ウィーン発 『コンフィデンシャル』

 ウィーンに居住する筆者が国連記者室から、ウィーンの街角から、国際政治にはじまって宗教、民族、日常の出来事までを思いつくままに書き送ります。

“バチリークス”をTVドラマ化へ

 バチカン放送(独語版)が21日報じたところによると、イタリアの映画制作会社がこのほどバチカン法王庁内の機密文書を暴露したイタリア人ジャーナリスト、ジャンルイジ・ヌッツィ氏(Gianluigi Nuzzi)の本のTV映画化の権利を獲得したという。制作会社によると、ヌッツィ氏はバチカンの機密流出事件(通称 Vatileaks、バチリークス)のTV番組制作のため米国の脚本家と既に準備に入っているという。

 世界に12億人以上の信者を有するローマ・カトリック教会の総本山バチカン法王庁で機密情報が外部に流れるという不祥事が過去、報道されただけで2回発生している。

 〜伊_Δ戰優妊クト16世在位中の2012年、機密文書の流出事件が生じた。当時、法王の執事をしていたパオロ・ガブリエレ被告(当時46)がべネディクト16世の執務室や法王の私設秘書、ゲオルグ・ゲンスヴァイン氏の部屋から法王宛の個人書簡や内部文書などを盗み出し、イタリアの暴露ジャーナリストのヌッツィ氏に流した事件だ。
 ガブリエレ被告は2012年10月6日、窃盗罪として禁固1年半の有罪判決を受けたが、べネディクト16世は判決後、ガブリエレ氏に恩赦を与えた。

 ▲丱船ン法王庁の司法当局は2015年11月2日、バチカン関係者の2人を機密文書を盗み、漏えいした容疑で逮捕したと発表した。一人はスペイン教会神父のルシオ・アンヘル・バジェホ・バルダ神父(54)だ。もう1人はイタリア・モロッコ出身のソーシャル・メディア専門家のフランチェスカ・シャウキ女史(33)だ。2人は解散されたバチカン経済部門機構改革委員会(COSEA)に従事していた。バルダ神父は法王庁諸行政部門およびその財務を管理する「聖座財務部」の次長で、カトリック教会の根本主義グループ「オプス・デイ」(神の業)と繋がりがあった。同神父は有罪判決を受けたが、フランシスコ法王に恩赦を受けている。
 イタリアのメディアによると、バルダ神父が流した情報には、タルチジオ・ベルトーネ枢機卿(前国務長官)の腐敗(巨額な住居費など)、宗教事業協会(バチカン銀行、IOR)の疑惑口座、バチカンが運営する小児病院「バンビーノ・ジェズ」の不正運営などが含まれているという。

 バチカンは昔から“秘密の宝庫”と呼ばれてきたが、その宝庫に近づき、宝を手に入れようとする人が絶えない。バチカンは必死に機密を守るために腐心してきた。南米出身のローマ法王フランシスコが登場し、バチカン機構の刷新に乗り出して以来、その宝物を守ろうとする一部の高官(枢機卿を含む)と改革派聖職者の間で情報戦が激化してきている。バチカンでは今後、“第3、第4のバチリークス”が生じたとしても不思議ではない。

 ちなみに、イエスの生涯の謎を描いたダン・ブラウンの小説の映画化「ダ・ヴィンチ・コード」(2006年)は大きな話題を呼んだ。最近では、ボストンのローマ・カトリック教会聖職者による未成年者性的虐待の実態を暴露した米紙ボストン・グローブの取材実話を描いた映画「スポットライト」(トム・マッカーシー監督)は2016年第88回アカデミー賞作品賞、脚本賞を受賞した。バチカン内部の機密や赤裸々な人間関係を扱った映画やTV番組は成功するといわれている。人は秘密が好きだ。バチリークをテーマとしたTV番組制作に期待したい。

