないのかと聞くと、東電は、今準備をしていますと回答した。

プルトニウムは小さな粒子でも肺に吸い込めば、そこから永久にアルファ波を発し続けるのです。ほとんどの場合、このケースでは肺がんになります。

最も危険な放射能の場合、IAEAの基準で、プルトニウムに関しては防護服を2重に着て、更にマスクも、プルトニウムを吸いこむと一発でアウトなので、2重にする事になっている。作業員にはこのような対応をやらせていなかったのですかと聞くと、その時点ではプルトニウムは発見されていなかったので行っていませんでした、と東電は回答した。

(管理人:この時点で、東京電力は殺人罪により罰せられてもおかしくないと言えます。裁判所で東京電力の首脳人、担当者ら、責任者らをみんな一斉に裁判にかけて責任の所在をはっきりとしなくてはいけないと思います。

東電は、全てにおいてこのような対応しかしない。

1か月前に、胎児、乳児、幼児(~5才まで)、妊娠している女性などはWHOでも規定されているようにルールではないかと、すぐに避難させてほしいとフリーのジャーナリストや海外メディアが頼んだら、テレビ・新聞は、「デマを流すな!」「安心です」「風評を流すな!」「安全です」「皆さん、心配ありません」といい・・・、要するにテレビ・新聞は「安心デマ」を流したわけです。

政府が自主避難が2kmと発表していた時に、ガイガーカウンターを持って個人的に福島原発近くに入っていた人が、3km地点まできて病院に入り、幼稚園では子供が遊んでいるのだが、ガイガーカウンターは振りきれてしまった。更に、計測レンジをもう一つ高い計測機で測ると、それも振りきれてしまった。更に三個目のガイガーカウンターで計測すると、それも針が降りきれてしまった。

とんでもない事態になっていた!

子供たちやお母さんたちは普通にしていたので、早く逃げろと告げた。
何故かと言うと、チェルノブイリの例では、男性は、作業にかかわった人たちを除いては、内部被ばくなどではほとんど死んでませんが。内部被ばくで死んだのは、当時、0歳から5歳までの子供たちでした。甲状腺に放射能物質をため込んでその後10年、20年経過して発癌し死亡した。だから、チェルノブイリ近郊では、25才までの人口が、みんな死んでしまったので、0に近いのです。生きている人も、みんな、首のところに甲状腺を摘出した「チェルノブイリ・ネックレス」と言われる傷痕を持っています。こうしないと助からないし、永久に死ぬまで薬を飲んでいます。

だから、これから5年から10年くらいすると、今の福島市やその近郊で、癌になる人が出てきます。

上杉氏は、だから、子供たちだけは逃がしてくれと訴え続けていたのですが、やっと、1か月くらいたってから、自主判断で退避することと東電は決めた。

海外メディアも自分たちでガイガーカウンターを持って、福島原発から1km圏内まで入って計測すると、とんでもない数値が計測されたので、政府や東電も嘘ばかり言い続けていると言い続けたのですが、全く聞く耳を持たなかった。

(途中省略)

テレビ、新聞の記者たちは、東電に気を使い、何も質問をしません。
東電の社長の居場所すら聞きません。
プルトニウムという言葉すら言いません。
格納容器が壊れたとも言わない。
メルトダウンといった瞬間に袋叩きにあい、テレビの番組から降ろされる・・・

政府、記者クラブの情報と違うことを言う人間は全部消せということです。

これが日本の今の状態です。

(管理人:これって、言論弾圧ではないでしょうか。言論の自由の弾圧。また、これはインターネット上でも同じように自由な言論の発言が規制されようとしていることになるのでしょうか。ちらほらと、これに似た話を聞きますが。

今の政府は、東電にだまされた情報を、毎日東電の嘘を発表して、自分たちの原発政策、あるいは、立場を守るためにずっと嘘をつき続けました。政府は東電の嘘に踊らされているとは知らずに、安全です、安心です、放射能は大丈夫です、プルトニウムは食べても大丈夫です、海洋漏れに関しては直ちに問題はありません、更には、海洋漏れを発見するために入浴剤をまいた・・・、恐ろしいことですね、入浴剤をまいたところで拡散されて当然見つかるわけがないのですが、そういうことも普通に発表するわけです。
そして、低濃度、通常の環境基準の1000倍近いのを低濃度と言って、安心です、安心です、と言い続けた。
そして、それを報道したのが民放テレビでした。全く批判せずに報道しました。このようにして、日本人だけがそういうことを信じて、安心です、放射能は大丈夫、日本人は海藻をいっぱい食べているから要素には強いと、これが本当に報じられている。東電が創ったこの「プルト君」というアニメを子供に見せて、「僕、プルトニウムのプルト君、食べても安心です!」「紙1枚でも大丈夫です」と、楽しそうなビデオ、洗脳用のビデオを流して来ました。

