October 26, 2013

不思議なのは、今毎日格闘しているこの現場の人手が足りないということである。

多重下請け構造や行き当たりばったりの対策による汚染水問題などで、知見を持つ作業者がいなくなっているのが大きい。

しかしこの福島第一原発事故現場の収束作業を持続しないことには、日本の未来は無い。まず日本人全てがこの現実を直視するべきであろう。



まずすぐにやらねばならないのは、作業員若しくは作業所の労働衛生管理データの再構築である。
聞くところによると作業員の被曝データの管理は一括した管理が為されていないということである。

作業所及び作業場、更に彼等の居住区域は汚染された地域である。彼らの被曝はそれら全てを合計して被曝評価しなければいけないのに、どこも誰もそれをやっていない。

これでは「命より当座のお金」という人たちの作業所になるのは当たり前だし、作業の質の低下は避けられないであろう。これは多重下請け及びそれを構築しているゼネコンの体質に問題があるし、それに頼り切っている国や東電も大問題である。

今日も福島で地震があったが、事故現場のパトロールは誰がどのようにしているのか?私には想像すら出来ない。想像できるのは丸投げされた作業員のたまったものではないという気持ちぐらいである。

この問題、これから何百年も日本が背負っていかざるを得ない問題である。

今現在、作業所が安全に作業できる状態に無いなら、そういう状態を構築するのが第一だろうし、その為の法体系は整っているのだから、粛々と法の下に安全第一に作業を進めなければならない。

この現場を汚染水の沼状態で放置している国と東電は、あまりに無責任すぎるのである。これでは作業員が責任を果たそうにも出来ないのである。

ハード面、ソフト面のデータ管理、データの公表とそれに基づく被曝管理を徹底的に行わなければ、日本に未来は無い。


whoskinky at 10:03コメント(1)トラックバック(0) 

March 11, 2013

あれから2年が経ちました。。。

2年で何が変わったのかというと、根本的に何も変わってないとしか言えません。
むしろ消極的な方向へと進んでいる気がします。
2年という歳月で社会的な結びつきがどう有機的に変化するのか注目しましたが、やっぱり幅を利かせたのはばら撒き行政でした。
それは地方のいびつな産業構造を生み出し、そのいびつさの根本原因を立法府も行政府も正そうとしませんでした。
こんな対処療法的な利権構造で、この2年の贖いである復興予算はすぐに取り崩されることでしょうし、TPP交渉で弱肉強食社会をより一層加速させるでしょう。

更に国土開発計画で未来の地域設計図面も、ばら撒き構造を従来の形をより強固なものにされます。
しかし、大半の働き手がその手腕を生かされない産業構造ですから、借金国家の負の連鎖を中国やアメリカ合衆国に付けいれられ、弱肉強食の強の部分が海外流出してしまうでしょう。


... 3月9日、表参道をデモで歩きました。私はデモというのは若い力が市井の人に注意を喚起するものだと思ってましたし、私の知っている昭和の時代の市民活動は若い力が自分達のイデオロギーをデモンストレーションしていたのです。

しかし・・・表参道で若い人が団塊の世代のデモを見物している姿に、とても驚きを感じてしまいました。

流石、物欲の街「渋谷」「青山」だなぁと妙に感心してしまいました。三位一体の洗脳御用連中や海外資本に骨抜きにされたニッポン。

首都直下型地震でチャラにされちゃう前に、社会の在り方問い直さないと東北大震災の犠牲者の魂は浮かばれません。

whoskinky at 06:36コメント(1)トラックバック(0)東日本大震災東京電力 

January 27, 2013



昨日のような日々が今日訪れ、明日もやって来るという日常が、2011年3月11日以降完全に変化してしまったという事実をどうしても受け入れがたいという事なのだろう。

新しい日常は、願わなくてもやって来る。

汚染された空気や食品を隠され続け、子供達は汚染地帯でモルモットにされているという日常が、新しい日常の風景ではないだろうか?

しかしそんな日常は有り得ないのではなかろうか?だまされ続けるのはどうにも私達は我慢できない。

今、マスコミの刷り込みは大変な勢いとなっている。
何気なく東北の野菜の美味しい食べ方を当たり前のごとく流布したり、放射線被害を癌の死亡率のみでリスクが低い若しくは気にする数値ではないと語ってみたり・・・・(ICRPは確定的影響即ち様々な健康障害に関するリスクも研究している)
マスコミや行政は私達に明らかな間違いを平気で垂れ流してくる。

こうなると私達から「本当のところはどうなのだろうか?」という情報を探さなければならない時代になって来ているのではなかろうか?

