20170527_112750000_iOS
きららミラク数ヶ月の休載を経てコミックス4巻発売となりましたね。ミラクで今年1回も連載してないのでは…?
ブックカバー付きのゲーマーズと、クリアファイルが貰えるとらのあなで計2冊買って来ました。kindle版も予約済みなので出費抑えてしまいました。クリアファイルの絵柄にもなった櫻田家ファミリーですが、この奏さん、奏さんだけど奏さんっぽくない…。いつも通り美人なんですけど、目付きが栞っぽいせいでこの雰囲気に慣れない…。
やはり忙しいのか、巻頭の書き下ろしはカラーでしたが、巻末の原稿は完成しておらず、セリフも手書きでしたね。書き下ろしの感想は、ネタバレが嫌な人もいるかと思うので本編の感想の後に書いておきます。

4巻は選挙編の茜の過去のお話から。
いきなり水着回ですが、アニメとは違って茜の友人たちとの会話の中で茜の過去が語られます。アニメとは内容もちょっと異なっていたんですね…。原作を追うようになったのは、ちょうどこの次の投票日の話からだったのでわかりませんでした。原作では、茜は花蓮の家に押し入った泥棒達を相手に何もできず助けを待っていた事を引きずり、アニメでは、茜が泥棒達を相手に能力を使って注目を集めた事がトラウマになっています。これは、茜の王としての資格、それか茜が注目を集めることが苦手になった背景のどちらに焦点を当てるかの選択から来たものだと思うので、どちらか一方に合わせるべきだったと言うのは難しいかなと思います。個人的には、正義感が強い所は変わっていないけど、それ以外の所で茜が昔とは変わってしまった理由が語られたアニメの方が好みではありますね。
それはそれとして、茜は花蓮と結婚してほしいです。この漫画、百合や近親っぽいのを普通に入れてくるから恐れ入る。

この次の投票日の話からブログでも感想を書き始めたので、あんまり書くことないんですが…。そもそも奏さんの出番が3巻がピークだったので、4巻はほとんど出番がないんですよね。特にアンジェ編に入ってからは…。
アンジェ編はアンジェの成長物語ではあるのですが、同い年の遥と年上の茜が学校生活の中で関わることで人間関係が広がっていくのを見るのが楽しいです。遥にはあんまり伝わっていないっぽいですが、委員長の綾瀬のアプローチの空回りっぷりが面白いけど、彼女にはもうちょっと報われてほしい。初登場の回で、遥に委員長ではなく綾瀬と呼ばせたり、相手の身分気にしないし結婚も全然平気とか直球投げ込んでくるあたり超積極的で好感持てるんですが、当の遥は綾瀬の水着姿の話も見学だから必要ないでしょとバッサリ。あそこで遥が見たいと答えていたら、その次のページで綾瀬の水着姿が2ー3コマくらいぶち抜いて見られたに違いない。
アンジェはアンジェで茜に人工呼吸した後にキスするし、葵に相談したら相手が遥と誤解されるしで今後の展開が面白くなりそうなんですが、肝心の本編の連載が約半年止まってしまうという…。ここまで長期の休載はなかなかないと思うんですよね。ハンターハンターとかは例外中の例外として。
遥と岬も高校生になってちょっと距離が出来るかと思いきや、なんだかんだで耳かきしてもらうようになるくらいに距離が縮まってます。途中、空いているページに遥と岬のおまけが何回か描いてあって、徐々に遥が岬にデレ始めている…。この2人がどこまで行くのか気になります。1巻だったかで、奏さんとの勝負に勝つ為に、勢い余って岬を養うと言ってしまいましたが、本当にそこまで行くのでは…。

ここから下は書き下ろしの感想です。








遥と岬もちゃっかりとこの書き下ろしに登場してます。岬が遥を手玉に取り始めている…?アンジェ編に入ってからは、遥と岬の関係があんまり描かれていなかったんですが、4巻では巻頭、巻末の書き下ろし、空いているページに登場し、いつの間にか関係が深まっている様子。岬が遥の耳かきをするシーンを見た時に、初めて岬に耳かきをしてもうらうのが高校生になってから?と疑問に思いましたが…。

葵の警護をしている曽和さんが可愛い。父親の総一郎の付き人をしていた曽和さんと同じ名字なのでおそらく親子なのではと思いますが、こちらの曽和さんは警護を務めていてしっかりしてそうな雰囲気。葵よりも少し小柄で黒髪のショートカットでツリ目です。ストライクです。もう一人の警護の阿部さんですが、葵の先輩にあたる人らしい。高校時代なのか大学時代なのかその辺は不明ですし、年の差がいくつなのかもわかりませんが、こちらも真面目でちょっとお堅い人のように見える。何にせよ、若くして王族の警護なのでエリートなのは間違いない。今後、葵とどうにかなったりするのかな…。
それにしても、櫻田家と葵のアパートが近すぎて笑いました。隣じゃないですか、あれ。多分、葵本人を含め家族のほとんどが離れるのは寂しかったんでしょうね。セキュリティー的にはマンションタイプの方が良いのではと思いました。阿部さんと曽和さんも外で警護とか大変だし。


20170527_111913000_iOS
20170527_111839000_iOS20170527_111951000_iOS

20170527_112537000_iOS
20170527_112612000_iOS
20170527_112022000_iOS
20170527_112053000_iOS
20170527_112116000_iOS
20170527_112135000_iOS
20170527_112206000_iOS
20170527_112348000_iOS
20170527_112231000_iOS
20170527_112253000_iOS

城下町のダンデライオン (4) (まんがタイムKRコミックス)
春日 歩
芳文社 (2017-05-27)
売り上げランキング: 3,779