これで、結果としてどうなったかと言うと、日本人だけが30km避難でOK。世界中の政府が80kmというようなゆがんだ構図になってしまった。

(自由報道協会のホームページで、上杉氏の発言はリンクするようにしてあるので、後で、確認してください。)

自由報道協会(Free Press Association of Japan):http://fpaj.jp/

政府や東電、マスコミと、フリーランスの記者が言ってたことのどちらが正しかったのかと言うと、残念ながら、フリーランスの記者が言ってたことが正しかったわけです。

だからこそ、今このような危機的な事態になっているのです。テレビ、新聞が言ってたことはすべて180度間違っていました。こういうことに気づいていないのが、日本の一般市民であり、また、日本の政治家です。

クリントン国務長官は福島原発の問題発生後、二日目に、日本は情報公開をしていないと言いました。1か月前に。それにも関わらず、テレビ・新聞は都合の悪い情報として報じませんでした。そして、海外のメディアはでたらめだと言いました。実は、海外のメディアではなく、海外の政府が言っていることです。

そして、昨日明らかになったのは、ずっと海外メディアが言っていた、放射能が飛ぶ線量、その着地地点、モニタリングポストの数字、シミュレーションなどをずっとノルウェー・フランス・ドイツなどが出していました。日本のテレビ・新聞はこれが根拠がないと言い続けてきましたが、ところが、今日非常に驚いたことに、実は、3/11からIAEAに日本の気象庁がこれらのデータを提出していたのです。気象庁は自分の国には開示しないでIAEAには開示して、政府はそのデータを持っていたと思いますが、政府はそれを隠して、安全ですと、世界中が言っているのは「それは嘘です」と、自分たちが持っていたデータを否定していたのです。読売新聞がやっと書きましたが。こういうことは、もう1か月前にみんな言ってました。

そして、これにだまされて防げたはずの福島原発の事故をまんまと失敗に導いたのは、枝野官房長官、そして、管総理、つまり、官邸なのです。

そこで最大の問題は、震災は同情がありました。これはどうにも避けられないものでした。
ところが、福島原発に関しては、これは世界の問題になります。特に海洋汚染に関しては、今後、ヨウ素は実は半減期が短いので大した問題ではないのですが、問題は、もう2週間以上前から指摘されているセシウム、この半減期は30年です。そして、食物連鎖のためにこの物質が繰り返し濃縮されていくのです。大型なマグロなどの魚は日本だけではなく、世界中で消費しています。これがおそらく全世界の漁業に打撃を与えるだろうと考えられます。そして、これは海産物のみならず、海という共通の資源に対して故意に汚染水を流し、汚染させている日本政府や東電にたいして世界は怒り出しています。なぜなら、数週間前に、フランス、ロシア、アメリカ、IAEA、WHOなどが、お手伝いしましょうかと何度も言っているのに管総理は東電、日本だけで出来ると言って、結局出来ていないのです。だから、世界中のみんなが怒っているのです。要するに、日本が完全に犯罪国家になり下がっているという認識を持っていただきたい、メディアもそうですし。

やはりもう、こうなった以上は、海洋汚染を止め、原子炉を廃炉するというのが急務になります。

まず、海洋の方に関しては、(上杉氏は)昨日北海道に行ってきましたが、北海道の漁業も全部海外からの輸入がストップしたと言っています。つまり、日本から見れば(放射能汚染地域は)福島ですが、世界から見たら日本なのです。(国産)の魚介類や農産物はハッキリ言ってもう終わりです。半導体も放射能汚染されれば輸出できませんから終わりです。日本人には、この認識が全くないと思います。政府も含めて。