その中で小出さんが最もやりたい事は「子供達の保護」だという。

子供達に未来を与えていく事は、私達のアイデンティティーなのではないか?
と最近考えていて、それが私の新しい日常となってしまった。

子供に放射能汚染に対して責任はない。
それなら子供達を汚染から守り、エネルギーの消費をなるべく押さえ、今の世代をより良いものにして次の世代にバトンタッチすることがきっと「心地良い」新たな日常となってくるのではないだろうか?

何故心地良いのか?
答えは簡単である。その状態こそ「平和」な状態だからである。




whoskinky at 01:59コメント(0)トラックバック(0)日常小出裕章 

January 04, 2013

おめでたいのは日本国の頭だけなのでは?と・・・毒づきたくなる今日この頃です。



まずは核開発事故の責任追求しないと、この国は再スタートできないと思います。

法治国家で、年間1ミリシーベルトの制限を守れない企業を税金で守るという有り得ない事態。

世界は恐らく日本を「まともな国」とは認識しないと思いますよ。
例えばアメリカ合衆国から放射能がガンガン飛んできて、嘘ばかり流していたらどう思いますか?

行政に対して責任を追及するでしょうし、告訴もされるでしょう?

恥ずかしい国だと思います。

ともかく恥ずかしい国を少しでもマシな国になるように、一人一人が汗しないといけない・・・。
もっとも汗しても震度7が北関東にきたら非常にまずい状況になってしまうわけですけれど。

それにしても上記の小出さんの発言の中で「福島の人たちの税金も使って福島原発の廃炉をしようとしている・・・」という言葉は重たい!!

そういう政治家を選んだ日本国国民。

どうしてしまったのだろう?



whoskinky at 21:56コメント(1)トラックバック(0)小出裕章核開発 

November 03, 2012



7月14日の今中哲二京大原子炉実験所助教のいわきに於ける講演は、とても長い講演だが素晴しいと思う。
熊取の仲間、小出さんの講演会も素晴しいが、今中さんは又別の角度で今の汚染状況でどの様に生きるべきかを教えてくれている。

今中さんのこの講演内容は10月26日の内容ともほぼ同じなので、今の今中さんの結論なのでしょう。

特筆すべきこととして、内部被曝に関してかなり突っ込んだ発言をしていて、「自分ならこうする」として不安に拠る免疫低下に注意を促している点である。

大胆なのは、飯館村に関して。

飯館村の除染に意味はないという。むしろ福島市の除染が重要としているのは実際的である。
年間1ミリシーベルトに至るか至らないかのところに、しっかりお金をかけて除染することの重要さを今中さんは主張する。

私個人的には、福島市内は年間1ミリを超える故に住むには適さない地域と考えてしまうが、行政は相変わらず除染ビジネスの無駄遣いを続けている。
ならばどうしても福島市内に住まざるを得ない方々に対して、意味の有る除染をすることは大変重要だ。

福島原発4号機の話も解りやすい。
3号機の水素が下から流入してオペレーティングフロアの下の使用済み燃料棒冷却プールの支柱がダメージを受けているという内容。
しかし、この4号機が壊れたとしても、すぐに放射線が各地に飛ぶことはないとの事で、これは凄く重要だろうと思う。

行政の機能不全・・・福島県に関して有効な復興が出来ない状況に有る以上、相応しい予算が組まれるまで実際的な生活の仕方をこうやって具体的に提言されることが重要なのであって、混乱だけを招くのは相応しいことではない。

私は今中さんの同僚、小出裕章さんの講演内容を全面的に肯定している。
小出裕章さんの意見は環境社会学にかなり重きを置いた話であり、この今中哲二さんの話と重ねて考慮したいとも思わされる。

流石熊取。

私達が戦っているのは、科学で証明されていない事柄も多い。
放射能汚染の厄介な部分だが、汚染している社会を生きる以上知恵を出して生きるべきだと思う。

知恵とは正確な知識を生活に適用することだ。

では、正確な知識とは何か?

今の時代、マスメディアが正確な知識を出していない以上、隠された情報を収集することはやはり重要だと思う。そういう情報源に敏感でありたい。

原子力の科学者の共通認識は「原発は危険」である。

でありながら原子力規制委員会が原発を止めないという現実。

こういう信じがたい社会に生きることはとても難しいが、諦めず立ち向かっていきたいものである。

whoskinky at 04:55コメント(4)トラックバック(0)内部被曝核開発 
Profile
僧ちゃん
ハンドル変更させていただきました。でも音に対する感覚に変わりは無いです。以後もよろしくお願いします。
コメント有難うございます。
カテゴリー
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