2014年01月15日

12月23日〜25日@Berlin

クリスマスのことを。

ドイツ人の友達の家にお邪魔になりました。PC230003


何でも築80年ほどのお家だそう。改装を重ね、代々受け継いでいるという素敵な家でした。
友達のおばあさんはポツダム別邸に住んでいた貴族らしく、家族の話を聞き始めると話題はつきません。
何代目の何何さんは何処で何をして有名だった、とか。
戦時中には知り合いが集まり、この家に30人以上で住んでいたこともあるとか。

<23日>
クリスマス前は、家族へのプレゼントを用意したり、ご飯の買い出しに出かけたり、家の飾り付けをしたり。
皆ばたばたしていました。
写真はポツダム宮殿とポツダムのクリスマスマーケット。おばあさんへのプレゼントの買い出しに連れて行って頂きました。
PC230005

PC230008


そして家にはクリスマスツリーを設置。
photo

クリスマスツリーを買う際には、”枝が十分で綺麗に広がっていること”、”幅が広すぎないこと”、”まっすぐであること”などが大事だそう。そんなこと買ったことも無かったので初耳でした。
そしてツリーの足下にはキリスト誕生の馬小屋を。
豆知識ですが、クリスマスに星を飾るのは、キリスト誕生時のベツレヘムの星を象徴しているらしいです。へえー!!素敵!

<24日>
クリスマスイブはクッキー焼いたあと
(余談ですが、ドイツの友達は皆12月に入るとクッキーを焼き始めます。友達が集まってぺちゃくちゃ話しながらそれぞれのクッキーを焼き、分け合って帰ったりなど、一つの交流の手段になります)、
近所の人の家に訪問したり散歩したりしてから、近所の教会のミサへ。

photo

そこで91歳の友達のおばあさんも登場。周りは近所の方々も居たらしく、教会の前で立ち話が始まることも度々。
ミサは何言っているのか全然分からないまでも、聖書朗読の合間に皆で歌ったり、座り合った隣同士で祝福を言い合って抱き合ったりと、眠かったけど面白かったです。
ミサの後は家に戻りシャンパン片手に歓談後夕食でした。

それにしてもこちらのご老人は強い。乾杯したシャンパンを一番に飲み干したのは91歳のおばあさんでした。おかわりは止められていましたけど。

photo


夕飯はラクレット。それぞれが小さなプレートを持って、その上にチーズや野菜をおいて焼いて食べます。オーストリアでも食べたことがあるのですが、とても美味しいのです。

が。

食事が開始されてから暫くして、私は自分がサルモネラ菌に冒されていることを密かに自覚したのです。
実は、朝にクッキーを焼いている友達から勧められ、クッキー生地(殻を割ってから1日たっている白身入り)を食べていました。
凄まじい吐き気。勿論、そこから一口も飲み込めません。ご自慢のフルーツサラダを勧められても、もう無理。笑顔で話を聞いている振りをしながら、吐き気と戦いました。思い出すだけで苦しくなります。
その後、なんとか食事を乗り越え解散した後は激しくおなかを下す様になり、もう苦しい苦しい。
25日のクリスマス本番までには治ることを祈りつつ、眠りについたのでした。

<25日>
撃沈。折角友達の親戚30人近くが集まる会に招待して貰ったのに、布団から出ることが出来ませんでした。友達の家に遊びに行き寝込み友達の布団から出ないとか、信じられない失態です。ほんとにもう。
人生で1位2位を争う身体的・精神的辛さでした。
因に、同じクッキー生地を食べた友達はケロッとしており、私は今ベルリンで流行っているお腹の風邪を引いたのだと主張していました。サルモネラなら私も罹っているいる、と。
あえて主張はしませんでしたが私は卵だと信じてやみません。絶対ドイツ人の胃腸が強いだけです。

<26日>
朝起きるとお腹が減っていました。パンを数切れ食べ、空港へ。
というのも26日はベルリンからアイスランドへ移動する日だったのです。なんとかベルリン滞在中に山を越しました。動けるようになって幸いでした。


ということで、ベルリン滞在記でした。私はサルモネラが一番の思い出となってしまいましたが、同時にドイツの生活、クリスマスを知るとても楽しい時間でした。

あと印象に残ったのはドイツの人の朝食と昼食は簡素だということです。
こちらでは、温かい食事は一回で十分という認識が有り、朝と昼はそれぞれがお腹へったらパンを数切れ食べるという気軽さで、「食事」という感じでは有りません。
朝に魚とか、炒め物だとか言うとびっくりされます。ドイツの温かい食事というのが、とても量が多く油の多い物なので朝はパンが健康的と言うのかも知れません。

アイスランド旅行記はまた今度書きます。
それではまたー





wienersommer at 07:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年12月02日

マッターホルン!!!

