2005年12月17日

恋愛バトンがまわってきました

ごめん恋愛とは

特定の男女間で互いに相手を恋い慕う愛情。こい。

と、手元の旺文社国語辞典にはそう書いてある。
一方通行は禁止みたいだね。難しいなぁ…。

なごやんオフからしばらくして、そのツケをこんな形で払うことになるとは…。
こんなことならその場でぶっちゃけてしまうべきだった。
…なんて後悔しても遅いわけで。

つなしまんさんが恋愛バトンなんてものをお歳暮代わりに送りつけてくれたものだから答えるしかありません。
ラベルだけ変えて他の人に回すのはなしですか?
…なしですか。


恋愛の履歴からするとまぁ、どっちかというとダークサイドなんで公表は差し控えたいところですが
公表できる範囲で答えていきたいと思います。
実はつなしまんさんに若干遠慮してた部分もあるんだけど、彼女は彼女なりに恋愛の汚いところを見てるようなのでちょっと安心。

まぁ、無職から実際のオレを知った人はいいけど逆の人はねぇ…。
見るな。


■Q.1 初恋はいつですか?


5歳。同じ保育園に通ってたO川さん。
いや、そのときの彼女は園のアイドル的存在でしたよ?


■Q.2 今まで付き合った人数は?


グレーゾーンがあるので何とも。
ここから付き合うって明確な線があれば答えれるんだけどねぇ…。


■Q.3 好きな人とデートしたい場所は?


あんまりないけどねぇ…好きな人とは一度も行ってないからゲレンデかな?
おそらく自分が一番格好付けれるところだしね。


■Q.4 好きな人と見たい映画は?


観てない映画がいいね。
その人だけ観ててオレが観てないものでもいいね。


■Q.5 好きな人に言われて一番うれしかった言葉は?


…覚えてない。
肯定してくれる言葉なら大抵喜びます。


■Q.6 好きな人はいますか?その人の好きなところは?


好きな人…特定の人に決め打ちするやり方は好かんのですよ。
いろんな人のそれぞれいいところを見つけてその中の一人とうまくいけばいいかなぁ…って感じで。
で、距離が縮まるごとに感情も強くなるってタイプです。

そうゆう意味で好きな人はいないかな。
うん…ちょっとずるいかもね。


■Q.7 こんな人は絶対ムリって人は?


オレに興味ない人。
興味ない人は相手にできんねぇ…。会話の基本が受身だから。

最初バカな人って答えようと思ったけど、好きになった人の一人はイギリスの位置がわからなかったしなぁ…。


■Q.8 浮気は許せますか? 許せるならどこまで?


浮気ねぇ…。されると悲しくなるねぇ…。
浮気される側にも問題があるわけだから。
だから特別責めることはしないよ。

どこから浮気になるんだろう?
自己申告かなぁ…やっぱ。
する本人が浮気と思わなければどこまでいっても浮気じゃないし、
夕食一緒に食っただけでも浮気と思ったら浮気だし。


■Q.9 同棲してみたい?


したことないので経験として。
やってないことは基本的に気になる性格です。


■Q.10 あなたが愛を感じる行動は?


うーん…やっぱハグですかねぇ…。


■Q.11 愛と恋の違いは?


どうやら言葉の定義として愛の中に恋があるらしいですよ?
特定の男女がお互いに愛することが恋みたいですな。

確かに子供には恋できん。ロリじゃないから。


■Q.12 一番長く続いた恋愛は?


明確に付き合ってるって言えたのは3週間だな。
これもまたグレーゾーンです。


■Q.14 究極の選択 一生人を愛せなくなる or 一生人に愛されない


愛されないのは辛いなぁ…。
なんて孤独なんだろう…。


■バトンを回す人


まぁいつもの如く、好きな人が勝手に受け取ってくれたまえ。



こんな感じでいいのだろうか?
ってゆうか世間で言う恋愛から随分と離れてしまっているからなぁ…。
もう1年くらい?…やばい…。いわゆる一つの恋愛ニートですよ。
これもまた無職の宿命なのかもしれないね。
無職でもいいって人は嬉しいけど、無職以外にもあらゆる不精(出不精・筆不精・無精ひげ)が頑健に守ってるんだよねぇ…。
まぁ、治せば済む話だけど。
それでもいいって人は…いるのか?  
Posted by whuozul2 at 17:03Comments(2)TrackBack(0)おふれぽ

2005年11月29日

なごやーん

自画像実を言うとこんな感じで乗り込みたかった無職です。
持ち歩いていたトランクにはいつでもこうなれるように準備だけはしてありました。

いった場所も監獄だったし、暗くなった隙に変身してミニスカポリスなお姉さんを襲えばよかったと今になって後悔している。


待ち合わせにはオレと組長が合流する形になったんだけど、
どうやって判別したんだろう?
どっちが近づくでもなく何となく合流しちゃったけど、向こうは確信があったのだろうか?
少なくともオレには確信はなかったけど…。
今でも不思議。

メンバーはねぇ…なんか華やかだった。
みんなおねーさんっぽいんだよね…。一人を除いて年上に見えた(だって、一人は制服だもの…)。
けど、年下は結構居たみたい。うん、全然見えなかった。

やっぱ意外ってのは面白いよね。
くっすんさんとかもっとアホっぽいかと思ったら実はかっこいいしね。
小悪魔OLさんは普通に綺麗な人だったしね。
恵那さんは想像してたより落ち着いた感じだったしね。
りえっさんは19と思えない雰囲気持ってたしね。
つなしまんさんは実は巨乳眼鏡な人だったしね。


