ウィーン発 『コンフィデンシャル』

 ウィーンに居住する筆者が国連記者室から、ウィーンの街角から、国際政治にはじまって宗教、民族、日常の出来事までを思いつくままに書き送ります。

クリスマス市場と地球儀と「猫」の話

 ウィ―ン市庁舎前広場で18日、慣例のクリスマス市場が開かれた。今年はフォアアールベルク州から運ばれた25メートルの高さのクリスマス・ツリーにホイプル市長が同日夜、電飾を灯した。クリスマス・シーズンのオープンだ。来月24日のクリスマスのイヴまで300万人余りの訪問者がクリスマス市場を訪れるとみられている。ウィ―ン市庁舎前広場のクリスマスはその規模で欧州一だ。市庁舎前広場のクリスマス市場を一目見ようと毎年、世界各地から多数の旅行者が集まってくる。

IMG_20171118_173004 (2)
▲ウィーン市庁舎前のクリスマス市場風景(2017年11月18日撮影)

 ウィーンでは今年、オープンされるクリスマス市場は20カ所だ。クリスマス市場では子供連れの夫婦や若いカップルが店のスタンドを覗きながら、シナモンの香りを放つクーヘンやツリーの飾物を買ったり、クリスマス市場で欠かせない飲物プンシュ(ワインやラム酒に砂糖やシナモンを混ぜて暖かくした飲み物)を飲む。クリスマス・シーズンの雰囲気はいやが上にも盛り上がる。

 2015年や昨年は難民殺到やテロの多発でゆっくりとクリスマス市場を楽しむ雰囲気はなかったが、欧州がここにきて難民受け入れ制限と国境監視の強化で一致したことで難民申請者は激減し、難民の殺到という峠は一応過ぎたと受け取られている(例外は、北アフリカからボートで難民たちがイタリアに殺到)。

 欧州経済もようやく回復の兆しを見せ、失業者数も減少してきたというニュースが流れてくる。市場で景気よく出費できる市民と市場の雰囲気を楽しむだけで、懐の財布の紐は固い市民も多い。ただし、両者とも「いよいよクリスマスだ」といった高調した気分になる点では変わらない。欧州の人々にとって、クリスマスはやはり1年で最大のイベントだ。

 同時期、ドイツのボンで開催されていた国連気候変動枠組み条約第23回締約国会議(COP23)が18日、閉幕したばかりだ。パリ協定で合意した内容に対するフォローアップ会議だ。2020年以降に取り組む温室効果ガスの削減目標などについて話し合われた。
 地球の温暖化はもはや現実的脅威となってきた。一方、トランプ米大統領はパリ協定から離脱を主張するなど、地球温暖化への対策で国際社会コンセンサスがまだ出来上がっていない。経済発展と環境保護の両立をどのように実現するか、先進諸国ばかりか世界の全ての政治指導者が頭を痛めているテーマだ。

IMG-20171112-WA0000 (2)
▲地球儀を見つめる猫(2017年11月、撮影)

 先日、猫(ミアティラ)を飼っている友人宅を訪問した。その時、猫は電気が灯された地球儀をジーッと見ている。その後ろ姿が可愛らしいので写真を撮った。猫はそんなことに全く関心を示せず、地球儀を見つめ続けている。
 そのシーンをみていると、次第に深刻な思いが湧いてきた。大げさに言うと、地球は大丈夫だろうか、と考えてしまったのだ。こちらの重い視線を感じたのか、ミアティラ(伊ブルーベリーを意味)は地球儀から離れた。

 2000年前、イエス・キリストが降臨し、人類に福音をもたらした。その日を祝うクリスマス・シーズンが今年もやってきたが、地球上では環境保護問題ばかりか、紛争や戦争が至る所で繰り広げられている。われわれは2000年前のイエスの福音を正しく理解しなかったのだろうか。クリスマス市場の喧騒な中では考えもしない思いが次から次と湧いてきた。

民主化革命を知らない世代の時代

 チェコで共産政権が打倒され、民主化へ移行した通称“ビロード革命”が起きて今月17日で28年目を迎えた。首都プラハ市内では民主改革を祝うイベントが各地で開催されたという。ヴァ―ツラフ広場では同日夜、未来へのコンサートが開催され、多数のプラハ市民が28年前の民主化革命を祝った。