そして、これは30年から50年はかかると思います。なぜならば、皆さんの中でチェルノブイリのレタスを食べたいという人は今はいないと思います。スリーマイルの横でとれた魚を食べたいかと言うと好んで食べる人はいないと思います。これが日本で起きるのです。何故かと言うと、チェルノブイリは300kmです。第一原発から数えれば300km。小田原まで行きます。チェルノブイリで最大の被害にあった村は、4号炉から280km離れた村でした。放射能物質が風に乗って山にぶつかり、雨が降り、そこに高濃度の放射線があってその村が全滅したのです。しかし、福島から東京まではおよそ230km離れています。だから、気象庁や日本のテレビ・新聞が発表している東京は安全です、というのは、それは中性子とかそういう放射線のことであり、飛んでくるものは距離は関係ありません。280kmというと、福島から平塚です。そこが完全にやられたわけです。そういう認識を世界が持っているからこそ、過剰だと思える反応をしているわけです。そして、現在はチェルノブイリ30km圏内は立ち入り禁止、300km圏内では今なお、奇形の子供や植物、動物なども生まれています。そして、そこの部分は産業の部分はほぼ停滞しています。

今後何が起きるかというと、チェルノブイリの原発事故はレベル7の規模ですが、世界は福島第一原発事故をレベル6とみています。ちなみに、スリーマイルはレベル5です。
チェルノブイリは原子炉が1個ですが、福島は四つもある。そして、海洋にも高濃度の汚染水を投棄しています。チェルノブイリは25年経っても未だにまだつぷれない。スリーマイルは外に放射能もがなかったのですが、7年かかっています。そういう中で福島はどうなるかと言うと、軽く見積もって30年から50年だろう。
この間、日本の海産物、農産物を輸入する国は恐らくないでしょう。

日本国家が滅ぼうとしている最中に、その認識がないというのは非常に危険です。

海外メディアは、日本の(放射能汚染の)シミュレーションを1か月前からしていました。

最悪のシナリオを考えて対処するのが政治の役割ですが、それを放棄して、安心です、問題ありません、と言い続ける官房長官、それをおだてあげるメディア、まさに大本営発表をまたやってしまっている。

(※管理人:WikiPediaより⇒「大本営発表(だいほんえいはっぴょう)とは、太平洋戦争(大東亜戦争)において、日本の大本営の陸軍部及び海軍部が行った、戦況などに関する公式発表のことである。 当初はほぼ現実通りの発表を行っていたが、以下に記載する通りミッドウェー海戦の頃から損害の過少発表が目立ちはじめ、不適切な言い換えが行われるようになり、勝敗が正反対の発表すら恒常的に行ったことから、現在では「内容を全く信用できない虚飾的な公式発表」の代名詞になっている。」

そのままでいいのでしょうか。こんな馬鹿な政府、東電、マスコミには付き合ってられないです。日本の市民はこんなくだらない政府でいいのでしょうか。

このままだと、日本の産業、経済はおしまいです。失業者がどんどん出てくるでしょう。



現在の管政権のままでいると、どんなにいい政策や行いをしようと、国際的には高濃度廃水を海に垂れ流す「テロ国家」の日本は、国際信用力はゼロです。管首相は人間的には悪い人ではないが、管首相が何をしようと、一度、犯罪行為(他の国々に無断で高濃度の放射能の廃水を海に垂れ流した行為)を犯してしまうと、国際犯罪者の政権、つまり、犯罪を犯した国家、つまり、国連海洋法論文条約に違反しているような行為を無断で通告をせずにいきなり1日で決めて行ったのです。
これは、04/04に突然決めて突然行ったわけです。たった数時間で夜中に。記者会見をずっとしていましたが、誰もこの事を知りませんでした。

こういうことをやった国の政府というのは、海洋犯罪、海洋汚染犯罪国家、そのリーダーを政府の代表としている国は、誰一人信用できませんし、仮にどんなことをしていても信用できません。

日本の信頼を回復するためには、まずはきちんとした体制を築かなくてはいけません。管政権はもう無理であり、管直人は総理大臣からは降りるべきであり、新しい政権で新しいリーダーで国を立て直さなくてはいけません。

(途中省略)

日本全体の国会議員、メディアの人たちも犯罪者だと世界からは見られている。このレッテルをなくすことをしなければ、放射能汚染で苦しんで非難している人たち、漁民の人たち、農村の人たち、全員が立ち直ることはできない。



質疑応答:

東電の計画停電はプロパガンダです。

計画停電を最初に実施したときに、福島原発では、3号炉の爆発が起きました。

このことについて、世界中で新聞・テレビで大ニュースになりましたが、日本では、「明日から計画停電が始まります。」と、そして、計画停電の実施区域の説明を永遠としていきました。