そして、始まったらすごくまったりしちゃって申し訳なかった。
だって、大人数は苦手だもの…。
にしてもブログの話しないのには驚いた。

「さぁ、ブログの話をしよう」

ってなってもちっとも広がらないもの。
そんなんでいいらしい。

実はオレ一人で勝手に悪戦苦闘していたことにみんな気付いてなかったであろう…。


ズボンのファスナーが全開だったと気付いたんだよね…。
座ってるとなかなか片手じゃ上がんないんだね…。勉強になったよ。

その後もバイトの疲れがどっと来て寝そうになったり…。
本当にやばかった。半分寝てた気がする…。

最後の赤ワインが余分で吐きそうになってたり…。ってゆうか最終的に吐いたんだけどね。
うん…確実に酒弱くなってるね。前の感覚では大丈夫だと思ったんだけどなぁ…。


やっぱり一人一人あって話したいね〜。
そんな機会はないものか。   
Posted by whuozul2 at 01:03Comments(9)TrackBack(3)おふれぽ

2005年11月17日

理想のいい女

1ヶ月ぶりの更新となりましたこちらのブログ。
もう一つ新しいブログを始めてそちらにかかることが多くなってこっちはめっきり。
そんな状態でも足を運んでくださるあなたは素晴しい。


さて、自分にとっての理想のいい女ってどんなだろう?


そんなことを考えたのはコラボレーションを持ちかけられたとき。
そのネタが理想のいい女だった。

実はそれまであんまり理想について考えることはなかった。
理想を考えるのなんて馬鹿げてる。
そう思ってたから。
恋人ができたとき、理想を持ってたら押し付けがちになるでしょ?そんなのはいやだし。
だったら理想と付き合いなよ…ってなるわけで。


だからすごく悩んだ。
オレの理想って…?


でも、あるときふと気づいた。

理想のいい女オレと結婚してくれる人がきっと理想の人なんだということに。
元々タイプは?と聞かれると「好きになった人」と答える人なのでその究極になるかな。
高望みできる立場じゃないしね。

と思ってたらコラボしたよっしぃさん(既婚)の理想は嫁。
かっこい〜!!そうなりたいものです。
もういるからかっこいいんだよねぇ…。オレいないし。候補もいないし。探さねばなぁ…。


コラボの企画としてはお互いに同じテーマで下書き描いて交換して、それぞれの絵に色を塗る(アレンジ可)ってものです。
なのでよっしぃさんのところにはオレが色をつけたものがあります。
よかったら是非。

ほんとに自分が描いたものじゃないっぽい…。こんな風になれるんだなぁ…って素直に思った。綺麗だよねぇ。

  
Posted by whuozul2 at 00:29Comments(3)TrackBack(1)いい女を考える

2005年10月09日

組長リベンジ

なんとこのブログ、いい女塾面白ブログ部門3位でした。
いやぁ、ありがたいことです。投票してくれた皆さんには感謝です。ありがとうございます。

いい女塾はこの10月からいい女道場編になるようで。
ますますコミュニティっぽくなってきたなぁ…って感じる。
システムや試み、そして読み物としては面白い企画だけど、質問する前に本当に悩んだのか気になるところ。
ドラえもんに頼るのび太はかっこいいものじゃないしね。
いい女なら問題をスマートに解決して欲しいなぁ。

組長リベンジと、いい女塾ネタでここまで引っ張ってきたんだけど本題は別のところ。
前のオフレポで宣言したとおり組長のリベンジ。
といってももう組長と呼べないんだったね。そう、江戸川華歩さん。

本人のこんな姿勢や表情を見てないけどね。だからあえて挑戦。

実はつい先日も華歩さんとあってお食事会。
残念ながら2人きりではなくて。34℃さんも誘って楽しいひと時を過ごした。
肴はもちろんブログ。
ブログについてあんなに話が出るものなんだね。少なくとも3時間以上はブログの話だった。
その話はこちらこちらで。

こんなに話してても華歩さんは難しい。
リベンジできたんだろうか?

  
Posted by whuozul2 at 00:32Comments(1)TrackBack(0)おふれぽ

2005年09月30日

振り返る

いい女塾の期間中にアップする記事はこれで最後。
最後はオレがどれだけいい女を描けるようになったか、というものをみせたいと思う。

いい女とは?

 

 

最初はこんな絵だった。
今思えば懐かしい気もする。

 

 

 



さようなら

 

それから半年後にはこんな風になった。


半年という期間は随分と長いんだなと実感させられる。
元々自分自身「これだ!」っていう画風を決めてなくて、記事の最中もあっちへふらふらこっちへふらふらと楽しみながら描いていた。
だから最初の絵と最後の絵では画風の基本コンセプトがちょっと違ってる。
とはいっても、その向こう側にある絵の技量はやっぱり上がってるんだけど。

元々このブログは3月15日に終わらせるつもりでいた。

でも、いい女という深いテーマがそんな簡単にまとめれるわけもなく、あとがき的なつもりで半年間描いてた。
その半年の間でも語りつくすことは出来なかったんだけどね。
だからまだまだ描きたいことはいっぱいある。


それと同時に何のために描いてるんだろう?と思うこともある。
当然自分のスキルアップのためなんだけど。
いつまでスキルアップを続けなければいけないんだろう?
それは終わりがないことなんだけど。


重いリストバンドを外した時、どこまで飛べるんだろう?


今はそんな気分。
いい女塾は随分と力をつけてくれたと思う。
だからちょっとばかし休学しようかな。

描ききれなかったことは不定期で更新するつもり。
だからさよならとは書かない。しばらくしたら会いましょう。
ではまた。

  続きを読む
Posted by whuozul2 at 00:44Comments(7)TrackBack(0)

2005年09月27日

モテ服といい女たる服装

ライブドアの復旧作業に見事に捕まりやらかしてしまった無職です。

そして何だか使いにくくなってて文章の構成がうまくいかなくて気分が悪いです。改悪じゃん!

