ウィーン発 『コンフィデンシャル』

 ウィーンに居住する筆者が国連記者室から、ウィーンの街角から、国際政治にはじまって宗教、民族、日常の出来事までを思いつくままに書き送ります。

人は「運命」に操られているのか

 コラムのタイトルは少々大袈裟な感じがするが、人の生死が「運命」によって左右されているのを感じる話を聞いたからだ。以下、説明する。

28096_n
▲米民主党大統領候補者の一人、バイデン前副大統領(バイデン氏のファイスブックから)

 旧東独のハレで9日、27歳の男がユダヤ教シナゴークを襲撃し、祝日で集まったユダヤ教徒を射殺しようとした事件についてはこのコラム欄でも紹介した。男は銃で戸を破り、会堂内に侵入しようとしたが、戸は破れず、会堂に入れなかったことから大惨事は回避された。その直後、男は怒りを発し、“たまたま”その道を歩いてきた40歳の女性を後ろから撃って殺害した。

 男はなぜその女性を撃ったのだろうか。捜査当局の情報によると、女性は銃の発砲のバンバンという音を聞いて、「男が爆竹で鳴らしているのか」と思い、「うるさいわね」と呟いて男の横を通り過ぎた。その呟きを聞いた男は怒りから通り過ぎた女性を後ろから射殺したというのだ。

 それだけではない。そこに配達人がきたが、彼は男を見て驚いて逃げようとした。男は配達人も射殺しようと銃を構えたが、“なぜか銃が作動しなかった”のだ。配達人はその間に逃げて無事だった。男の銃はシナゴーク襲撃用に改造したものだった。

 一人の女性は「うるさいわね」と呟いたことが男を怒らせ、命を失う結果となった。一方、配達人は男の銃が動かなかったので無事逃げられたわけだ。シナゴークの前の路上を歩いてきた2人の人間が1人は殺され、1人は生き延びた。2人ともユダヤ人ではなく、男がいた路上をたまたま歩いてきただけだ。男とは全く面識はなかった。

 もう一つの話を紹介する。独週刊誌シュピーゲル最新号(10月12日号)が報じた「米国のヨブ」(Amerikanischer Hiob)の話だ。ヨブは旧約聖書の「ヨブ記」の主人公だ。信仰深いヨブはその土地の名士として栄えていた。神は悪魔に「見ろ、ヨブの信仰を」と自慢すると、悪魔は神に「当たり前ですよ、あなたがヨブを祝福し、恵みを与えたからです」と答えた。そこで神は「家族、家畜、財産を奪ったとしてもヨブの信仰は変わらない」というと、悪魔はヨブから一つ一つ神の祝福を奪っていった(紆余曲折はあったが、最終的には、ヨブは最後まで信仰を守り、神から祝福を再び得る)。

 ところで、シュピーゲル誌の「米国のヨブ」とは、米民主党大統領候補者のジョー・バイデン前副大統領(76)のことだ。29歳で上院議員に初当選した直後、妻と娘を交通事故で失い、2人の息子だけとなった。長男(ジョセフ・ロビネット・ボー・バイデン)は優秀でバイデン氏は自分の後継者と期待した矢先、脳腫瘍で2015年に亡くなった。残されたのは2番目の息子(ロバート・ハンター・バイデン)だけとなった。その息子のウクライナでのビジネス問題がトランプ米政権から持ち出されて、説明責任を追及されている。

 まさに、バイデン氏の人生は不幸が続く。オバマ前大統領の下、8年間、副大統領を務め、次期大統領に立候補する考えだったが、オバマ氏はバイデン氏ではなく、ヒラリー・クリントン女史を支援した。オバマ氏を友人と信頼してきたバイデン氏はショックを受けたという。

 世論調査では、バイデン氏は民主党候補者の中では依然トップを走っているが、エリザベス・ウォーレン上院議員が迫ってきただけに、予断を許さない状況だ。「米国のヨブ」のバイデン氏が民主党の大統領候補者となって、現職のトランプ大統領を破りハッピーエンドを飾るか、それともバイデン氏の不幸はこれからも続くかは誰も分からない。

 「バイデン氏は有権者を感動させるスピーチはできないが、心はいい」と関係者は擁護する。「米国のヨブ」と呼ばれるバイデン氏の人生は、ハレの事件で犠牲となった女性と生き延びた男性の人生のように、人間ではどうしょうもない不可解な「運命」の介入を感じさせる。

 「運命」を考える時、「運命は我々を導き、かつまた我々を翻弄する」と語ったフランスの哲学者ヴォルテールの名言を思い出してしまう。

日韓の「国際社会への貢献度」の比較

 安倍晋三首相が靖国神社に真榊(まさかき)を奉納した件で、韓国外務省は17日、「侵略戦争の歴史を美化している靖国神社に、日本政府と議会の指導者が再び(真榊を)奉納し、参拝を強行した」と批判し、「深い遺憾の意」を表明した。

