DcvnJnxV4AAMm9M
順調に登場人物が増えていってますね。フルネームは切盛 文(きりもり ふみ)さん。当然既婚者です。
今回はカラーページですね。それにしても、柱コメントに「新たな奥様の予感?」とか、こんなコメント初めて見ましたよ。人妻漫画の需要を掘り起こそうとしているのか…良いと思います。
20180510_121236000_iOS20180510_121308000_iOS20180510_121339000_iOS20180510_121404000_iOS
登場人物が増えて賑やかになってきました。自分は今までの話の中で今回が一番楽しめたかな。やっぱり、キャラが少ないと若干間延びしたような感じがして、話を回す勢いが付きにくい感じがします。今まで読んだことない人も、今回からなら入りやすいかもしれません。

例のごとく新妻ちゃんの嫉妬から始まる導入部ですが、今回は純粋に新妻ちゃんが文さんと仲良くなりたいだけでした。
新妻ちゃん部屋ではジャージでしたが、上はシャツとVネックセーター、下はズボンに着替えましたね。こういう格好好きです。なごみさんはパーカーだけで下が履いてないように見えるんですが、大丈夫なんだろうか…そのまま外に出ちゃったけど。なごみさんを物理的に持ち上げたり、じれったい新妻ちゃんの胸を背後からいきなり揉んだり、新妻ちゃんとなごみさんはだいぶ仲良くなってますね。こういうスキンシップは今後ともお願いしたい。
新妻ちゃんと文さんは波長が合うみたいなのか、文さんも新妻ちゃんとお友達になりたいと考えていたようです。お互い自分の旦那が好きなのは共通してるっぽいですね。文さんの惚気話に新妻ちゃん同意してますし。あと文さんも結構胸大きいですね。新妻ちゃんの方が多分大きいですけど。なごみさんは…。
文さんの旦那さんは駆け出しの小説家で、お近づきのしるしに新妻ちゃんに1冊渡されたんですが、中身は官能小説でした。だーくんがそれに気づいたらしく、新妻ちゃんより先に中身を確認しようとしたんですが駄目でしたね…。個人的には、眼鏡をかけて真剣に官能小説に目を通してしまった新妻ちゃんが見れたので全然良かったです。

今回はこんな感じで終了です。
新妻ちゃんの交友関係が広がっていくのと、それを楽しんでいる新妻ちゃんが見れるのが良いですね。文さんが話してましたが、なごみさんもお隣さんを欲しがっていたのはちょっと意外でした。面倒見は良いみたいですが、お隣さんはいない方が楽、みたいな印象だったんですけどね。
文さんは和服が好きで、新妻ちゃんにも和服を勧めてたので、その内新妻ちゃんの和服姿が見れそうですね。

眼鏡をかけた新妻ちゃんが官能小説を読もうとしているところです。ご査収ください。
20180510_131035000_iOS