というわけでいい女を描くための修行の記事は今日で最後。最後の記事にふさわしいテーマを考えていたところこんな文字が。

憎むべきアイテムを撲滅するために今日も毒を吐く

こんな感じの言葉。その憎むべきアイテムの中に「オープントゥーの靴にストッキング」があった。

常日頃から「許せん!」と思っていたことが本に書いてある。誰だろう?と思ったらピーコ氏でした。

そう、「Style」で連載されているファッションファッショの中での言葉。

自分のファッションセンスはピーコ氏と共有していたとは…。意外な事実に驚いた。とはいっても彼(彼女?)と決定的に違うのはいわゆるブランド物のよさがオレにはわからないということだろうか?

その本は特にファッションのことばかり書いてるわけじゃなくてその心構えについての記述の方が多く感じた。やっぱり外見を取り繕うだけじゃダメなんだろうね。

その中であったのがモテ服と勝負服ってタイトルの話。対談形式で話は進むんだけど、ピーコ氏の相手をしてる山田詠美さんのモテ服がなかなか面白かった。

山田さん?オフショルダーのセーターにブルーのオープンスカートに白の靴。

と清純な感じだけどノーブラ。この格好だと煙草を取り出すと10個くらいライターが来たというからすごい。ノーブラ…って威力あるんだなぁ。確かに目がいってしまうのはわかるけど。

山田詠美さんがどんな意図でそんな格好をしたのかはわからない。けど、モテたい!と思って着飾ったのなら成功してる。目的は達成してるんだよね。目的達成のために効果的な手段を選べるのはやはりいい女かな、とオレは思う。

次の記事でいい女塾での集大成を見せたいと思う。

  
Posted by whuozul2 at 01:13Comments(0)TrackBack(0)着る物

2005年09月20日

他人から見たいい女

死ぬ気で頑張るというわけでまたまた遅刻してしまったのは申し訳なく思う。
先週の予告どおり他人から見たいい女って何なんだよ…と言う感じで話を進めていきたいわけです。
ですが、このタイミングでゆうきゆう先生がまたまたいい記事を書いてくださった。
…もしかしてつけられてる?


いい女…と考えるとやはり主観でみてしまう。
男なら自分の好みだったり、女だったら自分の理想像、って感じで。
それは当たり前のことで、人は客観視することが出来ない生き物だからね。数字から客観的に分析することは出来るけど。
でも、あの人は「いい女だな」と感じることは出来る。
そこから考えることができるんじゃないかな?と思ったわけです。
…少なくとも必死な女はダメだね。


まずは手っ取り早く「男から見たいい女」。
これもまた曖昧で、「いい彼女」・「いい奥さん」・「いい通りすがりの女」とシチュエーションによって変わってくるんだよね。
「いい彼女」と「いい奥さん」はかぶってるところあるけど通りすがりの女はねぇ…。
簡単に言ってしまえば「いい彼女」と「いい奥さん」は男を満足させることが出来る人だね。
何をもって満足かというと個人によって違うため何とも言えれないけど。

通りすがりの女はやっぱり外見だね。お洒落でセクシーな人がいい女。わかりやすいけど、なったところでメリットは?といわれると

合コンでちやほやされる

くらいかなぁ?充分といえば充分かもしれないけど、それだけじゃポイされても不思議じゃないわなぁ。なれるならなったほうがいいけど。


女性から見たいい女っていうのはどうだろう?
これは女性が考えた方が早いよね。
これはどちらかというと能力からくるものが多い気がする。
コミュニケーション能力、仕事、などのスキルが高くて気配り上手…ってところだろうか?


職場でのいい女は?というと
やはり仕事が出来る人。
コレに尽きると思う。
ってゆうか出来ないとホントむかつくし。不愉快。
別にミスしてもいい。人間誰しもミスするものだし。けどその後のフォローが下手な人はやっぱり嫌われるよね…。


ちょっと頑張った

 

 

 

とまぁこんなところだろうか?
どれを目指すか…っていうのはちょっとずれてて、なれるものなら全部なれるのが望ましいよね。

 

 

もうちょっと頑張った

 

できないよ…って人は小さなところから一つずつ頑張ればいいと思う。
表情をかえるだけで随分と印象は変わるんだし、化粧をちょっとするだけでも随分変わるんだしね。

死ぬ気でやらなくともこれくらいのことはすぐにできるしね。
オレももうちょっと頑張ってみるか。

 

 

 

 

  
Posted by whuozul2 at 00:35Comments(7)TrackBack(0)いい女を考える

2005年09月14日

組長ふたたび

うわーい以前のオフ会で会った時、意外と近いということもあって会う約束をしていた組長と再びあった。
よく考えると2人で会うことが前提で話が進んでいた。今更ながらに不思議ではある。
そのときはそれが当たり前のような気がしてたけど、よく考えると出会って2回目でお互いをよく知らない男女が2人きりって変だよね。
映画行って、万博コースなんてデートと取られてもおかしくないんだけど全然そんなでもないし。

不思議な感覚ってのは会ってからも続いてて、何年来の友人のような感じで話が始まって、緊張とは無縁の雰囲気を出していた。
何で?といわれても、こっちが何で?と聞きたいくらいに。
会って2回目で失恋話をするのもおかしな話だよね。あんな重たい話をよく笑い話に出来たもんだ。