84-2102
▲リチウムイオン電池を開発し、本年度ノーベル化学賞を受賞した吉野彰氏(旭化成名誉フェロー、名城大学教授)=名城大学公式サイトから

 韓国外務省の遺憾表明は毎年の慣例で、真新しい事ではないが、「日本の指導者が歴史への反省を行動で示すことが、未来志向の韓日関係発展に寄与し、国際社会の信頼を得られるという点を改めて指摘する」と述べた点に少し引っかかった。特に、「国際社会の信頼を得られる」という箇所だ。その表現には韓国の“上から目線”ばかりか、日本に対する「道徳的優位性」を誇示する響きがある。そこで日韓の戦後の「国際社会への貢献度」について振り返ってみた。日本の読者には当然のことでクドクドと繰り返すテーマではないが、相手側(韓国)はそうではないからだ。

 日韓両国で終戦後どちらが国際社会の発展に貢献しただろうか。簡単には「どちら」と答えにくい。そこでノーベル賞受賞の数を見てみた。ノーベル賞の受賞数は「国際社会への貢献度」を比較する上で絶好の目安となるからだ。そこで生理学・医学賞、物理賞、化学賞の受賞件数を比較すると、日本は27人が受賞してきた。最近では、再生医学のiPS細胞(山中伸弥氏)、がん治療の免疫法(京都大学の本庶佑特別教授)などの分野で日本人はノーベル生理学・医学賞を獲得。今年は吉野彰氏(旭化成名誉フェロー)がリチウムイオン電池の開発で化学賞を受賞したばかりだ。

 国際機関への拠出金も久しく米国に次いで第2位だった。これらも「国際社会への貢献」に入るだろう。

 それでは韓国はどうか。ノーベル平和賞以外に受賞例がない。すなわち、科学分野では韓国の「国際社会への貢献度」は皆無だ。日米欧が開発した科学関係の発見、知識を利用、それを模倣してきただけだ。

 多くの世論調査では「日本への親密感」を有する国が多い。その事実は日本が戦後「国際社会への貢献」を積極的に行ってきた成果だろう。奇妙な現象だが、中国共産党政権と独裁国家の北朝鮮を除くと、アジア近隣諸国で唯一、韓国は日本を常に糾弾し、反日を学校教育でも推進している。

 韓国側は「歴史の反省を行動で示せ」というならば、ベトナム戦争時の韓国兵士のベトナム人女性への性的蛮行やライダイハン問題(韓国兵とベトナム人女性の間で生まれた子供たち)はどうなるのか。その件数は通称・慰安婦の数よりはるかに多い。ベトナムの国民性に助けられ、韓国兵士の性犯罪は国際問題に拡大されていないだけだ(「文大統領、ベトナムに『心の負債』」2017年11月16日参考)。

 日韓で過去の問題で相手を批判し、罵りあっても実りが少ない。そこで日韓が「国際社会への貢献度」で競い合うのはどうだろうか。勝手な思い込みや国益の観点に基づいた「歴史の正しい認識」問題ではなく、「国際社会への貢献」を挙げ、日本と韓国が競うことこそ「未来志向の日韓関係」ではないか。少なくともフェアだ。

 相手国を批判し、相手の悪い点を拡大し、それを他国に輸出することは慎むべきだ。国家の品格を失うだけでなく、憎悪の輸出は他国にも悪い影響を与えるだけだ。賢明な人ならば、反日は「韓国民族の劣等感の反映」と受け取るだろう(「韓国は『憎悪』を輸出すべきではない」2014年1月20日参考)。

 韓国は「国際社会への貢献度」で日本より劣っている。それは、日韓併合、日本の植民地化時代の結果ではない。「全て悪いのは日本のせいだ」という論理は「国際社会の貢献度」を考える上では通用しない。韓国が取るべき道は日本の貢献度から学び、近い将来、それを追い越すという気概をもつことだろう。

 文在寅大統領よ、「国際社会への貢献度」で日本と競うべきだ。自国より優れた点があればそれを吸収し、それを利用して国際社会の発展のために貢献すべきだ。韓国の「国際社会への貢献」が広がれば、それだけ、国際社会からの尊敬を受けることにもなるし、ノーベル科学賞を得るチャンスはきっと拡大するはずだ(「韓国にノーベル賞受賞者が出る」2015年10月9日参考)

 韓国は近い将来、「国際社会への貢献度」で日本を追い抜くこともあり得るだろう。繰り返すが、その成功のカギは妬み、恨みではなく、相手(日本)の良さを正しく評価し、その良さを学び、吸収できるか否かにかかっている。「国際社会への貢献」について日韓首脳が議論を交わすような時がくれば、世界は注目するだろう。