ツェルマットに行って来ました。車でデュッセルドルフから9時間のこの場所は、別世界でした。
綺麗でした。

1泊して、一日目と二日目、別ルートでケーブルカーで登りました。1日目は曇り、二日目は晴れ!!寒すぎて顔が凍りましたが、雲一つない青空にマッターホルンが良く映えていました。標高4000m。1日目は空気の薄さに慣れず、最初の30分間はダウンしてました。以前チロルからアルプスに行った時は大丈夫だったのになー。体力が落ちたのですね。

スイスの道も綺麗でした。山の谷間の道は、長野っぽいのですが山が数倍高いイメージです。
ドイツは高速は制限速度有りませんが、スイスは120kmまで。また、山道はなんと時速80kmまでOK。いろは坂並みの急カーブのところでも80km。道凍ってんよ!カーブを飛び出ちゃうよ!
また、山を越えるのにカーナビに導かれるまま貨物列車に乗り込みもしました。「つぎは道なり、フェリーに乗って下さい」と言われた時は?が飛び交いました。車で駅のプラットフォームに到着するのは不思議な気持ち!

道なりにバーゼル、ベルンを通りました。素敵な街だったのですが、ツェルマットが壮観すぎて記憶が霞んでます。
別世界でした!
PB242046PB242070PB242092PB242109PB242124PB242174PB252210PB252228PB252307PB252314PB252339PB252365PB252426PB252430PB252470

wienersommer at 04:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年11月19日

ねんねんまっつ

年末はー、ベルリンでクリスマスを過ごして、アイスランドにオーロラ見に行って、ニースに行きまにーす。

ふははは、年末一日もデュッセルに居ないぞー。
こっちの冬は寒いから、私のサイズにあったコートを買おうと思っていましたが、お金が無いので買えなくなりました。手元にあるのは登山用のダウンジャケットのみ。
街中を登山用のもこもこジャケットで闊歩する羽目になりそうです。

これから節約、金策の日々です。
でもオーロラも南仏も楽しみでごんす。

wienersommer at 06:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年11月17日

日本VSオランダ戦

日本代表対オランダ代表の親善試合がベルギーであり、観戦してきました!

デュッセルドルフから車で1時間ちょっとという場所にあるからか、ツアーが組まれていたりもして日本人が席を埋めるという異様な光景でした。
日本ファン7対オランダ3くらい。
代表の試合を生で観戦するのは初めてでしたが、両方とも凄く上手なんだな、ということは分かりました。

そして、休み中にはハーフナーさんがいたので一緒に写真撮って貰いました。かっこ良かったです。IMG_1956

wienersommer at 05:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年11月14日

Zermattと思いきやゲント

先週末、知り合いと車で金曜の夜に出発しスイスのZermatt八時間かけて行くことになりました。ドライブすること6時間。いよいよスイス国境が間近になったところで、知り合いが「あ!」と叫びました。

「パスポートと、運転免許証を家に忘れた!」

一瞬何も言えませんでした。
後から知ったのですが、ドイツは免許証忘れても20ユーロほどの罰金ですむそうですが、その時は知る由もなし。更にスイスで事故でも起こした日にゃ目も当てられません。

ということで、来た道を戻ること5時間、土曜の朝5時にデュッセルドルフに戻って参りました。
11時間の真夜中ドライブ、残念なことに景色は全く見えませんでした。
ただ、週末丸まる空いているため折角だからどこかへ行こうという話になり、土曜の午後からベルギーのゲントへ行って参りました。一泊二日旅行。

ここがまた息を飲むほど綺麗で、旅行した中で1位2位を争うほど素敵な旅になりました。

一枚目は途中で寄ったアントワープ。2枚目からがゲントです。以下、手抜きの説明です。

5枚目はホテルが凄く古い建物で、中になんと礼拝堂があるという。。。素敵ホテル!
6枚目が街の中心の塔から見た街、そのとき頭上から鐘のメロディが流れて来て、階段を上ってみたらなんと演奏者がいる!(7枚目)
動画もとったのですがここに載せられなくて残念です。町中に素敵な鐘のメロディが鳴り響いてました。

ゲントを出てブルージュ、その後ちょっとだけ海へ行きました。
久しぶりの海は凄く開放感がありました。車の旅はやはり小回りがきいて楽ですね!
運転しないからなお楽です。

本当に、本当に素敵でした。ウィーンと違い、中世に取り残されたような街でした。
PB091682

PB091700PB101722PB101738PB101753PB101821PB101822PB101841PB101870PB101969

wienersommer at 08:10|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2013年10月28日

ウィーン/ネアンデルタール/落語

10月半ばはウィーンへ行って来ました。
相変わらず綺麗な街ですね。ドイツに住んでいるとヨーロッパの中でも際立っているように感じられます。
そしてオーストリア訛りというのも分かる様になりました。私はシャキシャキの標準ドイツ語よりゆったり流れる感じのオーストリア語の方が好きだなー。
最近、ウィーンに行くと友達からまた来たの?って思われてる気がしてFacebookでも告知せず行くことにしました。すれ違ったら「実はウィーン来てたんだ、へへへ」ってくらいで良いかなと。

ということで写真!

