ウィーン発 『コンフィデンシャル』

 ウィーンに居住する筆者が国連記者室から、ウィーンの街角から、国際政治にはじまって宗教、民族、日常の出来事までを思いつくままに書き送ります。

EU新委員長「パワフルな欧州を」

 欧州連合(EU)の欧州議会のストラスブール本会議で16日、加盟国28カ国の首脳会談でユンケル欧州委員会委員長の後継者に推挙されたドイツのフォンデアライエン国防相(60)が過半数の支持を獲得して、新欧州委員長に承認された。フォンデアライエン氏は欧州議会の第一会派「欧州人民党」(EPP)の支持の他、リベラル会派、第2会派の「社会民主進歩同盟」(S&D)からも支持を得て承認に必要な議会過半数374票を超える383票を獲得した。「緑の党」会派、左翼党会派は反対に回った。女性の欧州委員会委員長は初めて。ドイツ人出身の欧州委員長はほぼ半世紀ぶり。

P7161865
▲欧州議会で自身の政策を表明する新欧州委員長のフォンデアライエン氏(2019年7月16日、ドイツ民放の中継から)

 フォンデアライエン氏は承認後、「私を支持してくれた議員に感謝する。非常に興奮している」と喜びを表し、強い欧州を建設するために議員に結束を呼び掛けた。同氏はドイツの与党「キリスト教民主同盟」(CDU)に所属し、第4次メルケル政権下の国防相を務めてきた。ちなみに、同氏は15日、欧州議会での採決結果とは関係なく、17日に国防相を辞任する意向を表明し、欧州議会の承認に背水の陣を敷いて臨んだ。

 EU首脳会談でフォンデアライエン氏は推挙されたが、欧州議会での承認は不確かだった。支持が確実なのは欧州人民党の182票だけで、過半数の374票まで程遠いだけに、支持を表明済みのリベラル会派(108票)だけではなく、社民党系会派(154票)や「緑の党」会派(74票)からの支持票が不可欠だった。

 同氏は16日午前の演説で親欧州路線を改めて鮮明化する一方、社民党系や緑の党の支持を得るために社会の公平、最低賃金の設定、欧州共通の失業者保健の確立など、社会対策を強調する一方、地球温暖化対策ではCO2排出量を2030年前までに40%から55%減少させ、CO2税の導入、環境保護のための欧州銀行創設などのイニシアチブを提案。難民・移民対策では新難民協定の提示、国境の警備強化と共に、地中海の難民問題では「人道的な支援」の重要性を強調した。

 緑の党会派は「環境対策への意欲は評価できるが、十分ではない」として、会派としては反対を表明。一方、社民党系はフォンデアライエン氏から多くの譲歩を勝ち得たとして会派として支持を示唆したが、反対に回った議員も出た。なお、投票は無記名式で、会派の票の詳細な流れは不明だ。

 新欧州委員長の前には難問が山積している。フォンデアライエン氏は記者会見で、「仕事が始まった。パワフルな欧州とするためには優秀な欧州委員が選出されなければならない」と表明、11月1日の就任を迎えるまでに欧州の刷新を実施していく意向を明らかにした。

 欧州議会で欧州人党会派と社民党系会派で過半数を支配してきた時代は終わった。5月の欧州議会では欧州に懐疑的な極右派・民族主義派政党が躍進し、欧州議会の運営はこれまで以上に難しくなってきた。今回の新委員長支持率は51・3%に留まった。

 EUは今日 移民・難民対策から経済政策、環境問題の対策などの難問に対峙、EUの共同政策より、自国の国内政治を優先する傾向が加盟国内で高まってきた。例えば、東欧のEU加盟国でヴィシェグラード・グループ(地域協力機構)と呼ばれるポーランド、チェコ、スロバキア、ハンガリーの4カ国ではその傾向が強まってきている。

 また、英国の離脱(ブレグジット)が控えている。EU離脱は英国経済に大きな影響を与えることは必至だが、ドイツに次いでEU第2番目の経済大国・英国を失ったEUの未来にも大きな影を投じている。トランプ米政権との関係も難問だ。EUと米国の間には貿易問題から安全保障政策まで利害の対立が表面化してきた。外交面でも対中国、対ロシアで加盟国間に相違が出てきている。ハンガリーやギリシャなど親中国派の加盟国は中国のEU市場進出を歓迎している。

 ブリュッセル生まれで、「生来欧州人だ」というフォンデアライエン氏がユンケル時代に停滞してきたEUの機構改革を実施し、加盟国の結束を強化し、EUをパワフルな機構に生まれ変わらせることができるか、国際社会はEU新委員長の政治手腕に注目している。