南北サッカー試合が示した「現実」

 2022年サッカー・ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選H組の韓国と北朝鮮の試合が15日に北朝鮮・平壌の金日成競技場(5万人収容)で行われ、試合は0−0で引き分けに終わった。だが、競技場には観客はなく中継もない試合だったことから、大韓サッカー協会ばかりか、南北サッカー試合を推進し、平昌冬季五輪大会のように南北の融和ムードが高まることを期待していた韓国大統領府の関係者も失望を隠せない状況だ。

women-06
▲アイスホッケー女子南北合同チームとバッハ会長(後の中央)=IOC公式サイトから

 韓国の聯合ニュースによると、青瓦台(韓国大統領府)は16日、「平昌冬季五輪の際、スポーツを通じて平和への道を開いたように、(今回の試合が)同じような役割を果たせるという期待を国民も持っていたはずだ。非常に残念に思う」と語ったという。

 韓国側は事前に、北側から韓国のサッカーファン、試合を報道するジャーナリストの訪朝を拒否する旨を聞いていたが、北側が観客を動員し、競技場を埋めるだろうと密かに期待していたフシがある。結果は、北側は観客の動員令を出さず、競技場は平壌の気温のように「寒かった」(試合後の韓国代表選手のコメント)というわけだ。 

 サッカー試合では、ファンの暴動を恐れて無観客で試合をすることはあるが、中継はされるから、ファンはテレビの前で試合を追うことはできる。今回の南北対戦では無観客ばかりか、テレビ中継も禁止されていたため、試合後、関係者に聞く以外に試合の状況がまったく分からない、といった異常な事態だったわけだ。

 南北融和という政治モットーを受け入れ、韓国側の申し出を受け入れてきた国際サッカー連盟(FIFA)のインファンティノ会長は失望感をあらわにしたという。当然だろう。南北対戦では北側から少なくとも4万人の観客が来るだろうと期待していたが、北側の観客はゼロ。現地で観戦したインファンティノ会長は観客の姿がないばかりか、報道関係者もいない競技場に不気味さを感じたのではないか。南北対戦は朝鮮半島の平和に貢献できる絶好のチャンスと期待していただけに、裏切られたような心情だったかもしれない。

 南北サッカー協会間の打ち合わせが十分でなかったのか、それとも土壇場になって金正恩氏の命令で試合を観戦するな、ということになったのだろうか。後者の場合、韓国の文在寅大統領には大きなショックだろう。金正恩氏が文大統領主導の南北融和に関心がないことを物語っているからだ。

 金正恩氏の立場から考えれば、トランプ米政権との非核化実務協議は失敗に終わり、米国の対北制裁の解除の見通しがたっていないだけに焦燥感もあるだろう。南北融和といったきれいごとの政治プロパガンダには辟易しているのかもしれない。

 一方、文在寅大統領にも南北サッカー対戦に没頭できる余裕はない。自身の最側近、長饒伊〜蠅就任1カ月余りで辞任に追い込まれたばかりだ。文政権への支持率も低下し、国民経済は明らかに低迷してきた。南北サッカー対戦試合がうまくいくかどうかに心が動かなくなってきた、というのが現実だろう。

 北朝鮮での南北チーム対戦の“犠牲者”は29年ぶりの南北試合という掛け声で動かされてきた大韓サッカー協会とFIFA関係者だろうか。平昌冬季五輪大会でも同じような犠牲者が出たことを思い出す。アイスホッケー女子合同チームだ。南北の政治家やスポーツ官僚たちは、「五輪史上初めて南北合同チームが結成された」と大喜びだったが、結果は悲惨だった。特に韓国側のアイスホッケー女子選手たちの間には、「アイスホッケーという集団スポーツではチームワークが要だ。大会数週間前の即製チームでは勝てるはずがない」といった不満の声が聞かれた。勝敗にこだわる本来のスポーツ精神を無視したスポーツ官僚、ひいては政治家たちに対し、選手たちの無言の反発心があったのかもしれない。選手たちはやる気を失っていった。韓国中央日報は南北合同チームの試合を「無気力な試合」と表現していた(「アイホ日本女子、南北コリアを破る」2018年2月15日参考)。

 政界には政治のルールがあるように、スポーツ界でも同じだ。政治がスポーツ界の勝負の世界に関与し過ぎることはスポーツ選手にとって不幸だろう。南北サッカー試合は引き分けに終わったが、無観客、中継なしの試合は南北融和ムードに水を差す結果となったことは疑いがない。特に、南北融和路線の掛け声の主、文在寅大統領にとって、長饒伊〜蠅亮任に次ぐ、大きな政治的敗北となったことは間違いないだろう。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
Archives
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