その次の日にまた夜中に電話がかかってきてある情報がリークされました:「明日福島がとんでもないことになる、また。」
プルトニウムがたぶん出た日だと思います。明日首都圏大停電を発表するぞ・・・と。海江田をだまして海江田経済産業省に発表させる。それを夕方の直前に発表させて、これから首都圏が大停電が起きます・・・と言うからと説明されました。
これは嘘の理由による停電の知らせでした。

東京電力は、民間鉄道のラッシュ時に間引き運転をしてほしいと頼んだ。つまり、東電がないとどれだけ困るかという事を知らしめるために脅したのです。

その停電実施中に、3号機がもう一度爆発してもう一回放射能が漏れたと世界中が大騒ぎしている間に、日本のテレビや新聞は、首都圏大停電について報道をした。

しかし、計画停電中、ピーク時の需要推定が4000万キロワットでしたが、実際は、昨日も今日もみんな節電して、電気の使用量がピーク時で実は3050万キロワットでした。950万キロワットも電気の供給量が余ってて何故停電する必要があるのでしょうか。そもそも400万キロワット足りないと言っていたので、停電をする必要は全くないではないか。

東電は、実は電気の供給量は十分にあるのに、足りない足りないと言って、計画停電をしていたらしい。なぜ、そのような嘘をついて計画停電をするのでしょうか。

火力発電所は、50%近く使用しているのです。この火力で十分賄えるはずではないか?
この質問を3週間後に藤本さんに言うと、藤本さんいわく、「火力に関しては急いで修理をしています。地震で11機壊れました。2機なおり、今9機が止まっています。」と回答された。

そして、「鹿島の火力がなおります。」
私(上杉氏)が「それがなおれば火力はいくつになりますか?」と聞くと、「380万キロワットです。」と回答された。
この1機がなおれば電力の供給は問題ない。いつなおるのかと聞くと、「今週末にはなおります」、つまり明日か明後日にはなおりますと回答されたのです。すると、その会見中にメモが横から入り、「なおるのは来週以降になります。」と説明が変わり、またメモが横から入って、「四月になります。」と説明が変わり、またメモが入り、「夏になるかもしれません」と変わり、そして、先ほどいった380という数値が、320と訂正された。

このとき、記者クラブメディアは静まり返り、誰も追及しませんでした。



東電は、実は電気の供給量は十分にあるのに、足りない足りないと言って、計画停電をしていたらしい。なぜ、そのような嘘をついて計画停電をするのでしょうか。

計画停電はやればやるほど経済は低迷して、店もつぶれていく。なぜ、東電はこのようなことをするのでしょうか。実は、福島原発の爆発を隠すための停電実施だったのですね。
計画停電の実施説明の放送をしている間に、海外メディアは福島原発の爆発事故についてトップニュースで報道していた。

その時、日本人達は、停電が実施されるので大変だと大騒ぎ。しかし、本当に一大事だったのは、停電ではなく、原子炉かもしくは建屋の爆発だったのです!これこそ、私達国民が知るべき内容だったのではないでしょうか。
これを隠ぺいした東電、並びに、マスコミ、政府は、はやり法律により裁判で裁かれなくてはいけないように思います。東電の人たちは特に、法で裁いてほしい人たちです。

停電して、ろうそくの炎で火事になり人が死に、停電して、信号機が急に消えて交通事故が起き、人が死ぬ。

こんなのやっても意味がない!

今頃日本では選挙をしているが、こんな一大事の時に選挙をしてお前たちは狂っているのか?!
大丈夫なのか?!と、海外のメディアの人たちは言う。

日本の政治家は狂っている。

今回、管首相、マスメディアで事実を報道しないもの達、東電のしたことも、人殺しと同じです。

管首相は戦犯です。

これは人員のミスによる被害です。

国際社会でのこの日本につけられた犯罪者のレッテルを外すには、日本の総理大臣を変えるしかない。

■ ■ ■ リンク ■ ■ ■

福島原発、東電の嘘を暴く! 弥勒菩薩ラエルが話す「天才政治」の紹介
http://ameblo.jp/humipine/entry-10859202601.html


被曝の危険性について↓↓↓
子どもが年間20ミリシーベルトって?
http://karinnkarin.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/20-f8b3.html