組長はこのブログで「女捨ててる」って書きすぎということをえらく気にしておったご様子…。
うーむ…伝わってなかったかぁ…。
「じゃあフォローするよ」って答えたけどそんなんじゃあんまり意味ないだろうに…。
というかケモノアジでは充分女の子してるじゃんか。

話すとわかるけど組長はやっぱり豪快な人。そして繊細な人
豪快だけど繊細な人はさきっちょもそうだったけど、組長はその開き方がもっと極端
コンプレックスが多いから繊細なのか、それとも逆なのか。
繊細な人は気遣いも上手だから嫌いじゃない。組長も例外に漏れることなくそんな人だった。


組長は恋愛対象になるか?
といわれると…やっぱなるのかなぁ。
意中の女性とメシを食いに行くとメシが喉を通らなくなるという困った純情体質なんだけど、
実は若干その気配があったし。本人は

「完食してたじゃん…。」

っていうかもしれないけど大の男がカレー1皿で満腹にはならんよ…。ホントはいっぱいいっぱいだったんよ…。
酷い時は3口くらいが限界ってときあるけどさ。
いい加減惚れっぽいのもどうかと思う。
組長は充分にいい女だけどさ。


電車の子あと、二人して電車の中で出くわした女の子はなんだったんだろうねぇ?
どうもせっかちな子で「もう降りたい!」を連発しては母親のひじに噛み付いて自己主張してたけど…。
しかもひじ限定…。
ってゆうか、車両自体おかしかったよね…「反戦」って刺青をしてランドセルを持った若い東欧の女性がいたりとか。

万博に着くまで寝る予定がぶっ飛んでしまっていたよね…。

うーむ…気が合う女性をほっとく手はないのか?
まぁ、いいや。今わからなくてもいずれわかるや。

  
Posted by whuozul2 at 00:46Comments(6)TrackBack(0)おふれぽ

2005年09月11日

最近のアレコレ

今週の週刊少年サンデーの獣医漫画「WILD LIFE」は科学的(化学的?)な恋愛のメカニズムです。
興味ある方は読んでみては?

というわけでいい女塾ももうすぐ節目を迎えようとしております。
そしてこのブログもどうしたもんかと考えなきゃいけなくなってきた。
最初の目的は自分自身がいい女を描くための練習の場だったわけだし…。
このまま鍛錬を続けるのか、それともこの時間をもっと自分の絵を世に出すための時間にするべきなのか。
最後の作品を本気で作成してから考えようかと思う。

今回は恋愛ダークサイドをちょっと話そうかと思ったんだけどその骨格となる自分の恋愛話を組長に話したところ

「よく知らない人が聞いたらひくね」

といわれたのでやっぱり封印しようと思う。
世の中がそれをよしとする世界になったときに話そうと思うけど、そんな世の中にはなってほしくないと思うね。


半年ぐらい前に自分はいい女というのを

「自分自身を最高にプロデュースできる女」

と位置づけてこれまでいろいろ書いてきたわけだけど、これはあくまでも自分の評価ということに気づいた。
この世の中で評価するのは大抵の場合他人だったりする。

「誰のためのいい女か?」

というのを考えてみようと思う。
…けどそれは次週で。
(イラストは増刊号で)  
Posted by whuozul2 at 23:43Comments(2)TrackBack(1)いい女を考える

2005年09月05日

妹研究

日曜に間に合わなくてすみません…。
苦情は日曜洋画劇場にお願いします。

水野愛也氏の課題に答えようと思ったのに記事が消えてるじゃないですか。
せっかく珍しく自分の恋愛の話を出せるところだったのだけれども。
まぁ、いいや。無職による恋愛ダークサイドの話は次の機会にしておこう。

気合があんまり入ってない妹はなぢさんのところで妹萌えについてコメントを残したんだけども、オレには妹がいる。
別段かわいいと思わないんだけども彼氏はいる。
しかもどこで拾ってきたのか知らんけどスタイリストさんらしい。
芸能人の友達がいっぱいの。

「もしもし、玉ちゃんだけどNANAに出演決まったよ。ガチャ」

ってプライベートで聞けたりするらしい。
あの人自分のこと玉ちゃんって言うんだ…。
数万もする服をもらえちゃったりするらしいし。
まさにグレートフィッシャー。
信じられないことだが奴は男にとっていい女なんだろう…。


どこで見つけたかはさておき(マジで知らんし、聞きたくはない)何が妹をいい女たらしめるのか。
別段美人というわけでもスタイルがいいわけでもない(ズボンに腹が乗っかってるしね…)。
料理が上手いわけでもない。
部屋も汚いしね…。クッキー焼くのは上手いけど。

じゃあどこがすごいのか?

と考えるとおそらく演出力ではないかな?と思う。
妹は自分を演出する技術はずば抜けて高い。
まずは3人兄弟の末っ子で上二人は男。だから男の会話のペースを知っている。
中学は演劇部に在籍し高校では接客業のバイトを転々としている。
頭も悪くない。

そんなこともあって男受けする会話も出来るし、家では目つき超悪いのに人前に出ると顔つきを変えれる。
自分の持てる女力を最大限にみせることが出来るのはかなり強い。

いままで冷静に考えてなかったけど結構すごいなぁ…。
20になってないんだからまたすごいんだけど。
まぁ、幸せになってくれりゃあ兄としてはそれで充分なんだけどね。
少なくともまともなメシを作れるようになって欲しいなぁ。
  
Posted by whuozul2 at 23:04Comments(8)TrackBack(0)いい女を考える

2005年08月31日

組長

組長似せる気あるのか?といわれると正直微妙…。
組長は難しいもの。表情変えるとまさに別人。つかみ所がない。だから魅力があるともいえるけど。
オフ会のときも暗めの場所だったしねー…。資料も少ないしねー…。
と言い訳はこれくらいにしよう。
そして改めて別の時に描こう。リベンジ。