 チェコでは1968年の自由化路線(通称「プラハの春」)がソ連の軍事介入で後退した後、ソ連のブレジネフ書記長の後押しを受けて「正常化路線」を標榜して権力を掌握したグスタフ・フサーク政権下で民主化運動は停滞したが、反体制派知識人、元外交官、ローマ・カトリック教会聖職者、学生たちが1989年11月17日、結集し、共産政権に民主化を要求して立ち上がっていった。これが“ビロード革命”だ。

Scannen0003
▲自宅でインタビューに応じるチェコの民主化運動の中心的指導者だったハベル氏(1988年8月、プラハで撮影)

 このコラム欄でも紹介したが、チェコスロバキア時代、その民主化プロセスは、チェコ共和国とスロバキア共和国ではまったく異なっていた。チェコでは反体制派活動「憲章77」のヴァスラフ・ハベル氏(Vaclav Havel)らを中心とした政治運動が活発で、スロバキアで宗教の自由を要求したろうそく集会などが行われた。スロバキアでは民主化は宗教の自由の保障を意味したが、チェコでは宗教が大きな民主化の原動力とはならなかった。

 ハベル氏の実弟イバン・ハベル氏(Ivan Havel)らが参加した民主化28年祝賀集会では17日、「自由と民主主義はケアしなければ壊れてしまう花だ」という声が聞かれた。また、社会民主党(CSSD)の上院議員イジー・ディーンストビール(Jiri Dienstbier Jr)氏は、「わが国では欧州への懐疑心が高まってきている。民主化時代の主要目標は欧州への統合だったはずだ」と警告を発している。同氏はハベル氏と共に民主化運動を推進し、民主化後、外相に就任したイジー・ディーンストビール氏(任期1989〜1992年)の息子だ。

Scannen0267 (2)
▲チェコ民主化初代外相を務めたイジ―・ディ―ストビール氏(1990年4月28日、プラハ外務省内で撮影)

 冷戦時代、当方は反体制活動家で劇作家ハベル氏と同氏の自宅で会見し、ディーンストビール外相とは民主化後、プラハ外務省でインタビューしたことがある。あれから28年が過ぎ、チェコ連邦の初代民主選出大統領となり、連邦解体後はチェコの初代大統領に就任したハベル氏やディーンストビール外相ら民主革命世代は姿を消していった。そして、ディーンストビール外相の息子らが活躍してきた。共産政権下の弾圧や圧政を体験したことがない革命2世、3世が台頭してきたわけだ。

 中欧のチェコで先月20、21日の両日、下院選挙(定数200)が実施された。その結果、メディアから“チェコのトランプ”と呼ばれている資産家、アンドレイ・バビシュ前財務相が率いる新党右派「ANO2011」が得票率約30%、78議席を獲得してトップ。それを追って、第2党には、中道右派の「市民民主党」(ODS)が約11・3%、第3党には「海賊党」、そして第4党に日系人トミオ・オカムラ氏の極右政党「自由と直接民主主義」(SPD)が入った。与党ソボトカ首相の中道左派「社会民主党」(CSSD)は得票率約7・3%で第6党に後退した。

 チェコは中欧に位置し、民主化後は国民経済も発展してきたが、同時に、社会の世俗化は急速に進展してきた。欧州連合(EU)への懐疑心も高まり、難民政策ではハンガリーと共に難民受け入れに強く反対してきた。同時に、チェコでは冷戦後、神を信じない国民が増えた。ワシントンDCのシンクタンク「ビューリサーチ・センター」の宗教の多様性調査によると、チェコでは無神論者、不可知論者などを含む無宗教の割合が76・4%と、キリスト教文化圏の国で考えられないほど高い。(「『フス事件の克服』問われるチェコ」2011年5月26日参考)。

 総選挙で第1党となった新党右派「ANO2011」主導の連立交渉が現在、進行中だ。物質的消費社会の激流に流されることなく、チェコが発展していくためには国家の核となる精神的価値観を見つけ出さなければならないだろう。いずれにしても、チェコの民主化革命から28年が過ぎた今日、その責任は革命を知らない2世、3世たちに委ねられているわけだ。

ユダヤ教を発展させたペルシャ王

 イランとイラクの国境周辺で12日夜(現地時間)、大地震が発生し、国営イラン通信によれば、死者数が500人を超えるとの見方を伝えている。同地震に対し、イスラエルのネタニヤフ首相は14日、米国で開催されたユダヤ連盟の会合のビデオ挨拶で、「わが国は国際赤十字を通じてイランの被災者へ支援する用意がある」と述べた。その直後、テヘランからイスラエル側の支援申し出を拒否するというニュースが流れた。
 イスラエル側は支援申し出について、「イランの政権は容認できないが、イラン国民は別だ」と述べ、政権と国民を区別して見ていると説明した。