「告白」の守秘義務は厳守すべきか

 人は死ぬまで秘密を保持することは難しい。例えば、ウォーターゲート事件(1972年6月〜74年8月)の場合でもワシントン・ポスト紙記者に情報を流した情報源「ディ―プ・スロート」と呼ばれた内部情報提供者(マーク・フェルト当時FBI副長官)は「自分だ」と告白してから亡くなった。死ぬ前に、生きている世界での秘密を明らかにし、決着をつけて別の世界に旅立ちたいという衝動に駆られるからだろうか。秘密を自分の墓場まで持っていく人間は案外少ない。

biechtstoel
▲オランダ・北ブラバント州にある伝統的な告解室(ウィキぺディアから)

 ところで、医者や弁護士には職業上、患者やクライアント(依頼人)の情報を他言してはならない守秘義務がある。ローマカトリック教会の聖職者にも同様の義務がある。告白の守秘だ。信者が告解室で語った内容を他に漏らしてはならない。しかし、聖職者の未成年者への性的虐待事件が多発し、教会への信頼が著しく傷つく一方、教会上層部が性犯罪を犯した聖職者を隠蔽してきたという実態が明らかになった結果、聖職者の告白の守秘義務を撤回すべきだという声が高まってきた。

 一人の神父が信者から犯罪行為、性的犯罪を告白されたとする、神父は即警察当局に連絡すべきか、それとも信者の懺悔は神への告白であるから、その秘密を他言しないか、の選択を強いられる。聖職者の未成年者への性的虐待事件が多発して以来、この質問は教会内外で頻繁に問われてきたテーマだ。

 米教会では過去、数万件の聖職者の未成年者への性的虐待事件が発生してきた。それを受け、告解の守秘義務、赦しの秘跡(サクラメント)の死守は次第に厳しくなってきている。

 米国カルフォルニア州で告解の守秘義務を廃止すべき内容を明記した関連改正法が提出され、州上院では採択されたが、議会公共安全委員会で否決されたばかりだ。

 提出された改正法案(SB360)では、聴罪神父が性的犯罪を信者から聞いた場合、警察当局に即連絡することを義務づけるという趣旨だ。それに対し、ロサンゼルスのペーター・ゴメツ大司教は、「アメリカ国民の良心への脅威だ」と警告。カトリック教会以外の他の宗派でもSB360に反対を表明し、「信教の自由」への攻撃だという共同声明が作成された経緯がある。 

 ローマ・カトリック教会の信者たちは洗礼後、神の教えに反して罪を犯した場合、それを聴罪担当の神父の前に告白することで許しを得る。一方、神父側は信者たちから聞いた告解の内容を絶対に口外してはならない守秘義務がある。それに反して、第3者に漏らした場合、その神父は教会法に基づいて厳格に処罰されることになっている。告解の内容は当の信者が「話してもいい」と言わない限り、絶対に口外してはならない。告解の守秘はカトリック教会では13世紀から施行されている。

 カトリック教会では、告解の内容を命懸けで守ったネポムクの聖ヨハネ神父の話は有名だ。同神父は1393年、王妃の告解内容を明らかにするのを拒否したため、ボヘミア王ヴァーソラフ4世によってカレル橋から落下させられ、溺死した。

 バチカン・ニュースは今月1日、法王庁裁判所がまとめた文書を掲載し、「告白の他言を厳格に禁止してきたが、デジタルな世界の今日、フェイクニュースが広がり、全ては秘密にしておくことが難しくなってきた。そのような状況下で、世論の声が最終審判の声といった感じが強まってきた。世論の声にカトリック信者たちも影響を受けてきた。その結果、全てに透明性を重視すべきだという論理になるわけだ。告白の守秘義務は危機に直面している」と指摘している。

 バチカンの立場は明らかだ。赦しのサクラメント(秘跡)は完全であり、傷つけられないもので、神性の権利に基づいているというわけだ。例外はあり得ない。それは告白者への忠誠というより、この告白というサクラメントの神性を尊敬するという意味からだ。その点、信頼性に基づく弁護士や医者の守秘義務とは違う。告白者は聴罪神父に語るというより、神の前に語っているからだ。 

 なお、告白の守秘は悪(悪行)を擁護する結果とならないか、という問いに対し、「告白の守秘義務は悪に対する唯一の対策だ。すなわち、悪を神の愛の前に委ねるからだ」という。果たして、その説明で教会外の世界で理解を得られるだろうか。繰り返すが、聖職者の未成年者への性的虐待の多発、その事実を隠蔽してきた教会上層部への教会内外の信頼は地に落ちているのだ。聖職者の前に告白する信者が減る一方、告白の守秘義務の撤回を求める声が高まってきたのはある意味で当然の流れだ。

人類初の月面着陸とローマ法王

 米国のアポロ11号が人類初の月面着陸してから今月20日で50年目を迎える。米国だけではなく、全世界で人類の宇宙への扉を開いたアポロ11号の快挙を祝うイベントが行われる。