さて組長との出会いはいい女塾の本陣で掲載された時。「鉄コン筋クリート」(字あってるかなぁ?)の時は正直覗いてなかったりする。
最初に思ったことは

「うぉっ…!!」

うん…まさに衝撃映像。ファーストコンタクトがこんなだったから江戸川華歩という人物に惹かれたのかもしれない。
だって、普通じゃないでしょ。普通の人をわざわざWebで見ようとは思わない。

オフ会で会ったときも衝撃的だった。

「まさかここまでとは…!」

と前回も書いたように女を捨てた印象を受けた。と同時に「捨てた」という表現も的を得ていないなと感じていたけど、そのときは言葉が見つからなかった。

それから「ケモノアジ」が始まってそっちも一生懸命見るようになった。
いい女塾とはまた違った味がある(これがケモノアジなのか?)。というか中毒になるね…。「ケモノアジ足りねー…」って感じで。

ケモノアジが始まってからはケモノアジの組長の方が好き。どっちも組長なんだけどさ。
そんな感じで組長の魅力にドップリはまってしまったわけなんだけどね。

このまま行くと「江戸川華歩は女を捨てた」という結論になりかねないのでここでフォローしとかなくては。

今でも組長のことはいろいろ考える。何かと気になる人だから。
やっぱり組長はただ単に女を捨ててるわけじゃないんだよね。
確かに捨てているということは事実だけど、必要なところや大事なところは残してる。
まるで宝石の原石をカットするように。だからこそ女性らしい部分が色濃く見える。
…というといいすぎかもしれないけど、オレはそうゆう風に思ってる。
だからこそ惹かれる人間もいるんだよね。

オフ会のときは何であんなに盛り上がったのか…。今考えると不思議。
前世で何かしらのつながりがあったのだろうか?  
Posted by whuozul2 at 19:09Comments(5)TrackBack(0)おふれぽ

2005年08月28日

メイク談義

アシュラ男爵っぽい最近接客をするときはメイクの力の入れ方を見るようになってきた。
よく見るとやっぱり個性ってあるんだなぁ…って実感する。
それまでは大して変わらないのによく個性を主張してるもんだよって思っていたのに(大半の男は多分こう思ってる)。
それと同時に

「えぇー…そこまでいじったらアイブロウしようよ…」

とか

「アイラインもっと控えめでいいのでは?」

とか確実に女性を敵に回すことを頭の中で考えるようになった。
ただでさえ彼女がいないのにどうして自分でハードルをあげてるんだろう…?

今月のOggiの付録に東西のメイクの意識の違いがあって案外あるんだなぁ…って感じた。
どうでもいいけどOggiではメークというんだね…。

一番驚いたアンケートは

Q.メークについて一番悲しかったことは?

という項目。

東:「何でノーメークなの?今日すっぴんだよね!」
西:「厚化粧!」

ここでは男に言われたのか女に言われたのか明記されてない。
西と東では悲しくなる方向が真逆を向いている。
とはいっても東の2位を見ると「メーク濃いね」となってることからほどほどにメークをすることが望まれるようですねぇ。
綺麗にメークするのが理想なんだろうか?

替わって西のほうはというとすっぴんと呼ばれることは別に恥じることではないように受け取れる。
むしろすっぴんと言われたいという気持ちすら感じる。
なんでこんな風に分かれちゃったのか気になるなぁ…。

単純に分けると
東はメークしないと恥
西はメークしなくても恥じゃない

名古屋はどうかというとどうなんでしょうねぇ?
個人的には

厚化粧<すっぴん

って感じで厚化粧の方が嫌なんですが。
とはいっても開き直ってるすっぴんも嫌だしなぁ…。
やっぱり料理と同じですな。
食材にあった最高の調理法を見つけるように自分にあった最高のメイク方法を見つけて欲しいですな。
  
Posted by whuozul2 at 22:16Comments(2)TrackBack(0)こすめ

2005年08月21日

NANAる

ナナのつもりいい女とはどうゆう奴か?

ということでその答えを知るためにNANAを読んでみた。
今のところ9巻まで。

うーん…どっちが好みかといえばオレは幸子かな。
ナナはいい子だねぇ…。
奈奈は…あんまり好きじゃない…。
えー…だって、ちょっと振り回しすぎじゃない?

それにしたって章司だよ、章司。
酷い男だね。ナナの代わりにぶん殴ってやりたいところだ。

あぁ…そうじゃなくて?

ビジュアル的にはみんないい女だよね。
でも、人間としてみるといい女かといえば疑問符が付く
どこか欠陥があるからこそそのキャラクターに親しみが持てるわけだから当然といえば当然かもしれない。

ここで思うのは「完璧さ」。
完璧な女は果たしていい女なのか?
さっきも言ったようにコンプレックスがあるから魅力が出るし、親しみも持てる。
完璧な女はそれの真逆を行っていることになる。
ある種の矛盾だよね。
かといって、それを目指すのをやめてしまっても魅力は消えるだろうね。
美は磨き続けなきゃいけないものだし。

人から離れることを目指すことによって結果的に人から好かれるようになっていく。

変な話だよね。
  
Posted by whuozul2 at 23:47Comments(5)TrackBack(0)いい女を考える

2005年08月14日

姫と騎士

みんなお盆で更新できない中をきっちり更新している無職です。こんばんは。


帽子イカス今月のSPURの付録を読んでたら超イカス帽子があったので一人で大興奮

ウェザーリ○ートっぽい(JOJO第6部参照)。厳密には違うけど。


オレが女だったならば…とちょっとだけ思った。
というか女性用のファッション誌を見て「これ超いいんだけど!」なんて思うことが多くなってきたあたり、かなり末期になってるね…。
そろそろ立ち読みして声に出し始めるかもしれません。
そのときはよろしくお願いします。