PA121436













PA111380




























路上パフォーマンスで新しい手口!
この人ゆっくり新聞を捲ってるんです。顔無い顔無い。
PA121430




























そして次はネアンデルタール。
日曜に友達から散歩行こうよと誘われてオーケーしたところ、友達が車で乗り付けて来まして。
気がついたらネアンデルタールに居ました。近かったです。

車で15分くらいで骨が見つかっちゃったあの街へ!
私も散歩中骨無いかなーと思って歩いてました。
宝探し気分で骨探しという不謹慎な体験をつい味わってしまう場所ですね!
森自体は秋の最後の一踏ん張り、凄く綺麗でした。

PA261514












PA261524


















あと、ここはネアンデルタールでも何でも無いのですが、こんなところも行っちゃいました。
綺麗すぎる。。。
これからの旅行はアルプス付近を攻めたいです。暫く冬ですが。
photo




















ところで今回、写真飛び出てますが気にしないで下さい。
実はこのブログ、自分で写真の大きさを調節しないと飛び出ちゃうんです。
文字も、写真の直ぐ後に書くと被ってしまうので自分で12行くらい改行してから書かなければならない面倒臭さ。
今日はもう眠いのでこのままアップします。

あとですね、先週末に春風亭一之輔さんと春風亭ぴっかりさんがデュッセルドルフで落語会を行って下さいまして。主催者が日本で知り合ったドイツ人の友達だったので、落語会の前日にななななんと師匠とご飯を!ご一緒させて頂きました!!
名刺まで頂いてしまい感動です。写真も一緒に取ってもらいました。大ファンだったので嬉しいー!!



wienersommer at 08:23|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2013年10月01日

ベルリン・ミュンヘン弾丸訪問

9月2週目の週末はベルリンへ寝台列車で、9月最終末はミュンヘンへ寝台列車で行って来ました。

まずはベルリン。

寝台列車はなんとコペンハーゲン行き。むしろ乗り過ごしてみたいものです。
コンパートメントに縦3列・横2列とぎゅうぎゅうだけれど、私が足を伸ばして横になれたのはさすがドイツ。でも荷物が気になり上手く寝れませんでした。

ベルリンには朝7時着。朝もやの街は素敵だけれど、ドイツのカフェは朝が遅いことを知りました。
寒いけどどこも空いておりません。。。超静か。
そう、もうこちらは寒いです。日本の冬物コートを着ています。
ドイツ人からは
「こんなペラペラなコート、秋用よ」
と一蹴されたコートですがね!

ベルリンでは、ウィーンで知り合った留学生の日本人女の子の部屋に泊めさせてもらいました。留学中はクラカウ・スペイン・ギリシャ、最近ではデンハーグ・アムステルダムを一緒に旅した旅仲間。
留学から5年、お互いドイツに居るということに縁を感じます。

では写真をば。
P9141406













雨のポツダムサンスーチー庭園
P9151458














サンスーチー宮殿内部。こじんまりとしていますが内装はその分濃縮されていて綺麗でした!
後日、ドイツ人の友達とこの宮殿の話をしたところ、友人の祖父家族がここの別邸に住んでいたとか。
そんな身近なものなのか、宮殿って。不思議。
P9151463





















そしてミュンヘン。会社関係でテント内にテーブルを借りている方々がいて、飛び入り参加して来ました。
昨日のことなのですが、行き帰り寝台列車という0泊3日弾丸ツアーだったため、時間感覚が曖昧です。
オクトーバーフェストは華やかで、ノイエピナコテークは素敵でした。15時までフェストで1リットルビールグラスを持ち、その後美術館へ行ったらセキュリティに呼び止められそうになりました。何故?赤ら顔だから?

P9291554




P9291567

wienersommer at 07:01|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

2013年09月02日

ゾンビウォーク

今日はデュッセルドルフをゾンビが闊歩するイベントがありました。

噛まれなかったので多分大丈夫だとは思いますが、意識のはっきりしている間にアップロードしておきます。


P9011408















P9011413
















おじいちゃん逃げてー!
P9011443
















遠くからゾンビ行列を見てる子供達。ちょっと怯えてる。
P9011459

wienersommer at 06:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年08月29日

歯医者

最近、歯が痛むので歯医者に行ったら、
「虫歯じゃないけどグミの食べ過ぎ」
とのこと。

こ、こんな診断聞いたことない!

しかも、「子供に多い」とのこと。

子供と同列!

wienersommer at 22:24|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2013年08月21日

カラオケにて

デュッセルドルフにはカラオケがあり、この前飲み会で日本の赴任者の方々と日本の二次会のノリでそこへ行きました。

私以外皆さん男性だったのですが、その内の一人が、奥さんへの愛を綴る歌を歌いました。
「普段家に帰れなくてごめんな」
「恥ずかしくて言えないけど、いつも感謝してるんだ」
「君のことはいつも思っているよ」

等の歌詞に、皆さんうんうん、そうなんだよ!と感動気味。


そう思うのなら今すぐここを出て帰ったらどうですか、と酔った勢いで喉元まで来ましたが飲み下しました。


wienersommer at 07:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)