仏大統領選で2大政党は敗北

 フランス大統領選挙の投開票が23日、実施され、無所属のエマニュエル・マクロン前経済相(39)が約23・7%の得票を獲得し第1位、それを追って極右派政党「国民戦線」のマリーヌ・ルペン党首が約21・9%で第2位に入った。この結果、5月7日の決選投票ではマクロン氏とルペン氏の戦いとなった。
 一方、中道右派「共和党」のフランソワ・フィヨン元首相(63)は19・7%、急進左派「左翼党」のジャンリュック・メランション氏(65)は約19・2%に留まり、決選投票進出を逃した。オランド現大統領の出身政党・社会党が推すブノワ・アモン元厚相は得票率6・2%と2桁を割り、歴史的敗北を喫した。投票率(暫定)は約77%と2012年(79・5%)よりわずか下がった。

 11人の候補者が出馬した大統領選の主要争点は、、欧州連合(EU)の離脱の是非、難民・移民対策、テロ対策、それに国民経済の立て直しの4点だった。経済的に停滞しているといっても、フランスはフランスだ。政治・外交分野では依然、ドイツと肩を並べて発言できる数少ない国だ。その大統領選は、9月24日に実施されるドイツ連邦議会選と共に、欧州の未来を決める今年の重要な政治イベントとして注目されてきた。

 第1回投票の結果は大方の予想通り、親EUのマクロン氏と反EUのルペン党首が決選投票に進出したが、決選投票ではマクロン氏が圧倒的に有利と見られている。なぜならば、他の候補者、政党、支持者が反ルペンで結束することが予想されるからだ。そのため、マクロン氏は現時点で次期大統領に最も近い。

 ちなみに、欧州政界が恐れてきたシナリオは、極右派のルペン氏と極左派のメランション氏が決選投票に進出した場合だった。両者はEUの離脱を主張してきただけに、ブリュッセルにとって最悪のシナリオは回避されたわけだ。

 ところで、欧州の政情は、―祥茲隆成政党が腐敗や汚職、無策で有権者の信頼を失い、厳しい批判にさらされている、難民・移民の欧州殺到を受け、大衆迎合派指導者が国民の支持を拡大。ただし、ポピュリズム政党は選挙の度に得票率を伸ばすが、政権交代や大統領選の勝利といった大飛躍はこれまで阻止されてきた。オーストリア大統領選やオランダ下院選挙(3月15日)の結果はそのことを裏付けている、1儿颪裡釘嬶ッΨ萃蠅鮗け、EU加盟国内の結束が揺れていることだ。

 ,鮗他擇垢襪茲Δ法▲侫薀鵐垢任禄祥茲梁臉党、共和党の候補者フィヨン元首相と社会党の候補者アモン元厚相は決選投票に進出できなかった。両候補者の得票数は合わせても有権者(約4700万人)の約4分の1に過ぎない。有権者の既成政党離れが急速に進んでいるわけだ。

 オーストリア大統領選(昨年4月)でも同じだった。戦後から今日まで社会民主党と国民党の2大政党が政権を主導してきたが、大統領選では両党が擁立した大統領候補者がいずれも第1回投票で敗北し、決選投票に進出できなかった。
 大統領選の決選投票は昨年12月、野党の極右派政党「自由党」と「緑の党」の候補者の間で行われ、アレキサンダー・バン・デア・ベレン氏が極右政党「自由党」の候補者ノルベルト・ホーファー氏を破り当選した。決選投票では、「極右派候補者を大統領にしてはならない」として反自由党網が作られた。同じ展開がフランスでも濃厚だ。

  なお、投票日の3日前(20日)、パリのシャンゼリゼ通りで警官3人が死傷する銃撃テロが起きた。そのショックが大統領選に影響を及ぼすのではないかと予想されていた。フランスでは23日、約5万人の警察官と7000人の兵士が全国で動員され、厳戒態勢を敷いた。非常事態宣言下で大統領選が実施されたのは同国で初めてだ。

ドルトムント「テロ事件」と株価操作

 全ての出来事から教訓をくみ取る姿勢は大切だろう。ましてやテロ事件となれば、テロ対策という観点からも発生した事件から教訓を引き出し、今後の対策に活用すべきだろう。

 ところで、独サッカーのブンデス・リーグ1部に所属する「ボルシア・ドルトムント」(Borussia Dortmund、略字表示BVB)のサッカー選手を運ぶバスを狙ったテロ事件では何を教訓とすべきだろうか。それを考えるために、事件の状況を振り返る。