さて、前回の予定通りゆうきゆう先生の記事の話。

うーん…感動した!
実にわかりやすいですな。

女性はいつでもお姫様で男は常に騎士なんですなぁ…。

残念ながら選ぶ権利っつーものがどちらにもあるってことなんだよね…。
お姫様からしたらそりゃ優秀な騎士をそばにおきたいわなぁ。
騎士からすれば仕え甲斐のあるお姫様のところに行こうと思うわなぁ。


そして、個人的にも「女性軽視だ!」っていう女性は嫌いかな。だって、充分優遇されてるじゃん。
映画にしてもそうだし、いろいろ特典付いてくるし。


これ以上何を望むつもりだ?


と思えてくる。逆に男の利点って何?と思う。
力じゃ敵わないし…って言った君。そんなことしたら豚箱行っちゃうじゃないの。
使えませんよ、暴力なんて。特に善良な市民は。
戦争で言うなら暴力は核兵器ですよ。そんなもん使えるかー!
それに引き換え女性の「セクハラ」攻撃は最強ですよ。
あんなもん言われたら何もできなくなるじゃん
しかも言っただけじゃ豚箱いかないだろうしね。

というわけでね…男ってのは牙をもがれた狼ですよ。より弱い…。
そんなわけで厳しくしないでかわいがってやってください。
そして核兵器を使わせないように上手く外交政策をとってくださいね。

  
Posted by whuozul2 at 22:53Comments(3)TrackBack(0)いい女を考える

2005年08月08日

自分は何だろう?

夏仕様自分の着ている服を思い返すと案外ユニセックスな格好をしてると気が付く。
というよりも、男の服全体がそうゆう風にシフトしているのかもしれない。

いい女について考えるよりもいい男になるように考えた方がいいんじゃないのか?

という人がいるかもしれない。
うーん…確かにそっちの方がメリット多いかも。
とはいってもいい男には興味がないもの。興味があるのはいい女ー。


今週はやたらと面白げな課題がいっぱいあるのでダダダダーっと答えていきたい気分。

順番にまいまいさんの課題から。

☆★------理想の私------★☆

【年齢】 24
【職業・設定】 無職
【体重】 56kg
【身長】 170cm
【性格】 外交的
【髪型】 こだわらない
【チャームポイント】 未来の自分に期待しない


  ☆★-----------------------★☆

☆★------現在の私------★☆

【年齢】 23
【職業・設定】 無職
【体重】 56kg
【身長】 169.7cm
【性格】 会話の守備範囲がマニアック
【髪型】 適当
【チャームポイント】 しいて言えば茶色い目

☆★-----------------------★☆

うーむ…この数字だけだとほとんど変わんないよね。だって理想は誰にも迷惑かけないNEETだからなぁ…。
身長は3ミリだけでいいから欲しいね。
体重はジムでトレーニングしてるから多分まだ増えていくと思う。
理想は腹筋割ること。何か面白そうだし。割ったら今度は胸の筋肉動かしてみたいなぁ…ギャグで
そのためにはもうちょっと脂肪を落とさないといけないかな(現在体脂肪率16%)。
マッチョがもてるわけではないのを知ってるんだけどね。
まぁ、スキーやったりバレーボールしたりといろいろ使うんで…。別に腹筋割ったり胸の筋肉動かす必要は全然ないけど


クリクラ先生穴場スポットの課題。
うーむ…穴場スポット…。穴場という定義が難しい。何をもって穴場とするのか…。
まぁ、出不精の自分が穴場なんてものを特に知ってるわけでもないので出せる範囲で書くことにしよう。

地元は名古屋なんだけど、名古屋はマジで座って待つ場所がない
喫茶店とかで金払うのももったいない!と正直思うわけだけど、ズバリいい場所知ってます。
JRタワーズ12F、スカイシャトルの停車する階。
13Fに昇る階段の下の観葉植物が置いてある場所
実はベンチになってるんですよ。
知ってる人は知っている…。すわり心地悪くて案外人居るじゃん…って思う人は階の南側、メシ食う店がひしめき合う中にあるベンチとかいいですよ。
そっちは割と少ないです。
極稀に人間観察したり、絵を描いてたりしてます。


次はあいたんさんからの課題。

ぶりっこはどう思うか

非常に興味深いテーマではありますな。男と女の前で態度を変えるという奴ですか。
正直、態度変えるなって方が無理だと思うけどね。
だってさ、かわいいこの前だとかっこつけたいじゃん?
それが男心
同じ人間である女性も少なからずあるはずだよね。

ま、男の場合それは完全に黙認というか普通のことだからわざわざそんなこといわない。
言ったとしてもジョークでしか言わない。
女性の場合はちょっと違ってくるように思う。

「男に媚売っちゃって、いやらしい」

なんて昼ドラ真っ青な台詞を受けたくない、まさに自己防衛のためにそれを抑制する方向にあるように感じる。
同性の反感を買ってその社会からつまみ出されたら死活問題だからね。
それを含めて「どう思うか?」なんていやらしい課題を考えたもんである。


そうゆう意味で典型的な例は珠緒だ。
同性から見てアレが許せるか許せないか?というのがこの課題の肝だろう。
女性からするとあんなバレバレなのを使う珠緒もむかつけば、それでころっと騙される男もむかつくんだろう。
気に入らないならやればいい、と思うんだけどね。
あんなの使えるか!と思うなら別にいいんじゃないかな、と思う。
やれもしないのに野次を入れるのは僻みにしか見えないけどね。
彼女は彼女なりの武器を使ってるだけ。ぶりっこも武器のうち。

