b
きらら展、午前中に行ってきました。3連休初日なのでどうなるかと思いましたが、8時過ぎに出て、12時前には出てこれました。待ち時間がそれなりにありましたが、天候にも恵まれたし、行ってよかったです。
8時前後に出発して9時に到着しましたが今日は9時30分オープン。屋上で入場グループ分けがあったんですが、残念ながら遅いグループに入ってしまい、10時30分前後まで屋上で待機。展示場と撮影コーナー合わせて1時間くらいで済ませ、物販は20~30分くらい並びましたかね。レジは6台でしたが、それほど待たず12時頃には出てお昼食べて帰ってきました。
購入したのは図録と城下町のダンデライオンのクリアファイルだけです。ごちうさのクリアファイル欲しかったんですが当日分は売り切れでした。1限でも売り切れるとはね…残念。複製原画は飾る所無いし、懐事情が厳しいのでパスしました。ポスター作ってくれれば手を出しやすかったんですが…。

展示場内、物販エリアは撮影禁止ですが、展示場を見終わった後にキャラクターの等身大パネルや作者のサイン等が展示されているコーナーは撮影可能でした。あと撮影できるのは正面玄関くらいですね。

現地到着後は、正面玄関から入って階段を上り屋上へあがります。屋上に出る直前に入場整理券を1枚受け取ります。その後、各グループが順番に呼ばれるので、また1階まで下ります。1階に到着後、当日券購入コーナーと音声ガイド機器(東山さんと水瀬さんによるガイド)の有料レンタルコーナーがあり、そこを経て展示場に入館となります。

前売り券持っている人は当然当日券不要ですし、音声ガイド機器もレンタルせずに入れます。音声ガイド機器は、レンタル時に番号とガイド内容が記載された紙を1枚貰います。展示場内にもガイド番号が貼ってあるので、該当の場所に到着したらその番号を入力して再生する仕組みです。レンタル料は800円ですが、全部再生すると30分くらいあるので高すぎるってこともないかな…?再生時は耳に当てて聞くように説明を受けたので、多分イヤフォンは無理かも。

入館後は、自由に見回ることができ、展示場から出るとグッズコーナーに行けるようになります。ただ、展示場もグッズコーナーも再入場は出来ないです。
展示場は下に書いたような流れで全部だったような気がしますが、順番違ったり漏れがあるかもしれません。

展示場内は、まずきららの紹介コーナーがありました。きらら創刊の経緯が書いてあったり、発行されているきらら系列の雑誌が棚に飾られていました。城下町のダンデライオンがきららミラクの表紙を飾った号(アニメ化決定前後や新章突入したあたりとか)は全部見れたんじゃないかなと思います。進行方向向かって左側の棚でした。
次は描き下ろしイラストと(基本は4コマ)漫画でしたかね。確か掲載雑誌ごとにコーナーが作られていたかと思うのですが、城下町のダンデライオンは『きららミラク』のコーナーだったはず。今は『きらら』ですが昔は『きららミラク』での連載でしたからね。結構な数が展示されているので、全部をじっくり見るのはちょっと難しかったです。これは全部図録に収録されているので、時間が無ければ好きな作品だけに絞ってもいいかもしれません。イラストはちょっと高い位置に設置されているので流し見るくらいはできるかも。
その次は60秒くらいのショートアニメだったかな。結構大きめなスクリーンに映し出されてました。次々ときらら系作品の主要キャラクターがしますが、残念ながら登場しないキャラクターもいます。城下町のダンデライオンからは主人公の櫻田茜がちらっと登場してました。
ショートアニメの次は、アニメ化された作品の映像が映されているコーナーだったような…。10インチくらいのモニターにアニメが流れていて、その下にBDのパッケージが並べられていました。あとはアニメ化決定した際のキービジュアルのポスター?も飾られていました。
最後はきららファンタジアのコーナーですね。等身大パネルの脇にボタンがあるので、それを押すとボイスが再生されます。誰でも自由に押せます。ボイスは多分ゲーム中で使用されているボイスかと。全部試したわけではないですがボイスは多分2種類。再生機器がキャラクターの口のあたりに設置されているようで、なかなかいい趣向でした。
その後は等身大パネルやサイン展示コーナーに行きました。全部は撮れませんでしたが、最低限撮りたいものは撮れたかな。当然他の人も撮影するので、パネルだけを写真に収めるのはなかなか難しい。なるべく周りの人のことも気にしてあげた方が、お互い良い写真を撮りやすいと思います。

物販エリアでは、並んでいる途中にグッズ一覧表と注文票を渡されますが、グッズの参考展示もされているので、購入を迷っているものがあれば並ぶ前に実物を見ると良いと思います。複製原画とアクリルプレートは物販エリアの出口付近で受け付けていて、実物も数点展示されてます。そこで申し込み書を記入したり予約金を払えるので、出る前にじっくり考えられます。図録だけを購入したい人は、時々スタッフの方が誘導してくれるので指示に従ってください。

こういうイベント行くのは初めてでしたが、展示内容はすごく良かったと思います。これで開催期間がもっと長くて通販があれば最高なんですけどね。やらないかなー、通販。

で、城下町のダンデライオンの描き下ろしですが、ここに至るまでの流れを是非漫画にしてほしいですね。なんならアニメでもいいです。特に左側の二人。なんで足の間にちょこんっと座ってるんですかね?この一角だけちょっと雰囲気が違うので詳しくお願いしたい。

009010011006004002001003005013012008007
20181123_053343253_iOS20181123_044356720_iOS