 独西部ドルトムントで今月11日、欧州選手権チャンピオン・リーグ準々決勝、ドルトムント対モナコ戦が行われる予定だった。ドルトムントの選手たちを乗せたバスが宿泊ホテルを出て試合場に向かった直後、3度の爆発が発生、幸い、DFマルク・バルトラ選手と警察官が軽傷しただけで済んだ。同チームに所属する香川真司選手は無事だった

 事件発生直後、イスラム過激派によるテロを裏付ける「アラーの名で」と書いた犯行メモが見つかったが、同時に、事件現場からは過激左派と過激右派グループの仕業を示唆する犯行文も見つかった。そこで、警察当局は慎重に捜査に乗り出した。

 事件発生の翌日、イスラム過激派と接触があったイラク人とドイツ人の名前が浮上し、イラク人が逮捕されたが、事件と関係がないことが判明し、釈放された。その後、捜査は行き詰まった。犯行の背景が特定できなかったからだ。一方、BVBのサッカー選手が爆弾事件のターゲットだったことから、国民の事件への関心は高く、独メディアも連日、大きく報道した。

 そして21日、事件は急展開した。同日早朝、対テロ特殊部隊(GSG9)がバーデン=ヴュルテンベルク州のテュービンゲン市に住むSergej Wというロシア系ドイツ人(28)を逮捕した。事件は「株のオプション取引で経済的利潤を狙った犯行」(独連邦検察のフラウケ・ケーラー氏)というのだ。イスラム過激派や左・右過激派グループによる犯罪ではなかったのだ。

 独週刊誌シュピーゲル電子版(21日)によると、連邦検察局、連邦犯罪局、そしてノルトライン=ヴェストファーレン州警察が1週間前からSergej W容疑者を監視。その発端は「容疑者が爆弾でドルトムント選手を殺害、ないしは負傷させ、BVBの株を暴落させ、いわゆる株の暴落(Put Option)で巨額な金を手に入れようとしている」という金融関係者筋からの情報だ。容疑者はBVBの選手の宿泊ホテルのコンピューターからBVBの株のオプション取引をしていた。その一方、容疑者は捜査を混乱させるために意図的に3枚の犯行メモを現場に残したわけだ。

 Put Optionは一種の賭けで特定の株の暴落に賭ける。当たれば、少額のかけ金で巨額の利益が得られる。BVBの場合、最大390万ユーロを手に入れることが出来る。独連邦刑事局 (BKA)のホルガ―・ミュンヒ長官は「今回の事件は,ドイツ犯罪史でも例のない全く新しい犯罪だ」という。

 シュピーゲル誌によると、容疑者は銀行の消費者金融(8万ユーロ)を利用してBVB株のオプションを購入したという。容疑者は今年3月、BVBの宿泊ホテルに部屋を予約、その際、犯行現場が見える部屋を要求したという。犯行日、ホテルの部屋から3個の爆発物を信号を発信させ爆発させた可能性があるという。
 爆発は3回あったが、被害が少なかった背景には、第1と第3の爆発は計画通りに爆発したが、バスを破壊する肝心の2番目の爆弾がバスの上空で爆発してしまったからだという。

 BVB関係者は「犯人が逮捕され、事件が解決できたことで選手も試合に集中できる」と歓迎する一方、ノルトライン=ヴェストファーレン州のラルフ・イェーガー内相は「犯行は低劣な動機に基づくものだ」と批判している。

 人は進化する。同時に、その人間が犯す犯罪も時代と共に進化し、巧妙かつプロフェッショナル化していく。ロシア系ドイツ人のBVBバスを狙ったテロ爆発事件はそれを裏付けている。
 容疑者は仕掛けた爆弾の爆発後、BVBの宿泊ホテル内のレストランでステーキを食べながら事件後の動きをフォローしていたという。大胆で冷淡な犯罪だ。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
Archives
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