男からすれば心地いい時間を提供してくれれば演技だろうと素だろうと構わないもんだしね。


というわけで我らが組長の課題、「私を変えた日、変えた人」

うーん…沢山あるんだよねー…。
そもそも、すべての時間が意味のあることで、あった人すべての人がオレに影響を与えた…って思ってる。
だから、オレという存在ではさっき言ったような理由であげることは難しいけれど、「無職」という名の自分の器の一つが一番影響を与えた人ならあげることは出来る。
それはやっぱりさきっちょ

何せ「無職」と名づけたのはさきっちょだから。
もともとはwhuozulというHNだった。この本の中に書いてある無職@whuozulはその名残。
似顔絵修行ではあちゅうを描いてトラックバックしたら「私にも描いてー!」って乱入したのがさきっちょ。
で、彼女のブログの中で自分のことを「無職さん」とよんだのが始まり。
whuozulは…きっと面倒くさかったんだろうなぁ…。
んで、TOPにイラスト飾ってもらったりとかいろいろあってここでもいろいろ描くようになった…って感じかな。
今では「無職」でよかったって思ってる。
そして「無職」ってくくりじゃなければはあちゅうも似顔絵を描くきっかけをくれたという意味でもやはり大切な人。
二人がいなければ定期的に描く習慣が付いてなくて今よりもきっと下手な絵を描いてたと思う。
だから二人には感謝してる。

ゆうきゆう先生のもいい話だったんだけど、今度にしよう。
  
Posted by whuozul2 at 00:05Comments(11)TrackBack(1)いい女を考える

2005年08月01日

オフレポその2

ゆふぃさんユフィさん、2ヶ月間お疲れ様でした。というわけでオフレポということもあってそのときの商品、勝負下着着用のユフィさん。

勝負下着のディティールが甘いのはそのときじっくり観察できなかったためです。手にとってまじまじと観察すればよかった。もうあれから1月ですか。早いもんです。

それにしても受け取った時、超ブーイングしてたのは今でも覚えています…。そして我らの組長が鞄を受け取る時も

「私もそっちの方がよかったー!」

4万もする勝負下着を買ったミズノンノ氏も形無しです…。会った時は

ぽっちゃりしたユンソナ?

って感じを受けたんですが、実際どうなんでしょう?ぽっちゃりは余計ですか…そうですか。あんまり話をすることが出来なくて残念。

それとは別にようやくりかたんさん推薦のお中元をたいらげることが出来ました。

やはり感想をいわないとダメだと思い完食まで待ってたのです。

一通り一口ぐらいづつ食ってさっさと感想をいいたいところだったのですが実家暮らしなので当然冷蔵庫は母の絶対王政がしかれており、

「冷蔵庫いっぱいになるから一つずつ片付けてよ」

…もちろん逆らえません。

実は甘いものが苦手な私ですがスイーツの中でも目がないものがあります。

チーズケーキです。

はい、名前が違いますが似たもの入ってますねぇ…チーズスフレ。もちろん最後にとっておきましたよ。

最初はシュークリーム。甘さがあまり主張してなくて美味しくいただけました。超美味いんですけど…。やはり長兄として他の家族にも食べていただきました。

ロールケーキも上品な味でしたね。スポンジもやわらかくてよくこんなもの見つけれたな、と感心するね。これはほぼ独り占めできたね。どうやら兄弟はこれに興味がないらしい。

最後のチーズスフレは本当に美味かったね。チーズケーキといえども1きれ食ったら満足するんだけどこれは違ったね。

いきなりホールの半分いかさせてもらいました。

うーん…満足満足。翌朝も食べれるかな?なんて淡い期待を持つべきじゃなかったね。うちの家族なめてたよ。

残骸…早いよ!12時間くらいしか経ってないよ?そら確かに解凍後は2日以内って書いてあるけどさ。

ってゆうか寝てる間に消えてるって…切ないよね…。お前ら美味いものを黙々と食うなよぉ…。

とりあえず美味しいものを選んでくれたりかたんさんに感謝。

  
Posted by whuozul2 at 00:52Comments(5)TrackBack(0)おふれぽ

好みの髪型

というわけで髪型月間も今回で終了です。
なんだかグダグダだったような気がしないでもないけど…。
私生活がグダグダだったので勘弁したってください(いいわけ)。

好みの髪型さて、何だったら最後なんだし自分の好みの髪型で描いてみようかなって思う。

こんな感じ。

顔は前回の使いまわし。
書き込み量変わるだけでこんなに違うのももう驚かなくなってきた。

やっぱりファイナルファンタジー爾離螢離△世諭
性格は…あれだけど…。
ホントはメッシュはいってるんだけど…見えません。個人的にメッシュは…。
自分はシンプルが好きだからこんな感じになるかなぁ…。今回の化粧は遊んで描いてるから好みではないのです…というか化粧の好みはすっぴんですたい(もしくは男の目から見て化粧してるとわかりにくいメイク)。

現実の話だとやっぱりその人が似合う髪形が一番だと思うけどね。
なーんていってるけど…直接言える相手いねーよ!ドちくしょー!

