大崎上島|ブログ|日向裕一

日向裕一公式ブログです。古里・大崎上島で詩人・芸術家として創作活動をしています。日記は、田舎暮らしで気づいたことなどを掲載しています。また、大崎上島町・楽園プロジェクトリーダーとしても活動しています。大崎上島を小さな楽園へと目指しています。

私が炎の料理人・料理番長。

昼食は、中華風野菜炒め。

さてさて、毎日、私も忙しいです。

地域活動も前進しています。

いろんな分野の勉強も楽しいです。

今日は、英会話も学びました。

不得意分野、得意分野。

みんな違って、みんな良いね。

個性の尊重、認め合いの社会へ。

午前、午後の地域活動も忙しかった。

そして、私も愛する音楽鑑賞。

世の中が穏やかになりますように。

皆さん、今日一日、お疲れ様でした。

明日が希望の朝でありますように。

私は、詩人、文学者としても努力あるのみ!

DSC03641

希望の朝は、世界平和の一歩です。

さてさて、私は、自由人です。

心広く自由を楽しく、そして、勇気。

私たちは、ご都合の人間関係ではない。

善い仲間を増やして、穏やかな平和の日々。

そして、日々感謝して謙虚に生きてゆきましょう。

善悪の判断と決断力、それが、人類の課題です。

宇宙とは、愛と愛情の広がりであります。

ですから、私たち人間も一つの宇宙です。

せっかくの人生、善の道を歩き、今と未来へ。

一人一人の善が、宇宙に響き、地球が輝きます。

そのためには、善い出会い、善いご縁を結ぶこと。

親切心は、「おせっかい」になります。

だからこそ、現実は厳しく険しいのです。

悲観することはありません、善の道を歩むこと。

たしかに、現実は、時として試練に感じます。

善い本と同じく、善い出会いは、無限大の輝き。

思いやりの心、優しい心、そして、清く正しく美しく。

せっかくの人生、本当に大好きな仕事もしたいです。

私は、詩人として自由に生きて、日々幸せです。

過去は、苦しみ、悲しみ、苦労の連続でした。

私にも厳しく険しい人生の途中、試練もありました。

だからこそ、現代社会に必要なことは、生きる勇気。

生きる勇気は、心の中に存在する善であること。

今、苦労しても、自分自身のありのままを信じること。

周囲ではなく、人生の主役は、自分自身です。

地球を想像してみてください、宇宙の命と魂です。

その気づきは、人生を心豊かにして、愛と勇気です。

私は一人の人間として、善の道を創っています。

善い仲間を増やして、本気で世界平和を実現へ。

そのためには、一人で苦しみ、悲しまないこと。

私の仕事と活動を、しっかり継続してゆきます。

皆さんの素晴らしい日々を祈り願っています。

善は善の道、私の人生観、死生観、世界観です。

現代のプロレスは、エンターテインメントです。

ですから、変革ではなく、劇団みたいに感じます。

むかしのプロレスラーは、スーパースターではなかった。

純粋に応援して、純粋に真のプロレスに感激と感動した。

ですから、スーパースターという固定概念は、私になかった。

ところが、プロレスも劇団からスーパーサーカスであります。

私は、純プロレスこそ、日本のプロレスだと信じています。

しかし、現代のプロレスは、「見せる」ことが強調されている。

私が知っているプロレスラーは、本当に純プロレスだった。

プロレスラーは、伝統職人であり、オートメーション化ではない。

日本には、新日本プロレス、全日本プロレスの二党でした。

あの頃のプロレスファンは、真剣にプロレス技を学びました。

一つ一つの技術に話題が集中して、プロレス黄金時代でした。

当時のプロレスラーは、本当に最強と最高な選手が多くいた。

私が知っているプロレスは、エンターテインメントではありません。

そして、強烈な個性と正義、選手の主張が熱かったプロレス。

皆さん、現代のプロレスって、プロレスですか、私は疑問です。