03_full
▲月面に降りた2番目のムーンウォーカー、アポロ11号のオルドリン宇宙飛行士(NASA提供、1969年7月20日)

 世界に13億人以上の信者を抱えるローマ・カトリック教会の総本山バチカンでも1969年7月20日、米国のアポロ11号の人類初の月面着陸は大きな関心を持ってフォローされた。多くのバチカン関係者はテレビの前にくぎ付けとなった。

 ローマ法王パウロ6世(任期1963〜78年)は当日、ローマ郊外のカステル・ガンドルフォにあるバチカン天文台でアポロ11号の快挙を追っていた。それに先立ち、バチカンは旧約聖書詩編第8章を刻んだ小さな金板を宇宙飛行士に渡し、月面着陸後、それを記念として月に残していくことになっていた。

 アポロ11号の宇宙飛行士が月面着陸直後、パウロ6世はラジオで世界に向かってメッセージを流した。

 「科学技術は無類の、複雑で勇気ある方法で最高頂点に立ち、これまでファンタジーで夢に過ぎないと思っていたことを成し遂げた。サイエンスフィクションは現実となった。この素晴らしい出来事から人類、世界、文明について、特に人類について考えなければならない。このような偉大なことを成し遂げることができる人間とは誰だろうか。小さく、壊れやすい存在だが、卓越しており、時間と空間を超え、物質世界を支配する人間とは。私たちは一体誰なのだろうか」


 そしてパウロ6世は旧約聖書の詩編第8章を引用する。

 「私は、あなたの指のわざなる天を見、あなたが設けられた月と星とを見て思います。人は何者なので、これをみ心にとめられるのですか。人の子は何者なので、これを顧みられるのですか。ただ少しく人を神よりも低く造って、栄えと誉とをこうむらせ、これにみ手のわざを治めさせ、万の物をその足の下におかれました」

 パウロ6世は「神が創造された人間は秘密に満ち、月よりも大いなる存在であることを示している。その起源とその使命で人は巨人であり、神のようだ。人の威厳と精神と生命を称えよう」と述べてメッセージを閉じている。

 パウロ6世のメッセージを読むと、人類初の月面着陸を目撃した法王の感動と興奮が伝わってくる。その偉業を成した人間のすばらしさをローマ法王は称えているわけだ。

 興味深い事実は、バチカンは天文学ファンということだ。バチカンは1891年、ローマ法王レオ13世時代(在位1878〜1903年)にローマ郊外のカステル・ガンドルフォにバチカン天文台を開設した。伝統的にイエズス会の天文学者が管理している。バチカンは米国のアリゾナ州にも独自の天文台で観測を行っている。生命存在の可能性(ハビタブルゾーン)のある惑星ケプラ452bが発見された時、バチカン天文台のホセ・ガブリエル・フネス所長は「ケプラー452bで生命体が存在可能か確認することが急務だ。可能となれば、神学者はそれについて論じなければならないだろう」と指摘し、太陽系外惑星のケプラー452b発見の意義を興奮気味に語っている。

 キリスト教の世界観によれば、神は人間を含む万物万象を創造した。そして地球上だけではなく、姉妹惑星にも同じように息子、娘たちを創造していたとすれば、地球中心の神観、生命観、摂理観の修正が余儀なくされる。中世のキリスト教会は天動説が否定された時、大きなショックを受けたが、21世紀のキリスト教会はそれ以上の大きな衝撃を受ける可能性が予想されるわけだ(「惑星『ケプラー452b』とバチカン」2015年7月27日参考)。

 ちなみに、フネス所長はバチカン日刊紙オッセルバトーレ・ロマーノとのインタビューで、神の信仰と宇宙人の存在を信じることは矛盾しない。神の創造や救済を疑わず、人間より発達した存在や世界を信じることは全く正当だ」と主張し、注目された(「『神の創造論』と宇宙人の存在」2008年5月16日参考)。

 アポロ11号の月面着陸から半世紀が経過する。アメリカン航空宇宙局(NASA)を中心とした世界の宇宙開発者は次の目標を月から火星に向けてきた。同時に、世界の投資家たちが人類の本格的な宇宙旅行の道を開こうと競っている(「人類初の月面着陸50周年を迎えて」2019年7月11日参考)。

 パウロ6世のメッセージではないが、アポロ11号の月面着陸は人類の偉大さを物語る一方、月を含む宇宙の無限さ、その精密さなどを人類に教えている。宇宙軍の設置、宇宙戦争といった話が大国間で報じられているが、宇宙は戦いの舞台ではなく、その創造の美を称える比類なき芸術作品だ。人類は宇宙に向かって感謝と謙虚さを忘れずに前進すべきだ。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
Archives
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