  
Posted by whuozul2 at 00:22Comments(0)TrackBack(0)髪型

2005年07月26日

モテ髪

箸休め…ってことでダメですか?雑誌なんかによくあるモテ髪って奴をもうちょっと考えてみようと思う。
ようするにもてる髪型のことだわいな。
本当にあるのか?ってのが個人的な感想。
非モテ髪ってのはあると思うけどね…。

いろいろみてたりするけども、すごく手の込んだものばかり。
正直大変だと思うし、効果がいまいちあるのかどうかわかりにくい気がしないでもない。
正直なところコストパフォーマンスとしてどうなのよ?…って思わないだろうか。
やっぱり手間をかけないで済むなら手間はかけたくないと思うしね。

というわけで考えてみましたよ。
以前、書いたように男が描くいい女と女が描くいい女は違うと書いたときのように考えてみる。
すなわち、男の漫画家が描くヒロインの髪型こそ男受けするモテ髪ではなかろうか?
ちょうど定期的に購読してるジャンプがあるのでちょっと見てみよう。



驚いた。
パーマかけてる人がほとんどいないんですけど…。これは天然もの?それともストパー?
何か、基本はさらさらのロングですヨ…。一応内訳は

NARUTO:サクラ→ショートで額あて(ヘアバンド)いわゆる運動会とかの鉢巻みたいにつけてます。
ONEPIECE:ナミ→オレンジでショートで軽く外はね
         ニコ・ロビン→黒でストレートのロング
銀魂:神楽→チャイナ頭。
BLEACH:井上織姫→茶色でストレートのロング
魔人探偵脳噛ネウロ:弥子→髪色不明で、ショート。ピンで耳を出してます。
みえるひと:ひめのん→黒でストレートのロング
テニスの王子様:忘れた→黒のおさげ
ボボボーボ・ボーボボ:ビュティ→ピンクでショート
D.Gray−man:忘れた→黒でロング。両サイドの上の部分をゴムで縛ってる。
家庭教師ヒットマンREBORN!:京子→茶色のショート。軽く外はね
                 ハル→一度カールさせてフルアップ。サイドでまとめて(おそらく手ぐしで)逆立ててボリューム出してます。一番凝ってる。
タカヤ:渚→金髪でオタク用語で言うところのツインテール。
葛飾区亀有公園前派出所:麗子→金髪のストレートでロング
Mr.FULLSWING:凪→黒でゴールデンポイントでのフルアップ
いちご100%:東城→黒でストレートのロング
        西野→金髪のショート。軽く内巻き
        北大路→茶色でゴールデンポイントでのフルアップ

前髪とかはまぁ、適当に想像してください。ここに書いてある奴は面倒くさいこと無しです。
とりあえずロング安定?
…ってゆうより多分、男は女の人の髪をあんまり見てないんだと思う…。
漫画の場合は描くのが面倒くさいっていうのもあったりするかもしれないけどさ。
ってゆうよりジャンプがダメだったとか?  
Posted by whuozul2 at 00:04Comments(0)TrackBack(0)髪型

2005年07月17日

というわけで名古屋

名古屋…それは我が地元。
名古屋といえば名古屋嬢。
名古屋嬢といえば名古屋巻き。

名古屋巻き?というわけで今回はリクエストもあって名古屋巻き。
名古屋巻きは

チュラル

ージャス

わらか

の頭文字を取ったものであって名古屋は別にかんけーないそうだ。
確かに名古屋の美容院発らしいけど。

名古屋にいるとどれが名古屋巻きでどれがそうじゃないのかさっぱりわからなくなる。
みんな名古屋巻きの様に感じるし、誰もやってないような気もしてくる。
調べてみるとそもそも名古屋巻きには決まった形がないらしいし…。
いわゆる「普通の人」が存在しないかのごとく。

これがナチュラルの真意なんだろうか?
基本的にゆるいカールが特徴のようだけど…。
うーむ…奥深い。
  
Posted by whuozul2 at 23:46Comments(1)TrackBack(0)髪型

2005年07月10日

神戸…それは

はなぢさんの課題…自分を分類してみようというわけで分類するならば

無職目 ナマケモノ科 引篭もり属

という救いようのないところに分類されてしまう無職です。
ってゆうか世に言うNEET(カッコイイ字体にしてみた)ってのはみんなここに分類されるのか?
でも、オレはNEETじゃないですよ…。

さて、今月は髪型月間ということで巻き髪に挑戦。
挑戦してもらうのはりかたんさんです。どうぞ〜。

りかたんさん…若干似てないのはご愛嬌

あんな文体をしていながら実は素敵な顔ハスキーボイスという恐ろしいギャップとあの台詞で初対面の時には自分の度肝を抜いていただきました。

いうなればまさに姐御。今まで年下ばっか好きになってたけど(非ロリ)、あんな年上ならいいなぁ…と勝手に妄想しております。

暴走もいい加減このあたりにしておいて、今回は神戸巻きにしようと思う。

神戸といったら南京町。チャーシューが美味い店があるらしいんだよね…。
一度いったことがあるけどあのとき何でマックで飯食ったんだろう?
あぁ…そうだ、ジーンズ忘れたから買おうと思って単独行動したらはぐれて一緒に飯食う奴がいなかったんだ。
みんな神戸牛食ったとかいいやがって…オレも食いてーよ。

神戸巻きバージョンってそうじゃなくて、さっそく神戸巻きになっていただきましょう…。

何か別人に見えるね。うーむ…髪形のパワーって侮れない…。

神戸巻きのポイントはやはりそのゴージャスさにあるらしい。
髪形の参考にしたのはここ。相変わらず意味がわかりません。
見た感じ顔周りだけ外巻きで後は内巻きになるのかな?
もっとわかりやすい言葉にすればいいのになぁ…。

あ、個人的にはショートのりかたんさんのほうが好みですよ。

  
Posted by whuozul2 at 23:35Comments(7)TrackBack(0)髪型