私が考える大崎上島の観光は、オアシスです。

都会にはない、心の疲労を癒すことができる景色。

それが、大崎上島の魅力でもあり、オアシスです。

都会に住む人々の「癒しの旅」になると良いです。

大崎上島の魅力は、瀬戸内の夕凪・景色でしょう。

景色が美しい離島、この景色は、みんなの笑顔です。

そんな想いで私は、大崎上島の観光も考えています。

一人一人の幸せを常に思いやりの心で感じています。

私は、大崎上島の地域活性化・地域づくりも実践。

様々な課題があり、私も真剣に一生懸命に活動です。

今という名の現実、そして、将来性がある離島社会へ。

私は、日々の暮らし・生活で情熱的に生きています。

「日本人の故郷」をテーマに、新しい時代へと前進です。

大崎上島は、オアシスでもあり、楽園へと目指しています。

だからこそ、私も活動と仕事を通じて学びの日々です。

当たり前のことに感謝する心、それが、知、仁、勇です。

大崎上島に必要なのは、オリジナルの発想力であります。

そして、全てにおいての総合力と即戦力の人材育成です。

経済第一ではなく、自然愛にあふれた希望の大崎上島。

自然愛と文化活動を積極的にできる地域づくりが優先です。

文化が心豊かな地域は、愛と平和であり、活気があります。

美しい島、大崎上島は、明るい将来へ向かってゆきます。

本当に幸せな離島社会を目標に、苦難・困難を乗り越えます。

私も詩人として愛する大崎上島と共に明日へ歩んでいます。

日本国の政治に失望している。

在野には、優秀な人材が多くいる。

政治には、即戦力のリーダが不在である。

今こそ、民間の立志が必要とされている。

政治ではなく、時代を動かす、その一心だ。

我が詩人魂は、情熱で照らす灯火でありたい。

そして、我が同志は、決意と覚悟である。

真のリーダーとは、才能ではなく、気づき。

気づきの人生観・死生観・世界観こそ、愛情。

政治経済を超えるのは、愛情だと確信した。

日本国を守り、誠と正義のなびく旗は、大志。

水曜日。

私が炎の料理人・料理番長。

昼食は、卵チャーハン、中華風豚肉キャベツ炒め。

私も家族サービスしています。

少しでも、両親の助けになりたいです。

私も料理が得意分野の一つです。

いつも、ありがとう、お父さん、お母さん。

DSC03610DSC03611

広島県大崎上島は、まさに、時代が動く。

そのためには、民間の勇気と立志が必要です。

大崎上島・離島社会を楽園へと導きましょう。

私は、在野の詩人として地域活動に忙しいです。

みんなの笑顔を実現化するために、愛と勇気。

愛とは、お金を越えた価値観であります。

そして、勇気とは、民間一人一人の自信です。

私たちが目指す、理想とは、「小さな楽園」です。

みんなが協力して、助け合って、地域づくりすること。

コンビニも不要の大崎上島・離島社会こそ、誠と正義。

私たちの愛は、無限の可能性、広い広い心の力です。

そして、善と悪の判断力こそ、真の大崎上島です。

私も大崎上島を愛する一人として、世界へ発信します。

この離島社会を心豊かにして、さらに愛と勇気の離島。

私たちの心も平和であり、新しい時代と歴史を創ります。

そして、新しい価値観を生み出して、真の大崎上島を実現へ。

今までは、助成金・補助金の無駄遣いが多くあった大崎上島。

私は、民間の一人一人の能力向上、時代適応こそ、真である。

真とは、愛と勇気、そして、平和、みんなの希望であります。

私たちは、時代を動かす、その時、その瞬間へと歩んでいます。

そして、在野の詩人として感性を磨き、心の波動であります。

民間の立志、要するに、一人一人の志と信念が大切です。

私は、政治家にはなりませんが、真の民間リーダーになります。

そのためには、決意と覚悟、そして、損得計算ではない人間関係。

大きく、大きく、この広島県大崎上島を発展させましょう!

↑このページのトップヘ