Scannen0266 (2)
▲ペルシャ王クロスの話が記述された旧約聖書の「エズラ記」

 イランがイスラエルからの支援を受け入れれば、両国の関係は少しは改善方向に向かう契機となったかもしれない。日本が中国で発生した大地震で支援を申し出、中国側がそれを受け入れたことを受け、中国と日本の、少なくとも国民レベルでの関係は改善したことがあった。

 イスラエルとイランは政治的、軍事的に敵対関係があることは周知の事実だ。イスラエルはイランのシリア支援やレバノンのヒズボラ支援を強く批判してきた。イランの核問題でも、核合意後も強い懸念をを表明している。一方、イラン側は、「イスラエルは核兵器を保有している」と指摘し、パレスチナ人への弾圧を批判してきた。イランのマフムード・アフマディネジャド前大統領は、「イスラエルを地上の地図から抹殺してしまえ」と暴言を発し国際社会の反感を買ったことがあるほどだ。

 しかし、イスラエルのユダヤ教の発展は、ペルシャで奴隷の身にあったユダヤ人に対し、ペルシャの当時のクロス王がユダヤ人の祖国帰還を許してから本格的に始まる。クロス王が帰還を許さなかったならば、今日のユダヤ教は教理的にも発展することがなかったといわれる。

 イスラエル史を少し振り返る。ヤコブから始まったイスラエル民族はエジプトで約400年間の奴隷生活後、モーセに率いられ出エジプトし、その後カナンに入り、士師たちの時代を経て、サウル、ダビデ、ソロモンの3王時代を迎えたが、神の教えに従わなかったユダヤ民族は南北朝に分裂し、捕虜生活を余儀なくされる。北イスラエルはBC721年、アッシリア帝国の捕虜となり、南ユダ王国はバビロニアの王ネブカデネザルの捕虜となったが、バビロニアがペルシャとの戦いに敗北した結果、ペルシャ帝国下に入った。そしてペルシャ王朝のクロス王はBC538年、ユダヤ民族を解放し、エルサレムに帰還させたのだ。

 ちなみに、なぜ、ペルシャ王は当時捕虜だったユダヤ人を解放したかについて、旧約聖書の「エズラ記」によると、「ユダヤの神はペルシャ王クロスの心を感動させ、ユダヤ人を解放させ、エルサレムに帰還させた」と説明している。

 イスラエルとイラン両国の関係は、現代史に限定すれば犬猿の仲だが、ペルシャ時代まで遡ると、異なってくるわけだ。現在のイラン人は、「地図上からイスラエルを抹殺する」と強迫するが、同じ民族の王が約2550年前、ユダヤ人を捕虜から解放して故郷に帰還させたのだ。繰り返すが、もし、ペルシャ王クロスがユダヤ民族を解放せず、捕虜として使っていたならば、現在のイスラエルは存在しなかったかもしれないのだ。

 その観点からみれば、イスラエル首相のイラン被災者への支援申し出はイランへの歴史的感謝の表現ともいえる。それだけに、テヘラン側が政治的な判断からイスラエルの支援を拒否したことは残念だ。

 少し飛躍するが、当方は宮沢賢治の詩「氷訣の朝」が好きだ。学校の教科書に掲載されていたこの詩を読んで、与えることより、時には相手の善意を受け入れることがより崇高な場合があることを学んだ。

 死に瀕していた妹トシは看病する兄に一杯の水を願う。「あめゆじゅ とてちて けんじゃ」(雨雪を取ってきて下さい)と看病する兄に頼む。トシは兄が自分のために何かしたいという思いがあるのを感じ、その願いを満たしてあげることがまだ生きている自分の最後の行為と分かったのだろう、兄に水を頼む。

 誇り高い民族ペルシャの末裔、イラン人は敵国イスラエルからの如何なる支援をも良しとしないのは理解できる。一方、イスラエルはイラン民族への借りを時が来たら返したいと考え続けてきたはずだ。与える側にも受け入れる側にもそれぞれ事情があるわけだ。

 国際政治は愛や善意で動かないが、それとまったくかけ離れた原理で機能しているわけでもない。やはり、被災した他国民への善意や愛は人の心ばかりか国家をも動かす力を持っている、と信じたい。イスラエルの歴史的負債を少しでも軽くすために、イラン側がエルサレムからの善意(支援)を受け入れるならば、両国関係は飛躍的に改善することは間違いないだろう。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
Archives
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